大江戸闇鬼譚~裏長屋に棲む鬼~

作者 渋川宙

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全42話

更新

  1. 第1話 桜鬼
  2. 第2話 奇妙な誘拐事件
  3. 第3話 居酒屋・弁天屋
  4. 第4話 思わぬ情報源
  5. 第5話 ますます奇妙
  6. 第6話 両親から聞き取り
  7. 第7話 花
  8. 第8話 依頼人はややこしい
  9. 第9話 王手
  10. 第10話 意外な共通点
  11. 第11話 丸く解決
  12. 第12話 困った客人
  13. 第13話 奇妙な幽霊
  14. 第14話 なぜこの時だけなのか
  15. 第15話 条件が厳しい
  16. 第16話 藤本祐一郎
  17. 第17話 四回繰り返された
  18. 第18話 庵の中に残るのは
  19. 第19話 高橋の好みは?
  20. 第20話 目的はあんただな
  21. 第21話 嫉妬は面倒
  22. 第22話 動揺
  23. 第23話 立場の違い
  24. 第24話 二人の出会いは
  25. 第25話 御法度
  26. 第26話 仲直り
  27. 第27話 奇妙な殺人事件
  28. 第28話 生き肝が狙い
  29. 第29話 考えられる犯人像は
  30. 第30話 死なれては困る
  31. 第31話 家を継ぐのは大変なもの
  32. 第32話 体裁が大事
  33. 第33話 江戸を出発
  34. 第34話 刺客
  35. 第35話 山間の村へ
  36. 第36話 意外と難しい
  37. 第37話 難しく考えすぎか
  38. 第38話 怪しい小屋
  39. 第39話 待ち人現る
  40. 第40話 運命の悪戯
  41. 第41話 家が基準だからこそ
  42. 最終話 いつかの日まで