side B 小さな囁き

「このまま〔一番目のイレヴン〕を放置すれば、人類がメタビーイングに抗う術はない」


 それはヘパイストスクルー全員が認識している事実である。


「彼らの唯一の『誤算』は、私達〔三番目のイレヴン〕がメタスクイドと対話をして得たものを読み切れなかったこと。だから私達にはまだ状況をひっくり返す勝算がある」


 アルヴィーが言う選択。彼ら演算思考体とて100%の未来が予測できる訳ではない。


「伸るか反るか、座して死を待つか。そういうことだね」


 アンダーソンは静かに呟き、アルヴィーと同様にクルー一同を見渡した。


「現時点での私達との実力差なら、〔一番目のイレヴン〕は良くて刺し違え。私達もメタビーイングとの対話を目的にしている以上、彼らは接触を急ぐしかない。でも、今の私達は言わばメタビーイングの同胞、仲間を撃つことはできない。メタビーイングは元より暴走状態でその限りではなく、結果として私達は単独では超空間接続ゲートに近寄ることができない」


「故に、ヘパイストスの協力が必要、と」


 クライトンは短く言葉を口にすると、アルヴィーは頷いた。


「仮にシュペール・ラグナ撃破を優先すれば、〔一番目のイレヴン〕は持久戦を選ぶ。生身の身体を持たない彼らは待つことを恐れないし、跳躍弾頭もアップデートが進んで私達もいずれ手に負えなくなる。時間とともに不利になるの」


「つまりメタビーイングと〔一番目のイレヴン〕、我々は同時に対峙するしかない訳だ」

「は、ハードルたけえっ……でも、彼らはすでに向かってるんじゃ?」


 アンダーソンは硬い表情のまま、遠慮がない要約を口にする。

 その言葉にヒライの独り言と疑問を漏らす。


「だから先回りするの。彼らがメタビーイングと渡り合うための切り札、跳躍弾頭はまだ完成したとは言えない。彼らはごく限られた範囲でしか超空間接続ができない。でも私達にはそれ以上が可能なの。メタビーイングの力で」


 アルヴィーは自らの切り札を語った。


「彼らが私達の破壊に拘ったのも、まだ完全に超空間接続を獲得できていない証拠」



 メタストラクチャー地球侵攻中継地点、超空間接続ゲートは月の裏側、ダイダロス・クレーター。本体であるメタビーイングはその向こう側だ。

 アストレアは先行して超空間接続ゲートを潜り、メタビーイングと回避のための対話。ヘパイストスはアストレアを護衛し、超空間接続ゲートの破壊。そして〔一番目のイレヴン〕の撃破を目指す。




***




 ヘパイストス、イオの自室。〔三番目のイレヴン〕プライマリコアとセカンダリコアの統合を開始するイオとアルヴィー。先の共有状態で両コアの状態確認は済ませている。

 ベッドに横たわったイオは上半身だけ下着姿である。アルヴィーはイオの左側、同じベッドに斜めに腰掛け、視線を落としてイオの顔に向けている。

 間接照明が二人の姿だけをぼんやりと照らしていた。


「あと、二時間ほど掛かるけど我慢してね、イオ」


 イオのNDポートから出ている無数の銀糸が、アルヴィーの左掌の光る『点』にじわじわと吸い込まれている。先のブリーフィングで金糸が現れた場所である。まるでほつれた糸が糸巻きに巻き取られているかのようにも見える。

 イオはじっとその様子を見つめている。


「本当はね、全部は取り出せないの。セカンダリコアを完全に取り出せるまで修復するには、あと四ヶ月ほど足りない。私達はあなたが三回目の試験も落ちてくれると想定していたから」


 アルヴィーは子どもに寝物語を聞かせるように語りかける。

 つまり〔三番目のイレヴン〕は、イオの健康診断で〔一番目のイレヴン〕に進捗を知られてしまったため、行動を前倒ししたのである。


「アルヴィーもおじさんと同じこと言うのね……」


 イオはがっかりしたように呟く。


「もしかして、私が二回も試験に落ちたのは、セカンダリの所為かと思っちゃったっ」


 イオはアルヴィーに視線を移し、少し戯けて舌を出す。


「え、えーと、それはごめんなさい。私達もそこまで器用じゃないの。身体を借りるのも一回じゃ上手くいかなかったくらい」


 アルヴィーは申し訳なさそうに言う。何気に全否定である。

 イオが試験に落ちたのは自身の大雑把な性格に起因するもので〔三番目のイレヴン〕の介入ではなく、有り体に言えば只の実力不足である。


「え、あはは、いや、そこまではっきり……」


 イオはダメ押しされた格好である。恥ずかしくなってアルヴィーから視線を外す。

 アルヴィーはふふっと笑って話を戻した。


「それだけ十年前のイオの損傷は大変だったの。それにあと四ヶ月あれば脚も治せた」

「うん、それは……」


 イオはいい篭る。ベッド横のカウンターに向き、両親と弟達の写真に視線を送る。


「でも、たとえ忌まわしい経緯で生まれたものだとしても、ニューメディカにナーヴス、そして私達、演算思考体を嫌わないでね。それは現在の人類にとって、有益なものには違いないのだから」


 アルヴィーはイオのNDポートに視線を移し、諭すように呟く。

 そしてイオは一瞬、ヒトの顔を連想する。


 ――― え? ちょっと待てったら私っ! 脳内再生するものが間違ってるよっ!


「う、うん。ところで、セカンダリが出たら……私、少しは痩せるかな?」


 イオは動揺を隠すために話題を変える。

 ふふっと笑うアルヴィー。


 ――― もし、脚が治せることを知っていれば、私はそれを選んだのだろうか。


 異重力分析官を選んでいなければ……… イオは天井を見つめながら考える。




***




 およそ三十八万キロメートルの長距離ジャンプ、超空間接続の準備を進めるヘパイストス。

 ヘパイストスは元々高度一万キロメートルの表面境界外気圏まで上がり、超空間接続直後のメタストラクチャー迎撃を想定して設計されているので宇宙航行自体は小規模の改修で事足りる。

 だが、復路の酸素供給問題や長期放置によるエアロックの動作不良を考慮し、3F以下の居住区は放棄されることとなった。


 シュペール・ラグナの超空間接続ゲート到達予想時刻は午後四時時点で四十二時間後、クルーは改修の他に引っ越し作業にも追われ、慌ただしい空気が充満している。


「ヒライさん、お願いが、あるんですが」


 ヒトは二号機のコクピットの中でヒライに声をかけた。

 ヒライはインカムを付け、整備用端末をインパネに繋いで機能チェックの最中である。ヒトはちょうど、今朝イオが顔を打ちつけた位置に立っている。

 エドはもう一機のアーメイドプラスの整備に回っている。セリの一号機を入れ替えるためである。


「んーっと、もしかしてこれを戻せって話かい?」


 ヒライは取り外したサードパーティーを掌に乗せ、肩の高さまで掲げて言う。

 ヒトは黙って頷く。


「だーめだよ、こんな危険なもん、承服できねえ。ヒト君さあ、鏡見てる?」


 ヒライはヒトを一瞥して言葉を投げかけると、再び手元の端末に視線を戻し作業を続ける。

 ヒトは青白い顔に酷い隈。頰も痩せ、まともな体調ではないことが一目で分かる。だが、眼の光だけは失っていない。


「確かに、シュペール・ラグナは、アストレアに任せればいい」


 ヒトは一言一言、ゆっくり噛み締めるように呟く。


「だけど、超空間接続ゲートの交戦データは、前例がない」

「そりゃそうだけど、だからって自傷行為どころじゃない。次は君、死ぬよ?」


 ヒライはヒトに振り返り、強い言葉を口にする。その顔は真剣である。


「メタスクイド、何体いるか見当つかない、リコも出られない。保険を掛けておきたい」

「…………」


 超空間接続ゲートの保守防衛装置、メタスクイド。意図的にアルヴィーもアンダーソンも皆この問題を避けている。現場で観測するしかないからである。

 そしてそれは超空間接続ゲートとの対峙に際して、唯一の不確定要素でもある。


 しばらく沈黙するヒライ、そしてヒト。


「進んで人類の盾となるため、隣人を愛するようナーヴスは作られた。人類の都合で」


 ヒトは絞り出すように呟いた。

 ヒライは作業を止め、腕を組んでしばらく考える。

 イオが、いやヘパイストスクルーの誰もが感じている後ろめたさの正体である。


 ナーヴスは最初から他者を肯定的に受け入れるように調整されているのだ。

 彼らは利他行為を行うことによって特殊な脳内物質が過剰分泌されるように脳の報酬系——— 中脳の腹側被蓋野に改造が施されている。

 ロボトミーとは違う、能動的な被隷従手段として。例えるなら子を守る母親のそれと同種のものである。そしてそれが『調整クローン』と呼ばれる所以だ。

 また、成長とともにナーヴスの能力が落ちる原因も、この効果が経験の積み重ねにより価値観に偏りが生じるためである。

 彼らの同族意識が強いのも、生まれて最初に意識するのが同じナーヴスだからだ。


「人類の都合で、ボク達は皆、縛られている……」


「わーったっ! みなまで言うな。保険だからな。いつ覚えた? そんなオトナ語」


 ヒライはそう言うなり、足下のパネルを蹴飛ばして開いた。


「ちぇっ、エドに散々文句言った後なのに。かっこわりーじゃん、俺」


 そして文句を口にしながらサードパーティーを戻しにかかる。


「ありがとう」

「その代わり、約束してくれないか?」

「約束?」

「ちゃーんと分析官も連れて帰るように。後ろだけど、隣人だろ?」


 ヒライはパネルの奥に頭ごと突っ込んでいる。ヒトの顔は見えない。


「それとさ、ヒト君」


 ヒライはそう続けた瞬間、「ごんっ」と頭をどこかに打った。


「えっと……誰かのためを想うことと、誰かを好きになることは別だから」

「どういう、ことですか?」

「ああーっ、まじ痛え」




***




 ヘパイストスは3F以下は放棄されたので男性はブリーフィングルーム、女性は食堂でいわゆる「ざこ寝」をしなければならない。

 本日の交戦による疲労を鑑み、作業は午後十一時を以って終了、明日朝七時に作業再開となっている。そして作業終了と同時に超空間接続を開始する。

 開始見込み時刻は明後日の午前六時である。事が上手く運べば、シュペール・ラグナより四時間の先行が見込まれる。


 イオは就寝前に最後の入浴を済ませ、こっそりとメディカルルームに忍び込む。

 リコの様子が気になったからである。リコのベッドは四つの仕切りの一番奥。ブリッジの人達は夕べ見舞っているので既に訪問者はなく、今は眠っているはずだ。

 イオは下肢装具を全固定モードに移行、四点ポジションで微速前進を開始する。

 はっきり言って、歳頃の娘がすることではない。


 ――― うーむ、絆創膏女が消灯した廊下を四つん這いってどうなのよ?


 イオは客観的な自己分析を試みつつ、リコのベッドのカーテンを静かに開ける。


「あ、イオ、こんばんは」


 リコは囁くような小声で呟くと、枕元の小さなライトを点けた。


「起きてたんだ。てっきり寝てると思ったのに」


 残念そうに小声で呟く。何気に邪まな意図もなくもないイオである。

 イオはリコの右側に静かに腰を下ろした。


「眠れないの?」

「うん、昼間はずっと、ねてたから」

「そっか」


 薄明かりの中、リコの顔を見ると目元に腫れが残っている。

 恐らく今朝、ヒトに思いきり甘えた所為だろうとイオは思った。


「おふろ、入ったの? いいなあ、わたしも入りたい」

「ダメよ、しばらくお風呂は。その代わり、お姉さんが身体を拭いてあげるから我慢なさい」


 イオは優しくなだめているが、その顔には邪まな笑みが浮かんでいる。


「え、やだ。わたしだけ。はずかしい」


 と、嫌がるリコを見て、イオは心の奥底で「ズキューンッ!」と何かを撃ち抜かれた。


 ――― ああっ! 隅から隅まで拭けるとこ全部拭いてやるっ! んもう可愛い過ぎっ!


「ん、イオ、どうしたの? よだれ」

「あーっ、あーっ、なんでもないっ、暗いのによく見えるね、あはは……」


 慌てて口元を拭うイオ、ふと時計を見ると午前一時を過ぎている。


「私、戻って寝るの面倒くさくなっちゃった。ここで寝ていい?」

「ほんと? いいよ、うれしい」


 イオはそのままごろんと横になる。

 リコも苦労しながら寝返りをうち、イオに向いて灯りを消した。


 リコの息遣いが聞こえる距離である。「すんすん」と鼻を鳴らしている。


「イオ、おふろ上がり、いいにおい」

「まーた、この子はもう」

「ねえ、イオ」

「なあに? リコちゃん」


 しばらくリコは沈黙し、口を開く。


「ヒト、好き?」


 イオはしばらく考え、リコの腰に手を差し入れて引き寄せる。

 その腕の中にある身体は今にも折れそうなほど細く、そして小さい。


「さあーて、どっちでしょう?」

「もう、いじわる」

「うん、いじわる」


 イオ自身も誰かに甘えたかったのである。


「イオ、ヒトを、おねがい」


 小さな囁きを聞いて、イオはリコを抱き締める。




***




「そりゃ、君が誰も選んでないなら、確かに人類の都合だけどさ」


 ヒライとコクピットで交わした会話、その続きである。

 ヒトは先から何度も思い出しているが、混濁した意識の中では意味が理解できない。


 目の前を慌ただしくクルーが右へ左へと動いている。ヒトは通路の隅に座り込んでしまった。

 先日のサードパーティーの件で、二号機を自由に触らせてもらえなくなっているのだ。

 激しい頭痛と嘔吐感。出すものは出した。動悸が酷い。胃も喉も締め付けるように痛む。ニューメディカの鎮痛機能は動作不全を起こしている。


 しばらくあの夢を見ていない。

 最後に見たのはいつだったかと考える。

 思い出せない。


 ヒトは重い身体に鞭を打ち、人の目が届かないトイレへと向かう。個室に入り、ジャケットのポケットから掌サイズのケースを取り出す。

 震える手で蓋を開くと、ラベルには手書きで『Morpheus』と書かれた無針注射器が入っている。


 中身はモルヒネをベースにした合成鎮痛薬である。

 過去、悪夢から逃れる手段として密かに入手し、望んでいたものとは違ったため放置していたものだ。手書きのラベルが示す通り、公けに流通しているものではない。


 今更、何故こんなものに頼るのか、と自らを鼻で笑う。

 約束なんかしなくても。




***

 



 ヘパイストス展望室。二人っきりのエリックとアルヴィー。

 深夜、午前一時を回り、超空間接続開始はあと数時間後に迫っている。展望室の防護壁は解放されており、満天の星空と下弦の月が青白く二人を照らす。

 一部を除き、ヘパイストスのクルーは作業を終えて仮眠を取っている。聞こえるのはイ重力制御エンジンが囁く機関稼動音が遠くにあるだけである。


「君は八年前と変わらないね、僕はおじさんになったけど」


 エリックは嘯く。やや声が硬いのは緊張している所為である。

 二人の間にはその緊張の分だけ僅かに距離を生んでいる。


「あら謙遜? イオには『おにいさん』って強要してるくせに」


 アルヴィーは揶揄うように返すと、後ろ手に組み、エリックを支点に衛星が廻るように歩き始める。超研対の制服はパンツなので接続触手の両脚は見えない。

 黄金の長い髪が僅かな光を返しながら、歩調に合わせてゆっくりと揺らめいている。本来の髪のそれと比べて揺らめく速度が遅いのは、質量を伴った接続触手だからだ。


「参ったな、イオちゃんの記憶を共有してるのか。いやまあ、そうは呼んでくれないけどね」


 エリックは照れくさそうに言う。廻るアルヴィーを目で追いながら。

 そして面持ちを変え、その言葉を切り出した。


「あの、ところでさ、君はやっぱり……」

「聞きたいことは分かるわ、確かに私は最初から〔三番目のイレヴン〕。だけど、あなたに惹かれたのはクローンの方の私」


 アルヴィーはエリックの正面で歩みを止めた。


「待って。確か私、根負けしちゃったのよね。初めての口説き文句、覚えてる?」

「えーと、あれ、そうだっけ?」

「月が綺麗ですねって、やだこの人、化石かしらって思った」


 アルヴィーは頭上の月を見上げ、ふふっと笑う。


「ええっ、そんなこと、僕、言ったかな?」


 エリックは昨日とは違う動揺に苛まれる。


「演算思考体なら根負けもしないし、あなたに逢いに行ったりもしない」


 アルヴィーは背伸びをしてエリックの顔を覗き込む。月あかりは決して明るくはなく、表情ははっきり見えないがアルヴィーには見えている。


「君は人間だよ」


 エリックはアルヴィーを強く抱き締める。

 アルヴィーもまた、自らの腕をエリックの背に回す。

 接続触手の左手が月あかりに反射して、展望室の床に新たな煌めきを生む。


「アストレアクルーも全員見てるから、ちょっと恥ずかしい」


 言葉の割に背に回した腕を解こうとはしない。

 意を決したエリック、ようやくその言葉を口にする。


「やっぱり、行かないといけないのかい?」

「ええ、私も〔一番目のイレヴン〕もそこは同じなの。でも行かなければ、メタビーイングを止めることはできない。止められないかもしれないけれど」


 二人は再び沈黙する。


「でももう人間とも言えない。ダメよ一緒に行こうなんて考えちゃ。対話だって数年かもしれないし、数十年、数百年掛かるかもしれない。人間の物差しじゃないの」


 エリックは沈黙したままである。


「私を困らせないでエリック。また会えるわ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます