第40話 四文字熟語をこじらせたら その三

「よっ。また例のノートにネタを書き込んでいるのか?」

慎吾は夢中になって何かをノートにメモしている孝之に言った。

「うん。まーね。ところで慎吾。このノートの名前考えないか?」

「ノート? ノートはノートでいいだろ」

 慎吾は特に思入れがない物(ノート)であるので興味なさそうに答えた。

「なんかなー。うーん。ノートに名前があると愛着が沸くじゃん。例えば”例のノート”貸してより、何か名前で言った方がいいじゃん」

「うーん」

あまり興味のない慎吾は親友の熱意に考えるふりをした後、適当にこう言った。

「それなら、四文字熟女ってのはどうだ?」

「うーむ。なるほど。それは面白いな。加藤綾子って書いとこ。通称アヤポン」

「それ、うちのかーちゃんの名前じゃないか。それだけはやめてくれ‥‥。っていうか通称アヤポンってなんだよ」

「じゃー。このノートの名前なんてつけるかなー」

(アヤポンはスルーかよ)

孝之が腕を組んで考えていると、慎吾は何かが閃いたように、こう提案した。

「四文字熟語をこじらせたような語句だから『コジラセノート』でいいんじゃないか?」

「コジラセノート? ふーん。なるほどね。じゃー。このノートの名前は『コジラセノート』にするか」

慎吾の提案にノートの名前jはあっさり決まった。


それから三日後ぐらいして放課後のこと、孝之が「またネタを仕入れたから見てくれ」と、言ってきた。

慎吾はどれどれと編集者ばりに、『コジラセノート』を開いた。


そこにはこうネタが書かれていた。


『感慨無量』

『感謝無用』


「感謝無用って、誰に言ってんだよ」

慎吾は早速ツッコミを入れた。

「俺には感謝無用だからな」

胸をのけぞりながら孝之は「エッヘン』と言った。

「おまえに感謝したことなんて、一度もねーよ」

「まぁー。お互い小学校からの腐れ縁で、馴れ合っているから、お互い感謝の気持ちを感じることが鈍くなったんだろう」

「いや、ほんとはおまえには感謝する気持ちもないことはないのだが、この場合、ああやって突っ込んだほうがいいと思って」

慎吾のその言葉を聞いて孝之は頬を緩ませた。


『臥薪嘗胆』

『我慢精進』


「なんかそれらしい四文字熟語に変わちゃってるんですけど」

慎吾は感心した。

「結構上手いだろ」

孝之は腕組みしながらしたり顔をした。

「つまりこういうことかー」

慎吾も孝之に釣られ腕組みをして解説してみせた。

「何かを得るには我慢をし、精進をせねばならぬという諺ということか」

「そう。その通り」

孝之はさらに鼻高々にしたり顔で答えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます