えごりすと

作者 九羽原らむだ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全34話

更新

  1. =登場人物紹介=
  2. (前)宇納間工多は小説家になりたい。
  3. 第01話「無くは無い。有り得る話。」
  4. 第02話「君達にとっては贅沢な話かもしれないが、彼にとっては窮屈な話。(1/2)」
  5. 第02話「君達にとっては贅沢な話かもしれないが、彼にとっては窮屈な話。(2/2)」
  6. 第03話「何故、彼が狂っちまったのかという話。」
  7. 第04話「芸術にはぶっ飛んだ何かが必要になるという話。」
  8. 第05話「人生、山と谷の凹凸激しいという話。(1/2)」
  9. 第05話「人生、山と谷の凹凸激しいという話。(2/2)」
  10. (中)宇納間工多は悩みを解決したい。
  11. 第06話「時間をおいてから見直すと世界変わる話。」
  12. 第07話「ゲームはゲーム、リアルはリアルという話。」
  13. 第08話「憩いの場というものは、社会人には必要不可欠な話。」
  14. 第09話「名コンビという要素は熱さを感じる話。」
  15. 第10話「大人は常に自身の居場所を求め彷徨っている話。」
  16. 第11話「攻略に重要なのは好感度だ。詰めろ。詰めておけ。そういう話。(前編)」
  17. 第11話「攻略に重要なのは好感度だ。詰めろ。詰めておけ。そういう話。(後編)」
  18. 第12話「恐怖を乗り越え、強くなるのが王道という話。」
  19. 第13話「謝罪は気持ちが見えていなければ、無意味な火種と灯油になるという話。」
  20. (後)宇納間工多は迷走する。
  21. 第14話「人間なんであれ、まずは見た目からという話である。」
  22. 第15話「平面も立体になれば、見えないものが見えてくるという話。」
  23. 第16話「人は妄想の中で無双する話。」
  24. 第17話「オタクは人生で一度はカ●マを歌っている話。」
  25. 第18話「ノンフィクションでも、それなりに盛ってるという話。」
  26. 第19話「誰でも故郷の味は恋しくなるという話である。」
  27. 第20話「でっかい夢を見て何が悪いという話。」
  28. 第21話「平穏もいいが、刺激も欲しいという話。」
  29. 第22話「強い奴の背に、弱い奴は集るという話。」
  30. 第23話「人類、責任を押し付けあう弱い生き物だという話。」
  31. 第24話「消し去りたい過去ほど、燃えるゴミに相応しいものはないという話。」
  32. 第25話「年下に恋するに、変にハードルとレベルが存在する話。」
  33. 第26話「男には男の道があるという話。」
  34. 第27話「人の夢はそう思い通りにはいかないという話。」
  35. 第28話「人を変えるのは、出逢いと”話”である。」
  36. 第29話「人は迷いを繰り返し、成長していくという話。」
  37. 第30話(最終話)「『人よ。夢を見ろ。』そういう話。」