わたくしどもはなぜ読まれもしない小説を書くのか。

作者 西田三郎