遙かなる皨の双灮で

作者 祕空

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全47話

更新

  1. 第一章 前編 帰趨への幕開け
  2. プロローグ 
  3. 一話 少年、ワイルド少女に襲われる
  4. 二話 虚空は碧く、霞は遠く澄み渡る
  5. 三話 燃やすと書いて殴ると読みます
  6. 四話 得意分野はドヤ顔で(微流血注意)
  7. 五話 愛しき我が子に、願うは平穏
  8. 六話 PPAB(ポッピングandバウンディング)
  9. 七話 嵐の前の、何とやら
  10. 八話 それが祷りと言うのなら(流血、残酷描写注意)
  11. 九話 愛し想ひに贄を捧げん(流血、残酷描写注意)
  12. 十話 贖罪は己が為に(流血、残酷描写注意)
  13. 十一話 揺蕩う碧に、微笑みを(流血、残酷描写注意)
  14. 十二話 赦しなんて乞いはしない(流血、残酷描写注意)
  15. 十三話 覚え違えたって、いいじゃないか
  16. 十四話 「パフェ」と「ぱへ」は別物です
  17. 十五話 変わらぬ灮は直ぐ傍に
  18. 十六話 染まりし焰と主の魄
  19. 十七話 お泊り会では騒ぎましょう
  20. 十八話 黄金と蒼穹
  21. 十九話 動きし舞台へ、朱の布石を
  22. 二十話 眼を叛けた安らぎは
  23. 二十一話 道中、戯れだって必要だ
  24. 二十二話 閉じ込め隠した、矮小な
  25. 二十三話 囁く歪みに笑みを送る
  26. 二十四話 沈めたこの聲は、届いているか
  27. 二十五話 適度な運動は役に立つ
  28. 二十六話 棄てた決意の対價なんて
  29. 二十七話 仄かな闇夜に投げし身は
  30. 二十八話 懼れに震える、弱者を晒え
  31. 二十九話 委ねる遺志を潰してさえも
  32. 三十話 来る日を見ゆる資格は何処
  33. 三十一話 一手、其は暁光と共に
  34. 三十二話 求めし答の、影を追う
  35. 三十三話 流した泪は疾うの昔に腐敗して
  36. 三十四話 堕ちし己に断罪を
  37. 三十五話 蒼焰の底にソレはいた
  38. 三十六話 バケモノは嗤う
  39. 三十七話 助け舟とか、遅すぎませんか
  40. 三十八話 揺らめく蒼は緋を欲す
  41. 三十九話 光に映るは思惑か意志か
  42. 四十話 指針、責務は己の過去に問え
  43. 四十一話 遺されし者の悼みなんて
  44. 四十二話 例い偽善とされようが
  45. 四十三話 それはほんの、始まり
  46. 四十四話 されど彼等は血を浴びて
  47. エピローグ 其れは共に紅く、渇きを欲し醒めていく
  48. あとがき(完結じゃないんだよっ!!)