第十二話 キミと月の天空を翔ける

side A ダイダロス・クレーター

 午前六時を十分ほど過ぎ、すでに陽は上り、西の彼方に僅かに深い藍を残すのみである。アストレア・ヘパイストス両艦の上部甲板には僅かな突起さえも長々とした影を落としている。


 アストレアはイ重力推進エンジン艦首側二基のオーバーロードを開始する。ヘパイストスはアストレアに資材搬入用マニピュレータで連結固定し、後方に曳航される形となる。

 両艦は地表への影響を考慮し、高度五千メートル付近で静止状態を保っている。

 アストレアのイ重力制御エンジンはイカロス粒子加速を最大限に引き上げ、耳障りな稼動ノイズと甲高い高周波を発し始めた。左右一対の発光現象はさらなる大きな光輪を作りだしている。


 超空間接続に必要な莫大な電力はメタスクイド内のある器官から供給されている。

 それは器官内で極小の超空間接続現象を発生させ、特定の主系列星、いわゆる太陽コロナ層に接続。コロナが発生し続ける膨大の熱エネルギーを抽出して電力に変換する。

 これこそがメタストラクチャーの巨体を支えるエネルギーの源であり、〔一番目のイレヴン〕に対する最大のアドバンテージでもある。


 ビリビリと大気は震え、艦全体が盛大な騒音と連続する振動に見舞われている。

 ブリッジ、そしてヘパイストス全てのクルーがアストレア前方を注視している。


 ヘパイストス側から見える光景は異様としか言いようがない。

 イ重力制御エンジンのオーバーロードが生み出す一対の光輪、重なり合った部分の向こう側がみるみる歪み始め、周りの光景がその中心に吸い込まれているように見える。

 すると、アストレアの艦首上部に張り付いている乳白色のメタスクイドが、歪みの中心に向けて一本の銛状触手を打ち込んだ。

 するすると伸びる白い楔はその先端が歪みの中心に到達すると、先まで聞こえていたイ重力制御エンジンの悲鳴が消え、辺りは静寂に包まれた。

 次の瞬間、音もなくその暗黒は目の前に広がり、一瞬にしてアストレアとヘパイストスを順に飲み込む。暗黒の先には、半分が闇に紛れた月の大地が現れた。


 約三十八万キロメートル先の地球は白い大地の向こう側。つまり見えない。

 マイクロブラックホールを開き、アストレアとヘパイストスは超空間接続に成功。接続誤差は0・02%、距離にして約七十キロメートル強である。

 へピイATiは直ちに艦の状態確認を開始、各機関の正常起動を確認した。



「えーっ、たった0・02%で七十キロもずれちゃう訳?」


 アレサ哨戒管理官は直下に広がる月の大地を眺め、そして抑揚のない口調で呟いた。

 目前には地球ではまず拝めない眺めが広がっている。煌々と陽の光が差して大地を照らしているにも関わらず、その空には色がない。漆黒の闇と数々の星、つまり夜空だ。


「そりゃあ三十八万キロの彼方だからね。前も言ったじゃん、誤差が馬鹿にならんって。超空間接続が流行らない理由」


 ヒライ機関統制官も何かしらこの光景を見て、感慨に耽っていた様子である。

 現在のヘパイストス艦内は無重力下に晒されているが、対応マニュアルが行き届いていることに加え、各自体内のニューメディカが補正を行なっているため、体調不良など異常を訴える者は居ない。

 普段と違うのはアレサが邪魔にならないよう髪を後ろにまとめている程度である。


「へえ、思えば遠くに来ちゃったんだ」

「恐らく〔一番目のイレヴン〕はここがまだ詰められてない。人類が外宇宙に進出するにしても最低でもコンマ数%以下に誤差を抑えられなければ話にならない」

「ん? 〔一番目のイレヴン〕って私達とそう変わらない?」


 アレサはヒライに向いて眉を顰めると、彼は少し頭を捻ってから疑問に答える。


「いやいや、v9が数日かかるような座標演算を一瞬で、しかも飛翔体でやっちまうんだから大したもんだよ。恐らく3%以下まで詰めてるとは思うけど」

「ふーん、3%だったら一万一千四百キロかあ。月なんてご近所だと思ってたのに。これじゃ人類は引き篭もる訳ね」


 現在の人類は常に外宇宙から現れるメタストラクチャーの脅威に晒されている。宇宙開発は十五年前から停滞の一途を辿っている。


「ま、超空間接続に限った話だけどね、精度だけなら三、四日かかるけど昔ながらのロケットの方が遥かに優秀。超空間接続は確かに早いが、誤差で地面に激突させられたら洒落にならん」

「オウッ! 人類総自宅警備員になったらミンナ平和になるネッ!」


 エド兵装統制官は宇宙に出ても無駄にハイである。


「エド、それ笑えない。て言うか今のワタシ達ってほんとそれよね」

「そういう意味ではあいつら演算思考体は超暇人だから、誰かと敵対さえしなければ現状でも十分なんだろうけどさ」


 アレサは両の手を頭上に組んで、伸びをしながら自虐する。

 ヒライは言葉を返しながらエンターキーを「ターンッ」と叩く。


「あいつらってメタビーイングもそうよね、めっちゃのんびりさんで」

「人類がせっかちなだけだよ、宇宙スケールの前では寿命が短過ぎる。カゲロウみたいなもん」

「ワタシ達って、宇宙に歓迎されてないのねえ」

「歓迎されるためのドレスコードが演算思考体っていうね」

「そうそう、あれ意味分からなかった。要するに不老不死でしょ、新しい身体に記憶を移すんじゃダメなの?」


 アレサは今度は座席ごと引いてヒライに向く。いつもの雑談に熱が入る。


 不老不死、それはもはや創作の中だけの話ではない。二十二世紀の人類にとって普遍的な克服すべきテーマの一つである。

 それは技術確立に関することだけではなく、主体となる当事者、客体となる傍観者、どちらの立場から何をもって不老不死とするのか。その定義に長らく議論が続いている。


「記憶を移すだけだったら同じ体験をした別人ができるだけだからねえ。仕組みはよく分からないけど、一旦、無意識領域の共有状態を作り出して同一性を確保しつつ、徐々に人間部分を演算思考体に移し替える。凄えこと考えるわ」

「そうまでして自分で成し遂げたいって……すっごく自己中じゃない?」

「自己中ねえ……凡人にはスケールがでか過ぎて『狂信者』と区別がつかねえ。如何にも『研究者』らしい動機とも言えるけど、なら人様に迷惑かけんなっての」

「オウッ!、ナントカとジーニアスは紙一重ネッ!」

「お前も紙一重分がんばれば天才になれるよ……つうか彼らからすりゃ、人類はただの現象でしかないってのは……」


 呆れて口走ったヒライの独り言にアレサは首を傾げる。


「ん? 現象って?」

「要するに彼ら演算思考体からすれば、俺たち人類は雨とか雪とか自然現象と大差ないってこと。特に困らなければ無視しても構わない。自己中も何も、常に自分しか居ない」

「ふぅー……ん?(分かってない)」


「君達、そろそろお喋りは止めにして仕事に戻ってくれないか? シュペール・ラグナの位置はどうなってる、アレサ・ケイ哨戒管理官」


 クライトン副艦長は自席の端末から顔を上げ、憮然とした表情でお喋りを咎めた。





 目的地ダイダロスは南緯5・9度、東経179・4度、直径約九十三キロメートル、深さ約三キロメートルの巨大なクレーターである。地球から見える月のほぼ真裏で現在は昼間である。

 アストレアとヘパイストスは目標地点への到達軌道で約二千キロメートル。

 自在に重力場に干渉するイ重力制御推進であれば、減速時間も含めてあと二時間ほどで目的地ダイダロス・クレーターに到達する。


『これがメタビーイングの超空間接続ゲート。リングメタストラクチャー』


〔三番目のイレヴン〕が観測した映像がヘパイストスのブリッジ前面のメインモニタに届く。アルヴィーは既にアストレアに戻っている。

 それは巨大な環状のメタストラクチャー、月面に対し直立している姿が映し出されている。

 ダイダロス・クレーターの直上、高度およそ五千メートル付近に静止し、その直径は予測値で約三千メートル。『像の揺らぎ』が正確な計測を阻んでいる。


「流石にでけーな、オイ。月並みな感想だが。月だけに」


 ヒライは映像を見て呑気な感想を口にする。


「ヒライさーん、ジャパニーズオオギーリ、おじさんの証拠ネッ!」

「ああんもうっ、馬鹿なこと言ってないでシュペール・ラグナ探しなさいよっ!」


 アレサが二人にキレているのは、強力なジャミングとダミーブイの所為で正確にシュペール・ラグナの位置が捕捉できないからである。

 コンポジットレーザーカムで全周囲撮影した画像を丹念に解析するしかない。


『それと残念なお知らせだけど、シュペール・ラグナは私達の左舷後方、約一千キロメートルに尾けているわ。もう減速に入っていて、彼らの射程に入るのに二時間もかからない』


 こちらも先に〔三番目のイレヴン〕がシュペール・ラグナを捕捉した。演算思考体らしからぬ気落ちした口ぶりなのは、彼らが人と融合した存在だからだ。

 続いてメインモニタに月とヘパイストス、そして深紅の怪物との位置関係を3Dグラフィック化して示す航宙図のウィンドウが開かれる。


「思ったよりギリギリだが、こちらも長く時間を潰す気はないからな」


 アンダーソン艦長は苦々しく呟いたその時、エリックから艦内通信が入る。


『ブリッジ、こちらエリック。超空間接続ゲート、大変なことになってますね。自閉形態のメタストラクチャー、ざっと見て四、五百は居ます』


 彼は現在、格納庫で二機目のアーメイドプラスの調整を行っている。

 自閉形態の彼ら、メタビーイングを観測できるのは異重力分析官だけである。知覚共有システムの動作チェック中に発見したのだ。


「止むを得ん、無視するしかあるまい。我々も全部は相手にできんからな」

「演算思考体を取り戻してからの話、ですね」


 アンダーソンの呟きにクライトンが同調した。




***




『月面上ではべらぼうに速度が上がるけど、その分減速に使うエネルギーも増える。調子に乗って飛ばすと推進剤がすぐ切れる』


 ヒトはヒライの説明をコクピットで受ける。左右のタッチディスプレイを操りながら、機体の現在の状態を一つ一つ丹念に確認していく。


『それからプラズマガンは磁界殻の密封限界が伸ばせないから、射程は大して伸びない。他にも色々勝手が違うけど、普段使いと変わらないように調整はした』


 元々イ重力制御エンジンはイカロス粒子による重力場干渉によって実現した推進技術である。空気抵抗がほぼ無いことを除けば、大気中と操縦性は大きく変わらない。


『それと……念を押すけど、あれはあくまで保険だからな』


 ヒライはヒトの返事を待つ。通信にやや間が空く。


「約束、ですから」


 ヒトは平坦な口調で答える。いつものヒトと変わらない。ルームミラー越しに後席に視線を送る。まだイオは二号機コクピットに現れていない。

 ヒトは足下のパネルを開けて、サードパーティーの位置を確認する。




***




 ヒトとセリは共にアーメイドプラスで先行してメタスクイドの撃破、及びアストレアのゲート通過後にリングメタストラクチャーの破壊が任務である。

 セリの新たな一号機、アーメイドプラスも〔三番目のイレヴン〕から攻性予測演算の支援を得るが、基本的には初期設定で宇宙空間での運用に合わせた調整を行なったのみである。

 ヒトが手を加えた設定は極端過ぎるため見送られた。


 格納庫でエリックは目の前のことに打ち込んでいるが、アルヴィーを再びアストレアに送り出して以降、その顔は鎮痛な表情が張り付いたままだ。


「一号機の後ろ、代わってくれない?」


 ニュクスは格納庫の片隅でエリックに声をかける。

 エリックはニュクスの表情で頼み事の動機に察しがついた。が、しばらく考え込む。


「ここで最後になったら……嫌だから、だけど」


 ニュクスは神妙な面持ちで、更に言葉を付け足した。


「うーん………そうだ。いいことを思いついたよ」

「いいこと?」


 エリックは何かを閃いた顔でにっこりと笑うと、ニュクスの問いかけには答えず、カード端末を取り出してブリッジに連絡を入れる。


「エド君、ヒト君とセリちゃんのイナイチ、まだ動かせるかな?」





「はあ? イナイチを砲台にするって?」


 ブリッジに戻ってきたヒライが素っ頓狂な声を上げる。

 イナイチとはAMD171のことである。リコの三号機は引き揚げられたものの、修復の見通しが立たないまま放置されているが、ヒトとセリの機体は稼働に何も問題はない。

 エリックとニュクスは既にブリッジに戻っていた。


「イナイチが二機遊んだままだし、分析官も一人余る。へピイATiも今回はレアケース過ぎてほぼお手上げなんだから、やれることはやりましょうよ」

「ねえ、でもナーヴスじゃないのにアーメイド動かせるの?」

「そりゃ、普通の人に動かせなかったら整備できないからね」

「へピイATiと連携すれば余裕で動かせるヨ。収束点狙撃はムリだけどネ」


 エリックの提案にアレサの疑問を呈し、二人の統制官が答える。


「それに、セリちゃんは機体にだけ慣れてないんだから、ガンナーはリラックスして集中した方がいい。砲台は言い出しっぺだから僕が乗るよ」


 エリックはニュクスにちらっと視線を移し、クルーを説得する。

 ニュクスは申し訳なさそうに押し黙ったままである。

 すると、エドが勢い良く挙手をした。


「じゃ、もう一機はミーが乗るナリッ! リコチャンの仇討ちナリッ!」

「リコちゃん勝手に殺すな。つうかヘパイストスの兵装システムは誰が面倒見るんだよ」

「へピイATiに任せちゃダメなの?」

「それ意味ないから。へピイは支援はするが直接兵器を当てる権限を持ってないのよ」


 再びアレサの疑問、同じくヒライが答える。


 現行法では演算思考体に許される他者への攻撃条件は牽制のみであり、それ以上は一次使用者の承認がその都度で必要となっている。

 また、攻撃条件の拡張は例外なく許されておらず、演算思考体は拒否するようにプログラムされている。つまり『当てる気がない』牽制は、相対する演算思考体には何ら脅威と成り得ない。


「でもATiワールドオーダーって結局〔一番目のイレヴン〕が仕組んだことだよね? なんだか納得いかないわ」


 若干の沈黙の後、アレサは不貞腐れたように不満の声を漏らす。


「それでもルールはルールだ。ルールを外れるならルールを変えてからだよ」


 それまで黙って話を聞いていたアンダーソンが口を開いた。


「トーキョーロストで六百万もの犠牲者が出た上での『人類』の結論だ。たとえそれが操作されたものであっても、簡単にひっくり返していいことじゃない」


 トーキョーロストは何故起こり得たのか。誰も反論できない重い事実である。それは自らより賢い怪物を生み出した人類が背負うと決めた業なのだ。


「では、私が乗ろう。ここから先は座っているだけだからな」

「えっ、いやでも、艦長?」


 クライトンは慌てて問い返す。驚いているのは他のクルーも同様である。


「なあに、十五年前はまだ私も撃っていた。アーメイドじゃないがね」


 アンダーソンはそう言葉にすると、席から立ち上がった。


「ハスラーは既に人間ではないかもしれないが、演算思考体に引き金は引かせられない。人は神ではないが、やはり人の裁きは人が行うべきだ」


 今、目の前にあること。その先まで見据えるのが大人の仕事である。




***




 ヒトとイオは二号機アーメイドプラスのコクピットで行動開始のカウントダウンを待っている。イ重力制御エンジンのアイドル音が僅かに耳につく以外は静かだ。

 いつもと変わらないコクピット、全天のメインモニタはスリープに入っている。少し見下ろすといつものヒトが微動だにぜず、大人しく座っているのが見える。

 変わるのは現在のヘパイストスが、大気が薄い月面上に位置していることぐらいである。


「ねえ」


 イオは前席シートを左脚で小突いてヒトに声をかける。


「あなたは大丈夫なの? 顔色、凄く悪いよ」

「キミほど、でもない」


 ヒトは普段通りの口調だが、イオは普段通り腹を立てない。

 イオの絆創膏は今朝変えたばかりで真新しいが、依然として左眉を丸々隠している。


「そっか」

「キミが辛いのは、分かる」


 ヒトは呟く。


「ボクに親は居ない、けど、ナーヴスの兄弟なら、居る」

「どうしたの? 変なフラグ立てないでよ」

「フラグ、ってなに?」

「いや、いいよ。嬉しい、ありがと」


 会話は途切れたが、イオはそんな少ない会話に満足した。

 だが、ヒトは続けて口を開いた。


「そう言えば、この前、意味が分からない言葉」

「えっ、なに?」


 ヒトが能動的に会話を続けようとしている。今までになかったことだ。

 イオはほんの一瞬、心が弾んだ。


「ドウテイ、ってなに?」


 ――― は? うそ、聞こえてたんじゃないのっ! しかも選りに選って……童貞?


 イオはいい気分で会話を終わらせてくれないヒトに困惑する。

 だが、それは自業自得だと諦めるしかない。合掌。


「ええーと、なんつーか、そのあのえっと……」


 後付けのルームミラー越しにヒトが首を傾げているのが見える。


「その……また今度って、あ、ヒト君が大人になったら、教えてあげるよ」


 今日この日が、と言わないのはイオなりのフラグ回避である。


「じゃあ、イオに、教えてもらう」

「え……」


 ――― 待て待て待てっ! やだそれどういう意味? なんで私に拘るの? そ、それって大事なことでしょ? べ、別に私、大人だし、その、どうしてもって言うなら、考えなくもないけどっ! で、でもリコも居るし、いや待て、そういうことじゃない?


 かくして、イオが自らの妄想と戦っている間にカウントダウンが始まった。




***




 宇宙、と言ってもほぼ月の上である。白と黒、グレイのモノクロの世界が上下二つに分割されている。無数に穿たれたクレーターは、地上から見える表の顔よりずっと細かく減り張りがない。

 それ以外はただ何もなく、どこまで行っても人が住まわぬ場所。

 アストレアとヘパイストスはリング状のそれにほぼ正対して直進している。前方には真円の輪っかがぽっかりと浮かぶ奇妙な眺めである。


「ドーナツにしては苦情が出るぐらい穴がでかいなあ」


 イオの他愛のない感想である。

『像の揺らぎ』は確認できるが質量が法外に大きいため、あまり揺らいでいるようには見えない。太陽光による強いコントラストが、その姿を正直に浮かび上がらせている。


 超空間接続ゲート——— リングメタストラクチャーは恒常的に超空間接続を可能にした言わば『門』だが、メタストラクチャーと同じく無数の漆黒の骨が複雑に組み合わさって形作っている。

 穴の奥には暗黒の闇が漫然と広がり、メタストラクチャーの本体である『超常の存在』、メタビーイングはその向こう側である。


「はぁ、うんざりするぐらい居る。あのたわしのバケモノ……」


 イオの異重力知覚には、巨大ドーナツの周辺で自閉形態によって沈黙する無数の彼らを感じ取れるが、今は無視するしかない。


 アストレアとヘパイストスはシュペール・ラグナの交戦に備えて減速を開始する。

 後を追う深紅の怪物を十分に引きつけ、自律アーメイドを掃討。短時間で準備可能な超空間接続、ショートジャンプで後方に回り、じわじわと追い詰める計画である。


 二機のアーメイドプラスは艦外に出て、両艦の周りを飛行しながら月面上での運動性を確認していた。わずかな時間で地球上との違いを把握しなければならない。

 現在は月の重力影響下にあり、アーメイドはともかく銃火器類はさらなる補正が必要となる。

 普段通りではないヒトもイオの独り言にまでは付き合わない。無言である。


「あ、おじさんのアーメイドだ。大丈夫かなあ?」


 ヘパイストスからさらに二機のアーメイド、AMD171が艦外に出るのが見える。

 元々ヒトとセリが使っていた機体である。両翼下のマニピュレータで電磁アンカーを丁寧に引き出し、ヘパイストスに機体の固定を始めた。

 左舷側がエリック、アンダーソンは右舷である。訓練ではなく、いきなりの戦闘である。ナーヴスほど自由にアーメイドを扱えないためだ。




 一号機アーメイドプラスのコクピット。ニュクスがエリックに通信を入れる


「エリック、ほんとにアーメイド、大丈夫なの?」

『大丈夫、にするさ。分析官だけじゃ飽きるからね、こっそり勉強してたのさ』


 黄色いアイコンがポップアップし、エリックが返答する。元はヒトの機体である。

 会話の最中でもエリックはタッチディスプレイを忙しなく操作している。


「そんなのいつの間に?」


 一号機のメインモニタに右アームを振って見せるエリックのアーメイドが映る。


『なあに、待ってる間、暇だったんだよ」


 エリックはわざと目的語を抜いて言う。照れ隠しである。


『それに、君の動機は理解できる。ねえ、艦長?』

『最近、物忘れが激しくてな……それ、何の話だったかな?』


 青いアイコンのアンダーソンは急に話を振られて苦笑いをする。

 セリは大人達の会話に入れないが、後ろにニュクスが座っているのは大人達の配慮だと理解している。

 心の中で感謝の言葉を呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます