バットを振ったら、そこは江戸だった

作者 達見ゆう

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. 第1話 発明品は金属バット?!
  2. 第2話 出会いは唐突に
  3. 第3話 僕、誤解されてる?!
  4. 第4話 強力なライバル?
  5. 第5話 え?肉を食べてたの?
  6. 第6話 棒手振り
  7. 第7話 戯作と……絵っ?!
  8. 第8話 江戸っ子はお風呂好き……になるよね。
  9. 第9話 はじめてのこんよく
  10. 第10話 風呂上がりの寛ぎタイムは社交場
  11. 第11話 江戸前寿司≠江戸時代の寿司
  12. 第12話 屋台は江戸のファーストフード
  13. 第13話 江戸は男子のパラダイス?!
  14. 第14話 江戸っ子は夜更かししない
  15. 第15話 火事ダメ、絶対
  16. 第16話 おまつさん、意外と苦労しているの巻
  17. 第17話 やべ、ヒーローになっちゃった
  18. 第18話 江戸の適齢期、早っ!
  19. 第19話 江戸しぐさはガセ?
  20. 第20話 江戸時代の火事と闇
  21. 第21話 江戸時代の火事と闇2
  22. 第22話 お駒風
  23. 第23話 江戸の医者、TUKAENEEEE!!
  24. 第24話 副作用…だよね?
  25. 第25話 江戸の大女?
  26. 第26話 青蘭堂ちゃっかりしているの巻
  27. 第27話 力比べ大会開催
  28. 第28話 まさかの優勝者は……?
  29. 第29話 ばっく・とぅ・ざ・平成
  30. 第30話 久しぶりの平成……あれ?