百合の日SS〈三日月 奏〉

皆様にご連絡というかなんというか、お伝えしておこうかと思ったのでバッと適当に書かせていただきます。


あ、連載を辞めるとかではかいですよ?


完全な個人的事情なのですが、パソコンが逝ってしまいまして…というか、最近は大学のオンライン授業が始まったりして忙しない生活を送っていたこともあり、更新頻度が約週1とグッと落ち込んでしまいました。すみません。


そんな中でのパソコンの故障。さらにはなんと冷蔵庫も故障。もう「なんだかなぁ…」という感じです。えんえんぴえん。


ま、それだけです。書く意味あったかなこれ。


という事で今回は百合の日に因んだ未来のIFというか、SSです。若干の性描写もあるので苦手な方は気をつけてください。また、今回はホワイトデーSSと違いハーレムエンドではなく個人エンドとしています。


それと、今回は奏編で祈織編と詩音編もあるのですが、前述した通り大学関係で忙しかったりパソコン&冷蔵庫の故障でドタバタしているので残り2人のお話は遅れてしまい、後日となります。


ちゃんとメインストーリーも今後更新しますのでご安心ください。


では、本編をどうぞ。


───────────────────────


私達が白椿学園を卒業してから多くの月日が経ち、何度も同じように四季が巡る中、日本で戸籍上の同性結婚が法的に認められた。


日本での同性結婚が認められるようになるまで時間がかかったような、思ったよりも唐突で早かったような…あまりこの感覚を上手く伝えることは出来そうにない。


でも、1つだけはっきりとしていることがある。


それは───


◆◇◆


「おはようございます、ハルちゃん。朝ですよ」


「おは…よぉ…」


「ふふ、朝ごはんは出来ているので支度が済んだら来てくださいね」


「ん〜…」


私の声で目を覚ました寝起きで低血圧気味のハルちゃんがもぞもぞとベットの中から這い出てきました。歯磨き等をしに出ていたのを見送った後、私は彼女が出ていったベットを整えます。


ふむ…素晴らしい残り香です。


私とハルちゃん───春乃さんが結婚して暫くの時間が経ちました。そんな中での毎朝のルーティーンが今しがた行われているこれ。


いやいや、ただのベットメイキングですよ?断じて不埒な行為ではありません。あっ…少し汗の香りがします。うふふ。


ベットを整えた私はそのままキッチンに向かい、出来上がっている料理にもう一度少しだけ熱を通すと盛り付けてリビングの机に並べます。


毎日の料理が苦になる…なんて聞いた事がありますが私の場合は全く苦になりません。大好きな人に、愛情を込めて作った料理を美味しそうに食べてもらう。それだけで天に昇るほどの幸せを感じます。


未だに若干寝ぼけ眼のハルちゃんが軽い身支度を済ませてやって来ました。「「いただきます」」この言葉を愛する人と口に出す生活は何度も過ごしても飽きません。


話は変わりますが普段私は物書きの仕事を、ハルちゃんはイラストの仕事をしています。ふふ、うふふ。そうです、なんと私達は生涯のパートナーであり、仕事上でもパートナーなのです。


まぁ…私の作品はハルちゃんしか担当していませんが、ハルちゃんが担当する作品は私以外のものも多くあるんですけどね…。仕事だと割り切ってはいますが、「くっ…これが寝取られなのですね…」と嫉妬した日は数え切れません。


そんな仕事も今日は2人ともオフです。有難いことに私もハルちゃんも忙しくさせて貰っているので、久しぶりのデートと相成りました。


朝ごはんを食べ終わったあとはそれぞれ別のタイミングで家を出て、待ち合わせ・・・・・をします。


「ごめん、奏。待った?」


「全然待ってませんよ、ハルちゃん。さ!今日は久しぶりのデートです!」


「あはは、お手柔らかに…ね?」


うふふふふ。これも何度やろうと素晴らしいものです。結婚してからもこうして恋人感覚というか、初々しい気持ちのままでいられるのが円満の秘訣でしょうか?


私は白と桃色を合わせたふわっとした印象を受ける服装で、ハルちゃんは白と黒でシンプル且つかっこよく決めていました。


今日は私が彼女側で、ハルちゃんが彼氏側なのです。


待ち合わせ場所から移動した私達はウィンドウショッピングを楽しみ、お昼頃に映画を観たあと遅くなったお昼ご飯を食べました。


そのまま一緒に本屋さんを巡ったり、カラオケに行ったり。


とっても、とっても楽しい1日です。


幸せです。


心が、ぽかぽかします。


「ただいま、奏」


「おかえりなさい、ハルちゃん」


「ただいま帰りました、ハルちゃん」


「おかえり、奏」


♡♥♡


キシッ…キシッ…階段が、2人分の音を立てて軋みます。2階の寝室に私達は入りました。


「好き、好きです。大好きです、ハルちゃん。これからも…愛してます」


「私も奏の事が世界で1番大切だよ…愛してる。抱きしめても、いいかな…?」


その問いに答え入りません。だって、分かりきっているから。


カーテンの隙間からさす月明かりが私達を照らし、影を伸ばします。それがゆっくりと近づき、1つになりました。


1つになって、重なって、溶け合って、蕩けあって。唇の暖かさが、舌の熱が、手の温もりが。あぁ、怖い。溶けてしまう。私の理性が音すら立てずに崩れ去る。


でも、それが心地良い。


吐息と、水音が絶えず鳴る寝室。


月明かりで伸びる影が離れることはありません。


私の指で恥ずかしがりながらも鳴くハルちゃんが狂おしいほどに愛おしい。


ハルちゃんの指でだらしなく鳴いてしまう私で興奮してくれるハルちゃんが堪らなく愛おしい。


あぁ、気持ちいい。


「「あっ…はぁ…あっあうぅ…い───」」


共に果て抱きしめあったままベットに倒れ込む。


ハルちゃん、私は貴方と結婚出来て幸せです。


ハルちゃん───


「大好きです…」「大好きだよ…」


私はハルちゃんの腰に再び手を添える。「まだ足りない」言外にそう伝えながら。


ハルちゃんは私の首元に再び顔を埋める。「まだしたい」言外にそう伝えながら。


私達は、終わりも知らずに愛し合う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます