おかしな二人

花岡 柊

第1話 貧乏丸出し

 私、山崎 あかりは、はっきり言って貧乏だ。只今六畳一間のおんぼろアパートに、一人で暮らしている。

 トイレは一応ついているけど、和式で古臭い上に、銭湯のようなタイル貼り。お風呂なんて名ばかりで、時々お湯が出なくなる。夏は我慢できても、冬は冷たい水に死んでくれ、と言われているようなもの。

 ギュウギュウに詰め込んだ一週間のアルバイトで、日々の生活はなんとか補っていた。お弁当屋に焼き鳥屋。個人経営のコンビニと居酒屋でも働いている。あと、便利屋っていうのも時々。

 便利屋っていうのは、所謂、何でもやります、やらせていただきます、的なお仕事だ。

 これらの仕事のほとんどが、食べ物に関連しているのには訳がある。それは、おこぼれにあやかれるから。

 これ、とっても大事なこと。人間、食べて睡眠とらなきゃ死んじゃうからね。

 で、なんで一週間働くだけ働いて、おこぼれにまであやからなければいけない状況かと言うと、それはぐーたらな父親が残した借金のせいだ。

 博打と酒に溺れ、散々家の金を持ち出した挙句、アル中で死亡。

 本人的には、自分のしたい事だけして死んだのだから、幸せな人生だったのではなかろうか。と冷静に考えられるのは、今は自分の為に生きているせいかもしれない。

 まぁ、働けど減る気配のない借金のための人生のような気もするが……。

 つか、どうせ残すなら、飯残せっ。って、そんな洒落も言っている暇などないほど日々仕事三昧だ。

 まぁ、体売らなくてすんでいるだけ幸せなのかもしれない。とほほほほ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る