間違えやすい日本語表現

作者 澤田慎梧

この作品を読むと、襟を正して日本語に向き合おうと言う気になる。

  • ★★★ Excellent!!!

小見出しが判り易いので、気軽な参考書と言う感じのエッセイ集です。
言葉遣いに拘るのは、文章に関わる職業に就かれているからだと推察します。包容力を感じる文体から、高校の現代国語の先生では? と勘繰っていますが、真相はどうでしょう。
小中学生の時の自分は、国語が大嫌いでした。現代国語には「習わなくても話してるわ」と反発し、古典には「もう話す事は無いわ」と反発しておりました。不思議と、初老になった今は最も興味深く、この類のエッセイを読んでしまいます。
一旦読了しましたが、連載中なのでフォローを解かずにおきます。更なるエピソードが楽しみです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

時織拓未さんの他のおすすめレビュー 576