第六話 晴れて人型ロボ登場。Aパート

 八月初旬某日、第四世代高速狙撃機動兵器AMD176 通称〈アーメイドプラス〉が搬入後、初期調整と機体の塗装が終了し、いよいよ最初の稼動テストである。

 嬉々としたエド兵装統制官から機体の説明を受けるヒト。ヒトはいつもと変わらないが、隣でヒライ機関統制官は『コレジャナイ』という渋い顔をしている。


 AMD171と比べて一番大きく変わった外観上の特徴は、本体下部に備えるイ重力推進エンジンが一基から二基に変更されていること。その代わり若干小振りになった。

 他に高周波振動ブレードが左にしか装着されておらず、使用頻度が高い右の磁殻投射プラズマガンが大容量化されている。思考装甲を収めるケースは見当たらない。


「加速性能は三割増し、出力は驚きの五割増し! 旋回性能はなんとイナイチ据え置き!」

「通販かよ。出力はいいけど、過渡特性とか分かる資料あんの?」


 ヒライの要求にエドは渋々デスク端末からAMD176の諸元データを開いた。


「なんだよ、この二次曲線。くっそピーキーじゃん。ご丁寧に谷まであるしさあ。俺はバランスを重視したいの。こんな極端なもんにリコちゃん達を乗せられないよ」

「う、そこでリコチャン引き合いに出すのはズルいナリ……」


 アーメイドプラスを見上げるヒト、二人の会話が終わるのを待ってから口を開く。


「思考装甲、無いですね」

「俺も無くていいと思うよ。この運動性を活かすなら思考装甲は邪魔。バイブレードも減らしてプラズマガンに振るのも正解かな。ま、ヒト君しか活かせない仕様とも言えるけど」

「でしょでしょーっ! ほぼヒト専用ダヨ!」


 舌を出して戯けて言うエド、ヒライはやや諦め顔である。


「お前最初っからそのつもりだろ。で、フィードバック、帰還制御はどうなってんの?」

「ちゃんと対応してるヨ! でも帰還制御は個別に詰めるしかないけどネ」

「ヒト君それでいい?」

「ボクは問題ないです」


 ヒライはアーメイドプラスの『脚元』をこんこんと小突いた。


「確か、イナイチ(AMD171)の時もイカ野郎は手を変えてきたんだよな……」


・・・


 アーメイド格納庫、情報管制室のディスプレイをエリックとニュクス、そしてエドが見入っている。新しく配備されたAMD176アーメイドプラスのガンナー側の慣らし飛行で、公式では初お披露目だがヒトにとっては三回目だ。

 慣らし飛行には分析官は搭乗していない。知覚共有や異重力知覚マップのシステム自体はAMD171から据え置きで、機体の運動性向上に沿ったマイナーアップデートしか行われていないため見送られている。


 加減速の減り張りを付けながら縦横無尽に雲間を飛行するアーメイドプラス、そしてヒト。危なげな挙動は一切見られない。その白い機影は獲物の狙って大空を舞う海鳥のようだ。


「ほぉー、ヒト君は流石だな、出力が五割も上がってるのに」

「昔のゲームのスーパーロボットみたい、男の子はみんなこんなの好きだよね」


 エリックは目を丸くしながら感嘆の声を上げ、ニュクスは感慨深く呟く。

 二基に増えたイ重力推進エンジンが『脚』のように見えるからである。全体のシルエットは人型に近づいた。脚元に見える発光現象、一対の光輪が眩い光を放っている。


「心配なのは神経接続だけど、本人は『慣れた』って言ってるネ」

「慣れた、ってやっぱり勝手が違うの?」

「運動性向上に伴って負荷が大きくなる分、帰還制御を強めてバランスを取るケド、それじゃ動作遅延が発生して意味無いってヒトが嫌がってネ」

「リミッターはちゃんとかけてるよね? あのドMはそういうの際限ないから」


 ニュクスはエドの言葉にドスの効いた声で確認する。


「モチロン! ガンナーは壊すと治せないからネ。そんなコトしたらリコチャンに嫌われるヨ! ……と、そう言えばリコチャンの成績も、ここ最近かなり上がってるネー」


 エドは慌てて別のデータを開いて話題を変える。

 エリックとニュクスはエドの後ろから端末ディスプレイを覗き込んだ。


「へー、反応速度はセリちゃんとそんなに変わらないんだ」

「うーん、逆にセリが落ちてきてるからだと思う」

「彼女とは去年からだから、まだ僕には良く分からないけど」

「去年辺りがピークで後は落ちるだけ。もう五年だから」

「そうだね、ナーヴスは人と過ごす時間に比例して『人』に近くなる。ま、人なんだけどさ」


 ニュクスは五年、エリックは六年と異重力分析官を経験した上での実感である。


・・・


 ヘパイストス展望室にて。よく晴れているがサングラスが要るほど日差しは強くない。真っ白な雲の合間を縫って飛ぶアーメイドプラスがよく見える。


「流石我が弟、やることにソツがない。愛想もないけど」

「え、えーと、そ、そだねヒトは優秀……」


 セリは素っ気なく言う。普段と変わらない美しさだが、何かを諦めたような横顔をしている。

 イオはどう返していいのか分からない。どちらに共感するべきか大いに悩む。


「わたしも、あれに乗るの? やっとイナイチ君、なれたところなのに」

「あら、リコの大好きなお兄さんと『お揃い』なのに」


 リコは不安げに言うと、セリは明るい顔を取り戻してリコの頭に手を乗せる。

 セリはリコの髪を弄びながら揶揄うように囁き、リコは顔を真っ赤に染めて俯いた。


「ワタシはもう時間がないんだから、贅沢言わないの。ねえ、イオ」


 セリは続けて、今度は後ろからイオに抱きついた。

「すぅーっ」とイオのうなじに顔を埋ずめながら、何度も深呼吸をする。


「ええっ、な、なにを?」

「ううーん、今日もイオ、いい匂い……」


 ――― セリは来年のガンナー引退を控えて寂しいのだ。


 と、イオは解釈して多少のことは目を瞑ることにする。

 もう一機のアーメイドプラスはすでに誰が乗るのか決まっているのだ。


「あっ、セリ、ずるい、わたしも!」


 リコの額がイオの胸に「ごすっ」と鈍い音を立ててめり込んだ。

 イオは声を裏返しながら抗議する。


「うぐっ……き、君たち、ヒトはどうでもいいのっ? つか、匂いってどゆこと?」

「…………」

「えっ、セリなに? 何か言った?」


 セリが何か呟いたが展望室の風切り音が邪魔をして、イオにはよく聞き取れなかった。

 初めてセリと挨拶を交わした時の言葉、それが聞こえた気がした。


・・・


 《アーメイド管制システムはヘパイストスATiからガンナーに動作優先権移行、神経接続開始、知覚共有システム起動、磁殻投射プラズマガンセーフティ解除承認、アンチグラヴィテッド専用電磁レールガン冷却開始、思考装甲射出展開》


「あっちっ!」


 イオは思わず声に出してしまった。知覚共有システムの起動直後、また例の感覚。右腕にザラつき、今までヒリヒリと感じていた部分の中で新しく増えた『ひときわ高い熱』。火で炙った棒を右腕に押し当てられたかのようだ。

 前回の知覚共有時は目立った変化がなかったので油断していた。


 AMD176アーメイドプラスの知覚共有システムは基本的にはAMD171と同じものである。個体差の可能性も捨て切れないがイオには『例のあれ』としか思えない。


 ――― またやりやがったな、こいつ。


 イオは前の席を軽く蹴飛ばした。


・・・


 八月中旬某日、午後一時三十分頃に重力震発生。メタストラクチャー降下地点は伊豆大島と三宅島のほぼ中間地点、東京都の本州島側南海上150km付近。地表到達時刻は同日午後十一時十分となった。


 今回はフォワード二号機ヒト・イオ組、アシストは三号機リコ・ニュクス組が出動。一号機セリ・エリック組は待機である。500m級メタストラクチャー、へピイATiが出現を予測したメタスクイドは八体で、今回は深夜の対応となる。

 尚、アーメイドプラスは二号機のみ入れ替え、三号機はしばらく様子見である。



「エド・ブルーワー統制官。今回のプラン、へピイATiは妙に消極的な数字を出しているとは思わんかね」

「ソウですネ、ワタクシのシミュレーションとほぼ同じですが、作戦成功率は全プランとも八割切ってますネ。トップとボトムの差も小さいデス」

「イヤな予感がしますね。いつもの500m級のはずなんですが」


 へピイATiの作戦プラン実行承認の直後、アンダーソン艦長がおもむろに口を開く。

 エドの応答の後にクライトン副艦長が訝しげに呟いた。鬼軍曹の異名をとるクライトンだが、いつになく表情は険しい。


「これ、いつもの『イカくん』とは、ちょっと違いませんかね?」

「暗視映像だと解像度が不足して分かり難い。なんかこう、いつものとバランスが違う」


 アレサ哨戒管理官が偵察ドローンの暗視映像をブリッジクルーの各端末に繋ぐ。

 クライトンは暗視映像をスローでリピート再生しながら首を傾げる。


「あっ、へピイATiが作戦プランの更新に入った。何かヤバいんじゃないのこれ」


 ヒライはへピイATiの挙動を見て声を上げる。

 端末ディスプレイには『Updating Strategy』の文字と共に、時計を模したアニメーションの表示が始まった。


 その時、偵察ドローンの暗視映像に閃光が走った。

 アレサが慌ててブリッジ前面メインモニタに大写しにする。そしてスーパースロー再生。閃光が走った後、新たなメタスクイドの姿がはっきりと浮かび上がる。


「ちょっとナニこれ、こんなの初めて……」


 と、呟いたのはエド。


 それはメタスクイドの形状、進化段階C型と呼ばれていたものとは明らかに異なる。鋭い三角錐の本体に六本の銛状触手の基本形状は変わらないが、本体部分が横へやや幅広になり上部に何か長い箱状のものが増えている。無論、過去に類似するデータはない。


「か、荷電粒子……砲? いやプラズマガン? あの射線の特徴は……」

「オゥッ、まさか飛び道具ネ? ファッ●!」


 ヒライとエドが次々と口にする。

 メタスクイドの上部に追加されているものは磁界殻封入投射型プラズマ砲と断定され、進化段階の呼称はD型に移行にした。アーメイド両アームに装備する磁殻投射プラズマガンと同様の挙動を見せながらプラズマ射線を放っている。


 幸い、射撃傾向が銛状触手と同じく、その特性に見合った射撃コントロールはできていない。だが、これまで300mほどしかなかった銛状触手の攻撃距離と違い、有効射程が大幅に伸びた上に秒速5000m近いプラズマ射線は迎撃が不可能。作戦遂行に困難が予想される。


・・・


 今までのメタスクイドと勝手が違うのはアーメイド側も把握していた。

 基本的に知覚共有システム起動中は異重力知覚で『彼らを見ている』ので、夜間でも大きく影響しない。二号機ヒト・イオ組は三号機リコ・ニュクス組と共にメタストラクチャー勢力圏外へ退避を選択していた。現在は彼らの直上、暗い真夜中の上空でゆっくりと旋回待機をしている。


『ヒト、リコチャンッ、へピイATiはファッ●ン野郎の被射線計算をやり直してるヨッ、チョット待ってネ!』


 二号機メインモニタ下端にヘパイストスを模した白いアイコンがポップアップする。


『もうっ、エド。汚い言葉使わないで。リコも聞いてるのよ』


 割り込む黄緑のアーメイドアイコン。ニュクスからの苦情だ。


『ヒィーッ、今のヒライさんだからミーじゃないネ!』

『おい、誰がヒライさんだって?』


 エドの慌てぶりが事態を物語っているが、ヒトに慌てる様子はない。

 通信の向こうでリコはくすくす笑っている。

 白いヘパイストスアイコンが続けるのはヒライからの通信である。


『二号機、三号機聞こえるか? 基本的に銛状触手の被射線予測を修正したものだから、完璧に対応できるとは限らない。それとリコちゃん、思考装甲はできるだけ密集させて。銛状触手よりずっと速いから……よっしゃっ今計算終わった!』


 アーメイド管制システムはその直後にへピイATi共有サーバにアクセスし被射線予測プラグインのアップデートを開始する。

 ヒトは黙って『Loading.......』バーがじわじわと進む様を見ている。

 知覚共有開始からすでに六分が経過した。一旦アーメイドを退く選択肢もある。だが、へピイATiは一号機セリ・エリック組の追加出動を提案した。



「先に勢力圏内に、入る。リコ、セリが来るのを待て」


 ヒトはそう言うと二号機アーメイドプラスの機首を下げ、加速スラスターをフルブースト。機体は「どんっ」と弾かれるように垂直加速。明らかにアーメイドプラスは加速力を増している。だが、イオは少し怒っているので気に留める気は更々ない。


 ――― なんだよこいつ。ナイト気取りかよ、ぺっ


 イオはより重くなった加速Gに耐えながら、女の子が口にしてはいけないような悪態を吐く。加速スラスターの轟音で掻き消されるので言いたい放題である。


 二号機アーメイドプラスはメタストラクチャーに向けて急降下する。途中降下ラインに割り込んできたメタスクイドをすれ違いざまバイブレードを抜刀し、瞬く銀刃で両断する。

 目前に迫るメタストラクチャーを衝突寸前で90度旋回、回避した後に横ロールで捻りを加えながら転身、振り返りざまにプラズマガンの光弾で後方二体を撃破した。

 ヒトは一瞬にしてメタスクイド三体を片づける。


 ――― えーっ、う、うそでしょ?


 イオにはヴィデオゲームのデモを通り越して、メタスクイドがヒトの攻撃に都合よく吸い寄せられているかのように見えた。アーメイドプラスは確かにパフォーマンスが増強されているが、彼が新しい機体に戸惑う様子は微塵もない。

 イオは過去の優秀なガンナーの映像を何度も見ている。それらと比べてもヒトほどスマートで切れるガンナーは見たことがない。因みにイオが何度も過去映像を見ているのは同じ研修を三年繰り返したからである。※余計


『あーら、流石リコの王子様! やっるーっ』

『ちょっとセリ! リコが固まっちゃうじゃないの!』


 イオがヒトの射撃スキルに度肝を抜かれている間、ニュクスは戯けたセリを嗜める。二号機のメインモニタ下端で青と黄緑のアイコンが喧嘩しているように見える。

 残りの五体のメタスクイドが二号機アーメイドプラスに群がり始めるも、勢力圏内に入った一号機、三号機に反応して再び分散を始める。


「不意をついただけ。一号機にフォワードを譲る。リコ、一号機のフォローを」


 ヒトは謙遜を口にする。だがこれは「油断するな」と言っているのである。二号機のモニタサイン『Forward』が『Assist』に切り替わった。ヒトの判断だ。


『ヒト、わかったよ!』

『あーん、ワタシだけ名前を呼んでくれないなんて、酷い王子様!』


 青いアイコンは不満げに呟きながら一号機の狙撃軌道の確立にかかる。

 ご機嫌のリコはプラズマモドキをすり抜けて本家プラズマガンを一閃し一体を撃破。残り四体だが、ここで二号機、三号機の神経接続の継続制限は七分を切る。


 二号機アーメイドプラスはメタストラクチャーの側面をぎりぎりに飛行し、追う後方のメタスクイドはプラズマモドキを立て続けに掃射する。だが、蛇行しながら躱す二号機の行く手に突如もう一体の追跡者が現れた。

 袈裟切りに放たれるプラズマモドキ、読んでいたヒト。前方メタスクイドの機動を紙一重で躱し、後方の一体と同士討ちへと誘う。衝突、自らのIVシールドに弾かれた二体に、転身した二号機がプラズマガンを叩き込む。二体もろとも砕け散り、夜の闇へと葬った。


 残りは二体、継続制限はあと五分。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます