第27話 兄妹という繋がり 3

 食事を済ませ、冬の凍りつくような外へ出た。

「寒いな」

 スリムなコートをスマートに着こなし、凌が白い息を吐き出している。

「ほんと」

 水上さんからいただいたコートのポケットに両手を突っ込み、同じように息を吐き出した。

「少し歩こうか」

 凌が、先にたって渋谷方面への道を歩き出す。深夜に程近くなった夜の大通り。店先の明かりはクリスマスに彩られ、賑やかに輝いているけれど、人の通りは随分と減っていた。みんな、それぞれの帰る場所、居るべき場所で、大切な人に寄り添っているのだろう。

 半歩前を行く凌の後ろをついていくと、五分ほど歩いたところで凌が立ち止まり振り返った。

「この前の、続きだけど……」

「この前?」

「やっと、再会できた、相手……」

「ああ……」

 バーの前で話していたことだ。

 凌がずっと想っていた人。奈菜美さんをふってまでも、気持ちを抑え切れなかった相手。あの時、凌は私を抱きしめながら、辛そうに、少しだけ、と言って……。

 もしかして、その相手って――――。

「凌、その人って、私に似てるの?」

「……え?」

 凌は、驚いたように目を大きくする。

「だって、私なんかに抱きついてきたから……」

 あの時の切なそうな瞳は、山崎の父に似ていた。母を想って私に縋りついた、父の目に。母の影を追い求める、父のように見えた。

 だから、凌も、きっと私に似た人を想って――――。

「あかり――――」

 凌が続きを口にしようとした時、ポケットの中で握り締めていた携帯が震えだした。

「ごめん、凌。電話がかかってきちゃった」

 話を遮ったことですまなそうに断ると、凌は出掛かった言葉を飲み込み、背を向ける。

「もしもし」

 ボタンを押し凌から数歩離れて通話に出ると、いつにもない調子をはずした声が聞こえてきた。

『どこに……おるん?』

 なんとなく寂しげに聞こえるのは、気のせいだろうか。

 時刻は、深夜目前。あれだけ早く帰るなんて言っておきながら、こんな時間になっていた。

「ごめんなさい。今からすぐ帰ります」

 その言葉に、眉間に皺を寄せた凌が振り返った。

「あかり。帰るってどういうことだ。どこに帰るんだ?」

 しまったっ!

 一人暮らしをしているはずなのに、帰るなんて言ってしまった。一体誰と暮らしているんだ、って話よね。

「えっと……」

 携帯を耳に当てたまま、凌に向かって顔を歪める。その表情に負けないほどに、凌も顔を歪めている。

『あかり?』

 電話の向こうでは、話が途切れてしまったせいで水上さんが呼びかけてくる。

「えっと。ごめんなさい、直ぐです。直ぐに帰りますから」

 水上さんの寂しげな雰囲気が気になりながら、言うだけ言って電話を切った。だって、目の前の凌が苦しげに顔を歪めたままで居るから。

「やっぱり、勘違いされたくない相手がいるんだな……」

 けほっと、小さな咳をしたあと、凌がポツリもらした。

「違うよ」

 えっと、なんて言えばいい? もう、こうなったら正直に住み込みしてるって言ったほうが、話がややこしくならずに済むのか。

「あのね、凌。実はね、住み込みのバイトしてるの」

「住み込み……」

「うん。それで、その雇い主が、あんまり帰りが遅いから、心配してるって言うか……」

 あはは、なんて笑うと、凌の顔が安堵したように緩んだあと、今度は眉間にしわを寄せたしかめっ面になった。

「なに? 住み込み!?」

「あ……うん」

「そんな仕事してるのか? 電話の相手は、どんなやつなんだ? どんな家に住み込んでるんだ? 手を出してくるような男は、居ないのか?」

 捲くし立てるように凌が訊いてくる。そうだった、こういうのが煩いと思っていたから話さなかったのに。

 水上さんからの電話に焦って、つい考えなしに口を滑らせてしまった。

「だっ、大丈夫だよ。身元もしっかりした人で、ちゃんとした社会人だから」

「社会人だからって、ちゃんとしているとは限らないだろう」

 そうだけど……。

 困ったなぁ。しかも、社会人なんて言ったけど、ミュージシャンだから凌と似たような業界の人だよね。そのせいか、余計に言いづらい。

「と、とにかく。とっても良くしてくれている人なの。その人のおかげで、以前よりもたくさん借金を返すことができてるの」

 頑張って訴えかけると、借金という言葉にピクリと凌の眉が反応した。

「借金のため……か」

「……うん」

「けど、やっぱりそんな仕事は、よくない。俺と一緒に暮らして、普通に働く方がずっといいはず」

「りょう……」

 なんて言えば解ってもらえるだろう。

「俺は、あかりが心配なんだよ」

「うん……」

「ずっと一人にしてきたから、俺これからは――――」

「だーかーらー。それはさっきも言ったけど、気にしないでって言ったじゃない。凌は、凌。私は、私。もう、山崎の家に居た時のような子供じゃないよ。私も、ちゃんと自分で考えて行動できる大人になったの。だから、凌がそんな風に思う必要なんてないから」

 六歳離れた凌は、母が死んでからいつだって親代わりだった。苛めは酷かったけれど、学校の事も家の事もきちんと考えてくれていた。だから、こんな風に心配してくれる気持ちはよくわかる。

 だけど、お互いもう二十歳を越えた大人だ。モデルの道をきちんと歩んでいる凌に、おんぶに抱っこをする年でもない。

 私は、私。凌は、凌。

 まぁ、借金返済には、協力してもらうけど。

「俺は、必要ないってことか……」

 けほけほっと空咳のようなものをして、凌が目を伏せる。

「いやいや……。そんな、必要ないとまでは、言ってないじゃない」

 もう、極端だから。

「とにかく、私は今の仕事をやめる気も、現状を変える気もないの」

「明……」

 きっぱりと言い切ると、寂しげな表情をする。

「凌だってモデルの仕事があるし、私なんかにかまけている暇はないはずだよ。今までだってそれぞれでやってきたし、凌が責任なんて重く考えるのは可笑しいよ」

「それは、違う!」

 突然、凌が大きな声を出した。驚いてピクリと肩が上がる。

 夜の空気が振動した気がした。凌が叫ぶなんて、父親と喧嘩した時のようだ。

「それは、明の考え違いだ。親がいない以上、俺には責任がある。今まで放っといていたやつが言えたセリフじゃないけど、家族は一緒に居なきゃいけないんだよっ! それに、俺は――――」

「……凌」

 声を荒げてしまった事を恥じるみたいに、途中で言葉を切り凌が俯いてしまった。気持ちを立て直すように、一度大きく息を吸い吐き出している。

「ごめん。アルコールのせいかな……。ちょっと、興奮状態みたいだ」

 年明けも間近になった寒い冬の夜。二人で空けた、たかだか一本のボトルワインでは、当に酔いは冷めているはず。

 興奮した言い訳には、弱いよね……。

 血は繋がっていなくても、この世でたった二人の兄妹。凌は、それに固執している。

 けれど、心配のしすぎだ。水上さんもそうだけれど、二人とも私を軟に見すぎている。伊達に、ここまで独りで生きてきてはいない。普段はふざけた事ばかり言ってるけれど、これでもしっかりしているつもりだ。

「俺、今年に入って少し広めのマンションに越したんだ。明を見つけることができたら、一緒に住もうと思っていたから、明の為の部屋も一つ用意してある。場所だって、そんなに悪くない。駅も割りと近いし、大き目のスーパーだって近くにある。明が料理をしやすいように、キッチンだって広めのシステムキッチンを選んだ。火力だって、一般家庭じゃ到底出ないものに変えてある」

「凌……」

 説明する姿は、なんとか引き止めようと必死すぎて、少し滑稽にすら感じられた。

 どうして、そうまでして一緒に暮らす事に拘るのか。家族だからという理由だけじゃ、なんだか納得できないほどだ。

「気持ちは、嬉しいよ……」

「なら」

 ゆっくりと首を横に振った。

「さっきも言った通り、私は今の生活を崩したくないの。凌が色々考えてくれていたのには、本当に感謝する。家族だから、助け合う事も大事だって思う。でも、まだ平気だから。まだ、頑張れるから。この先、どうしても一人じゃつらくなった時は、言うね。だから、それまでは」

 凌は、寂しげに目を伏せる。

 しばらくそうしてから、深呼吸するように深く息を吸い吐き出した。

「何か起こってからじゃ、遅いって事……、それだけは、肝に銘じておけよ」

 精一杯の譲歩だという具合に、強張っていた顔の筋肉を緩めた。

 凌の態度に、肩の力を抜き、頬を緩めた。

「部屋は、明のためにずっと空けたままにしておくから。いつでも、言ってくれ」

「……ありがと」

 大丈夫。私は、まだまだ頑張れる。

 それに。水上さんは、何か間違いを起こすような人じゃない。酔っ払って手がつけられなくなることはあっても、心根の真っ直ぐな人なのだから。


 再び渋谷へ向って歩きだした。少ししてから、凌が空車のランプを目ざとく見つけ、通りかかったタクシーを止める。

「明、乗って」

 促されるまま乗り込むと、自分は乗らずに一万円札を握らせてきた。

 その手が、やけに熱い。

「凌は?」

「俺、逆方向だから」

「そう。わかった。じゃあ、今日はありがとう」

「うん。また、食事しよう」

「ああ、うん」

 あまり気乗りはしないものの、とりあえず首を縦に振った。

 シートに座り、風邪がひどくならなければいいけれどと、凌の身を案じる。

 なんだかんだ言っても心配をしてしまうのは、やっぱり家族だからだろうか。

 閉まったドアの向こうでは、凌が寂しそうに目を伏せていた――――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る