矢吹ミツルの "スペシャリテ"!!

作者 助六

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全27話

更新

  1. 不良シェフ編
  2. エピローグというプロローグ
  3. 第1皿 妄想が昇華するその先は――
  4. 第2皿 昼食だけでは飽き足らず
  5. 第3皿 ミツルと寧々
  6. 第4皿 皿の上に残るものは――
  7. 第5皿 不気味番長
  8. 第6皿 初めての告白
  9. 第7皿 ミツルの想い
  10. 第8皿 朝のひと時
  11. 第9皿 寧々が来ない
  12. 第10皿 初めて味わうそれは――を呼び覚ます
  13. 第11皿 入院した理由は――
  14. 生徒会探偵編
  15. 第12皿 保科先生の意外な言葉
  16. 第13皿 寧々の気持ち 
  17. 第14皿 贅沢な悩み
  18. 第15皿 新生生徒会発足にあたって
  19. 第16皿 不気味番長、生徒の前で喧嘩を売る
  20. 第17皿 ドレッシングがもたらしたこと
  21. 第18皿 覚醒したミツルは――であることを見破る
  22. 第19皿 妄想仲間
  23. 第20皿 多忙な毎日を送るミツルはリア充と言えるのか
  24. 第21皿 ミツルと美香、寧々と百々
  25. 第22皿 二回目の暴走――30分前より
  26. 第23皿 百々の本音
  27. 第24皿 一輪の花
  28. 第25皿 生徒会の一員
  29. 第26皿 寧々にあったもの