異世界転移料理人は、錬金術師カピバラとスローライフを送りたい。

作者 山いい奈

小説の累計PV数

26,179 PV

エピソードごとの累計PV数

第1話 君、もしかしてこの世界の人間では無いね? 21 957 PV
第2話 どうぞよろしくお願いします 20 795 PV
第3話 お昼ご飯、僕が作っちゃ駄目ですか? 17 770 PV
第4話 まさか肉をこんな柔らかく焼き上げるなんて! 17 756 PV
何かさっぱりしてて逆に良いかも 12 571 PV
第1話 なぁ、もしかしたら婆さんか? 18 642 PV
第2話 丁寧語使われる方がむず痒いぜ 16 603 PV
第3話 錬金術師さま方にはご足労を掛けるがの 16 571 PV
第4話 心に全くダメージを受けない人はいないと思うんだ 17 512 PV
第5話 お見苦しいところを見せてしまって 17 497 PV
第6話 ご明察だよ。さ、作ろう! 17 489 PV
第7話 いつもより熱いのに気を付けてね 20 470 PV
第8話 食うもんひとつでそこまでかぁ。凄いな 18 459 PV
第9話 少し頑張ってみませんか? 17 451 PV
第10話 とろっとろだな! 17 485 PV
第11話 僕の知識がお役に立てたのなら嬉しいな 15 458 PV
前編 オムレツと一緒に食べてみて 15 435 PV
後編 僕の国の一部地域では名物なんだよ 13 417 PV
第1話 それ、食べてみたいなぁ 11 412 PV
第2話 食べられるかなって感じはするよねぇ 11 394 PV
第3話 こんないろいろな味と食感があるんだねぇ 11 391 PV
第4話 この茶色い調味料?は何だ? 12 399 PV
第5話 この味を、皆に知って貰ったら良いんじゃ無ぁい? 12 381 PV
第6話 これなら絶対にホルモンの旨さが伝わる筈だ 12 390 PV
第7話 これが今まで捨てられてたの? 12 376 PV
第8話 それを凌駕する程の美味しさがあったのですカピ 13 374 PV
前編 じゃあ何でこの世界には無いんだろ 11 344 PV
後編 アサギのお陰で俺まで役得だ。ありがとうな! 13 347 PV
第1話 大きな病気とかで無かったら良いけど 11 333 PV
第2話 こういうのも食うもんでどうにかなるものなのか? 11 309 PV
第3話 嫌いなもんひとつでも克服出来るんなら儲けもんだろう 11 312 PV
第4話 パンに付けて食べてみてください 12 309 PV
第5話 じゃあ仕上げはそれからしましょう 11 302 PV
第6話 解った。出来るだけ頑張ってみる 12 296 PV
第7話 こういう手間が本当に大切なんだよ 10 316 PV
第8話 ルビアさんってあまり料理が得意で無い人? 10 293 PV
第9話 今回はお肉の使い方がメインでしたからね 11 293 PV
第10話 貧血を治す為のご飯だった! 11 279 PV
第11話 この辺の部分をメインに使ったら良いんじゃ無いか? 11 276 PV
第12話 これから晩飯の支度なんだが、食ってくか? 10 263 PV
第13話 これ、鶏とか豚でも作れますよね? 8 244 PV
淡白な味がソースに凄く合うんだな 9 274 PV
第1話 今度お兄ちゃんが作ってみるから、食べてみてね 9 244 PV
第2話 このソース、トマトを使ってるのよ 9 218 PV
第3話 良い匂いだな。そろそろ飯か? 9 212 PV
第4話 ピーマンが食えたら格好良いと思わんか? 9 209 PV
第5話 もう1品ピーマンの料理考えてみようかなぁって 8 204 PV
第6話 チーズも肝心だと思うわ 9 197 PV
第7話 アサギお兄ちゃん、ありがとう! 9 219 PV
色々と手の込んだサラダがあるんだな 9 297 PV
第1話 この世界では肝臓を悪くする人って少ないの? 8 197 PV
第2話 別にそんな酒好きな方じゃ無かったでしょう? 8 182 PV
第3話 儂は医者として厳しくせにゃあならんのだろうが 8 166 PV
第4話 アサギくんが丁寧に教えてくれたからなぁ 8 176 PV
第5話 バリーさん、美味しいですよ! 8 164 PV
第6話 確かにこれなら酒にも合いそうだ 7 163 PV
第7話 儂は料理が出来るんだ、と言える気がするんだ 7 165 PV
第8話 挨拶が遅くなって済まんなぁ。いらっしゃい 5 160 PV
第9話 順調に良くなっている様で安心しましたカピ 8 189 PV
たまには冷たいのも良いでしょう? 8 240 PV
第1話 強化合宿とかしてみたいんだけどなぁ 6 139 PV
第2話 早速夕飯にしましょうか。もう出来ますよ 7 148 PV
第3話 そう難しい事とは思えんのだがのう 7 147 PV
第4話 3キロ前後は見ておいてくれれば 6 143 PV
第5話 満足感は大事ですよね 7 137 PV
第6話 何これ! 凄く柔らかくてしっとりしてる! 6 153 PV
第7話 あ、あの、ちょっと恥ずかしいです 6 127 PV
第8話 凄いです! たった1日で! 凄いです! 6 135 PV
第9話 絶対にお家で作りますね! 5 137 PV
第10話 やっぱりお米美味しい……お米大好き…… 6 151 PV
第11話 本当に、本当にありがとうございました 6 129 PV
第12話 やっぱり我が家は良いなぁ 5 132 PV
第13話 アサギさんを信じてましたから! 4 133 PV
それを有効活用出来たらと思ってんだよ 3 128 PV
第1話 これが食べ頃だと思います 3 126 PV
第2話 枝豆は万能なのですカピね! 4 126 PV
第3話 こんな旨い出汁が取れるなんてなぁ! 3 139 PV
第4話 何と言うか鶏の味が濃いと言うか 3 125 PV
第5話 やったー! お味噌が出来たー! 4 159 PV
第6話 どうかな。ふたりのお口に合うかな 3 114 PV
第7話 どれも旨かったから、寧ろ歓迎だぜ 3 130 PV
第8話 これはどういうお料理が作れるのですカピか? 3 113 PV
第9話 うわぁ、優しい味だなぁ 3 118 PV
第1話 行き来とか出来たら凄い! 3 121 PV
第2話 このお方が大お師匠さまなのですカピ 4 126 PV
第3話 カロム、ハードル上げないで…… 4 121 PV
第4話 それは是非食べてみたいわぁ〜 4 122 PV
第5話 最初は不安かも知れませんが 5 134 PV
第6話 あ、あるんですか!? 5 118 PV
第7話 ぜぇんぶ元に戻るわぁ〜 2 122 PV
第8話 自分が納得できる結論を出して欲しいぜ 3 131 PV
第9話 あの、僕、決めました 5 248 PV