第12話すべらない話

あるサークルですべらない話をすることになった。

お笑いに拘りがある先輩がその場を仕切る。

皆、話し上手で、その場は大いに盛り上がっていた。

そして僕の番が回ってきた。僕は緊張し、何を話したらいいのかわからず、おどおどしていると、先輩は「はようせんか」と僕を急かしてくる。皆の視線が僕に集まる。

僕は意を決して滑らない話をした。

「僕、スケート滑れないんですよね」

「なんやそれ。それは滑れない話でしょ。てっいうか完全にすべっとるやん!!」

先輩のツッコミに場は盛り上がった。

実は先輩に「僕はすべらない話なんてできません」と相談したら、先輩は「スケートが滑れないんです。とでも言うときぃ」と言ったので不安に思いながらもそうしたのだった。

さすがお笑いに拘りがあるお方だと僕は思った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます