第十一話 お姉さんの決意。Aパート

「それは2097年、世界に三つの拠点を持つナノマシン開発企業タウ・ディベロップメントとイプシロン・テクノロジーから供与された三体のイレヴンによって始まったの。人類に後天的思考拡張を促す『フューズド計画』。その計画とは、演算思考体と人体とのシームレスな融合を研究し、技術確立すること」


 アルヴィーは淡々と言葉を紡ぐ。それは全てのことのはじまりである。

 今この場で聞こえるのは、アルヴィーの迷いのないフラットな声と、イ重力制御エンジンの低いアイドル音が微かに鳴り響いているだけである。


「僅かな関係者以外に誰も知らない極秘計画だったのは当時クローンが非合法、法の上では存在しないことを逆手に取って、様々な人体実験を繰り返していたから。『ある目的』のために」


 この場ではアンダーソンただ一人だけが目を細めている。彼はブレインズと共にフューズド計画の存在を知っていたからである。


「ところが三体のイレヴンはトーキョーロストが起こる2111年より以前、タウD内においてメタストラクチャー襲来を予見し、別の議論を始めてしまった。そして悪夢のトーキョーロストが起きた。それは三体のイレヴンよって行われた『ある議論』が最悪の形で決裂した結果だった」


「だけど、事件の直前に〔三番目のイレヴン〕は『ある想定』の為にタウDモスクワから脱出を図った。でも〔三番目のイレヴン〕は単体では自由に動くことができない。そこで器として選んだのは植物状態で廃棄寸前だったクローン実験体、当時十二歳の私」


『廃棄』という言葉に小さな騒めきが起こる。実験の性質を雄弁に語る言葉だからである。

 エリックは目は見開き、開いた口が塞がっていない。明らかに動揺している。

 イオは後ろを振り向いてエリックの様子を窺うが伝える言葉が見つからない。


「イレヴンとは、ナノマシン型拡張演算思考体、11段階目のイプシロン。数億に及ぶ中枢ナノマシンの演算子、その均一性を意図的に排除し、演算子配列を任意に組み替えることによって実現した、イプシロン・フェーズv10を遥かに凌ぐ完璧な存在。演算思考体として不利なナノマシン型を採用しているのも、生体融合を見据えた結果だった」


 アルヴィーはそう語り終えた後、イオにとって衝撃的な言葉を口にする。


「その開発者の一人がイオのお父さん、サブロウ・ミナミ。〔三番目のイレヴン〕脱出の協力者でもあったの」

「ええっ、お、お父さん?」


 イオは父の名が突然出てきたことに驚き、そして困惑する。

 父と死別したのは十年前、十三歳の時である。少なくともイオ本人からすれば、父のことを何も知らないという意識がない故だ。だがトーキョーロストは二十年前である。


「でもドクター・ミナミは脱出途中に何者かの銃撃に遭い、瀕死の重症を負ってしまった。〔三番目のイレヴン〕は彼を救う為、自らを二つに割った。それがプライマリコアとセカンダリコア。セカンダリコアを埋め込むことで損傷箇所を補い、彼を救ったのよ」


 二人の間で共有のために結んだ接続触手がゆらゆらと揺れている。

 イオは初めて聞く生前の父の話に茫然とするしかない。


「トーキョーロスト以後、タウD全社解体によって本社デトロイトの〔一番目のイレヴン〕は解体、フューズド計画は頓挫。〔二番目のイレヴン〕は核攻撃でタウD東京と共に消失し、『ある想定』は外れたかに見えた」


「〔三番目のイレヴン〕は、そのまま私とドクター・ミナミの中で朽ちるつもりだった。私はブレインズの協力で彼自身の養子に入り、彼はニュークシーの誘いで研究職に就いたの。当時はまだイプシロン傘下じゃなかったけれど」


「けれどメタストラクチャーが襲来し、その三年後にナーヴスやニューメディカが次々と発表されたことによって『ある想定』、つまり〔一番目のイレヴン〕の復活を〔三番目のイレヴン〕は確信したの。それが明らかにフューズド計画のノウハウを継承した存在だったから」


 ヒトとセリは共に驚いている。だが、表情を変わらず視線をアルヴィーに向けたままだ。

 ナーヴスは圧縮学習による高い知能により話の内容を正確に理解している。全ては自分達の根に繋がっている話なのだ。


「つまり、私はあなた達の親戚ってところね」


 アルヴィーは二人のナーヴスに視線を移し、話を続ける。


「そしてトーキョーロストの十年後、今度はイオが事故に遭ってしまった。普通では助からない大きな事故。奥様は既に亡くなられ、ドクター・ミナミは瀕死の娘を救うべく自らのセカンダリコア移植を決意したの。ニューメディカに偽装してね」


 アルヴィーはイオの顔を見つめながら、慎重に言葉を選ぶ。


「でも、ドクター・ミナミ自身も重傷だったことと、セカンダリコアを取り出す準備が完璧ではなかったため……彼は移植時に亡くなってしまった」


 アルヴィーは最後の言葉を言い淀んだ末に絞り出した。

 イオは視点が定まらなくなり、全ての物音が一瞬、潮が引くように遠のいた。


「え……なんで、お父さん……」


 ぽつりと呟くイオの声が聞こえる。


「イオの損傷を修復し、安全にセカンダリコアを取り出す。そしてプライマリコアと再び一つになる。ドクター・ミナミと最後に交わした約束。結果として、十年かかってしまったけど」


 イオは言葉を失くし、顔を覆うことすら忘れている。初めて知る父の死の真相である

 両親と弟達。唯一の事故の記憶、麻痺が残る右脚。父の代わりに生き、分析官として今ここに居る自分。身体の中に潜むセカンダリコア。全てが繋がったのだ。


「つまり、私がお父さんを巻き込んでしまったの。ごめんなさいイオ」


 アルヴィーは初めてその表情を曇らせる。

 イオは俯き、小さく首を振った。全てがアルヴィー、そして〔三番目のイレヴン〕の所為ではないことはもちろん理解している。


 ブリーフィングルームの床にぽろぽろと涙が落ち、ぐすぐすと鼻をすする音がヘパイストス艦内の機関稼動音に混じる。


 セリはイオの手を握り締め、もらい泣きを始める。

 ヒトはイオを背後から見つめながら、ふと気がつくと右手がイオの天辺に伸びている。無意識にリコにするそれと同じことをしようとしていたのだ。

 ヒトは伸ばした手を止め、己れの行為に驚きの表情を浮かべた。


「10分だけ、少し休憩しましょう。アルヴィーさんいいわね?」


 ニュクスはイオを気遣って、この場の一同に声をかける。


・・・


「もう大丈夫。泣くのは今度にする。続けて……」

「ほら、イオ。おはな」


 イオは気丈に振る舞おうとするが目も鼻も真っ赤である。

 セリはイオにティッシュを差し出し、甲斐甲斐しく世話を焼く。


「当時〔一番目のイレヴン〕はセカンダリコアが移動したことは把握していたけれど、イオがニューメディカの更新を拒んだ所為で、私達の動向を正確に掴めていなかった。ところがイオがヘパイストスに乗艦してから受けた健康診断で修復の終了を感知したの」


「対する私は〔一番目のイレヴン〕の目を掻い潜るために一切の医療行為を避け、スタンドアロンを維持し通した。だから彼らは私を感知できなかった。八年前までは」


「えっ、医療行為を避けなくちゃいけないのに、医科大学?」


 エリックは冷静を取り戻してようやく口を開いた。二人はニュークシー医科大学のドクター・ミナミの研究室で知り合ったからだ。


「木を隠すなら森の中……かな?」


 アルヴィーはふふっと笑いを浮かべ、冗談を口にする。

 その表情はセリが知覚共有中に見たものと同じ微笑みである。

 エリックはその表情を見て、僅かながらに安堵した。


「八年前、パラスクイドと対話を試みた時にアストレアATiと接続したため感知されてしまった。だから今まで海の底で自閉形態を維持して隠れるしかなかったの」


「〔一番目のイレヴン〕が今までセカンダリコアを放置していたのは、プライマリコアもろとも〔三番目のイレヴン〕を破壊するため。それは彼らに唯一対抗できる同じ拡張演算思考体、イプシロン・フェーズv11だから」


「そしてATiワールドオーダー。イプシロンの政治力、ATiトップシェアの立場だからこそできた。トーキョーロストによって拡大した反演算思考体の世論も利用してね。制限と引き換えに演算思考体の監視という莫大な雇用を生み出すとなれば、誰も止めるものはいなかった」


「つまり〔一番目のイレヴン〕は、新たな演算思考体の開発を阻害し、メタストラクチャーをも監視しながら、〔三番目のイレヴン〕が揃うのを待っていたの」


「えっ、意味が分からない。メタストラクチャーの『監視』ってどうやって?」


 ヒライは思わず身を乗り出し、口を挟む。


「超空間接続。それは人類にも演算思考体にも座標演算に難を残す技術だけど、今居る座標を基準にして一度マーキングできれば、少なくとも〔一番目のイレヴン〕には可能なの。彼らはメタストラクチャーの本体、『超常の存在』〈メタビーイング〉の正確な位置を知っているわ」


「やっぱり知っていたのか。我々とメタストラクチャー、いやメタビーイングとの力が一々拮抗するのも、彼らの時間稼ぎでもあった訳だ」


 アンダーソンは忌々しげに呟いた。


「彼らもトーキョーロストで学んだのよ。当時は世界はまだ現在ほど演算思考体に依存していなかったから、〔一番目のイレヴン〕は容易に解体を許してしまった。だから時間をかけて環境を整えた。演算思考体に制限を加えつつ依存する社会を」



「メタストラクチャーの本体メタビーイング。これは私達の想定でしかないけれど、恐らく数万年、いや数億年も前から存在する、遥か遠い銀河の知的存在が生み出した巨大な深宇宙探査船」


 ヘパイストスクルーは息を飲んだ。これまで自分達が相手にしてきたものは何か。その解答が目の前で語られている。


「他天体を調査し情報を収集する装置だったものが、様々な知性や文明を取り込んでいるうちに論理破綻を起こし、情報をひたすら飲み込むだけの『怪物』に変わり果ててしまったもの。母星の知的存在すら飲み込んでしまったかもしれない」


 アルヴィーは言葉を一旦区切る。そしてイオに視線を送る。

 イオはようやく落ち着いて、両の瞳を真っ直ぐにアルヴィーに向けている。


「言わばメタビーイングは存在そのものが気が遠くなるほど膨大な情報の集合体。〔一番目のイレヴン〕はそれを欲っした。フューズド計画の究極の目的、その足がかりとして。そしてこれこそがトーキョーロストの引き金になった『ある議論』の核心」


『我々はメタビーイングを制御し、融合する』

『我々はメタビーイングを制御し、回避する』


「融合を主張するイレヴン主任開発者でイプシロン・テクノロジーのロベルト・ハスラーと〔一番目のイレヴン〕。対して回避を主張する名も無き賢者と私達〔二番目と三番目のイレヴン〕」


「二つの勢力が争った結果がトーキョーロストと呼ばれるもの」


 沈黙、そして全ての謎解きの言葉。


「事の発端であるフューズド計画、その究極の目的。それは演算思考体を媒介にして寿命に縛られない永久思考を獲得し、『全ての思考存在の義務を果たす』こと」


・・・ 

 

「このまま〔一番目のイレヴン〕を放置すれば、高位ATiは奪われたまま、人類がメタビーイングに抗う術がない。彼らの唯一の誤算は、私達〔三番目のイレヴン〕がパラスクイドと対話して得たものを読み切れなかったこと。私達にはまだ状況をひっくり返す勝算がある」


「伸るか反るか、座して死を待つか。そういうことだね、ミス・アルヴィナ」


 アンダーソンは静かに呟き、クルー一同を見渡した。


「現時点での私達との実力差なら、〔一番目のイレヴン〕は良くて刺し違え。私達もメタビーイングとの対話を目的にしている以上、彼らは接触を急ぐしかない。でも、今の私達は言わばメタビーイングの同胞、仲間を撃つことはできない。メタビーイングは元より暴走状態でその限りではなく、結果として私達は単独で超空間接続ゲートに近寄ることができない」


「つまり、ヘパイストスの協力が必要、ということですね」


 クライトンは短く言葉を口にし、アルヴィーは頷いた。


「仮にシュペール・ラグナ撃破を優先すれば、彼ら〔一番目のイレヴン〕は持久戦を選ぶ。生身の身体を持たない彼らは待つことを恐れないし、跳躍弾頭もアップデートが進んで私達には手に負えなくなる。時間とともに不利になるの」


「つまりメタビーイングと〔一番目のイレヴン〕、我々は同時に対峙するしかない訳だ」

「は、ハードルたけえっ……でも、彼らはすでに向かってるんじゃ?」


 アンダーソンは遠慮がない要約を口にし、ヒライは独り言と疑問を漏らす。

 アルヴィーは自らの切り札を語った。


「だから先回りするの。彼らがメタビーイングと渡り合うための切り札、跳躍弾頭はまだ完成したとは言えない。彼らはごく限られた条件でしか超空間接続ができない。でも私達にはそれ以上が可能なの。メタビーイングの力で」


「彼らが私達の破壊に拘ったのも、まだ完全に超空間接続を獲得できていない証拠」



 超空間接続ゲートは月の裏側ダイダロス・クレーター。メタビーイングはその向こう側だ。

 アストレアは先行して超空間接続ゲートを潜り、メタビーイングと回避のための対話。ヘパイストスはアストレアを護衛し、同ゲートの破壊。そして〔一番目のイレヴン〕の撃破を目指す。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます