第17話 軍師「桐生玲花」、現る

「玲花ぁ。少し堅苦しくはないか? そこまで脅かす必要があるかね」

「人前でそう呼ばないでください。周りに示しがつきません」

「固いことを言うな。いっそ少年にも玲花と呼ばせればどうだ!」

 

 生徒会長はボフンとソファーに倒れこみながら、甘えた声で桐生に言った。


「転入生が補佐官を呼び捨てにしたら、それこそ今日の夜には肉片にされています」

「おお怖い怖い。最近眉間の皺が増えたのではないか? せっかくの美貌が台無しだ」

 

 女性は顔を赤らめた。


「本当にロクなことを言いませんね!」

「なあ少年。おっかないだろう」

 

 呆然とする契汰を置いてきぼりにしたまま、会長は好きな女子をいじめる男の子のような表情で、どうでもいい話を繰り返している。桐生はその言葉を打ち切るように契汰に話しかけた。


「藤契汰くん。藤くんと呼べば良いかしら。転入おめでとう」

「え、ちょっと待ってください。転入って何のことですか?」

 

 契汰は焦った。


「俺はちゃんとした高校に入学してます。勝手なこと言わないでください。家だって借りたばかりだし、バイトだって始めてたんだ。転入なんて出来ません」

「申し訳ないが、もう転校の手続きは済ませてある」


「はあ?」

「なあ玲花」

 

 桐生は黒ぶちのスタイリッシュな眼鏡をくいと上げて、書類に目を落とした。


「既に君の所属高校には連絡済み。君の学籍はもう甲宮高校には無いわ」

「そんな、俺は承諾してない!」


「少年。この国ではどの学校も、この学園には逆らえない」

「この学園を拒否すれば、君は高校生でもなくなるわ。ただの少年ホームレスニートね」


「ホームレスニートって……アルバイト先は?」

「既に解雇済み」


「家は?」

「解約済み」


「敷金礼金だって分割払いにしてたのに」

「こちらで立替え済み」


「立替えってことは……」

「君の学費に上乗せ」


「そんな!」

「君の荷物はもうアパートから運び出されているはず」

「ええ!?」

 

 契汰は慌ててポケットから携帯を取り出し、大家さんに連絡した。しかし、コール音を鳴らせども鳴らせども、電話に出てくれない。三回掛け直した時、やっと繋がった。


「はい、甲宮アパートです……」

 

 いつもとは違う、弱弱しい声だ。契汰は早口で言い立てた。


「大家さん! 変な人が引っ越しに来ても、絶対部屋の鍵は渡さないでください!」

「ああ、藤くんかな」


「そうです、藤です! 俺引っ越しなんて絶対しませんから」

「もう君の部屋、空っぽだよ……」


「嘘でしょ!?」

「本当だよ。黒づくめの人たちが丸ごと持ってったよ……」


「何で止めないんですか!」

「口止め料まで渡されたらさ、私はどうしようもないよ……」


「お金貰ったんですか!」

「そんな大きな声出さないでよ、受け取れって言われたからさ……」


「俺は絶対出て行きません!」

「困るよ藤くん……」


「困ってるのは俺です!」

「秘密警察だって名乗られたよ。物騒な人たち呼ばれたらこっちが迷惑なんだよ……」


「秘密警察?」

「そうだよ。それはもう怖い人達でさ。君ヤバイことに首突っ込んだんじゃないか?」


「俺はそんなこと……」

「とにかくウチにはもう関わらないでくれ……」

 

 契汰の反論も虚しく、一方的に電話を切られてしまった。


(怖い黒づくめの集団に、口止め料? まるで犯罪組織だ。それに秘密警察って、小説の世界の話じゃないのか。今の日本にそんなものが存在するのか)

 

 訳のわからない問いが、頭をグルグル回る。


「貴方達は、秘密警察まで動かせるんですか?」

 

 カマをかけるつもりで問いかけた。


「秘密警察とは便宜上名乗るもので、正式名称ではないわ。でも実態もほとんど同じね」

 

 あまりにあっけらかんと認められてしまい、契汰は拍子抜けした。生徒会長はあくびをしながらソファでごろごろしている。


「玲花、コーヒーを淹れてくれないか。極上のやつをな」

「もう、それくらい自分で淹れてください」


「君のドリップでないと、今の私は受け付けないのだよ」

「またそんなこと言って」


「挽きたてが飲みたいな」

「コーヒー用の補佐官を増員してください、私は忙しいんですよ」

 

 桐生はガミガミ言いながらも、小さな棚からコーヒーの豆を取り出した。高級な調度品が多いこの部屋でその棚だけ、いかにも若い女性が好みそうな可愛らしいものだった。

一緒に並んでいるコーヒーミルやドリッパーもポットも、丸みを帯びた可愛らしいデザインだ。桐生は慣れた手つきで豆を挽きながら、話を続けた。


「大した組織じゃないのよ。学園の秘密を漏らす者を、処分するだけ」

「処分って……」

「殺したりはしてないと思うわ、最近はね」

 

 桐生はさも日常茶飯事について語るような態度だ。生徒会長は呑気にお湯とドリップポットを準備している。この人達は、絶対にヤバイ。


「帝陵学園は日本政府の最重要機関の一つなの。超法規的措置も可能よ」

「超法規的措置?」

「そう、君の意志は関係ないって言ったでしょ」

 

 桐生は挽いた粉を、慎重にドリッパーに滑り込ませた。


「どうしてこの国は、そんなことを許すんですか」

「この学園が、最後の砦だからよ」

「最後の砦?」

 

 桐生が垂らした湯がコーヒーを蒸らし、香ばしい薫りがもわっと広がった。桐生の眼鏡が曇る。曇りの彼方から、視線が契汰に再び注がれた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます