第六話 新型機AMD176

side A またやりやがったな、こいつ

 八月初旬某日、第四世代高速狙撃機動兵器AMD176 通称〈アーメイドプラス〉が搬入後、初期調整と機体の塗装が終了し、いよいよ最初の稼動テストである。


 エド兵装統制官から機体の説明を受けるヒト。

 ヒトはいつもと変わらないが、エドは明らかに心が踊っている。興奮が隠せないようだ。

 隣でヒライ機関統制官は『コレジャナイ』という渋い顔をしている。


 AMD171と比べて一番大きく変わった外観上の特徴は、本体下部に備えるイ重力制御エンジンが一基から二基に変更されていること。その代わり僅かに小振りになった。

 他に高周波振動ブレードが左アームにしか装着されておらず、使用頻度が高い右のプラズマガンが大容量化されている。思考装甲を収めるケースは見当たらない。


「チョーカッコイイッ! 加速性能は三割増し、出力は驚きの五割増しっ! 旋回性能はなんとイナイチから据え置きっ!」

「通販かよ。出力はいいけど、過渡特性とか分かる資料あんの? せっかくクライトン女史に内緒で急いでもらったんだからさあ、フェーズv9との同期をじっくり詰めたいんだよね」

「ヒライさんムチャばっかり言うよネー。早めに入れた日数分の整備コスト、ドリルサージェントと折衝するの、ミーなんだけどっ!」


 ヒライはアーメイドプラスを眺めながら不満げに口を開く。

 エドはエドで生々しい文句を言いながら、デスク端末から諸元データの該当頁を開いた。


「そういう文句はv9の運用資格取ってから言ってよね……って」

「グヌヌ……」

「ああっ、なんだよこの二次曲線っ! くっそピーキーじゃん。ご丁寧に谷まであるし、二段ロケットなんて今時流行らねーよっ!」

「ナニ言ってんのっ、スピードこそジャスティスッ! チカラこそパワーッ!」


 ヒライはディスプレイにこつこつと人差し指を差しながら文句を言う。

 だが、エドはマッスルポーズを決めてご満悦である。もう聞く耳は持たない。


「お前アメリカ人かよ、ってアメリカ人だったわ。俺はバランスを重視したいの。つうか二機あるんだろ、こんな極端なもんにリコちゃん達を乗せられないよ」

「ウッ、そこでリコチャン、引き合いに出すのはズルいナリ……」


 アーメイドプラスを見上げるヒト、二人の会話が終わるのを待ってから口を開く。


「思考装甲、無いですね」

「いやこれは俺も無くていいと思うよ。この運動性を生かすなら思考装甲は邪魔でしかない。バイブレードも減らしてプラズマガンに振るのも正解かな。ま、ヒト君しか活かせない仕様とも言えるけど」

「でしょでしょーっ! ほぼヒト専用ダヨ!」


 エドは勝ち誇ったかのように戯けて言う。ヒライはやや諦め顔だ。


「お前最初っからそのつもりだろ。で、フィードバック、帰還制御はどうなってんの?」

「そのくらいちゃんと対応してるヨ! でも帰還制御は個人で差が出るから、運用しながらセッティングで詰めるしかないけどネ」

「ヒト君それでいい?」

「ボクは問題ないです」


 ヒライはアーメイドプラスの『脚元』をコンコンと小突きながら呟く。


「確か、イナイチ(AMD171)が回ってきた時も、あのイカ野郎共は手を変えてきたんだよな……まーたマージンを削られそうな気がするわ」




***




 アーメイド格納庫、情報管制室のディスプレイをエリックとニュクス、エドが見入っている。

 新しく配備されたAMD176アーメイドプラスのガンナー側の慣らし飛行で、公式では初お披露目だがヒトにとっては三回目だ。


 慣らし飛行には異重力分析官は搭乗していない。つまり乗っているのはヒトだけだ。

 知覚共有や異重力知覚マップのシステム自体はAMD171から据え置きで、機体の運動性向上に沿った小変更しか行われていないために見送られている。


 加減速の減り張りを付けながら、縦横無尽に雲間を飛行するアーメイドプラス、そしてヒト。

 その機動には危なげな挙動は一切見られない。

 白い機体も相まって、獲物の狙って空を舞う海鳥のようだ。


「ほぉー、ヒト君は流石だな、出力が五割も上がってるのに」

「昔のゲームのスーパーロボットみたい、男の子はみんなこんなの好きだよね」


 エリックは目を丸くしながら感嘆の声を上げ、ニュクスは感慨深く呟く。

 二人とも視線はアーメイドプラスの姿に釘づけだ。

 二基に増えたイ重力制御エンジンがまるで『脚』のように見えるからである。全体のシルエットは人型に近づいた。脚元に見える発光現象、一対の光輪が眩い光を放っている。


「中身はイ重力制御エンジンだから『脚』のつもりでイカ野郎を蹴っちゃダメだヨ」

「へえ、蹴るとどうなるの?」

「普通に壊れるネ。自重を支える程度の剛性しか確保されてないヨ。重力制御と言っても、常時稼働させるワケにはいかないからネ」

「ふーん、思ったよりロマンがないねえ……」


 エリックはそう言って、見るからに肩を落とした。


「シンパイなのは神経接続だけど、本人は『慣れた』って言ってるネ」

「慣れた、ってやっぱり勝手が違うの?」


 ニュクスはエドの言葉の引っ掛かりの意味を確認する。


「運動性向上に伴って負荷が大きくなる分、フツウは帰還制御を強めてバランスを取るけど、それじゃ動作遅延が発生してイミ無いってヒトが嫌がってネ」

「もちろんリミッターはちゃんとかけてるよね? あのドMはそういうの際限ないから」


 ニュクスは凄んでエドに詰め寄った。

 手に持っていたコーヒー缶が「グシャッ」と音と共に縦に潰されている。

 さすが肉体派、有無を言わせない威圧効果だ。


「モチロンッ! ガンナーは壊すと治せないからネッ! そんなコトしたらリコチャンに嫌われるヨッ! ……と、そう言えば、リコチャンの成績もここ最近かなり上がってるネー」


 エドは別のデータを開き、二人に得意げに見せる。ヒライが作る会議資料だ。


「へー、反応速度はセリちゃんとそんなに変わらないんだ」

「うーん、逆にセリが落ちてきてるせいもあるけどねえ……」


 ニュクスはもの言いたげに言葉を濁すと、潰れたコーヒー缶をゴミ箱に投げ入れた。


「彼女とのパートナーシップは去年からだから、まだ僕には良く分からないけど」

「多分去年辺りがピークで、後は落ちるだけ。もう五年だから」

「そうだね。ナーヴスの子ども達は普通の人と過ごす時間に比例して『普通の人』に近くなる。ま、人なんだけどさ」


 エリックは達観したように語る。

 ニュクスは五年、エリックは六年と異重力分析官を経験した上での実感である。


「そう。もう普通のあの歳頃の子達とそんなに変わらないのよ」

「彼女は来年に引退だけど何か聞いてる? クライトン女史も知らないみたいだけど?」


 エリックは少し意地悪な口調で意味ありげな質問をする。


「あはは、どうするんだろうねえ、あの子」





 一方、ヘパイストス展望室にて。よく晴れているがサングラスが要るほど日差しは強くない。

 真っ白な雲の合間を縫って飛ぶアーメイドプラスがよく見える。


「さすが我が弟、やることにソツがない。愛想もないけど」


 セリは素っ気なく言う。

 いつもと変わらない美しさだが、何かを諦めたような寂しい横顔をしている。


「え、えーと、そ、そだね、ヒトは優秀……」


 イオはどう返していいのか分からない。どちらに共感するべきか大いに悩む。


「わたしも、あれに乗るの? やっとイナイチくん、なれたところなのに」

「あら、リコの大好きなお兄さんと『お揃い』なのに」


 リコは不安げに言うと、セリは明るい顔を取り戻してリコの頭に手を乗せる。

 セリはリコの髪を弄びながら揶揄うように囁き、リコは顔を真っ赤に染めて俯いた。

 イオはその横でリコの愛くるしさに悶絶している。


「ワタシはもう時間がないんだから、贅沢言わないの。ねえ、イオ」


 セリは続けて、今度は後ろからイオに抱きついた。

「すぅーっ」とイオのうなじに顔を埋ずめながら、何度も深呼吸を繰り返す。


「ええっ、な、なにを?」

「ぷはぁっ、ううーん、今日もイオ、いい匂い……」


 ――― セリは来年のガンナー引退を控えて寂しいのだろう。


 と、イオは解釈して多少のことは目を瞑ることにする。

 もう一機のアーメイドプラスはすでに誰が乗るのか決まっているのだ。


「ああっ、セリ、ずるいっ!」


 リコも喜び勇んでイオに前からダイブした。

 イオの胸にリコの額が「ごすっ」と鈍い音を立ててめり込む。


「うぐっ……き、君たち、ヒトはどうでもいいのっ? つか、匂いってどゆこと?」


 イオは声を裏返しながら抗議する。


「…………」

「えっ、セリなに? 何か言った?」


 セリが何かを呟いたが、展望室の風切り音が邪魔をしてイオにはよく聞き取れなかった。

 イオが初めてセリと挨拶を交わした時の言葉、それが聞こえた気がした。




***




 《アーメイド管制システムはヘパイストスATiからガンナーに動作優先権移行、神経接続開始、知覚共有システム起動、プラズマガンセーフティ解除承認、アンチグラヴィテッド専用電磁レールガン冷却開始、思考装甲射出展開》


 コクピットのモニタ表記はピー音と共にブルー基調からアンバー基調に切り変わり、アーメイドは攻撃準備が整った。


「あっちっ!」


 イオは思わず声に出してしまった。知覚共有システムの起動直後、また例の感覚。

 右腕にザラつき、今までヒリヒリと感じていた部分の中で新しく増えた『ひときわ高い熱』。

 火で炙った棒を右腕に押し当てられたかのようだ。

 前回の知覚共有の時は目立った変化がなかったので油断していた。


 AMD176アーメイドプラスの知覚共有システムは基本的にはAMD171と同じもので、機体性能に合わせた設定の変更程度しか行われていない。

 個体差の可能性も捨て切れないが、イオには『例のあれ』としか思えない。


 ――― またやりやがったな、こいつ。


 イオは前の席を左脚で軽く蹴飛ばした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます