わたくしどもはなぜ読まれもしない小説を書くのか。

作者 西田三郎

なぜでしょう、すごい好きです。

  • ★★ Very Good!!

最初うわっ、なんだかいいこと言っている紳士がいるぞ!!と思っていたらすぐさま出てくるエロス。ちょっと読むのをためらう。でも思ってたよりゲスくなくてよかった…。

そ、そうなんだね、その頃のインターネッツはそういうアングラな面があったんだね…つまり今もカクヨムで賑わっているそういう界隈はそのころの名残なんだね……。と謎の含蓄が深まる。

でもわけわかんないんだけど先を読んでしまう不思議。
読まされる。これがエッセイか…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

ほんまそうやで、ってなぜか関西弁で共感してしまった。
あと「ウソをつかない」。これも大事だ。大事なことがいっぱい書いてはる。

仕事の中で文章を書くことがある。でこの文章書きはほんと、マジで、地獄、… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

ああもうここしか開いてないや、って入った定食屋の、味噌汁の出汁がとてつもなくうまいときがある。そういう味になるのは、作るときに考えているからだ。たかが定食屋のみそ汁程度って思うお客さんがいるってこと… 続きを読む

阿瀬みちさんの他のおすすめレビュー 245