第4話日本昔ばなし(笑)

 昔々ある所に冴えないけど正直者の男が居ったそうな。

 あるとき男は畑仕事のあと池のほとりで一休みしていた。男はポロシャツを木の枝に掛け、手ぬぐいで身体の汗を拭いていた。そのときだった。強風に煽られたポロシャツが池に落ちてしまったのだ。男が困り果てていると、池の中から神々しい光と共に、それは、それは美しい女神様が現れた。

 女神様は男に向かってこう云った。

「あなたの落としたのは、このボロシャツですか?」

「いいえ違います」

「それじゃ、このポロリシャツですか?」

「いいえ違います」

「それならば、このポロシャツですか?」

「はい。それです」

「あなたはとても正直者ですね。そんなあなたにこれを差し上げましょう」

 そういって渡されたものは、ポロリシャツだった。

「違います。これではありません」と、男は云ったが、とき既に遅く、女神様は目の前から消えていた。

 男は途方に暮れた。

 男が途方に暮れていると、いつのまにか女神様からいただいた服が乾いたので、男は女神様を待つのを諦めて家路に着くことにした。

 途中、雨が降ってきたので、大きな木の下で雨宿りしていると、若い娘がずぶ濡れになりながら、その木に駆け込んできた。ずぶ濡れになった若い娘を可哀想に思った男は自分が着ていた"あのポロリシャツ"を娘に貸してやった。

 娘は凄く喜び、濡れた上着を脱いでそのポロリシャツを着たところ、どういう訳かブラが外れてオッパイがポロリと見えてしまった。

 男は仰天したが、娘がいそいそと胸を隠そうとする姿から目が離せなかった。

 娘は開けた胸を隠し終えると、恥ずかしそうに「ごめんなさい。恥ずかしい所をお見せてしまって」と、頭を下げた。

 男は娘の愛らしさに呆然としていると、その娘が、"あの女神様"にそっくりだということに気づいた。

 雨が止み、空に後光が射す。

 娘が去っていくと、男は涙しながら手を合わせたという。

おしまい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます