第四話 水着回で困惑する。Aパート

 例年より遅い梅雨が明け、うだるような暑さが続く夏。ヘパイストスは巡回航路に沿って高度10000m付近を航行中である。


 巡回航路は超研対一課第一と第三で部分共有しているが、一度基地を離れれば三日は基地には戻らない。巡回任務の主な目的は潜伏するパラスクイドの掃討である。超研対本部のホストATiの導き出す予測航路だが、ヘパイストスが担当する航路は八年前から大きく変わっていない。


 一課第五が運用するヘパイストスはイ重力制御の揚陸艦としては最も古い設計だが、一課第五自体は最も新しい組織で元々は一課第二が担当していた巡回航路だった。即ち一課第五ヘパイストスは八年前、メタストラクチャーと交戦中に消失した一課第二アストレアの後継組織である。


・・・


 七月中旬某日、深夜午前零時頃。イオは肌寒さに目を醒ますと、そこはヘパイストス食堂内のベンチだった。平時消灯時間を過ぎ、もちろん誰も居ない。

 イオは灯りを点けて身に纏っているもの確認すると、バスタオル一枚と外したはずの下肢装具だけである。側には見覚えがある杖が転がっている。


 ――― まっ、またかよ私、誰かに見られてない? よね?


 イオは焦らざるを得ない状況だ。そもそもヘパイストスの入浴施設は最下層の5Fである。どのような経緯で2Fまで上がって来れたのかすら皆目見当がつかない。

 イオの自室は階段よりエレベーターの方が近い。だが、エレベーターは格納庫から丸見えで万一の時に隠れようがない。この格好は階段が厄介だが、2Fの食堂に対し女性居住区は3F、男性居住区は4Fである。たとえ誰かに遭遇しても女性の確率が高い。


 ――― こ、これは決断するしかあるまい。


 艦内通路は消灯していない。イオは食堂の外を見回して誰も居ないことを確認する。覚悟を決めたイオは下肢装具をフルロック、杖の音を響かせながら全力で自室を目指す。

 途中でバスタオルを落としてしまったがお構いなしだ。監視カメラを覗いているのは演算思考体であって人ではない。

 静かな移動に注力すれば時間がかかる分、誰かと遭遇する確率が高くなる。何れにせよ不審者認定は避けられない。実際、全裸に杖と下肢装具はかなりシュールな絵面である。


 かくしてイオは自室に無事生還を果たし、胸を撫で下ろした。


「ふえぇぇっくしょいぁ! あーっ、こんちくしょうっ」


 ――― やだ、私おっさんかい。


・・・


《何故!? 深夜バスタオル一枚でブリッジ前を闊歩するイオ!》


 ヘパイストス食堂。一同に会するアーメイド女子チームとアレサ哨戒管理官。

 今朝のトップゴシップである。

 イオは朝っぱらから脱力。好奇心いっぱいのリコの視線が痛い。


「ねえ、イオはきのう、なにしてたの?」


 リコはその愛くるしい顔を左にこくりと傾ける。彼女は昨夜、ミネラルウォーターを取りに食堂まで上がっていたのだ。

 イオは答えようにも記憶がないので、その視線を宙を泳がせるしかない。


「えええっ、いやあれは、その、あの、えーと」


 ――― え? ブリッジ? 知らないぞ、どゆこと?


「そう言えばワタシも昨日、そのくらいの時間に聞こえたわぁ。杖の音」

「なんか前々から、ちょっと変わった子だとは思ってたけどねえ」


 アレサは片肘をついて眠た気に言う。

 ニュクスはニヤニヤと笑いしながらパック入りゼリーを啜っている。


「もしかしてイオも裸族?」

「私『も』?」


 セリは小首を傾げながら意外な質問をし、イオは質問の意図を確認する。


「え、ワタシ部屋に戻ったら邪魔っけだから、パ・ン・イ・チッ」


 セリは美しい顔はそのままにクフフッと笑う。

 女性陣の後ろで聞き耳を立てている男性陣が「おおーっ」とどよめく。


「らぞく? ぱんいち?」

「部屋ではパンツ一枚しか履かないってこと。はあん、セクスィーッ」


 リコは初めて聞く言葉の韻を確かめている。

 アレサが悪ノリ。胸を左右に揺すって両手で髪をかきあげる。

 再び聞き耳を立てている男性陣「うおおおーっ」。


「ちょ、アンタ、艦内でそれ止めろって言ったじゃないの!」


 ニュクスは周りを見回して慌ててセリを咎めるも、持ったゼリーを握り潰して中身をブチまけてしまう。さらに慌てる事態に陥った。


「えっ、ニュクスってセリの部屋によく行くの?」


 ヘパイストスの個人居室は人を呼んでくつろげるほど広くはない。ましてやナーヴスの部屋はシャワーが増設されている関係でかなり狭い。イオの疑問は当然である。


「え、えっと、それは、いや……なんでかな」


 ニュクスは酷く動揺し、ティッシュで溢したゼリーを拭く。

 セリは横目でいたくご機嫌である。


 と、その時、重力震発生のアラートが鳴った。

 メタストラクチャーは重力震が観測されたおよそ十時間前後に必ず出現し降下を始める。即ち重力震は彼らが襲来の予兆である。

 地表から直上ほぼ定距離の高度約10000km、表面境界外気圏付近に超空間接続を行い、およそマッハ1、時速約1200kmを維持したまま一気に成層圏付近まで降下、減速する。その超空間接続時に発生する重力干渉により引き起こされる現象が重力震である。



「いやー、イオちゃん。男性も居る艦内で、それは不味いよ……」


 エリックは食堂を出た後でこっそり耳打ちする。彼はイオに異重力分析官の存在を教えてしまった責任を感じていて、要は保護者意識があるのだ。


「もう、私も何がなんやら。お風呂に一人で入ってたらウトウトして……目が覚めたら食堂。リコはブリッジ前で見たって言うし」

「ホントに何も覚えてないの? ちなみに何時頃?」

「お風呂に入ったのが十時頃で……部屋に戻って時計を見たら零時過ぎ」


 肩を竦めて返すほかない。イオは「ふうっ」と小さな溜息を吐く。

 エリックは「ふうーん?」と腕を組んで大きく首を傾げる。


「じゃあブリッジ周辺を一時間くらいウロついていた訳か……」

「ちょっと! 『ウロついてる』なんて不審者みたいじゃないですか!」

「え、不審者以外の何者でもないよね? イオちゃん」


 イオは無事、不審者認定を果たした。


・・・


 同日夕方、午後四時。まだ陽は高く、傾いた夏の陽射しが容赦なくヘパイストスに照りつけている。イ重力制御エンジン特有の発光現象は陽の強さからほぼ見えない。


 茨城県日立市東100km沖付近に降下予測の500m級メタストラクチャー、へピイATiによるメタスクイドの出現予測は十体である。先行する偵察ドローンの映像では、以前東京湾に降下した切り株のようなそれと酷似している。

 降下予測地点に急行する一課第五ヘパイストス。今回はアーメイド一号機セリ・エリック組、二号機ヒト・イオ組出動準備。三号機リコ・ニュクス組は待機である。


 二号機コクピットのメインモニタ下端に青いアイコンがポップアップした。


『イオ、さっき脇からテープ、見えてたわ』


 セリは通信でイオのガンナースーツの例のテープに言及する。


 ――― ええっ、今言う? それ。


『ガンナースーツは半年着たら更新するから、今度はウソはダメよ』


 セリは忠告する。心なし声が弾んでいるように聞こえる。


「げっ! バレてやがるぅぅ……」


 イオはわざと大袈裟に声に出してみたものの、前席の地蔵は微動だにしない。

「はぁ……」と長い溜息を吐いた。



 ヘパイストスを発進し、セリはフォワードポジションに入る前、一号機を右ロール方向に二回転させた。いつものセリのセレモニーである。

 アシストポジションに入るヒト、そんなセリの戯れに付き合う気はなく無視。すぐさま通信を『Text Only』モードに切り替える。


〈ちょっとヒト、付き合い悪いじゃないの!〉

〈お姉さんは悲しい、そんな酷い弟を持った覚えはない!〉


 などと、セリの文句がメインモニタ下端にテロップで流れる。

 イオは「いい気味」とほくそ笑む反面、ナーヴス達の仲睦まじい姉弟ぶりが羨ましい。


 ――― うちもこんなだったなあ、私の弟達は今頃どうしているだろう?


 感傷に浸るイオの気分などお構い無しに一課第五アーメイド二機は加速スラスターのブーストを上げ、目標地点に向かって加速した。



 アーメイドの基本的な攻撃パターンは二機同時にメタストラクチャーの勢力圏に入り、その高速機動をもって周囲を旋回、フォワードは狙撃軌道を探りつつメタスクイドを迎撃する。アシストは彼らを撹乱しつつ攻撃し、フォワードが狙撃軌道を確立した後、後方支援に回る。


 この狙撃軌道とは、異重力収束点の狙撃に最も適した周回ラインのことで「狙撃軌道に乗る」とはメタスクイド掃討後、確立した周回ラインにアーメイドを固定旋回させ、アンチグラヴィテッド狙撃に集中することを意味する。

 固定旋回中はアンチグラヴィテッド調律を優先するため、重力加速度が変動する加減速や余計な旋回行動は控えなければならない。そのための後方支援である。

 とは言え、実際はメタスクイドを完全掃討に至らないまま狙撃軌道に乗り、アンチグラヴィテッド狙撃シーケンスに入ることも少なくない。出現予測はあくまで目安でしかなく、メタストラクチャーは常に侵攻を続けているからだ。また、神経接続は継続制限が十五分しか許されず、超えるとガンナーを『壊す』からである。


 今回出現し降下中だった500m級メタストラクチャーは、へピイATiの予測に反し、降下途中で減速、現在、上空およそ2500m付近でほぼ静止したことが判明。ヘパイストスはへピイATiが提案する可変限定核の最適発射地点へと移動中の出来事である。


 通常の海上戦の場合、超研対アーメイドの対応は彼らの着水を待ち、死角を減らしてから攻撃に移るのがセオリーだ。メタストラクチャー底面はIVシールドの守りが最も強固で異重力収束点が観測された記録はなく、また、彼らとて海中での防衛行動は不得手だからである。

 だが、降下が終了しないうちは底面もメタスクイドの防衛範囲となるため、下方向からの被攻撃想定を増やす必要がある。つまり作戦遂行難易度が上がってしまうのだ。

 因みに内陸部に向けて降下するメタストラクチャー、いわゆる陸上戦の場合は人類生存圏の被害を抑えるため、地表到達前に迎え討つ本来の意味での空中戦となる。そのため内陸部防衛に当たる課はアーメイド編成が四機ないし五機と増強されている。


 へピイATiは作戦プランを更新し、新たにメタスクイド出現予測も十体に修正、待機組の出動確率も上げる。だが、状況変化は許容範囲内とし、そのまま作戦続行となる。

 空中に浮かんで静止しているメタストラクチャーの勢力圏外ぎりぎりの距離を保ちながら、その下を潜るように飛行する一課第五アーメイドの二機。


「うええ、なにこれグロい、気持ち悪う……」

『あんまり見ない方がいいよ、イオちゃん、心が病むから』


 イオは上を見上げ、初めてそれの形状を知る。

 青いアイコンのエリックは手遅れのアドバイスをする。


 メタストラクチャーの底面にはその忌々しい口、『生体摂取口』がびっしりと列んでいる。集合体恐怖症トライポフォビアには耐えられない眺めだ。

 まるでヤマビルのようなその口で彼らは生命体の『摂取』を行う。彼らの巨体を構成する骨のようなもの、その全ての末端がこの生体摂取口である。

 彼らの行為が生命体の採取ではなく摂取、即ち『食べている』と人類が認識したのは単純に彼らが『食べ散らかした』痕跡を残すからである。


 アーメイド二機はメタストラクチャー底面の勢力圏、メタスクイドが防衛行動を起こす距離を把握した後、加速スラスターが引く白い尾で大きなカーブを描いて上昇する。そして彼らを飛び越え、ほぼ直上から攻撃準備に入る。


 《アーメイド管制システムはヘパイストスATiからガンナーに動作優先権移行、神経接続開始、知覚共有システム起動、磁殻投射プラズマガンセーフティ解除承認、アンチグラヴィテッド専用電磁レールガン冷却開始、思装甲射出展開》


 コクピットのモニタ表示はピー音と共にブルー基調からアンバー基調に変え、一課第五アーメイドは攻撃を開始した。


・・・


 ヒトは視界に介入するターゲットポインタに前方のメタスクイドを捉えた。いざトリガーを引くその時、右下方の死角から現れたのは別の彼らによる銛状触手、本体は見えない。

 接近する漆黒の脅威に機体を蛇行、ロール回転させて全て躱す。だが今度は前方のメタスクイドが急減速。二号機を先行させ、背後に回って六本の黒い楔を放つ。

 ヒトは止むを得ず機体を180度転身、そして減速の逆噴射。断続する爆音を背に三本の銛状触手を撃ち落とし三本を躱す。楔の主にプラズマガンを向ける頃には再び死角へと消えていた。


 攻撃開始十分を経過した時点でアーメイド二機は下方向からの被攻撃により思いのほか苦戦していた。一号機セリ・エリック組は狙撃軌道は確立したものの、乗せられない状況が続いている。

 メタスクイドの撃破を狙うも底面の死角から別の彼らが現れ、銛状触手で邪魔をして再び死角へと消える。まるで時間稼ぎをしているかのようだ。二号機ヒト・イオ組も逃げ隠れする彼らに手間取り、一号機の後方援護に付けない状況である。


 一号機セリ・エリック組のコクピット。エリックはセリに提案する。


「分かっちゃいたけど厳しいな。セリちゃん、まずはイカくん掃討に専念しない?」

「そうしたいけど、あと五分もない……」


 セリのその口調から焦りがエリックに伝わる。

 現時点で二号機ヒト・イオ組はすでに四体、一号機セリ・エリック組は二体メタスクイドを撃破しているが、一号機は思考装甲を二枚失っている。

 メタスクイドはまだ四体を残し、この状況で狙撃軌道に乗るのはリスクが大きい。


 セリとエリックが会話を交わした直後、後方右下から一号機を追うメタスクイドが後方左上へ機動を変え、同時に銛状触手の放つ。六本の楔が背後から一号機を掴み取るように伸びる。


「あっ!」


 対衝撃アラートが鳴り響き、騒然とする一号機コクピット。

 セリは思わず驚きの声を漏らしたが、思考装甲が瞬時に捨て身の盾となり漆黒の脅威を弾き返す。硬い金属同士の衝突音、そして残響。その身を砕かれ、役目を終えた思考装甲は直下の海に落下する。残りの盾は三枚になった。

 この時点でへピイATiは追加出動を判断。待機中の三号機リコ・ニュクス組を出動させ、一号機、二号機にはメタスクイド掃討に専念する指示が下る。アンチグラヴィテッド狙撃は神経接続の残り時間を鑑み、三号機に変更された。


 メインモニタ下端にへピイATiの指示がテロップで流れる。

 セリはそれを苦々しく見届けた。


「あーん、せっかく狙撃軌道を確立したのに……」

「しょうがないよ。五分切っちゃったけど、頑張ろう」


 悔しさをそのまま口にするセリをエリックがなだめる。

 モニタサイン『Forward』を『Assist』に切り替えた。セリは加速スラスターのスロットルを煽って狙撃軌道を離れ、周回方向とは逆に一号機を飛ばす。


 その白い軌跡はセリの落胆とは裏腹に美しい弧を描いた。


・・・


 ヘパイストスブリッジ。戦況を見守るアンダーソン艦長とクライトン副艦長。

 席を離れ、ヒライ機関統制官らが座る前列の後ろに立っている。


「あと五分もありませんから、妥当な判断だと思います」


 ブリッジ前面にあたる壁面いっぱいのメインモニタは画面分割され、アーメイド各機の状況が偵察ドローンにより映し出されている。


「無理させて貴重なガンナーを寝かせる訳にはいかんからな」


 クライトンの言葉にアンダーソンは目を細めて返した。


「彼らは何か、試しているんでしょうか?」


 クライトンは訝しげに言う。『彼ら』とはもちろんメタストラクチャーのことだ。


「ふむ、分からん。そう言えば、新型のあれはいつ頃だったかな?」

「来月ロールアウト、だったと思いますが。それが何か?」


 クライトンは怪訝そうに伺う。しばらく開く間。


「いや、なんでもない。気にせんでくれ」


 アンダーソンは含みを残して押し黙る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます