side B ヒトの戦闘

 八月中旬某日、午後一時三十分頃に重力震発生。

 メタストラクチャー降下地点は伊豆大島と三宅島のほぼ中間地点、東京都の本州島側南海上百五十キロメートル付近。地表到達時刻は同日午後十一時十分となった。

 今回の出動はフォワード二号機ヒト・イオ組、アシストは三号機リコ・ニュクス組が出動。一号機セリ・エリック組は待機である。

 降下したメタストラクチャーの推定サイズは五百メートル級、へピイATiが予測するメタスクイド出現数は八体で、今回は深夜の対応となった。

 尚、アーメイドプラスは二号機のみ入れ替え、三号機は様子見のために見送られた。



 へピイATiの作戦プラン実行承認の直後、アンダーソン艦長がおもむろに口を開く。


「エド・ブルーワー兵装統制官。今回のプラン、へピイATiは妙に消極的な数字を出しているとは思わんかね」

「ソウ、そうですネ、ワタクシのシミュレーションとほぼ同じですが、作戦成功率は全プランとも八割切ってますネ。トップとボトムの差も小さいデス」

「イヤな予感がしますね。いつもの五百メートル級のはずなんですが」


 クライトン副艦長が訝しげに呟いた。鬼軍曹の異名をとるクライトンだが、いつになく険しい表情だ。

 アレサ哨戒管理官が偵察ドローンの暗視映像をブリッジクルーの各端末に繋ぐ。


「これ、いつもの『イカくん』とは、ちょっと違いませんかね?」

「暗視映像だと解像度が不足して分かり難い。なんかこう、いつものとバランスが違う」


 クライトンは暗視映像をスローのリピート再生を見ながら首を傾げる。


「あっ、へピイATiが作戦プランの更新に入った。何かヤバいんじゃないのこれ」


 ヒライ機関統制官はへピイATiの挙動を見て声を上げる。

 端末のディスプレイには『Updating Strategy......』の文字と共に、時計を模したアイコンのアニメーションが現れた。


 その時、偵察ドローンの暗視映像に閃光が走った。

 アレサが慌ててブリッジ前面メインモニタに大写しにする。そしてスーパースロー再生。閃光が走った後、新たなメタスクイドの姿がはっきりと浮かび上がる。


「ちょっとナニこれ、こんなの初めて……」


 と、呟いたのはエド兵装統制官。


 それはメタスクイドの形状、進化段階C型と呼ばれていたものとは明らかに異なっていた。

 鋭い三角錐の本体に六本の銛状触手の基本形状は変わらないが、本体部分が横にやや幅広になり上部に何か長い箱状のものが増えている。無論、過去に類似するデータはない。


「か、荷電粒子……砲? いやプラズマガン? あの射線の特徴は……」

「オゥッ、まさか飛び道具ネ? ファッ●ッ!」


 ヒライとエドが次々と驚きの言葉を口にする。

 メタスクイドの上部に追加されているものは『磁界殻密封型プラズマ砲』と断定され、進化段階の呼称は『D型』に移行にした。


 アーメイドが装備するプラズマガンと同様の特徴を見せながらプラズマ射線を放っている。幸い、射撃傾向が銛状触手と同じく、まだ特性に見合ったコントロールができていない。

 だが、これまで五百メートルほどだった銛状触手の攻撃距離と違い、有効射程が大幅に伸びた上に秒速約五キロメートルのプラズマ射線は迎撃が不可能。作戦遂行に困難が予想される。




***




 今までのメタスクイドと勝手が違うのはアーメイド側も把握していた。

 基本的に知覚共有システム起動中は異重力知覚で『彼らを見ている』ので、夜間による作戦行動への影響は微々たるものである。

 また、攻撃中はガンナーにアーメイド管制システムの優先権があるので、演算思考体ATiの作戦プランから外れた行動も融通が利く。

 ヒトは特に慌てた様子もなく、淡々とヘパイストスに通信を入れる。


「現在、高度三千メートル。ヘピイATi、プラン更新を待つ」


 二号機ヒト・イオ組は三号機リコ・ニュクス組と共にメタストラクチャー勢力圏外へ退避を選択していた。現在のアーメイド二機はその直上、暗い真夜中の上空でゆっくりと旋回待機している。


『ヒトッ、リコチャンッ、へピイATiはファッ●ン野郎の被射線予測をやり直してるヨッ! チョットだけ待ってネッ!』


 二号機メインモニタ下端に、ヘパイストスを模した白いアイコンがポップアップする。


『もうっ、エド。汚い言葉使わないで。リコも聞いてるのよ』


 割り込む黄緑のアーメイドアイコン。ニュクスの苦情である。


『ヒィーッ! 今のヒライさんだから、ミーじゃないネッ!』

『おい、誰がヒライさんだって?』


 エドの慌てぶりが喫緊の事態を物語っているが、通信の向こうでリコはクスクスと笑い、ニュクスが『ま、いっか』と妥協する声が入る。ヒトは二つのアイコンをじっと見つめている。

 そして、白いヘパイストスアイコンが言葉を続ける。


『二号機、三号機聞こえるか? 基本的に銛状触手の被射線予測を修正したものだから、完璧に対応できるとは限らない。それとリコちゃん、思考装甲はできるだけ密集させて。銛状触手より凄く速いから……よっしゃっ、計算終わったっ!』


 ヒライからの通信である。アーメイド管制システムは通信の直後にへピイATi共有サーバにアクセス、被射線予測プラグインのアップデートを開始する。


 ヒトは黙って『Loading.......』バーがじわじわと進む様を見ている。

 知覚共有開始からすでに六分が経過した。一旦アーメイドを退く選択肢もある。だが、へピイATiは一号機セリ・エリック組の追加出動を提案した。




「先に勢力圏内に入る。リコ、セリが来るのを、待て」


 ヒトはそう言うと二号機アーメイドプラスの機首を下げ、加速スラスターをフルブースト。機体は「どんっ」と弾かれるように垂直加速。明らかにアーメイドプラスは加速力を増している。

 だが、イオは少し怒っているので気に止める気は更々ない。先から黙っているのはその所為だ。


 ――― なんだよ、こいつ。ナイト気取りかよ、ぺっ


 イオはより重くなった加速Gに耐えながら、女の子が口にしてはいけないような悪態を吐く。加速スラスターの轟音で掻き消されるので、言いたい放題である。


 二号機アーメイドプラスはメタストラクチャーに向けて急降下する。途中降下ラインに割り込んできたメタスクイドをすれ違いざまにバイブレードを抜刀し、瞬く刃で両断する。

 目前に迫るメタストラクチャーを衝突寸前で九十度旋回、回避した後に横ロールで捻りを加え、クルビットに似た機動で転身、振り返りざまにプラズマガンの光弾で後方の二体を撃破。

 ヒトは一瞬にしてメタスクイド三体を片づける。


 ――― は? ……って、う、うそでしょ?


 イオにはヴィデオゲームのデモムービーを通り越して、メタスクイドがヒトの攻撃に合わせて都合よく吸い寄せられているかのように見えた。

 確かに二号機のアーメイドプラスは額面通りにパフォーマンスが増強されているが、彼がその新しい機体に戸惑う様子は微塵もない。

 イオは過去の優秀なガンナーの映像を何度も見ている。だが、それらと比べてもヒトほどスマートで切れるガンナーは見たことがない。


 因みにイオが何度も過去映像を見ているのは、同じ研修を三年繰り返したからである。※余計


『あーら、さすがリコの王子様っ! やっるーっ』

『ちょっとセリッ! リコが固まっちゃうじゃないのっ!』


 イオがヒトの射撃スキルに度肝を抜かれている間、ニュクスは戯けたセリを嗜める。二号機のメインモニタ下端で青と黄緑のアイコンが喧嘩しているように見える。


 残りの五体のメタスクイドが二号機アーメイドプラスに群がり始めるも、勢力圏内に入った三号機、現場に到着した一号機に反応して再び分散に転じた。


「不意をついただけ。一号機にフォワードを譲る。リコ、一号機のフォローを」


 ヒトは謙遜を口にする。だがこれは「油断するな」と言っているのである。二号機のモニタサイン『Forward』が『Assist』に切り替わった。ヒトの判断だ。


『ヒト、わかったっ!』

『あーん、ワタシだけ名前を呼んでくれないなんて、酷い王子様っ!』


 青いアイコンは不満げに呟きながら、一号機の狙撃軌道の確立にかかる。

 ご機嫌のリコはプラズマモドキをすり抜け、本家プラズマガンを一閃し一体撃破。残り四体だが、ここで二号機、三号機の神経接続の継続制限は七分を切る。


 二号機アーメイドプラスはメタストラクチャーの側面をギリギリに飛行し、追う後方のメタスクイドはプラズマモドキを立て続けに掃射する。

 だが、蛇行しながら躱す二号機の行く手に、突如もう一体の追跡者が現れた。

 袈裟切りに放たれるプラズマモドキ、読んでいたヒト。前方メタスクイドの直進機動を紙一重で躱し、後方の一体と同士討ちへと誘う。

 衝突、自らのIVシールドに弾かれた二体に、転身した二号機がプラズマガンを叩き込む。二体もろとも砕け散り、夜の闇へと葬った。


 残りは二体、継続制限はあと五分。




***




 一号機セリ・エリック組のコクピット。セリがエリックに声をかける。


「エリックっ! アンチグラヴィテッド狙撃シーケンスに入るわ」

「りょーかいっ!」


 セリは狙撃軌道を確立して一号機を乗せ、エリックは異重力マップ作成を開始する。

 ほぼ無防備となる一号機をフォローする三号機。だが、後を追うメタスクイドのプラズマモドキが三号機の思考装甲に直撃、貫通した射線が三号機の左アームを砕く。

 三号機は一瞬、機体の安定を失い、赤い瞬きを伴いながら黒煙を引く。


「あっ、リコッ! ニュクスッ!」


 セリが驚きの声を上げた。




 三号機リコ・ニュクス組のコクピット。リコは一号機に通信を入れる。


「集中してセリ、まだだいじょうぶっ!」


 リコが声を発した瞬間、狙撃軌道を往く一号機の前方にもう一体のメタスクイドが出現。既のところで、二号機アーメイドプラスのプラズマガンが彼らを射抜いて撃破した。


『リコ、下がれ。後はボクが、フォローする』


 三号機コクピットのメインモニタ下端に黄色いアイコンがポップアップする。


「で、でも、ヒト……」


 機体の安定を取り戻し、リコがヒトの通信に言い淀んだその時、二号機アーメイドプラスが八体目も片づける様子が三号機のメインモニタに映る。

 渋々リコは三号機をメタストラクチャー勢力圏外へ舵を切る。継続制限はあと三分。




 再び一号機セリ・エリック組のコクピット。エリックが調律の完了を告げる。


「セリちゃん、アンチグラヴィテッドよろしくっ!」

「わおっ、余裕だっ! 前回の雪辱ぅっ!」


 セリはエリックの合図と共にアンチグラヴィテッドを電磁レールガンに装填。ポジトロンキャパシタの微振動を感じた直後にセーフティ解除を承認する。

 視界のターゲットポインタに異重力収束点を合わせ、セリは流れるようにトリガーを引く。


 鈍い金属音を発してアンチグラヴィテッドは着弾。

 その瞬間、それは一号機の前に現れた。

 メタストラクチャーの隙間から這い出てきた九体目のメタスクイドだ。




 二号機ヒト・イオ組のコクピット。イオは戸惑いの声を上げる。


「えええっ、な、なんでよっ! なんでまだ居るのっ?」


 三号機のリコとニュクスは唖然として声も出ない。

 九体目の彼らが放ったプラズマモドキが一号機イ重力制御エンジンに直撃。いくつかの破裂音の後、制御不能に陥った一号機は無秩序な飛行を余儀なくされ、暗闇の彼方へと消え去った。


 時空歪曲防壁IVシールドは消失を開始し、二号機アーメイドプラスは九体目の彼らをプラズマガンで貫いて撃破、そして緊急離脱する。

 メタストラクチャーは限定可変核の閃光と共に轟音を上げ、大火球に包まれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます