最低最悪の男

 スヴェン班は箒兵第二大隊に所属している。第二大隊隊長はミハル大尉であるが、平時の組行動、班行動の際は大隊長として動く彼を見ることはない。彼もあくまで一人のパートナーであり、そして班長なのである。

 実際ウェスリーは入隊して配属が決定した後、訓練以外で大隊単位の行動を経験したことが未だなく、それ故ミハルが戦闘行為を行っている姿も未だ見たことがないのだった。

 先日の件以降、ウェスリーはスヴェンや他の班員にそれとなくミハルの話を振って、情報を集めようとしてしまっていた。

「ミハル隊長? がどうかしましたかぁ?」

 師団兵営からやや離れた練兵場の草地にて。小隊訓練を終えて、各自の個人装備を点検する。野戦用外套を地面に広げた上に装備を並べ、その中の短刀をつぶさに見ながらフロルが問い返す。

 彼の横で座って同じように点検を行っているウェスリーは、問い返されたことで少し気後れしながらも質問を繰り返した。

「…どういう人なのかと思いまして」

「ウェスリー伍長、知らねえんですか。もぐりってやつですね」

 フロルがやや強い語調で言った言葉に、ウェスリーはうっと喉が詰まったようになる。訓練学校在籍時にも同様のことを言われた気がする。

 だが、フロルは続いて話し始める。

「すげえ強い人ですよ。個人で討伐した魔物の数、リパロヴィナ史上で五本の指に入るんじゃないかって噂です。しかも入隊して数年でそれって、ほんとにすげえことだって」

「でも上官の言うことにすーぐ楯突くから、一部のお偉いさんには目の敵にされてるとか」

 横からヤンが参加してきた。

「そうそう。あ、でも上官だけじゃねえんだな。部下にだって気に食わなきゃ殴る蹴る。今はまだ丸くなったらしいすけど、ミハル隊長がまだ小隊長だった頃は隊の野郎共は戦々恐々」

「それに色々雑なんですよね! ミハル隊長の使ってる備品はすぐ壊れるってんで、俺の同期で経理科に行った奴は頭抱えてましたねえ」

「顔に似合わず乱暴だよなあ。そんであの気紛れ、パートナーになる奴は誰だって難儀するとか」

「まあフロル上等兵殿にはミハル隊長のパートナーなんて無縁の話でしょ」

「おお? お前言うようになったじゃねえかヤン二等兵」

「もう一等兵ですよ!」

 いつの間にか二人の会話になっているのを横目で見ながら、ウェスリーは魔法薬の携行用小瓶を薬嚢から取り出して並べる。割れや欠けが無いか一つずつ確認しては広げた外套の上に戻していく。

 目では薬瓶を注視しているが、頭の中は今二人から聞いた話のことしか考えていない。

 最低最悪だ。

 絶対に好きになれない類の人間だ、ミハルという男。


 以前に隊舎の廊下ですれ違ったあの時、ウェスリーは業腹だったのだ。

 その場では自分でも判じえなかったのだが、部屋に帰って落ち着いて思い返せば、ウェスリーを揶揄したミハルの態度や言葉、何よりあの表情に大層腹を立てていたのだった。

 何故だろうか、他の上官や同期の兵達に痩せぎすの体を笑われようがけなされようが大して気に障らないのに、あの薄暗い廊下で彼に軽く嘲笑されたように感じたそれだけは思い出しても腹に据えかねるのである。

 彼が自分と同じ年代に見えるからだろうか(実際は二歳ほど年上であることが判明した)。ウェスリーほどではないが華奢な身体つきに映るからか。子守だと、お前が言うなとそう思ってしまったのか。ウェスリーには分からなかった。

 そして周囲の人間から話を聞くにつれて、ますますミハルという男を敬遠したくなる。フロルとヤンに聞いた以外では、言葉遣いが荒い、寝坊が多い、気紛れで気付けばいなくなっている、それ故パートナーはよく置いてきぼりにされる、面倒臭がり、不愛想、何を考えているか分からない、大食漢、すぐ脱ぐ、等々…。

 すぐ脱ぐのは実証済みだ。

 聞けば聞くほど自分とは本来接点のあるべきでない男に思える。神経質なウェスリーには耐えられそうもない。

 勿論、彼の大隊にいるというだけなのだから、共に時間を過ごすことなどそう無いであろう。何せ一個大隊には三〇〇名弱の将兵がいるのだ。精々班が同じにならないことを祈るばかりである。

 もっとも、彼が率いるミハル班は第二大隊内でも特に精鋭が集められるという話なので、これも杞憂に過ぎない。

 ただ、腹立たしく思ったこの気持ちの遣りどころをどこに持って行けばいいのか分からない。そんな心境を何とか収めたくてミハルの情報を得ようとしているのか。妙な行動だとウェスリーは我が事ながら思う。

「それで、気は済んだのかね」

 鬱々とまた思考を巡らせていると、前を箒で飛行するスヴェンが音声拡張器越しに声を掛けてきた。

 この音声拡張器という魔法具は、箒兵科に最近導入されたらしい。元はアーデルランドの技術で、かの国では随分前から軍に導入されていたそうだが、リパロヴィナ軍においてはようやく一部の師団から徐々に実装されてきたところなのだ。

 拡張器という名称だが、音声を単純に大きくするものではなく、同じく拡張器を装備した状態で近くにいる者の元に明瞭な音声を伝える機能を有する。箒にて飛行中は風切り音で互いの声がかき消されるため、これまで箒兵達は箒上で会話しようと思えばありったけの大声で怒鳴り合うか、近距離にいるというのに通信機に頼るしかなかったのである。

 ウェスリーは今の上官の言葉に先だって何か会話をしていただろうかと疑問に思う。

「何がです?」

「君、随分と熱心にミハル大尉のことをあれこれ聞き回っていたからな。少なくとも我が班では君が大隊長に恋をしたようだとの見方が固まりつつある」

「こいっ…!」

 引き絞るような間抜けな声を出すウェスリー。間を置かず悲痛に叫ぶ。

「違います‼」

「うん知っている」

 あっさりウェスリーの否定を受け取ると、スヴェンは続ける。

「君はミハル大尉が気に食わないんだな。もっと言うならこの間の彼の言葉を根に持っている。違うかい?」

「…違いません」

「ふっふっふ」

 スヴェンがくぐもった笑い声をあげる。ウェスリーには何が面白いのか理解しがたい。

「君は面白い男だねウェスリー。同期の、階級で言ったら君より下の奴等の侮辱には反応しないのに、ひっくり返っても敵わない上の男には憤るのか」

「何が面白いのか分かりません」

 ウェスリーは敢えて論点を外して返答する。

「自分でも何故怒りが湧いたのか分からないんだろ?」

 年長者であるためか彼が特別敏いためか、あるいは自分が思っていたより分かりやすい人間なのか、とにかくスヴェンは折角ウェスリーが避けた核心を遠慮なく突いてくる。

「…理由なんて、きっと私と大隊長が合わないというだけです」

「そうかな? 僕には二人が合わないというようには見えない。少なくとも現段階では判断のしようもない。君はまだ彼と話したこともないだろう」

「話さなくても分かりますよ。俺とは別種の人間だと」

 話していて激してきたせいか、ウェスリーはつい私的な自称を用いてしまっていた。

「誰が言っていたのだったかな、父かな。好意の反対は嫌悪ではなく無関心なんだそうだ」

「何が言いたいんですか」

「君はミハル大尉に対して無関心ではいられないということだね。その他大勢とは違うと感じているのではないかな、意識的にか無意識的にかは知らんが」

「やめてください。それこそ話したこともないのに特別視してるわけがない」

 前方を飛ぶスヴェンを睨み付ける。彼から見えるわけではないので意味は無いのだが。スヴェンはまた笑っているようだ。肩が震えているのが確認できる。

「スヴェン曹長――」

「おや、2時の方向を見てみたまえ。トロルが一体うろうろしているではないか。他にはいないようだからはぐれトロルかな。二人で始末してしまおう」

 言うなりスヴェンは箒を急降下させて目標のもとへ向かった。ウェスリーも遅れず続くが、はぐらかされたような心持がして気分が悪かった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます