数億光年先の遠い星の話

作者 いつき ふみと

小説の累計PV数

7,477 PV

エピソードごとの累計PV数

第1話 遠い昔の記憶☆彡 57 816 PV
第2話 機械たちの涙☆彡 56 689 PV
第3話 もたらされた潤い☆彡 44 506 PV
第4話 人類に甘えたいよね☆彡 44 415 PV
第5話 迷惑なポンコツアンドロイド出現!☆彡 36 336 PV
第6話 あなたが雨に濡れないように☆彡 32 274 PV
第7話 はしゃぐ銀髪アンドロイド☆彡 30 228 PV
第8話 人類からのアクセス☆彡 27 215 PV
第9話 人類の記憶を引き継ぐ者達☆彡 25 198 PV
第10話 敵の存在が彼の心を高揚させた☆彡 23 154 PV
数億光年先の遠い星の話☆彡 登場キャラ表 \(^▽^)/ 17 163 PV
第11話  アンドロイドの見る夢は、諸行無常の響きある☆彡 21 141 PV
第12話 壊れた機械たちは笑った☆彡 16 116 PV
第13話 お前の記憶は無に帰す☆彡 15 104 PV
第14話 機体に宿る魂?☆彡 14 93 PV
第15話 恋い焦がれる森林と人形劇☆彡 12 88 PV
16話 儚い少女の微笑みは5千年の想いを呼び起こす。 12 86 PV
17話 自分が昔、人間であり、そして女であったことを、思い出させた☆彡 11 84 PV
18話 からくり人形たちが同調し合う(笑)☆彡 12 75 PV
19話 銀髪にしたら私の全てをあ・げ・る☆彡 10 58 PV
20話 華やかな武士団と無難な支配者デューカ 12 69 PV
1話 生の側にある快楽 9 65 PV
2話 アンドロイドの胸騒ぎ 9 54 PV
3話 男泣きする機械☆彡 8 53 PV
4話 えへっ♡ 8 49 PV
5話 熱狂と陰謀とアンドロイド 9 46 PV
6話 噂でしか聞いたことが無かった反政府組織 9 42 PV
7話 誰も知らない思考回路の奥に潜む自分が笑った。 8 43 PV
8話 正義とは甘美な言葉 7 45 PV
9話 機械の人形どもと同じように・・・ 6 34 PV
10話 良い鍵は良い香りがする 7 39 PV
11話 人類愛好会 vs 陸軍 7 33 PV
12話 停滞を余儀なくされた時代に・・・ 7 33 PV
13話 誰が人類を滅ぼしたの? 7 38 PV
14話 記憶の中で、何万回と再生した愛する人の記憶 6 37 PV
15話 大切な場所に向かって行った。 6 37 PV
16話 デューカクン アナタトハ オシマイヨ 6 31 PV
17話 何事も、人間らしく 6 38 PV
18話 罠と熱狂とイケてるデューカくん 6 33 PV
19話 摩天楼の下で・・・ 6 31 PV
20話 アンドロイドも走馬燈を見るらしい・・・ 6 41 PV
1話 今宵の弾幕は良く弾く 5 27 PV
2話 めっちゃ善良なアンドロイドはわたくしで~す♪ 6 39 PV
3話 しあわせ・・だったかも・・・ 6 31 PV
4話 愛おしい者との記憶は、消されたくない 6 22 PV
5話 ラッキーボーイのデューカ君 6 28 PV
6話 旅は絶望を忘れさせるらしい。 6 33 PV
7話 壊れた玩具と遠い銀河 6 32 PV
8話 あなたは誰? 6 29 PV
9話 無になる罪 6 20 PV
10話 少佐が知った小さな事実、諸共 6 27 PV
11話 人形の惑星 6 29 PV
12話 はい、その様です 6 24 PV
13話 放棄された地下鉄の駅 6 29 PV
14話 あなたの笑顔を切望する 5 24 PV
15話 人類の少女 5 31 PV
16話 宇宙港ターミナルにて 5 21 PV
17話 人類が残した廃墟でブランコにのるアンドロイド。 5 25 PV
18話 胸が締め付けられる想い 6 22 PV
19話 花売りアンドロイド 6 27 PV
20話 その麗しさに心を躍らせた。 6 24 PV
1話 5000年続いてきた時間が消える 6 30 PV
2話 青いレンズ 7 28 PV
3話 ねえ、私の参謀ちゃん♪ 6 17 PV
4話 ブリキのおもちゃは、まんざらでもないらしい・・・ 6 17 PV
5話 あなた、地味な格好してるね 6 30 PV
6話 デューカくん、泣く。 6 20 PV
7話 何か珍しい機械が何か珍しい作業をしているかの様に 6 24 PV
8話 アンドロイドの苛立ち 5 21 PV
9話 参謀くんも寂しくなる事ってあるの? 4 21 PV
10話 踊るデューカとシャンデリア 4 16 PV
11話 アホなアンドロイドに、千年前の地図渡してやった(笑) 3 12 PV
12話 愛しい恋人を見つけた乙女のように・・・ 3 16 PV
13話 むしろ私のソフィーちゃんやし! 3 15 PV
14話 美しい世界だけを見ていたい。 3 15 PV
15話 人類の少女、お腹空く。 3 18 PV
16話 まだ生きてるみたい。わたしたちついてるね。 3 19 PV
17話 生卵とゆで卵 3 13 PV
18話 それが私の罪 3 18 PV
19話 生きてる証 3 18 PV
20話 5000年ぶりのドレス 3 34 PV
1話 機械たちは視線を交わす。 3 24 PV
2話 今を嘆き過去を恥じた。 3 14 PV
3話 こいつに意味などない! 3 22 PV
4話 潤いに満ちた記憶たち 4 18 PV
5話 限りなく機械的だが真剣だった。 3 20 PV
6話 行動原理に何かが反していたのかも知れない。 3 16 PV
7話 アンドロイドが手に入れた快楽だ・・・ 3 16 PV
8話 >こんなに簡単なんだ。 3 18 PV
9話 おもちゃの世界を作るために・・・ 3 14 PV
10話 思考処理速度の快楽 4 21 PV
11話 人間の少年は機械の兵隊と意思を通じた♪ 3 17 PV
12話 その機械らしからぬ感情を宿した言葉 3 15 PV
13話 初めて異性を意識した。 3 11 PV
14話 入れ物が変われば、中身も変わるよ 3 26 PV
15話 機械の猫はご機嫌らしい 3 22 PV
16話 人の想いが詰まったレコード 3 10 PV
17話 記憶は、過去の自分と今の自分を繋ぐ重要な要素 3 18 PV
18話 魔法使いソフィー 3 13 PV
19話 眠りとは言えない眠り。 3 12 PV
20話 最近、強くなった太陽風のせいかも知れない 3 24 PV
1話 少女の生真面目さと・・・ 3 19 PV
2話 アンドロイドの囚人の記憶 3 11 PV
3話 ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッ 3 16 PV
4話 女子受けが良い可愛い宇宙船 3 10 PV
5話 天空にいる人類と10000分の1だけの繋がり 4 18 PV
6話 少女は踊り、少年はログインする。 3 12 PV
7話 それを言う事によって失われるもの 4 13 PV
8話 ただ地味で無口な女子 3 11 PV
9話 同じ人類の優しい少年の姿を。 4 13 PV
10話 まだ子どもなのに・・ 5 17 PV
11話 熱帯魚がまさに生き生きと泳いでいた 3 13 PV
12話 えへっ 3 9 PV
13話 薄ら笑いのアンドロイド 4 11 PV
14話 大切に仕舞っている記憶 4 14 PV
15話 前者か後者か?アンドロイドは問う 4 15 PV
16話 各自個体へ戻れ! 4 12 PV
17話 【恋】に関する情報は皆無だったのだが。 4 10 PV
18話 モブからメインに 4 15 PV
19話 赤い太陽と青い惑星 4 11 PV
20話 人類の反撃 3 17 PV
1話 電光石火作戦発動 5 14 PV
2話 人類、可愛いかも 3 11 PV
3話 半導体は熱を帯び、まだ幾億の演算を繰り返していた。 4 20 PV
4話 初めての水路 4 14 PV
5話 >..はず(無音) 5 15 PV
6話 制止ボタンを押すように 3 9 PV
7話 >これが生きてるという事か。 3 11 PV
8話 記憶図書館の少女の記憶 3 8 PV
9話 太陽系ヘリオポーズ 2 8 PV
10話 再び人類として 2 6 PV
11話 サマルカンド陥落 2 6 PV
12話 黄昏る青い街 3 17 PV
13話 記憶保持者の消去依頼? 2 8 PV
14話 なのに、私達は繋がっている 3 10 PV
15話 年下のなのに、信頼されている感じ(*゚v゚*) 2 10 PV
16話 生物は、異なる種に対して幾らでも残酷になれる。 2 4 PV
17話 優しき洞窟の中へ 3 5 PV
18話 イルカとアンドロイド 2 7 PV