間違えやすい日本語表現

作者 澤田慎梧

165

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

慣れ親しんだ母国語だからこそ、雑な扱いになってしまいますよね。本当にその言葉は正しいのか、つい自分の作品を読み返してしまいました。
こちらの作品は「この使い方間違ってるよ!」と指摘するだけでは終わらず、「伝わりやすさも大事だよね」と現代の使い方も強く否定することがないので、なんだか安心して読めました。

★★★ Excellent!!!

非常に考えさせられます。物書きなら一読して損はないでしょう!現代的視点で書かれており、かつ例文が豊富で、自身の作品に今からでも活かせそうなものばかりです。また読みやすいのも大きなポイント。伝えたいことがすっと入ってきます。これが無料で読めるなんて!!!
カクヨム作者様必見のバイブルです。

★★★ Excellent!!!

最近、小説で世間に広まっている言葉を使えば良いのか、それとも本来の意味で使えば良いのかと悩みながら調べ回っていた所、作者様のこの作品に行き着きました。

まず、作者様のこの作品を読んで。
やはり日本語の難しさを改めて感じました。
特にカタカナ語は近年小説で良く見かけますが、そのカタカナ語でさえ誤用が広まっているとは.....
それに他力本願が仏教用語であり、小説等で使われる意味は誤用というお話、私も誰かにしたことがありますが、どうも全く分からないと言ったご様子で。日本語って難しいですね。
全タイトル中、6、7個は私も知らずまだまだ勉強しきれてないな.....と思う所です。


次にですが、この作品の素晴らしい所は前述した難しい日本語を丁寧に、また誤用が広まる背景などを詳しく、且つ分かりやすくすっと頭に入るように説明されています。
言葉の意味が誤用であることは知っていても、何故どうして誤用が定着するようになってしまったのか。
単純に辞書を引いて調べるだけでは、混乱するだけですからね。
それが一切混乱せずに理解できる作者様のこのお話は中々に洗練されていると思います。
ネタだけでなく、筆力も確実に上げたいなら一度目を通してみたらいかがでしょうか?



作者様当て。
30.に「割愛します」
とありますが、文脈から察するに作者様の使い方はもしかしたら誤用しているのではと思われます。
割愛は、度々「省略する」と同義で使われますが本来は違うものです。
本来は、「惜しいと思うものを思い切って手放す、または省略する」というものであり、単に省略するという意味では使わない言葉です。
国語に関する世論調査では、言葉が出ない有り様ですが.....
上から目線で申し訳ないです。
ですが、これを機に作者様の糧となり、38番目のお題になればこちらは御の字です。
これからも作者様のご活躍を祈念しておりま… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

読むと日本語の難しさがよく分かる作品。

日本語を誤用してしまう原因は、発音の聞き間違いとか、漢字への変換ミスとか、大衆に影響を受けたりとか、色々なルートがあると思うんです。
そうした経緯で生まれてしまった様々な誤用を、作者さんが詳しく説明してくれます。

四字熟語やカタカナ語、あらゆる日本語が誤用されている世の中。カクヨムにも多くの誤用が発見できます。読者さんを落胆させないように、書き手の皆さまに読んでもらいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

 まだ途中までしか拝読出来ていませんが、大変勉強になります。 
 その言葉ってそんな意味だったのか! と、初めて知ることも多かったです。
 誤用を避けるべく、使用する際は意味を調べてから使うように心掛けていきたいです。
 澤田様、素晴らしい作品をありがとうございました!
 
 

★★★ Excellent!!!

 私事になるが、大学生の頃、新明解国語辞典にはまった。
 国語辞典にはまる、というと妙な感じを覚えるかもしれないけれど、辞書好きだったらきっと、「新明解が好き」と聞いただけで「あー、そうなのね」と頷いてくれるはずだ。そのくらい個性の際立った辞書であり、国語学の授業で幾つかの辞書を比べ読んだ途端、あまりの面白さにどはまりした。

 それが何版だったかは覚えていないけれど、「馬鹿」の項を引くと「相手に甘える際の女性語 例 バカバカ」などとあって、それはもう、今までの辞書の概念を変える面白さだったのだ。辞書に喧嘩を売られるなど、ハタチ過ぎるまで経験したことがなかった。

 このエッセイを読みながら、久しぶりに、その頃感じていた言葉を突き詰めてみることの高揚感を思い出した。そうそう、言葉って面白い。


 一言で説明するのであれば、これは言われてみるとよくわからないまま使っていることの多い日本語表現の「間違い」に関するエッセイだ、ということになる。そして対象が何であるにせよ「間違いの指摘」は極めて難しい作業だ。ましてや相手が言語であればなおさらのこと。死して動かぬものではない。生きており、日々変化していくものが相手だ。一つの集団ではほとんど使われない表現が、ごく普通に他集団で使われている例もあるだろう。

 この難しい作業を、絶妙なさじ加減でやってのけているのがこのエッセイ集だ。
 言語が生きているものであることを前提として保ちつつ、規範の変化なのか、「誤用」なのかを細心の注意をもって見定めていく。実際に取り上げられる語も興味深いし、知らなかったことも多いのだが、それよりも、何よりも言葉を扱う職人芸のような鮮やかな手つきに惚れ惚れする。とても繊細だ。そして、とても大胆。

★★★ Excellent!!!

小見出しが判り易いので、気軽な参考書と言う感じのエッセイ集です。
言葉遣いに拘るのは、文章に関わる職業に就かれているからだと推察します。包容力を感じる文体から、高校の現代国語の先生では? と勘繰っていますが、真相はどうでしょう。
小中学生の時の自分は、国語が大嫌いでした。現代国語には「習わなくても話してるわ」と反発し、古典には「もう話す事は無いわ」と反発しておりました。不思議と、初老になった今は最も興味深く、この類のエッセイを読んでしまいます。
一旦読了しましたが、連載中なのでフォローを解かずにおきます。更なるエピソードが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

回復と快復の違い。
辞表と退職願の違い。
二重表現……などなど。

気にはなっていたけど、よく知らなかった。
そもそも、そんなこと気にしたことなかった。
それと、それ違う意味の言葉だったんだ!

などなど。
目から鱗の日本語知識。
小説書くうえで、読んどいて損はない……というよりも、読んどかなきゃ損、といえるものばかり。

★★★ Excellent!!!

「それ、誤用だから」と言うのは簡単だけど、じゃあなぜそれが誤用なのか、ということまで簡潔に説明できる人は稀だろう。

この講座は、ただ「それ、誤用だから」と切り捨てることなく、どのような由来をもって「誤用」が生まれたのかを説明してくれる。
場合によっては「誤用」だと思い込むことが「誤り」だったりすることも......。

これを読むと、とりあえず辞書を複数冊買いたくなります。

★★★ Excellent!!!

 アマチュアであろうと趣味であろうと言葉を用いて物事を表現する我らですが、都度辞書とにらめっこも中々面倒です。いや、面倒がってちゃダメなんですけどね。

 そんな我らが注意しておくべきポイントの指南がピンポイントで押さえられた内容となっております。
 言葉と向き合いましょう。(無論私もです)

★★ Very Good!!

本文以外にも『穿った』『斜に構える』『物語のさわりの部分』『潮時』など、あ、これ間違って使っているなあ。というのをよく見かけます。
しかしながら、時としてわざと間違えたほうがいい時も存在する。
されど、書く側としては絶対に知っておかなければならないことですね。

★★★ Excellent!!!

 文章を書いてこういった場に発表している以上、正しい言葉遣い、正しい表現というのは誰もが気になることだと思います。
 この作品は、間違いやすい表現を具体的に挙げて、正しい表現を分かりやすく解説されているので大変参考になります。

 言葉って、難しいですよね。
 この作品が素敵だな、と思ったのは、「あえて」の表現や「言葉は変化するという事実」に優しいところ。間違いに過度に攻撃的でないところ。
 ですからとても素直に反省しながら読めます。