side B アンチグラヴィテッド狙撃、成功

 結果から言うと、イオの心配は杞憂に終わった。


 ライトオレンジ&ブラックで塗られた一課第四アーメイドは、アンチグラヴィテッド狙撃に拘る必要がない。そのため八面六臂の活躍でメタスクイドを次々と撃破し、思考装甲の損耗も僅かだ。

 特に一課第四の一号機はバイブレードを好んで使い、アーメイドを格闘モードのまま縦横無尽に空中戦をこなしている。

 後方から接近するメタスクイドの銛状触手をバレルロールで躱し、垂直上昇から一瞬機体を静止。

 そのまま真横に反転し、彼らの背後を奪ってバイブレード一瞬の斬撃。

 異重力収束点に突き刺した刃を彼らの後尾まで切り裂き、プラズマガンでとどめを刺した。

 一連の攻撃の後、バイブレードを何度か格納位置までスィングさせ、弄ぶ余裕すらある。その姿はまるで狩りを楽しんでいるかのようだ。

 一課第四の戦果に比べてリコ・ニュクス組が目立たないが、狙撃軌道を探る二号機ヒト・イオ組の後方で援護を優先しているためである。


「近くで見ると、まるで『ドス黒い密林』だ」


 イオの独り言が喩える通り、コクピットから見るメタストラクチャーは巨大且つ不気味だ。

 時空歪曲防壁IVシールドの『像の揺らぎ』の影響ではっきりと焦点が合わないが、棒状の黒い『骨』らしきものが幾重にも折り重なり、ザワザワと奇妙な動きを繰り返している。


 メタストラクチャーの呼称に用いられる全長は、基本的に目視による推定サイズである。正確なサイズはIVシールドに阻まれて測ることができない。

 現時点での機械的な観測手段では、目視サイズより三~四倍は大きく観測されてしまう。つまり、カメラで言うピンボケ状態のため、誘導兵器の有用性を下げる理由の一つにもなっている。


 ヒトは狙撃軌道を確立してアーメイド二号機を乗せる。

 視界に介入する六つの航空計器と重力加速度計に集中して一切の加減速を停止、機体を周回ラインに固定する。イ重力制御エンジンの稼動音のみがコクピットに残った。

 すると、突如前方に一体のメタスクイドが二号機の進路に立ち塞がる。

 だが、放射状に放たれた銛状触手が二号機に一本も触れることはなく、ヒトはプラズマガンの一撃で彼らをことも無さげに退けた。思考装甲はまだ一枚も失っていない。

 砕け散る彼らの撃破を確認し、ヒトは次の言葉を告げる。


「アンチグラヴィテッド、狙撃シーケンスに入る」

「了解」


 イオは今回は素直に返事をする。


 ――― 余計なことは考えるな、とにかく集中しろ。


 イオは自らを言い聞かせながら、異重力マップボードに浮かび上がる位相ホログラムに向かう。

 アンバー照明の中で一際目立つグリーンのパターン。異重力知覚で感じ取った変動パターンを全力で回転するホログラムに反映する。


「アンチグラヴィテッド調律完了、どうぞっ!」


 前回同様、イオの返事と同時にヒトは電磁レールガンにアンチグラヴィテッドを装填した。

 重い金属の塊が擦れ合う軋み音、微振動を合図にポジトロンキャパシタが始動。

 続いて電磁レールガンのセーフティ解除を承認する。

 ヒトは電磁レールガンの砲身が帯電する音を耳にしながら、呼吸を止めてターゲットポインタを移動する異重力収束点に合わせる。

 そしてトリガーを引く。


 低く鈍い金属音、異重力収束点に着弾。


 一瞬、メタストラクチャー全体が波紋のように波打って着弾点から徐々に『像の揺らぎ』が失われていく。そして悲鳴のような重低音と共にその姿をさらけ出した。

 IVシールドが消失した瞬間である。


 すぐさまヘパイストスは艦後部のミサイルスロットより一発の限定可変核を発射。

 怒号を上げ、白い尾を引くそれは緩やかなカーブを描いてメタストラクチャーに命中した。

 可変核の辺り一面を照らす閃光、続く大爆音と構造崩壊に伴う耳障りな高周波を撒き散らす。

 メタストラクチャーを撃破した。


 異重力位相変換弾頭、通称〈アンチグラヴィテッド〉狙撃によりIVシールドを解除した後、ミューオン触媒核融合型純粋核である対メタストラクチャー限定出力可変核弾頭、通称〈限定可変核〉を用いてメタストラクチャーを熱破壊する。

 超常知性構造体研究対策局、通称〈超研対〉メタストラクチャー撃破プロセスである。



 一課第四アーメイドが最後のメタスクイドを撃破した。同時に今回襲来したメタストラクチャーから暴走メタスクイドが発生するリスクも消滅した。

 一課第四アーメイド二機は順番にぐるっと左ロール回転を行い、ペルセウスウィルの方向に機首を向けた。彼ら流の作戦終了のセレモニーである。

 ヒトも彼らの真似をして縦ロール、二号機を前転させる。続くリコ・ニュクス組の三号機。

 一課第四の相手方は背面モニタでこちらを見ている。

 ヒトも頭の向きから視線を一課第四アーメイドに向けている――― と、イオは思った。

 かくして一課第五アーメイドの二機は無事任務を終え、帰艦進路を取った。


「うわーっ、やったっ! 私、やったっ! やーりましたよほーっ!」


 イオは調律を成功させて大喜び、コクピットで一人大騒ぎである。

 シートに縛りつけられていなければ、三センチほど宙に浮いていたに違いない。


 ――― 何も奴らをやっつけようと気負う必要はない、OL時代の事務処理のように、ただ淡々とこなせばいいのだっ!


 と、イオは思いながら前席に視線を向けると、ヒトは相変わらずヒトのままだ。


 ――― ま、そうだよねえ……ほんと可愛くない。ちぇ。




***




 東アジア相互防衛条約機構(East Asian Mutual Defense Treaty Organization)とは、メタストラクチャーの脅威から人類生存圏防衛を目的に設立された組織である。


 日本を含む東アジア諸国からの委任を受け、民間企業であるATi開発企業体エプシロン・テクノロジーが主導し、限定特殊自衛隊とイカロス・インダストリーの協力によって成り立っている。

 その内訳は以下の二局によって構成されている。


 実行組織である超常知性構造体研究対策局、通称〈超研対〉

 開発組織であるイ重力研究科学局、通称〈イ重研〉


 同様の組織は北米、南太平洋、ヨーロッパ、インド洋に同じくエプシロン・テクノロジーと該当諸国軍事組織と共同で設立、イ重研から技術供与する形で運営されている。

 因みにイ重研はイカロス・インダストリー傘下だったイカロス粒子重力干渉技術研究所をそのまま接収した組織であるため、名にその痕跡を残す。


 メタストラクチャー対策の核心技術であるアンチグラヴィテッド狙撃。


 エプシロン・テクノロジーの『演算思考体』。

 エプシロン・テクノロジー傘下ニュークシーの『NERVES』。

 イカロス・インダストリーの『高速狙撃機動兵器アーメイド』。


 これらにイ重研の『異重力位相変換弾頭アンチグラヴィテッド』に加え、技術先行した結果が現在の組織編成を生んだ経緯でもある。




***




 イ重力研究科学局、開発統括責任者アダム・ブレインズのオフィス。

 ブラインドを開けているが曇天の所為で外光は乏しく、まだ昼間にも関わらず煌々と灯りを点けている。あまり居心地がいい調光とは言えない。


 地上五十階の窓の外には、建造中の新型揚陸艦シュペール・ラグナが見える。

 ヘパイストスよりも倍近く大きい巨体、胴体横のイ重力制御エンジンは八基、露出するプラズマカノンの砲身も全十六門とこちらも倍である。

 全体をワインレッドに塗られたその巨体はどこか禍々しく、曇天の鈍い光が明暗の境界をぼかして精彩を一層削ぎ落としている。

 演算思考体の世界トップシェアを誇る巨大企業体、エプシロン・テクノロジーの最高経営責任者、ロベルト・ハスラーからの内々の要請にイカロス・インダストリーが応じたものだ。



 窓際に立ち、濃茶のスーツにグレーのネクタイをしたブレインズは、やや長く緩い髪とフレームレスの眼鏡で年齢の割に若く見える。肩書きが示す研究者には見えない。

 程なくブレインズ個人のカード端末に着信が入る。

 ロベルト・ハスラーCEOの秘書、トオイ・イブキからの個人通話である。通話相手は朗らかな声でお決まりの挨拶を終えると早速要件を切り出した。


『それでは、CEOとお繋ぎしますね。少々お待ちくださいませ』


 待ち受けに流れるのはサティのジムノペディ。もの憂げな天気にはどこか似つかわしい。

 しばらくサティが流れた後、ハスラーに代わる。


『いつもすまないね、記録に残せない話だからな。で、話は例の件かな?』


 明らかに老人の声だが滑舌も良く、決して弱々しくはない。

 その言葉から何度か同じやり取りを繰り返していることが分かる。


「はい、例の『跳躍弾頭』の件ですが、やはりフェーズv9の処理能力では、計画目標値に達しないと結論に至りまして。フェーズv10以上でなければ、達成は難しいかと」

『無い袖は振れぬのだから仕方なかろう、二十年前に人類自らが課した禁忌だ。実際、演算思考体の運用はATiワールドオーダーに於いて事細かく決められている。機構本部のフェーズv10は、如何に人類防衛の大義名文があろうと動かす訳にはいかん』


 通話口の老人はまるで台本を読み上げるかのような口ぶりである。


「それはまるで、お試しになられたかのように聞こえますが……」


 ブレインズは目を細めて訝しげに窺う。だが、通話口の相手は不敵に笑った。


『ははっ、君も食えん男よな、無いものは無い。確かに我々エプシロン・テクノロジーは東アジア相互防衛条約機構の中枢を担っているが、本体はあくまでも外の組織であり、一民間企業に過ぎん。それ以上のことは言えんしできんよ』

「……かしこまりました。ではもう少しお時間を頂きたく。あと、追加予算と」


 ブレインズは予め用意した結論のように言う。


『いつまでも君のところのアンチグラヴィテッド一本、と言う訳にはいかんからな』

「それから、シュペール・ラグナの件。本当に例の仕様でよろしいのでしょうか?」

『ああ、構わんよ。『あれ』はこちらで用意する』

「では、来月の会議にでも進捗報告書と、暫定の、稟議書をお持ちします」


 ハスラーは大袈裟に戯けて締めの言葉を口にする。


『ほう、暫定か。君がそう言う時は本当に怖い。ではまたよろしく頼むよ……トオイ君ありが(プツッ』


 最後にハスラーが個人端末を秘書に返す声が入る。

 ブレインズは通話終了を確認してカード端末を胸ポケットに収める。

 良好な関係を示唆する会話だった割にその表情は硬い。

 そして独り言を呟いた。


「ふん、時間稼ぎはあちらも同じか」




***




 ヘパイストスブリッジは天井の半分と背面除く壁三面の窓、その全てが巨大なモニタである。

 艦の進行方向、前方に向けてディスプレイと一体になったデスクが前に三台、後ろ一段高く嵩上げされたフロアに二台並んでいる。

 広さはおよそ十五平方メートルほど、デスクの数からすれば余裕がある空間である。基本的に艦の制御は全て演算思考体が執り行う為、余計なものは極力省かれている。

 そこがブリッジと分かるのは各席が同じ方向を向いているぐらいで、その場所に相応しい大袈裟な設備と言えば壁面の巨大モニタだけである。

 そのブリッジに入って右奥のヒライ機関統制官がイオの調律データ作成履歴を検証し、エリックがそれを覗き込んでいた。


「あのお嬢さん、異重力深度だけ二回トチってる。異重力マップは完璧だね」


 ヒライは素で感心している様子である。

 アーメイド関係は異重力分析官のエリックはともかく、本来はエド兵装統制官の管轄範囲だが、ヒライは個人的興味で首を突っ込んでいる。

 統制官同士でもシミュレーションを共有するため、管轄範囲外のデータ閲覧は許可さている。


「うーん、そそっかしいのは変わってないなあ、イオちゃん」


 エリックはそれを聞いて天井を仰ぎ顔を覆う。


「それにしてもヒト君はやっぱり凄い。一課全体のエースと言っちゃってもいいくらい」

「彼が凄いとは思ってたけど、そんなに?」

「多分ね、成績上は彼に対抗できるガンナーは居ないと思うよ」


 ヒライは引き出しからウエスを取り出し、ディスプレイ上端の小さな穴を拭き始める。

 フェイスカムを兼ねた網膜スキャナである。


「あ、ごめん。最近調子悪いのよ、これ」


 そう呟いて網膜IDをスキャン。パスワードを入力後、ヘパイストス基幹システムに接続。

 開いたのは一課全体を半期でまとめた交戦記録、そのガンナー版である。

 アーメイドガンナー、即ちNERVESの管理情報はニュークシーの管轄である。基本的には公開を許可された資料ではない。


「これ、お偉いさんの会議用」

「へえ、いいんですか? こんなの見せちゃって」


 エリックは感心した様子でスクロールするデータを覗き込む。


「いーの、いーの。資料作ってるの俺だから」

「えっ、へピイATiは作ってくれないんですか?」

「あいつら無駄に頭がいいから、人間様に優しいUIを理解してくれないのよ、特におじさま方にはね。そのためだけの論理アルゴリズムなんて組んでられないしさ」


 ヒライはさり気におじさま方をサゲる。

 スクロールしたデータの中にヒトの項目を見つけ、そこで止めた。


「もうね、ヒトだけ思考装甲を外したいくらい。質量が減って電費も良くなるし、被射線予測の演算リソースを射撃システムに回せる」

「あ、ダメですよそれ、思考装甲は大事な保険なんだから」


 エリックは慌てて釘を刺した。


「絶対にそんなこと提案しないでくださいね、彼は呑むに決まってる」

「へいへい。ま、彼は危なっかしいからね……」


 不満気なヒライ、含みある物言いである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます