side C えっ、水着回なんてあるんですか?

 メタストラクチャーと交戦したため巡回任務を切り上げ、一旦超研対ヨコスカ基地へ帰還するヘパイストス。食堂に集うアーメイドチーム、そしてアレサ哨戒管理官。


「えっプールなんて有るんですか? ここ」

「基地にそんな浮かれたものはないけど、近くのホテルにはあるのよ」


 目を丸くしたイオの疑問にアレサは嬉しそうに返す。

 基地職員の利用は半額とのこと。ナーヴスは勤務二年目で同伴者が居れば基地外への外出が許される。聞けばイオが着任前に利用しようとして、余りのお値段に断念したホテルである。


「ここ、エグゼクティブしか使わないホテルだからっ、行くに決まってるでしょっ!」


 アレサは一気に捲し立てる。やや興奮気味で鼻息が荒い。

 エグゼクティブ……ここで彼女の言う意味とは、要するに『お金持ち』である。


「ヒト、アナタも来るのよ」


 セリは彫刻のような口元を妖しく吊り上げ、命令口調で言い放つ。


「あら、お姉さんの言う事が聞けないの? アナタの可愛い妹が寂しいって」

「いもうと?」


 セリは背後からリコの首に腕を回して戯けて言う。

 リコはキョトンとした顔をして、ヒトとセリの顔を見比べた。


「わかった」


 ヒトは一考した後、了承する。


 ――― えぇっ、行くのっ?


「じゃ、じゃあ皆さん、楽しんでらし……

「パートナーが来るんだから、アンタも来なよ」


 イオはそう言い終わる前に後ろから羽交い締めにされる。

 ニュクスはニヤニヤしながら女性らしからぬドスの効いた声で呟いた。


「え、え、え、って、ちょっとま、本気っ?」


 イオは助けを求めようと辺りを見回すが、先まで居たはずのエリックの姿がない。


「お、おじさんの役立たず……」




***




 超研対ヨコスカ基地を後にし、ナイトプールに繰り出したヘパイストス御一行六名。ヒトはたった一人男の子だが、それを気にする様子は全くない。

 エグゼクティブ御用達のプールだが、基地の職員らしき顔も見える。学生など大声で騒ぐ若者の姿は皆無だ。総じて落ち着いた大人の空間である。


 イオは流石に水着は断るものの、着替え終わった四人の姿を見てそれなりに凹んだ。


 セリとリコはレーシングバックのシンプルな競泳用だが、防水OEL繊維の動くグラフィックが水着に夏を映し出す。セリは果実でリコは金魚である。

 緩急折り重なったカーヴを描く見事なトルソー、すらりと伸びる白い四肢。対する小さな身体に併せ持つ少女の可憐さ、溢れ出ることが止まない瑞々しさ。

 セリが美しいのは言うまでもないが、リコの愛くるしさも引けを取らない。


 ニュクスは胸元にレースのシースルーが入ったホルターネックの黒ワンピース。

 大人の意匠と豊かなバストの透け感がマッチョボディに良く映える。

 アレサも動くグラフィックのフレアビキニ。

 インパチェンスや向日葵など夏を彩る花々が音楽に合わせて切り替わる。


 ――― 私は売店の売り子か……


 対するイオは黄色い無地のただのTシャツにデニムのショーパンである。

 電子制御ダンパーを内蔵したアシスト付き下肢装具は、側から見れば凝った柄のストッキングと変わらないので外していない。

 イオはお洒落なロゴが飾る淡いブロンズカラーのそれを実は見せびらかしたいのである。


 見ればリコは辺りを何度も見渡し、やけに視線が落ち着かない。

 水着姿が恥ずかしいのかと思いきや、実はヒトの姿を探しているのだ。


 ――― ははーん、ヒトに水着を見せたいんだ。実に可愛い。キミはそうでなくっちゃ!


 イオは心の中でサムズアップする。


 目の前に広がったプールは昼間はフィットネスジムが使っていて五十メートルはある。

 南側の壁面と天井の半分がほぼ窓で満天の星空を臨む空間は開放感に溢れ、ライトアップされたヤシの木とラウンジのネオン、気の利いたEDMがリゾート感を盛り上げる。

 一先ず空いているビーチチェアを探して荷物を置く。

 セリとニュクスは一目散にプールに駆けて飛び込んだ。歓声と共に高さがある水飛沫が舞う。

 二人は変わらず仲良くやっている。先の諍いは早くも片づいた様子だ。


 ――― 昼間は出動だったのに、なんであんなにアグレッシブなんだろうか?


 イオは彼女達を見て、そう思わずにはいられなかった。




「ぐぬぬ、あの二人、目立ち過ぎだろ、ど畜生……」


 アレサは何気に汚い言葉を使う。

 どうやら周囲の反応がお気に召さない様子である。


「こんなこともあろうかと、セリに頼んでリコを拉致っといて正解だったわ」


 ――― 成る程、そのためにヒトまで誘ったのか……


 ヒトが居ればリコは絶対断らない。リコも行くとなればヒトも十中八九断らない。

 セリ達はそう踏んで『先に』ヒトを誘ったのである。


「え、えーっ? あのっ」


 アレサは状況をよく理解していないリコの手を引き、客寄せパンダに連れて行こうとする。当のリコはもちろん困惑しているが、それはヒトが見つけらないためである。

 イオは流石に気が咎めて口を開いた。


「ナーヴス、あんまり外の人と関わらせちゃダメじゃないの? それにリコは未成……

「目立てばいーのっ、リコは半分幼女だからっ、ここの人達はリコは対象外だよ!」

「は、半分幼女って…」


「はんぶん、ようじょって、なに?」


 リコは小首を傾げながら、罪深いワードを口にする。


 ――― キミ、それ知らなくていいからっ!


「じゃ、イオも来る?」

「ええっ、それは、その……」

「なあに、いざとなったら、ヒトを呼ぶからヘーキヘーキ!」


 焦るイオを尻目にアレサは得意満面の笑みを浮かべてリコを引き摺っていく。

 もちろんセリとニュクスが遊んでいる場所とは違う方向へ。

 イオはふと研修で教わったことを思い出す。


 ――― ナーヴスの並外れた動体視力と身体能力なら、並の一般人では太刀打ちできない。そもそも莫大な予算が掛けられた彼らだ。要人警護用と同じ護衛ドローンが隠れて張り付いている。心配が必要なのはアレサ哨戒管理官の方だろう。


「許せリコ、人身御供だ……」


 イオ、何気にヒドい。




 二人を見送った後、イオはビーチチェアの荷物を端に寄せて、やれやれと腰を下ろす。


 ――― 身体能力と言えば、軽量級のボクサーみたいな身体だったなあ。


 と、イオはヒトの全裸を思い出す。

 何しろ三回も確認したのだ。イオの脳裏に焼き付いているのは言うまでもない。


「イオ、何を惚けているの? よだれ出てる」


 セリが一息入れに戻ってきた。そしてイオの右隣に腰を下ろすと、水に濡れた白い脚が下肢装具に触れる。装具のセンサーがその存在を正直にイオに伝える。


「え、え、何でもないよ! あははは、や、やだなあっ」


 イオは全力で恥ずかしい妄想を打ち消し、急いで口元を拭った。


「イオ、遊ばないの?」


 濡れた髪が纏わりついた顔は妖艶さを増し、僅かに左に傾いてイオの顔を覗き込んでいる。

 ニュクスも三人分のドリンクを抱えて戻り、チェアの反対側に腰を下ろした。

 流石に三人は重いのかビーチチェアは不満げに軋み音を上げる。


「やっぱり不味かった? 除け者にしたくないし、浸かるぐらいなら平気かなって」


 ニュクスはドリンクをイオとセリに手渡す。セリだけ色が違うのはノンアルコールだからだ。


「えっ、あ、いや、学生時代はずっと見学してたと言うか、これ幸いと言うか……」

「ん、これ幸い?」


 イオは事故に遭う前から、実は『浮き輪が要る人』なんて恥ずかしくて言えない。


「……脚、気にしてるの?」


 セリの白魚のような指がイオの右腿にそっと触れる。

 下肢装具の縁に沿わせ、装具ではない柔らかい部分を優しく指で押し下げた。


「え……」

「あ、この子ね、馴れると見境いなく触りたがるから、嫌ならイヤって言ってね」

「え、あー、うーん……」


 イオは焦る。

 セリは美しい顔のまま、眉をハの字にしてイオをさらに覗き込む。

 切れ長の目に透き通る虹彩の瞳、仄かに上気した頰、果実のようにぽってり紅い唇。


「いや、別に、その、女の子だし……」


 イオがそう言った瞬間、セリはイオの両腿に薄い身体をペタンと折ってしがみつく。

 はしゃぐセリの濡れて冷えた水着、見た目よりふくよかなそれの感触。


「やた!」

「え……っと、あの、その、えぇ……」


 イオはセリに嫌われていないことが分かったものの、言語化できない奇妙な気分に苛まれる。本来イオは専らべたべたする側で、その被害者は弟達だったからである。


 ニュクスとセリはドリンクを飲み干し、再びプールへと駆け出した。

 ありがとね、とセリの小さな囁きが聞こえたから、イオは悪い気分になれそうもない。

 既視感? とイオは考えて、猫のそれだと気がついた。


 ――― ところでヒトはどこだ?




***




 一方、ヘパイストスブリッジにて、残業中の男性陣。

 いつものヒライ機関統制官、エド兵装統制官。あと、何故かエリック。


「ゥァアアアアァァァァァーンッ!」

「うるせえよエドっ!」


 ヒライ、本日五回目の怒声である。


「ミ、ミーもプール行きたかったナリーッ、リッゴヂャーンッ!」

「予想した通りの展開……」


 苦笑いのエリックだが、実はアレサの席に座らされているのだ。

 ブリッジの前列三席、入口から見て右からヒライ、中エド、左がアレサの席である。


「静かにオトナのトークしようと思ってたのによう! うるさくてかなわん」

「あはは、僕も上手くあの子達を上手く躱したと思ったら、仕事を押しつけられちゃって」

「艦長も、クライトン女史も、アレサもいねーんだぜ? 羽根伸ばそうよ」


 エリックは長身の背を丸めて端末を操作しているが、慣れないその指は時折宙を泳ぐ。

 ヒライは鍵付き引き出しから小さな酒瓶と紙コップを取り出し、ニヤリと不敵な笑みを浮かべた。


「クスン、しょうがないナリ、アレサ工作員からの秘密のフォトメを待つナリ……」


 テーテーッ、テケテ、テッテーッ♪ と着信音。※惑星大戦争のテーマ


「キタッ」

「ちょっ、おいっ、待てっ!」


 早々と離席し、エドのカード型モバイル端末を覗き込む他二名。

 しーん。一瞬静まり返る一同。


「んぉほおおおおぉぉぉぉぉっ!」

「リッコチャーンッ、ベェリィーッキューッッ!」




 席に戻ったエリック、やれやれという顔をする。


「そう言えば今回、へピイATiは珍しく『イカくん』とか色々外しましたよねえ」

「我々のシミュレーションも同じ結果でプランを承認したんだから『我々も』だよ」


 ヒライは不満そうに酒瓶の中身を紙コップに注ぎ、次にツマミの『いかくん』を取り出す。

 こちらも空いた紙コップに開ける。いかくんの匂いに満たされるブリッジ。


「いやまあ、久しぶりにウチから思考装甲を買ってくれるんだから、毎度アリなんですが」

「あー、やだやだ。人類の平和を守る公務員の中にセールスマンが居るよ」


 エリックの出向元であるイ重研は、元は超研対への兵器供給を担うイカロス・インダストリーの研究機関であり、現在も人、組織共に協力関係が続いている。

 つまりエリックが言う『ウチ』とはイカロス・インダストリーのことであり、思考装甲の調達先は同社以外にも存在することを意味する。


「ヘパイストスは他に比べて、しみったれな方だから、こんな時こそ頂かないと」

「それ、優秀ってことだろ」

「そうそう、優秀な公務員に、優秀なサラリーマンッ!」

「ゼニ勘定してるうちは立派な経済活動ネ、ウォーマシンじゃないヨッ!」


 エドは自らが頂く分のいかくんを確保し、ぶつぶつと呟きながら席に戻る。

 ヒライはいかくんを咀嚼する音を隠さない。女性陣が居ないからお構いなしだ。


「奴らがやって来た時、こんな悠長なこと言ってる場合じゃなかったけどなあ」


 ヒライは酔いが少し回り始めた。


「ところで銭勘定って死語ですね、今二十二世紀なんですが」

「しみったれはもっと死語だよ、出向者が出向先に対してケチだなんて酷いよなあ」


 そして、暑苦しい男どもの夜は更けていくのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます