第20話 事象:ITにおける『元』女神の意図的な介入について

「ん……んあ……。んん、ん? おいちょっと待て……なんで俺寝てんだよっ」


 がば、と跳ね起きる。

 瞬時に俺は周囲を見渡した。

 今まで寝ていた木製のベッドの横には、エンドテーブルがあり、その上にはカンテラのようなモノが一つ。その中には淡い光を放つ石――光の魔石が入っていた。

 それはライトのような役割を果たしており、薄暗いながらも、部屋の全貌を見るには十分な明かりだ。

 木製のテーブル、イス、化粧台――手入れが行き届いている。まるでこの前まで誰かが住んでいたような部屋だ。


 訪れたのは、安堵。


 ここはあの森の中でも、ゴブリンの腹の中でもない。少なくともクラウとハットリは無事でいて、俺の事をここまで運んでくれた事が伺える。


 そこまで思い、気付いた。

 一枚のメモがテーブルに置いてあったのだ。


 手に取り、読んでみる。


 そこには、クラウから俺へのメッセージが書かれていた。

 メッセージと言っても、愛情が籠っていたりするわけじゃない。事務的な報告だ。

 内容はこんな感じだった。


 俺がゴブリンとの戦闘で倒れた後、ハットリが冒険者ギルドに救援部隊を要請した。そのおかげで、俺達は無事に王都に戻ることができたという。なお、ゴブリンの素材はハットリとクラウで解体したらしい。


 そうして、俺が冒険者ギルドの治療室にて診断を受けている最中、ハットリは受付のお姉さんに薬草納品依頼の達成報告、並びに魔物素材の換金をした。

 クラウが聞いた限りでは、ハットリも今夜宿がないそうだったので、自分とハットリで一室、俺の為にもう一室、冒険者ギルド直営の宿屋をとった。


 なお、俺の診断結果は、魔力不足による昏倒だとのこと。

 治療院直属の兵士たちが、宿屋まで俺を運んでくれたそうだ。


「……よかったぁ~~……! みんな無事だったんだなあ」


 一人、背伸びをしつつベッドに倒れこむ。


 すると。


 むにゅ、という音と共に、


「ぁんっ」


 どっかで聞いたような声がした。


「えっ!?」


 慌てて振り返るとそこには――


「はろー♡ 追いかけてきちゃいましたよー」


 金髪巨乳羽付美女が、(多分)裸で横になってた!!

 ヤッホウ!!


 いや、でもどっかで見たことある顔だ。

 まさしくキレイ系の極地みたいな顔。頭の奥で何かが引っかかるのを感じた。

 だけど、どこだったかな。つーか金色の羽キレイだなー。


 いや、今はそうじゃないだろ! 俺!

 すげぇいい乳してんな、とか、布団で隠れてるけど、服着てないように見えるのは気のせいかな、とか思ったりとかしちゃったけど。

 これがラブホだったら完全に致すところだが、残念だが、非常に残念だが、本当に残念だが! 今はそうじゃない!


「ちょ、ちょ、ちょっと待て。今、だれも居なかったよな!?」

「そうですねー。今来たばっかりですし」

「あんた誰だっ!?」

「えっ……お、覚えて、ないんですか……?」


 あれ、俺なんかミスった?

 泣きそうな顔されて、罪悪感MAXなんですが。


 もう一度、よーく顔を見てみる。

 ――その時、一人の人物の顔が俺の脳裏によみがえった。


 あいつだ。


 マリーさんだ!


「マリーさん! 来たのか!?」

「……もう、それでいいです……」

「うぉおおおおおおお!」

「え、え!? な、なんですか雄叫び上げないでください!」


 すっげぇ、本物だ! マリーさんだ!


「ひっさしぶりぃ、元気だったぁ!?」

「チャラいです! 非常にチャラいです!」

「胸揉ませてくれぇえええ!!」


 俺はたまらずマリーさんのおっぱいを鷲掴みにした!


「ちょっ、やん、揉まないで――あぁんっ♡」


 この溢れんばかりのおっぱいの柔らかい感触――この喘ぎ声……! 

 マリーさん……!

 むにむに、こりこり、むちむちだああああ!


 はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ!!


 一揉みで体の芯から熱が込み上げてくるのを感じる。

 うっすら感じていた飢餓感は、マリーさん不足だったんだネ! ははは!


「やっ、背中つー、ってしちゃ、だめですっ、はひっ」


 ヤバス、これヤバス!!


 いい乳だ!!

 いい身体だ!!


 まさに女神!

 さわり心地といい、喘ぎ声と言い、首筋の味といい!


 最高だあああああ!!


「ほ、ほんとにダメぇっ! な、何でこんなに上手くなって――あんっ! ひぁぁあ! な、何か、来ちゃ…っ、…っちゃ、うぅっ!」

「ふひ、ふひひひひひひひひひひ!! マリーさんぺろぺろ! ぺろぺろぉおおお!!」



―――――



「ら、らめれす……も、うこれいじょ、らめぇぇ……こわれひゃう、こわれひゃいますぅぅ……」


 俺が正気に戻った時、もう取り返しがつかない位、マリーさんは乱れてた。

 つーかやっぱり全裸だった。

 ……。なんかシーツに水しぶきみたいなシミがあるんだが……全然記憶ネェぞ俺。何した俺。

 心なしか俺の服まで水が飛んできてたような記憶が――。いや、この記憶は夢だ。夢に違いない。


「ご、ごめん、我を忘れちまって――」


 やっちまった。

 これは本当にやっちまったかもしれん。

 土下座じゃ、すまねぇよな。死の覚悟が必要か。


「ひく、ぐす……さ、三回も――あぅぅ、余韻、がぁ……んうぅぅっ」


 ビクビクと体を震わせて甲高い声をあげるマリーさん。

 色っぽいなぁ……。じゃなくて! 今は謝罪をしなきゃいけない時だ。

 その一糸まとわぬ女神様の背中は、ほら、劣情をすっごい掻き立てるけどさ。もう腰のラインとかなんだよ! くびれまくってるよっ! しかも後ろからでも横乳視えるとかなんだよっ! どんだけデカイんだよそのおっぱい! 女神か!? ああ、女神か!! もう少しお尻あげてくれないかなぁ……。


 おいおい俺何言ってんだ!!


 ……落ち着け、マジで襲いかねん。


 ほら、マリーさんがこっちを涙ぐんだ目で見て来てるじゃ――


「も、もう、やめちゃうんです?」

「うぉおおおおああああああああああああ!! ダメだ! やっぱりマリーさんだ! だから嫌われんのは慣れてるけどそういうのはダメなんだって! 本当にスマン! 死ぬ覚悟はあるから許してくれ――」

「続き、しないんですか……?」


 もう俺の顔は真っ赤だ。

 断言しよう。

 今ならこの光景だけで十回は抜け――いや、これ以上言うのはダメだ。


「だ、だめだ」

「なんでですか? これだけ私の身体をまたもや弄んでおいて、最後までしないなんて、あなたそれでも男なんですかっ!?」

「えぇ!? 自分から襲ってくれみたいなこと言っていいのか!? それでいいのかマリーさん! あんた仮にも女神だろ!?」

「うるさいですね! この根性なし! そんなだから童貞のままなんですよっ」


 うぐぅ。痛いところつきやがって。


「じゃ、じゃあ最後までやっていいのかよっ?」

「……」


 そう俺はマリーさんに問う。

 黙り込むマリーさん。

 してやったり。やっぱり女神とはいえ、人間と致すのは抵抗があるんじゃ――


「全部、言わせる気ですか……?」


 え、あ。

 なんか、顔真っ赤なんですけど。

 ちょ、腕を俺の後頭部に回さないで。

 抱きしめないで、ああ、キスしようと顔を近づけてこないでくれぇえええええええ!













――それは、俺とマリーさんの唇が触れあう寸前だった。














「うるさいわね! 一体何してんの……よ」







 

 ドアが開いたと思ったら、外に、クラウさんが、居た。



「……は、はろー……クラウさん……」


 硬直する彼女と、俺。

 マリーさんは胸を押し付けるのをやめなさい。

 たった今、俺的に修羅場だから。気持ちよくするのやめて。


「待ってくれ、これには海よりも深い事情が――」

「変態」


 無情にも俺の言葉は響かず。

 閉ざされたその扉はあまりにも遠く。


 えと、ロード、できないかな? これ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます