その怪盗じゃあ許せない!

作者 木野二九

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全29話

更新

  1. 8月の雪は降りやまない
  2. Prologue 夢で逢えたら
  3. 00-1 自惚れかもしれないが、このイケメン……  グイグイ来ているような気が?
  4. 01 あっ、いえ。そう言うのじゃないですから
  5. 02 私の推理が正しければ、犯人はかなりの巨乳ですね
  6. 03 その紳士は「カルーアミルク、生クリームたっぷりでダブル」とクールに呟いた
  7. 04 その女は「まあこれ計算ですし、どうせあなたには通用しないでしょう」と言って微笑んだ
  8. Chapter.1 怪盗の定義
  9. 05 こいつツンデレだったらどうしよう……
  10. 06 そのささやかな胸を、揉んじゃいました
  11. 07 もちろんあなたを愛しているからです
  12. 08 本当に世界を救う秘密組織が動いてるとかになりそうだけど
  13. 09 さっき渡したあたしのスプーン、ぺろぺろ舐めた?
  14. 10 相棒だって認めてくれたから、これからもサービスでパンツぐらいは見せてあげるわよ
  15. 11 怪盗の定義
  16. Chapter.2 8月の雪は降りやまない
  17. 12 これじゃあ、献立表じゃない
  18. 13 だから女に苦労していないイケメンはダメなのよ
  19. 14 思った以上の武勇伝で、どこから何を突っ込んで良いかぜんぜん分かりません
  20. 15 ロォーレンンンツォー!
  21. 16 イタリアンクオリティ
  22. 17 まさかあたしが女ウケするとでも思ってるの?
  23. 18 最大の謎は……なぜあなたが牛丼の牛だけ、いちいち小皿に取った玉子につけて食べてるかよ
  24. 19 フラッシュバック
  25. 20 そいつがフェイカーよ
  26. 21 8月の雪は降りやまない 【前編】
  27. 22 8月の雪は降りやまない 【後編】
  28. Chapter.3 真夜中の道化師
  29. 23 コスプレパーティーにしか見えねえ
  30. 24 さて、謎解きを始めましょうか
  31. 25 神の領域
  32. 26 真夜中の道化師
  33. Epilogue
  34. 27 それぞれの朝
  35. 00-0 カーテンコール