わたくしどもはなぜ読まれもしない小説を書くのか。

作者 西田三郎

1話目から読む

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全23話

更新

  1. 第1話 基本、人は文章を読みたくない。
  2. 第2話 人は読みたくもないし、書きたくもない。
  3. 第3話 ウソを書いてはいけない。
  4. 第4話 いったい何を思って書きだしたのか。
  5. 第5話 で、どういうのがエロいのか
  6. 第6話 女性視点と一人称『あたし』
  7. 第7話 少年に対する欲望(とその正体)
  8. 第8話 で、わたしは書き始めた。とりあえず。
  9. 第9話 とにかく書きまくる
  10. 第10話 タイトルはビッグバンだ!(個人の感想です)
  11. 第11話 キャラクターとのつきあい
  12. 第12話 なぜ、無理して読まれようとするのか
  13. 第13話 徹底的にうぬぼれる。
  14. 第14話 ひらめいた時のこと
  15. 第15話 他人を妄想に巻き込む
  16. 第16話 文章について(当たり前のこと)
  17. 第17話 文体と村上春樹について
  18. 第18話 リアルとリアリティ
  19. 第19話 リアリズムを煽るために
  20. 第20話 長編小説を書くということ【1】
  21. 第21話  長編小説を書くということ【2】
  22. 第22話 長編小説を書くということ【3】
  23. 第23話 長編小説を書くということ【4】

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!