第8話 謎の少女と物の怪

「誰だ?」


 少女は黙ったままだ。彼女の服は、日本の古代装束「狩衣」に似ている。契汰も歴史の教科書で、幾度か目にしたことがあった。


 しかし少女のそれは、教科書に載っているものよりも更に精巧な造りだ。

 一番上に着てい衣は精巧で真っ白な氷襲ねで、夜闇の中でも眩しい。その下には、白から青色へと、徐々に濃くなる衣を薄様(うすよう)に重ねていた。

 広い袖口には、縹色の緒が通っている。帯はこれもまた見たことが無いような帯で、様々な飾り紐や宝珠の装飾がある。その下から覗く袴の紅は、雪に椿が一輪落ちたような生彩を放っていた。


 美しい装束の上には、長く麗しい銀髪が二つ、結い垂らされている。少女の大きな瞳は光を受けて輝き、見た人を吸いこむようだ。


(き、綺麗だな……)


 契汰は痛みも忘れ、思わず少女の宝石のような瞳に魅入ってしまう。少女は気分を害したのか、黙って契汰の耳から手を離した。


 ゴテッ。


 またも契汰は顔面を強打した。しかし、落下音がしただけで顔は全く痛くない。ゆっくりと身体を起こしてみた。地面すれすれで浮かんでいる契汰を、白銀の光輪が囲んでいる。その不思議な光景に、契汰は息を呑む。


 こんな技を使えるなんて、タダ者ではない。

 契汰はもう一度、少女に話しかける。


 

「君は、誰だ?」


 だが相変わらず少女は、一言も口を聞かないままだ。契汰のことなど眼中にないのか、今度はブツブツと独り言を言いながら、持っている古めかしい分厚い本と契汰を見比べていた。


「シキガミ……カンジョウ……」


 なんとか聞きとれた言葉は、意味不明なものばかりだ。


「ええと、シキガミって言った?」


 しかし、やはりこの少女は、契汰の質問に答える気はないらしい。

 今度はぼんやりと立ちつくしながら契汰をただ眺めている。

 理解しづらい状況に、契汰の中で不安が膨らんでくる。


 この少女が何を考えているのか、まるでわからない。


(夢なら覚めてくれ)


 心の中でそう叫びながら立ち上がった。すると、光の輪がすうと消えていく。途端にあたりは暗くなり、闇が二人を包んだ。

 一気に心細さが募り、残してきた家のこと、そして自分を待っているであろうひなの事を思い出した。契汰はとにかく、家に帰りたかった。


 しかし、契汰一人ではそれは難しそうである。ここが何処か解らないが、帰るためにはこの少女の協力が必要なのは、間違いない。


 契汰はありったけの大きな声を出した。


「帰らないといけない」

「え?」


 少女がぴくりと動き、初めて返答した。


(やっと、会話が出来そうだ)

 

 契汰は安堵して少女に近づいた。


「今日は用が詰まってるんだ、家に帰してくれないか」

「……無理」


「なんでだよ」

「忙しい」


 少女はボソッとそう言って、また少女は本にのめり込む。

 契汰とのやり取りが面倒なのか、とても他人とのコミュニケーションと言える代物ではない。投げやりに思えるその態度に、契汰は段々腹が立ってきた。


「俺だって忙しいんだよ!」


 背を向ける少女の肩をガッと掴む。苛立っていた契汰は、ついつい力を入れすぎてしまった。男の圧倒的な力に、小鳥の羽根のような少女の身体はあえなく体勢を崩す。


「ちょ、ちょ、ちょ!」

 

 少女を支えようとして、とっさに契汰は彼女の背に手をまわした。足場の悪い森の中でのこと、足を樹の根に取られ、契汰もバランスを失った。


「あっ」


 小さな悲鳴と共に、草間で二人は折り重なるように倒れ込んだ。

 結果的に契汰が彼女を押し倒す形になってしまった。


「わわわ!」

 

 純情な契汰は顔を真っ赤にして起き上がろうとする。だが、障害物が多くてなかなかうまくいかない。かなり際どい状況というのに、少女は黙ったまま身じろぎもしない。契汰はやっと腕を立てて、上半身を持ち上げた。


「ごめん、こんなつもりじゃ」

「……大丈夫」

 

 少女は黙って身体を離した。感情が全く読めない。

 怒っているとも、何とも思っていないとも取れる、表情だ。


「怪我してないか?」


 その問いかけに、少女は少し困惑したように見えた。


「うん」

「良かった、怪我がないな……」


 と言いかけた時、少女の肩越しにあらぬモノを見てしまった。


 目が一つ、宙に浮かんでいる。

 契汰はその目に潜む狂気をすぐさま悟った。


(この世の……モノじゃない……!?) 


 寒気が背中に走る。


「なんだよ、あれ」

 

 背後を一瞥した少女は答えた。


「モノノケ」

「モノノケ?」

 

 契汰は茫然となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます