もう一度人生をやり直したとしても、私は君を好きになると思うよ。

作者 蒼山皆水

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. プロローグ
  2. プロローグ
  3. 第1章 絶望の跫音
  4. 1-1 この幸せが、いつまでも続けばいいと思った。
  5. 1-2 実った初恋と不思議な力。
  6. 1-3 神様は猫の形をしていた。
  7. 1-4 世界に、愛する人を奪われて。
  8. 1-5 これがただの悪い夢であったら、どれだけよかっただろうか。
  9. 1-6 彼女がいない世界なんて、俺にとっては何の意味もないのだから。
  10. 第2章 微熱の予感
  11. 2-1 手のひら温度と心臓の音。
  12. 2-2 ただ、それだけのことだ。
  13. 2-3 なんとなくだけど、神様はいるような気がするんだ。
  14. 2-4 君の秘密の願い事。
  15. 第3章 玲瓏の茜空
  16. 3-1 春は、すぐそこまで近づいていた。
  17. 3-2 何かが始まる予感がしている。
  18. 3-3 その気持ちの正体を知ってしまうことが怖くて。
  19. 3-4 今まで見た空の中で一番綺麗だった。
  20. 第4章 色彩の波紋
  21. 4-1 だから、心臓の鼓動が速くなっているのは、何かの間違いだ。
  22. 4-2 私は君と、どうなりたいのだろう。
  23. 4-3 夏が、二人の関係を塗り替えて――。
  24. 4-4 どれだけ想っても、その気持ちが伝わったとしても。
  25. 4-5 もっと素敵なことが待っていると、信じて疑わなかった。
  26. 第5章 儚世の盟誓
  27. 5-1 どんなに強く願っても、届かない想いもあって。
  28. 5-2 思えばこのときから、悲劇へのカウントダウンは始まっていたように思う。
  29. 5-3 もう一度人生をやり直したとしても……。
  30. 5-4 この愛だけは永遠に、胸に抱いていたかった。
  31. 第6章 決意の悲恋
  32. 6-1 この世界で今度こそ、俺は彼女を幸せにする。
  33. 6-2 好きになっちゃいけない人だから。
  34. 6-3 それらはあまりにも無力で、どうしようもなく無意味な事実だった。
  35. 6-4 そこには確かに、俺の願いがあった。
  36. 最終章 希望の残滓
  37. 世界は色を失った。
  38. きっと二人は、この先、前を向いて歩んでいける。