訳あり男爵令嬢の朝活バラッド

作者 マルコフ。

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全31話

更新

  1. 第1話 立派な鎧の騎士よ
  2. 第2話 独り蒼褪め彷徨い歩く
  3. 第3話 葉は枯れて
  4. 第4話 鳥は鳴かぬ
  5. 閑話 夫の苦悩①(アイガン視点)
  6. 第5話 妖精の娘のようで
  7. 第6話 怪しげに輝く瞳に
  8. 第7話 花輪の冠を編んで
  9. 第8話 まるで恋するように
  10. 閑話 夫の苦悩②(アイガン視点)
  11. 第9話 馬に乗せ、静かに駆け出し
  12. 第10話 妖精の歌を口ずさみ
  13. 第11話 蠱惑的に愛をささやく
  14. 第12話 心からの愛を
  15. 閑話 夫の苦悩③(アイガン視点)
  16. 第13話 夢の中では
  17. 第14話 死人のように蒼褪めて
  18. 第15話 叫ぶ言葉は
  19. 第16話 お前を虜にしたのだ、と
  20. 閑話 夫の苦悩④(アイガン視点)
  21. 第17話 暗がりの中に浮かぶ唇は
  22. 第18話 警鐘を告げる
  23. 第19話 眠りから覚め
  24. 第20話 冷たい丘だと気づく
  25. 閑話 夫の苦悩⑤(アイガン視点)
  26. 第21話 そうして去らずに
  27. 第22話 独り彷徨う
  28. 第23話 葉はすでに枯れて
  29. 第24話 鳥ももう鳴かぬのに
  30. 小話 義母の苦悩
  31. 小話 親友の苦悩