side B もうっ、この朴念人っ!

「アアッ、ダメだヒトッ! リミッターのバイパスは不味い、マズいヨッ!」


 リコ撃墜の衝撃が覚めやらぬヘパイストスブリッジ。

 今度はエドが二号機アーメイドプラスのシステム監視ログを見て叫んだ。


「えっ、なんでガンナー側から操作できる? まさか神経接続の制御系外しちゃった?」


 ヒライは席を立ち上がり、エドを問いただす。


「エエッ、それは、ソノ、ヒトに頼まれて……サードパーティー改造して」

「おーまーえーなあっ!」


 ヒライは怒り声を上げた瞬間、ヘパイストスは後方左舷に被弾を許す。

 思考装甲は既に半分の六枚が落とされたため、防御が追いついていないのだ。

 連続する爆発音、何かが砕け散る音。そして、盛大な振動に見舞われるヘパイストス。


「ああっくそっ、ダメだ、こっちも怒ってる場合じゃねーぞっ!」

「セリッ! 聞こえてるのっ、早くそこを動きなさいっ!」

「三号機、応答してっ、リコちゃん!」


 ニュクスはセリの復帰を、エリックはリコの安否を呼びかけ、数々の警告アラートが鳴り響く。

 一時騒然とするヘパイストスブリッジ。

 クライトンは眉間に皺を寄せ、隣に座る艦長の様子を窺う。

 だが、アンダーソンは沈黙を続ける。


 そして……


「し、下にっ、ヘパイストスの下に何か居ますっ!」


 アレサがアンダーソンに振り向いて叫んだ。

 ヘパイストスの直下、さらにその海面下に巨大な白い艦影が見える。

 その白い影がふわっと消えた瞬間、今度はヘパイストスの直上に巨大な水球が現れた。

 水球はすぐさま形を崩し、ヘパイストスの上へと海水を降り注いだ。



〈 超研対一課第二アストレアが姿を現した。〉



 海中から超空間接続、ショートジャンプを行なったため、周囲の海水もろともヘパイストス直上に移動したのである。


「ついに、八年ぶりだなアストレア……」


 そのヘパイストスに似た白い巨体を眺め、アンダーソンは感慨深げに呟く。

 クライトンは息を呑み、エリックも一瞬我を忘れて茫然とする。

 すると、アストレアは艦全体が一瞬波紋を描くように波立ち、次第にゆらゆらと蜃気楼のように境界が甘くなり始める。

 外から聞こえる重低音のピッチが次第に速まっていく。


『像の揺らぎ』である。


「え……? あ、IVシールド? なんでアストレアに?」


 ヒライは思わず驚きの声を上げる。

 それまでヘパイストスに襲いかかっていた二機の自律アーメイドはターゲットをアストレアに変え、プラズマガン射撃を開始する。

 だが、その射線は蜃気楼の揺らぎに合わせて曲げられ、アストレアには届かない。


 そして、アストレアは反撃を開始する。

 アストレアの磁界殻密封型プラズマカノンから放たれた閃光は自らのIVシールドによって歪曲し、砲門がある位置とは『ずれた位置』から射線が伸びる。

 被射線予測は射線が発生する始点、つまり発射口が正確に観測できなければ予測困難である。

 自律アーメイドは直撃を避けられず、本体の半分が一瞬で蒸発、爆散した。


 続いてアストレアの頭上に舞っていた二機目の自律アーメイドは、その真紅の機体を真っ二つに割られて絶命の炎を上げた。

 直上から亜音速で降下した二号機アーメイドプラスのバイブレードに両断されたのだ。

 下方二機の敵機撃破を確認したヒトは、上昇中のアストレアの下を潜り抜け、陽の明るさが増し始めた天空へと再び舵を切る。


『ヘパイストス二号機、ヒト・クロガネ。後は我が艦で撃破する。止まりなさい』


 アストレアから女性の声で通信が入る。

 だが、ヒトはこれも無視。加速スラスターのスロットルを緩める様子は欠片もない。

 怒涛の爆音を響かせ、二号機アーメイドプラスは垂直上昇を続ける。




***




 イオは連続する加速Gの中で朦朧としていると、顔に付着する液体の感触で意識を取り戻した。

 手を伸ばして顔を拭う。手を見ると血だ。

 最初は自らの鼻血を疑うもその痕跡はない。そして前方を見て血の出所に気がついた。

 ヒトが血を吐いているのである。


 時計を見ると今まさに神経接続開始から十五分が過ぎた。

 だが、神経接続は一向に解除されない。


 ここで初めてイオはヒトが神経接続のリミッター、つまり帰還制御と継続制限のバイパスを仕出かしたことに気がついた。どちらも神経接続の帰還負荷からガンナーを保護する仕組みである。


「もうっ、この馬鹿っ、一体なんてことをするんだっ!」


 イオは怒声を上げるが、爆音で満たされたコクピットでは前席まで届かない。

 メインモニタの下端には〔三番目のイレヴン〕の警告テロップで流れ続けている。


 ――― でもどうする? ヒトは正気を失っている……


 イオは己れを奮い立たせる。

 自らを拘束する四点シートベルトを外し、左側からヒトが座る前席へと移動を開始する。

 邪魔なヘッドセットはシート上に投げ置いた。ガンナープラグは不用意に外せないが、急ごしらえで用意したので長さは十分にある。


 だが、イオは右脚の自由が利かない上に猛烈な加減速を繰り返すコクピットの中では、思うように身体を前に進めることができない。


「ああっ、もうこの朴念人っ! マグロっ! 地蔵っ! ドMっ!」


 あらん限りの悪態を吐きながら前方に掴めるものを探す。

 断続する加速スラスターの爆音、激しい振動、前後左右に揺さぶる加速G。

 前席までの距離は一メートルもないに関わらず、イオには果てしなく遠く感じた。


 その時、ヒトは二号機アーメイドプラスに急激な右旋回をかける。

 機体を強引に転身させ、プラズマガンでまた一機の自律アーメイドを撃破した。


「ええっ、ちょっ、あわわ……」


 その急旋回で生じた強大な遠心力によってイオはバランスを崩し、コクピットメインモニタのフレームに顔から突っ込んだ。

「ごんっ」と鈍い音。イオの左瞼の上がざっくりと割れて流血する。


 ――― ったあいっ!


 イオは声に出せないほどの猛烈な痛みに耐え、ようやくヒトの左肩を掴む。

 血を拭う余裕はない。深呼吸をして、全力でヒトの肩を揺り動かす。

 そしてお腹から声を絞り出した。


「ちょ……ちょっとっ! いい加減になさいよっ! あなた死ぬわよっ、私も殺す気っ?!」


 渾身の気迫を込めて耳元でがなりたて、ヒトの肩を揺すり続ける。


「もうっ、しゃきっとしてよっ! あなたが死ぬと私、困るのっ!」


 ――― なんだかこの前のエル分析官みたいだな。いかん、思い出したら泣けてきた。というか私、何が困るんだ?


「この馬鹿っ、ド変態っ、童貞っ! もうっ、もうっ、もう……」


 イオの罵声が嗚咽に変わり始めたところで、ヒトはようやく覚醒する。


「う………」


 ヒトは視界同期ゴーグルを上げ、イオの顔をまじまじと見た。

 その顔は血と涙と鼻水でぐしゃぐしゃだが、視線はぱっくり割れた左瞼の上で止まる。


「もう、ばっかじゃないの? どこ見てるのよ……」


 イオはヒトの左肩に自らの顔を押しつけ、俯いて呟いた。

 ヒトが四機目の自律アーメイドを撃破した時点で、アストレアは上昇しながら艦砲射撃を開始していた。途中、自律アーメイドは跳躍弾頭を使用したものの、跳躍前に全てを撃ち落とした。

 残り三機の敵機を撃破した頃にはシュペール・ラグナは撤退していた。


『さん……三号機、ガン、ナー、リコ……生存。かいしゅう、ねがい、ます』


 リコの息絶え絶えの通信が入る。




***




 朝の澄んだ空気の中、柔らかい陽を浴びるそれは内側から淡く発光して見える。

 現在のヘパイストスとアストレアは八丈島近海の海上二十メートル付近に静止している。イ重力制御エンジンは両艦ともアイドリング状態を維持したままだ。

 横付けしたアストレアの姿を見て、最初に声を上げたのはアレサである。


「ちょっと、あれ……『イカくん」じゃない?」


 そう指を差す先にはアストレアの艦首に銛状触手を食い込ませ、纏わりついた一体のメタスクイドの姿があった。黒かった外観は乳白色に変貌し、動く様子が見られない。

 アストレアはヘパイストスと似ているが、胴体が僅かに長くなだらかで表面に凹凸はなく、展望室に当たる箱状の突起もない。幅が狭いことを除けば一課第四ペルセウスウィルとほぼ同じだ。

 ボディカラーはヘパイストスと同じく白だが、こちらは胴体に水色のピンストライプが艦首から艦尾に向けて二本貫いているのみである。


「あの、IVシールド、超空間接続はこいつのおかげか……?」


 ヒライは艦外カメラが捉えたアストレアの姿をズームアップして見ている。後ろで一緒にディスプレイを覗き込んでいるのはエリックだ。

 現在のヘパイストスブリッジには艦長、副艦長、ヒライ、アレサ、エリックが居残っている。ニュクスとエドはリコの救助に向かっている。

 ヒト・イオ組とセリはリコの生存確認の後、自力でヘパイストスに帰艦した。


「どうやらあの噂は本当だったようだ」

「噂……ですか?」


 アンダーソンの視線は前面メインモニタのアストレアに張り付いたままだ。

 クライトンは怪訝そうにアンダーソンに向く。


「いや、誰が流した噂かは分からないが『アストレアは彼らと対話した』、と」

「おかしな話ですね。アストレア消失事件、目撃者は皆無なはず……」


 クライトンがそう口にしたところで、アストレアから映像付きの通信が入る。


「アルヴィー……」


 エリックはそこに映し出された女性の姿を見て声を漏らす。


『私は一課第二アストレアの医療管理官、アルヴィナ・ブレインズ。そして、あなた達が探している〔三番目のイレヴン〕プライマリコアそのもの』


 その女性、アルヴィーは告げる。

 一様に驚くヘパイストスブリッジクルー。


「プライマリコア、そのものって……」


 エリックは皆が思う驚きの要点を言葉にする。

 イオの中のセカンダリコアは、あくまでニュースメディカに擬態していただけの存在だが、『そのもの』とはどういう意味なのか。

 映像で見るアルヴィーはまさしくエリックの自室に度々現れ、セリが知覚共有中にエリックの記憶の中で見た人物と同一の存在である。

 だが、髪の色は黄金に輝くそれへと変わり、顔のそばかすが消えている。そして長い髪の隙間から素肌の肩や胸元が覗く。衣類らしきものは何も身に纏っていないように見える。


「はじめまして、ミス・アルヴィナ。私が一課第五ヘパイストスの艦長、ジェイムス・アンダーソンです」


『はじめまして、アンダーソンさん。ブレインズから話は聞いていたわ。先ずはお詫びを申し上げます。駆けつけるのが遅くなったのは、彼ら〔一番目のイレヴン〕の能力解析に手間取ってしまったから』


 滑舌がよく、やや低い落ち着いた声質である。


「それはやむを得ない。彼らの脅威は我々も十分認識していることだ」


 アルヴィーはアンダーソンと会話を続けるが、表情には変化がない。


『私達の最優先課題はセカンダリコアとの接触。でも、先ずはそちらに伺ってお話しをさせていただきたいの。よろしいかしら?』


「それは構いません。ぜひ」


 アンダーソンは即答でアルヴィーの要請に応える。


『それと、最初に私を出迎えてくれる人を指定させていただきたいのだけど……エリック、そこにいるんでしょ?』


 映像の中のアルヴィーはそう口にした後、ふふっと笑って小首を傾げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます