side C 選択の余地

「じゃあ、ジャンケンしよっか? 右と左で半分こ、前と後ろの方がいい?」


 イオの混乱に気を留めることなく、リコの言葉に返すセリ。


「え、えぇ……」

「イオ、ワタシの裸も全部見たでしょう? これでおあいこ」


 セリはリコの泡をシャワーで流しながら、イオの耳元でクフフッと笑う。

 その白く細い指先が、シャワーヘッドの黒い持ち手に妖しく絡みついている。


「いや、あのそういう、問題じゃなくて……」

「イオ、アンタ落ち込んでるかもしれないって、心配してたのよ? この子達」


 ニュクスはイオの背中に向かって声をかけると、手にしたボトルに口をつける。

 中身はその赤ら顔を見れば、推して知るべしである。


「でも、不審者の濡れ衣(第四話参照)が解けて、良かったじゃなーいっ」


 アレサは弄ばれているイオに視線を向け、揶揄うように宣った。


「ええ、ま、まあ……そうですか。そうですねえ……」


 イオはバスタオルも奪われて、すっかり抵抗する気力を失ってしまっている。


「イオ、これなあに?」


 セリは不意に尋ねる。

 イオは背中に伝うセリの指先の感触から、質問の意味を理解する。


「あ、それ、昔の事故の跡。まだ分かるかな?」


 それはイオが十年前のビル火災事故で負った火傷の跡である。二十二世紀の再生治療により、普段は殆ど確認できないほど修復されているが、体温が上がるとその痕跡を露わにする。

 当のイオもその存在をすっかり忘れる程度のものだ。


「へえ、そうなんだ。じゃあこの大きいのはトドロキ大陸と名付けよう、小さいのはリコ大陸」

「ああ、セリずるーいっ! 自分だけおっきいの」

「分かった、分かった。じゃあこれも半分こ。小さいのはヒトにでも上げよう」

「あ、あの、人の背中を勝手に分割統治しないように……」


 イオはそう言いかけて、ふと強い既視感に見舞われる。

 事故のリハビリ中、弟達と交わした会話にそっくりだったからである。

 小学校に上がる頃には、弟達は一緒にお風呂に入ることを躊躇するようになっていたが、入浴介助と称して無理矢理に背中を流させていたのだ。

 こう書くと実に酷い姉である。


 ――― こ、これが因果応報ってやつ? いや、あれは……私が一度盛大に風呂場で転んだ所為であって、弟達の愛と言うか、その……


 イオは自らの過去の行いを無理やり正当化する。

 無邪気に戯れているセリとリコ、振り向くとほろ酔いでご機嫌のニュクス、浴槽の縁に頬杖を突くアレサ。イオはそれぞれの顔を眺めて思い耽る。


 ――― ああ、びっくりするくらい平和だ。どうして明日は平和じゃないんだろう?


「はぁ、明日どうなっちゃうんだろ。ワタシ達」

「残ったこと後悔してる? 鬼軍曹があんなに降りやすいよう、配慮してくれたのに」


 アレサは溜息混じりにこぼす。

 浴槽の縁の水滴を指先で突いて遊んでいる。

 ニュクスはボトルの中身を振りながら呟く。

 透明のそれ越しにイオを眺めている。


 明日からのヘパイストスの行動は、基本的には超研対の業務範囲外である。よって希望者には退艦命令が出ている。止むを得ず四名ほど整備クルーが退艦した。


 イオは否応なく『当事者』とされてしまったために選択の余地すらなかったが、そこは素直に受け入れた。相対する人類の脅威は変わらず、早いか遅いかの違いだけである。

 そもそも危険は覚悟の上での職業選択であり、得体が知れない〔三番目のイレヴン〕の正体を突き止めるには、プライマリコアとの接触が不可欠だからだ。


 セリとリコが「イオが落ち込んでいる」と心配していたのは、正にイオには「選択の余地がない」ことであり、それはナーヴス達とて同様だからである。

 つまり、ナーヴス達も自らの課せられた使命に何らかの憂いを持っているのだ。


 プライマリコアとの接触を断念すれば、恐らく〔一番目のイレヴン〕は襲ってこない。但し、世界中の高位演算思考体は彼らに掌握されたままであり、人類はメタストラクチャーに成す術がない。

 彼らに対抗をするためには〔三番目のイレヴン〕プライマリコアとの接触が必要となる。

 ヘパイストスクルー全員が共有している認識である。


「あの人が残るって言うんだもん、ワタシだけ降りられない」


 アレサはイオを一瞥した後、その言葉を囁くように口にする。


「へえ、あの人って誰?」

「ひみつっ!」

「はーん、じゃ、この後よろしくするんだ」

「あはは、まだそんなんじゃないわ。でも名案かも」


 イオは成すがまま二人に洗われながらも、浴槽の二人の会話に聞き耳を立てている。


 ――― 私、そっちの方はご無沙汰だなあ。そんなこと考えている場合じゃないけど。私にとってヘパイストスはマグロ漁船だから。


 と、イオがマグロを連想したところで、セリがとんでもないことを口走る。


「こんなに楽しいんだったら、ヒトも誘えば良かったーん」

「「それはダメだよセリッ!」」


 セリを除く一同。




***




〔三番目のイレヴン〕は自らとへピイATiが連携することで、〔一番目のイレヴン〕の主要機動兵器と予想されるAMD176ベースの自律アーメイドに対抗を提案。

 予想戦力差を考慮し、一号機セリ、三号機リコは機はヘパイストスの護衛に専念。二号アーメイドプラスのヒトは遊撃に回る。


 本来であれば、相手がメタストラクチャーではないため分析官は必要としないが、二号機には〔三番目のイレヴン〕の搭乗も提案された。

 アーメイドプラスはヘパイストス搭載アーメイドの中では最大の機動力を誇るが、対シュペール・ラグナ、即ち艦船相手となると攻撃力、防御力、持久力に欠け、残存確率は決して高くない。

 だが、〔一番目のイレヴン〕を欺くために敢えて選択が成された。最悪の場合、二号機単独でアストレアとの接触を図る。つまりヘパイストスを囮にするという意味である。

〔三番目のイレヴン〕は二号機を直接支援することで残存確率を嵩上げする。結果としてイオも二号機に搭乗することになった。




 イ重力制御エンジンの先端が放つ六つの光輪、そして海面に映り込むそれが目立つのは、まだ辺りは暗く夜明けが始まったばかりだからである。

 ヘイパイストスは一路八丈島に艦首を向け、海上高さ十メートルほどの低空を時速三百キロメートルほどで巡行している。

 高度を上げないのは海中からの襲撃可能性が低いからであり、相手はヘパイストスと同型発展型、イカロス・インダストリー製の強襲揚陸艦シュペール・ラグナだからだ。

 左舷の空が白みを増し、少しづつ明るくなり始めている。

 このまま進めばあと三十分もかからないうちに目的地に着く。


 ―――とうとう、朝になってしまった。


 二号機アーメイドプラスのコクピットの中、増設されたガンナープラグに繋がったイオはただ押し黙って待機するほかなかった。

 目の前のヒトが黙ったままなのはいつものことだが、今回は異重力分析官としての仕事がない上に知覚共有も行う予定がない。

 行動を開始すれば〔三番目のイレヴン〕が仕事をするだけである。


 ――― ずっとすることがない。そわそわして落ち着かない。疑問は何も解決していない……


 普段聴き慣れているはずのイ重力制御エンジンのアイドル音が煩わしく聞こえる。


 ――― 無性に居心地が悪い。何の役にも立てないのに私はアーメイドに乗っている。ヘパイストスが囮とはどういうことなのか……


 イオは昨日とは打って変わり、強い焦燥感に捉われていた。

 そして、悲しくなってきたところで珍しくヒトの方から声がかかる。


「イオ」

「?……え」


 不意に声をかけられて少し慌てる。

 胸のNDポートに強引に取り付けられたガンナープラグが「カシャンッ」と小さな音を立てる。

 イオはずっと俯いていたのである。


「セリとリコが」

「え、え、なに? ど、どうかした?」


 イオは指で目尻を拭うと少しだけ指先が濡れている。

 泣きそうだったのがヒトにバレるのは癪に触る。急いで平静を装った。


「お風呂、また一緒に入ろう。伝えてって」

「あ、あはは、昨日のことね」

「随分、気に入られたんだ」


 ヒトの言葉には相変わらず抑揚がないので、会話の先が読み取れない。


「いや、まあ、その、オモチャにされてるだけのような……」


 と、イオは昨日のお風呂でのことを思い出す。

 あんなことやこんなこととか…… ※もちろん割愛


「良かった」

「え、えっ、なに? なにがいいって?」


 ヒトは再び貝のように押し黙り、イオは半端に終わった会話に困惑する。

 ふと気がつくと先の焦燥感は何処かへ飛んでしまっていた。


 ――― ちぇっ、マグロめ。どういう風の吹き回しだ。


 イオは左脚で前席をほんの少しだけ小突いた。




***



 

 先に姿を現したのはシュペール・ラグナの方だった。高度一万メートル上空の雲間から顔を出しているのが目視できる。ほぼヘパイストスの真上だ。


 ジャミング、欺瞞波電子妨害が効いているのでレーダーは役に立っていない。ヘパイストスは〔三番目のイレヴン〕の提案の通り行動を開始する。

 アーメイド一号機と三号機を先に出し、ヘパイストスから百メートル離れずに護衛をさせる。続いて、アーメイドとは別にありったけの思考装甲十二枚をヘパイストス周囲に展開させた。

 高速旋回する思考装甲の輪が二重となってヘパイストスに付き従っている。


 へピイATiが持つデータベースを通して〔三番目のイレヴン〕が予測したシュペール・ラグナの自律起動アーメイド投入数は四機である。

 これはパーツサプライヤからイカロス・インダストリーに納入される部品調達履歴を追跡した上で、シュペール・ラグナの公開諸元から推測されるアーメイド運用能力、ヘパイストス襲撃後の彼らの行動予測を加味して予測したものである。

 アーメイド自体の製造履歴を参照しない理由は、組み立てを全てロボットが行うため、幾らでも改ざんが可能だからだ。


 アストレアが出現すればさらに四機追加が見込まれ、シュペール・ラグナ内には自律アーメイドがヘパイストスの倍、最大十機の搭載が可能と予測している。



「しっかしよくもまあ、連中はこんなにイナロクを調達できたよねえ、どんな手を使ったんだ?」

「オカシイと思ったんだよネ、変に他所のイナロク入れ替えが進んでナイから……」


 ヒライはシュペール・ラグナの戦力投射予測を見ながら感心をしている。

 その横でエドがヒライの言葉に返す。

 因みにイナロクとは、AMD176アーメイドプラスのことである。


「ウチのやつは、言ってみりゃロールアウト直前の広報モデル。よくそんなレアなもの調達できたよねえっ! エドちゃんっ!」

「チョ、ちょっとヒライさん、ソノ、その話はココでは……」


 ヒライは口角を吊り上げ、隣の席に座席ごとスライド。バンッとエドの肩を叩く。

 その言葉に対し、エドは小声で呟いた。

 彼の大柄な体躯が妙に縮こまっているのは、表沙汰になると困る話題だからだ。


「エドは趣味と実益兼ねてるもんねえ、だーれかさんと一緒だけどっ」

「誰かって誰だよ。俺しかいねーじゃん」


 アレサは不貞腐れたように言葉を口にする。

 ジャミングのおかげで自らの仕事をほとんど取り上げられている所為である。

 ヒライは苦笑いするしかない。

 ヘパイストスに限らず超研対の艦船はメタストラクチャー対応に特化しているため、電子戦は不得手である。頼りの偵察ドローンも早々と落とされてしまった。


「エド・ブルーワー兵装統制官、その話、事が済んだらゆっくり聞かせてもらおうか」


 クライトンはエドが気づかない間に音も無く背後に立っていた。

 エドは右肩を掴まれ、ジワリと力を加えられる。


「ヒィーッ!」

「でも逆に、世界を牛耳る戦力としては控えめな気がするけど、こんなもの?」


 アレサが首を傾げているのは、同じ戦力投射予測を見ての感想である。


「世界のあらゆるものに対し、人間はATiがすることを承認するだけ。つまり彼らはいつでも人間を締め出せる。大袈裟な武器は要らないのよ、彼らは待つことを苦にしないんだからさ」


 ヒライは座席を後ろに引き、クライトンとエドの向こう側のアレサに丁寧に返す。

 クライトンはいつもの三名のお喋りに少しだけ付き合った。


「世界を牛耳る、彼らはそんな俗なことは望んでいない。邪魔者を排除したいだけだ」


 やがて、ヘパイストスの上空一万メートルの高度から、シュペール・ラグナは紅く染まった自律アーメイドを四機、次々と天空へと放った。

 そして、肉食の猛禽類が獲物を狙う機会を伺うように旋回待機を始める。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます