第十話 お姉さんの大流血

side A 激闘と混乱

 二号機アーメイドプラスは整備ハンガーを離れ、ヘパイストス上部ゲートから艦外へ向かう。

 機体下部に懸架された二基の巨大な三角錐、その先端に一対の眩い光輪が現れる。

 ヒトは普段通り一度だけ機体を左右に揺らす。

 高まるのはパルス矩形の重低音、コクピットを僅かに震わす微振動。

 イ重力制御エンジンの正常起動を確認しているのだ。


「セリ、リコ、問題ないか?」


 いつになくヒトは神経質になっている。

 それは一号機、三号機とも異重力分析官が同乗していないためである。


『ヒト、珍しく今日は心配してくれるのね。こっちは問題ないわ』

『わたしも、大丈夫だよ。ちょっと、さびしいけど』


 青と黄緑のアーメイドアイコン、セリとリコの通信が入る。

 リコはともかく、セリも普段より心なし声が硬い。緊張している。


「イオ、始めるよ」


 ヒトはイオに不意に声をかけた。


「えっ……? ああうん、大丈夫」


 ヒトが行動開始を口にすることは今まで一度もなかった。

 驚くイオが返事をした直後、ヒトは加速スラスターのスロットルを全開にする。

 即座にコクピットのモニタ表記がブルー基調からアンバー基調に切り替わった。

 イオはガンナープラグとは繋がっているが知覚共有が行われていないため、アーメイド管制システムが切り替わったことも、神経接続が開始されたことも分からない。

 ヒトはイオに気を遣っているのである。



 加速スラスターは灼熱の炎を吐き、二号機アーメイドプラスを爆音と共に天空へと押し上げる。

 夜の藍はすでに遠く、陽の光が真っ直ぐ上昇を続ける白い機体を赤く染めた。


〔三番目のイレヴン〕による『攻性予測演算』はアーメイドプラスの操作性をさらに向上させ、ヒトはまるで霞が取れたかのように機体の挙動を鮮明に感じている。

 イオは加速Gに耐え、ガンナープラグが熱を帯び始めたことに気がついた。


 攻性予測演算とは、神経接続を介して脳と直接接続し、演算思考体の持つ高度な観測情報解析と分岐未来予測を用いて人の持つ認知能力を最大限に拡張する手段である。

 ある種の先読み能力の擬似再現とも言えるこの技術は、アーメイド等機動兵器運用に特に調整されたことから『攻性』予測演算と呼称されている。

 主に演算思考体v9以上との直接連携を必要とすることから、あまり一般化された技術ではない。


 ——— いよいよ、始まってしまうのか……


 流石に今回だけはイオも独り言を呟く余裕がない。

 シュペール・ラグナの真紅の自律アーメイド達も、ヘパイストスの行動開始に反応を始める。

 四機の自律アーメイドは旋回待機から一機ずつ降下を開始し、螺旋の軌跡を描きながら下方のヘパイストスを目指して加速する。

〔三番目のイレヴン〕の戦力予測ではシュペール・ラグナのプラズマカノンの有効射程は約二キロメートル。高度八千メートルまで近づかなければ砲撃を開始しない。


 ヒトは機体を自律アーメイドとすれ違うまで垂直上昇、転身させて背後から撃破を狙う。

 だが、真紅の敵機は二機が降下途中に機動を変え、二号機アーメイドプラスに向けてバラバラとプラズマガンの牽制射撃を始めた。

 つまり、敵勢力を二手に分断し、その距離を稼ぐためにヘパイストスは先制を選択。そのための二号機アーメイドプラスの遊撃である。


〔三番目のイレヴン〕の手よる被射線予測プラグインのアップデートは功を奏し、真紅の敵機は攻撃を容易に二号機アーメイドプラスに当てることができない。

 だが、それは敵機の自律アーメイド側も同様で、ヒトは位置を入れ替わりざまにプラズマガンを放つも射線は虚しく空を切った。


「なら……」


 ヒトは相対する自律アーメイド二機のうち片方に絞り、加速スラスターのスロットルを煽って全開加速を敢行、距離を詰めて格闘戦を仕掛ける。

 一機目の敵機は二号機アーメイドプラスの接近機動を回避しつつ、肩部に備えられたロケットポッドから誘導弾三発を発射した。

 二号機に向け、大気を切り裂きながら尾をひく白矢が飛翔する。


「くっ…… !」


 ヒトは眉を顰め、止むを得ず接近を断念、機体を急減速させる。

 急激な減速Gに耐えつつ下方へ急旋回、三本の白い軌跡をぎりぎりで躱した。

 そのまま機動は変えずに機体をぐるっと転身、再び二号機に向かって回頭を始める誘導弾をプラズマガンで射抜いて破壊する。


 一機目の自律アーメイドに応射しつつ距離を取り直す。

 今度は二機目の敵機が後方からプラズマガンの牽制掃射しつつ急接近を仕掛けてきた。

 ヒトは機体を横方向にロール回転させながら、バイブレードを起動。

 超振動の唸りを上げる大剣を横薙ぎに一閃、接近する二機目の右アームの一部を切断した。

 だが、敵機の損傷は思ったよりも浅い。

 二機の自律アーメイドの位置を確認し、後退して再び距離を取る。


「ここまで……」


 ヒトは驚き、そして焦る。やはりメタスクイドとは勝手が違う。

 加速・減速性、旋回性、即応性、どれを取っても自律アーメイドは数段上手である。

 アーメイドプラスは目に見えてパフォーマンスが向上し、機体の挙動も鮮明に掴めているが、それがそのまま結果には繋がらない。

 ヒトはまるで鏡に映った自らを相手にしているようで、強いもどかしさを覚える。


 シュペール・ラグナこと〔一番目のイレヴン〕は、アストレアこと〔三番目のイレヴン〕プライマリコアの出現を待って、意図的に均衡状態を作り出している。


 このままではリコとセリが危ない――― とヒトは考えるが救援に向かえば分断状態は解消し、結果としてヘパイストス周辺で四機の彼らを相手にせざるを得なくなる。

 ヒトは機体を縦にロール回転させながらプラズマガンの連弾を放つ。

 だが、宙空に閃光の軌跡を刻むプラズマ射線を易々と躱す真紅の自律アーメイド。

 敵機に意識を向けながらヒトは葛藤に苛まれる。


 後席からは肩が上下し、息が上がり始めたヒトが見える。

 イオは知覚共有が行われていなくてもヒトの焦りを感じていた。


 ――― アストレア、もうっ、早く現れてよっ!


 イオはプライマリコアが何をもたらすのか、正しく理解している訳ではない。

 ただ今は、じっと座って祈ることしかできない。




***




「もうっ、落ち着かないったらありゃしない!」


 ニュクスはブリッジ前列のアレサ哨戒管理官の後ろに立ち、前方壁一面のメインモニタに映し出された戦況を食い入るように見つめている。

 エリックと共に居残り組は指を咥えて状況を見守ることしかできない。


「アレサ・ケイ管理官、依然として、アストレアらしき反応はないかね?」


 アンダーソン艦長はおもむろに口を開いた。


「ええ、ジャミングの影響でこちらからは……指定場所はここで間違いないんですが」

「シュペール・ラグナは真上、出てくるに来れんか。連中もそれが狙いだからな」

「時間が経過すればするほど、こちらは不利ですから」


 アレサに淡々と返すアンダーソン、続いてクライトン副艦長が呟いた。


 ブリッジのメインモニタにはミニウィンドウを介して一号機、三号機も映し出されている。

 辛うじて自律アーメイドを寄せ付けていないが、ヘパイストス側の攻撃はアーメイド二機に加え、プラズマカノン全門をフル稼働させても傷一つ与えていない。

 ヘパイストスは展開する思考装甲のうち、すでに四枚が落とされている。

 各アーメイドは神経接続を開始して八分が経過した。


「相手はたった二機なのに、こっちは全力、向こうは余裕だ」

「ねえ、いっそのこと、可変核をあれに撃ち込んじゃダメなの?」


 ヒライ機関統制官が悔しげに呟くと、ニュクスは天井を指差して過激な提案をする。


「ダメだよ、この距離じゃ大した速度が出ないし、お互い『見えてる』から落とされる。多分それは向こうも同じ」

「可変核は対メタストラクチャー限定だからこそ、我々に運用が許されている。用途外使用は懲戒処分どころじゃ済まない」


 ヒライが提案に答えると、クライトンが冷たく付け加えた。


「ええ……やっぱりこの状況でも、そうなるんですかね?」


 エリックが恐る恐る口を挟むと、アンダーソンが重い言葉を口にする。


「人として踏み外してはならん領域ってものがある。どうしてもと言うなら、我々が死んで議会を動かす口実を作らにゃならん」


 その時、シュペール・ラグナはさらに四機の自律アーメイドを投入、同時に下方のヘパイストスに向けて四発の大型誘導弾が発射された。

 それは轟々と野太い燃焼音を撒き散らし、宙に裂け目を作るかのように直進する。


 ヘパイストスは誘導弾迎撃のためプラズマカノン二門を振り分けると、自律アーメイドは手薄になった砲撃の隙を突いて接近し、プラズマガンを掃射する。

 思考装甲が即座に反応、射線上にその身を晒して砕かれ、そして海に落下する。

 誘導弾迎撃は成功したがヘパイストスはさらに二枚の盾を失った。

 振り散る思考装甲の残骸を縫って、リコの三号機がヘパイストス前面のカバーに回る。



〈 次の瞬間、自律アーメイドの一撃が三号機コクピットに直撃した。〉



『ああっ、リコッ!』


 セリとニュクス、そしてエド兵装統制官がほぼ同時に悲鳴を上げる。

 リコの三号機は赤々とした爆炎を上げ、海面に向かって回転しながら一直線に堕ちた。

 三号機、通信途絶。


『え……うそ、嘘でしょ、リコ、返事してリコ……』


 青いアイコンがセリの茫然自失をそのまま伝えて機体は失速、一号機も落下を始める。

 ブリッジのメインモニタはミニウィンドウの中の両機の姿をズームアップする。

 両機共に着水しているが、リコの三号機は濛々と黒煙を吹き上げていた。


「セリッ、何やってるのっ! イカ野郎じゃないのよっ、止まったらやられちゃうじゃないっ!」


 インカムを使ってニュクスは絶叫するが、セリの耳には届かない。



 二号機アーメイドプラスのコクピット。

 それはヒトも目撃する。


「…………………………………………っ!」


 ヒトは声にならない叫び声を上げた。

 右半身が焼け焦げ、その断面を覗かせながら蒸発していくキオの姿。

 あの悪夢が目の前の現実と重なった。

 

「ひ、ヒトッ! どうしたの? ねえっ、ヒトッ!」


 イオは突然の状況変化に気づかず、ヒトの叫びが何を意味するのか分からない。

 ヒトは足下のパネルを蹴っ飛ばし、開いたパネルの裏に貼り付けられた赤いサードパーティーの物理ボタンを踏んだ。


 コクピットの全天モニタ下端に流れる《Nerve Connective Control》、そして《Bypass》。

 全てのモニタが赤い《Warning》サインで埋め尽くされる。

 アンバーはレッドに上書きされ、警告アラートがけたたましく鳴り響いた。


「ええっ、な、なになにっ!?」


 イオは周りを見渡すが、この状況は研修でも教わっていない。


『その行動は危険だ、止めよヒト・クロガネ、繰り返す、その行動は危険だ』


〔三番目のイレヴン〕の合成音声がヒトの耳元でがなり立てる。

 だが、ヒトは黙ってタッチディスプレイを操作し、合成音声のチャンネルを切った。

 メインモニタに映し出された映像はぐるっと下方に向きを変え、加速スラスターの大爆音が警告アラートを掻き消した。


 二号機アーメイドプラスは天空を疾る雷のごとく亜音速で垂直降下。

 そして急減速、機体を転身、ヒトは追いすがる自律アーメイドの機動を読む。

 過大な減速Gを物ともせずプラズマガン一閃、自律アーメイドは炎を上げて粉々に爆ぜた。


 そして再び急加速。加速スラスターに加え、イ重力制御の推進重力も振り分ける。

 二つの推進力の同時制御はヒトしかできない離れ技だが、機体負荷が大きく自壊を招きかねない危険なスキルでもある。

 ヒトの両の五指が異常な速度でタッチディスプレイの上を舞う。

 加速スラスターの爆音とイ重力制御エンジンの高回転稼動音が混じり合い、悲鳴のような不協和音がコクピットを支配する。


 前方に立ち塞がる二機目の機動を読み取り、機体に錐揉み回転を加えて突進する。

 自律アーメイドが掃射するプラズマガンを全て回避し、バイブレードで敵機のイ重力制御エンジンを二基とも真横に切断する。

 融解する赤色の切断面を晒し、自重のキャンセルが不可能になった真紅の敵機は、そのまま行動不能に陥って真っ直ぐ落下を開始した。


 イオは右へ左へと急激に変化する加速Gに戸惑いながら、ヒトの豹変ぶりに困惑する。

 先までの苦戦が嘘のようだ。


 ――― な、何が起こってるのっ! ヒトこれっ、どういうことっ?!


 イオの胸のガンナープラグがさらに発熱を始める。

 二号機アーメイドプラスはヘパイストスへ向け、垂直急降下を開始した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます