第一話 海に溺れて困惑する。Aパート

 2131年。四月初旬某日、イオ・ミナミ二十三歳。


 この日、イオは異重力分析官として初めて超研対ヨコスカ基地に赴任する。東アジア相互防衛条約機構、超常知性構造体研究対策局。通称〈超研対〉一課第五、アーメイド専用揚陸艦ヘパイストス。それが今日から出向する新しい職場である。


 ――― ついに来た。この日を夢見て三年かかった。


 イオは意気込む。鼻歌混じりに窓を開け、深呼吸をして外の空を見上げた。


 ――― 見上げれば天気も上々、実に気分がいい。


 新しいスーツに新しい杖。杖は双子の弟達からプレゼント、ネオカーボンの特注品。下肢装具とお揃いのブロンズカラーにメーカーロゴが踊るお洒落なデザイン。おまけに持ち手には名前の「IO」が刻まれている。


 十年前の火災事故で両親を亡くし、右脚に麻痺も残った。でも、弟達が真っ直ぐ育ったのは優しい叔父夫婦とこの右脚のおかげだと、不便であっても自らの不自由を憎からず思っている。


『姉ちゃん、この杖で無闇に人をぶん殴っちゃダメだからね』

『杖はリモコンじゃないから、物取る時はちゃんと立ってね』


 ――― うーむ、ちょっと生意気なのは不徳の致すところではある。


 イオは弟達との少し残念な回想する。


 充電を終えた下肢装具を装着し、パワーボタンを押す。軽やかな起動音と共にアシストが開始され、存在感が増した右脚にワンサイズだけ大きい靴を履く。

 スリムで淡いブロンズカラーのそれは遠目では凝った柄のストッキングにしか見えない。目立たないとは言わないが、合わせる服に困らないイオのお気に入りである。


 長かった髪を切ったばかりで襟元が涼しい。イオは姿見の前でお気に入りの自撮りポーズをいくつか決める。mee に上げる写真を今選ぶと遅刻するので後回しだ。


 ――― ショートボブの私、割とイケてんじゃん!


 イオは自画自賛する。

 大雑把な性格が災いして胸の『イ重力研究科学局』のバッジが曲がっている。


 近隣の桜はすでにピークを迎えて散り始めているが、空気に少しだけ香りを残す。

 イオにとって最良の門出の日である……


 はずだった。


・・・


 イオは今日に備えて泊まったホテルをチェックアウトし、ホテル前の沿道でタクシーを捕まえる。初老の男性が後ろを振り向いて軽く会釈する。運転管理者である。

 イオがまだ小さかった頃には無人の自律タクシーもあったが、現在は法制化されて有人タクシーしか走っていない。運転管理者は車両に搭載された『演算思考体 Arithmetic Think Intelligence』〈ATi〉の運転を監視し、運行計画を承認するだけ。つまり直接運転をする訳ではない。


「えっと、海軍施設の近くの、超研対ヨコスカ基地って分かります?」


 イオが運転管理者に行先を告げると、音声入力によってイプシロン製インパネ端末が運転計画を導き出す。運転管理者はそれを承認する。

 ようやくタクシーが走りだしたその時、遠くで短い爆発音がひとつ、ふたつと鳴り響いた。イオの胸ポケットの中で同じイプシロン製カード端末が騒がしく警報アラートを鳴らす。


 端末には暴走中のメタスクイドが一体、それを追う超研対一課第三テーセウス所属のアーメイドが横須賀市周辺で交戦中とテロップが流れる。東京湾は磯子付近で降下した500m級メタストラクチャーから『逸れたメタスクイド』、通称〈パラスクイド〉だ。


 メタスクイドとは全長は30m近く、長く鋭い三角錐形状の黒々とした本体に、六本の『銛状触手』と呼ばれる遠隔攻撃手段を持つメタストラクチャー唯一の保守防衛装置である。そのイカに似た姿形から『超常の烏賊』〈メタスクイド〉と呼ばれ、現在の進化段階はC型である。

 その保守防衛装置が主に損傷などが原因で主人の支配から外れ、暴走状態にあるのが〈パラスクイド〉である。行動は規則性に乏しく予測困難であり、また単独では彼らの出現の予兆とも言える『重力震』が伴わない。このため警報アラートなど避難誘導が遅れることから、メタストラクチャー同様に厄介な存在として扱われている。


「なーんで選りに選って今日っ、しかも私のハレの日なんだけどっ、もう!」


 イオはカード端末に向けて盛大に文句を口に出してしまう。タクシーには運転管理者も乗っていることをすっかり忘れている。当の運転管理者はカード端末で副業中のため我関せず。


『イオちゃん、まさかこっちに向かってないよね?』


 しばらくして、イオのカード端末に『エリックおじさん』から着信が入る。イオの父が生前、大学で研究職に就いていた頃の助手で昔からの顔馴染みである。

 エリック・シャーウッド。痩せ型長身の三十二歳男性。無精髭で猫背、如何にも研究者然とした風貌を想像しながら応答する。


「ああ、エリックおじさん? いやー、ははは、向かっちゃってます……」

『しょうがないなあ、昨日の重力震は知ってたよね? こんなことも起こるって研修で教えているはずだよ?』


 やや高く掠れた声の主は少し焦った調子で捲し立てた。


「えへへ、あれ東京湾でしょ。必ず北上するからこっちには来ないだろうって……」


 イオはカード端末相手に愛想よく返す。

 エリックはイオがこれから赴任する先での先輩でもあるのだ。


『東京湾と言っても磯子辺りだよ! まったく君は昔っからテキトー過ぎるよねえ』


 通話口のエリックの後ろで僅かに耳障りな低い反復音が聞こえる。

 どこで通話してるんだろう? とイオは応対しながら考える。


「あはは、返す言葉もございません……」

『もう分かった。近くまで来たら連絡してねっ、ダメだと思ったら引き返すんだよ?』

『ああ、それと、僕まだおにいさんだからねっ、おじさんじゃないよ!』


 ――― 慌てている割にどうでもいいことを訂正するなあ、エリックおじさん。



 タクシーが横須賀海軍施設に隣接する超研対ヨコスカ基地に近づくと、基地沿岸埠頭の赤い鉄骨の着艦ドックに囲まれ、海上に浮かんでいるアーメイド専用揚陸艦ヘパイストスが見える。

 全長は200m近く、原油タンカーに似た胴体には楕円断面の円筒、大型イ重力制御エンジンを六基備え、艦上にはブリッジと呼ぶには低い箱型の突起と、艦首と胴体横に磁殻投射プラズマカノンの砲身が八門突き出ている。

 全体が真っ白でペイントされているが、あまり新しくは見えない。艦の横腹に見える太いライトグレイと細い青・黄緑・黄色のストライプは、主に関東圏沿岸部の防衛を任務とする超研対一課第五のシンボルカラーだ。


 そのヘパイストスからもアーメイドAMD171が一機出動した。ヘパイストスと同じく機体には白地にライトグレイ&黄緑のストライプが入っている。ヘパイストス上面、箱型突起の手前に四角い大きな穴が開いており、そこから風船のようにふわっと浮き上がる。

 本体下に繋がれた巨大な三角錐、イ重力制御エンジンの先端近くに発光する光輪が現れ、本体背面の加速スラスターに火が灯る。アーメイドは爆音を轟かせて加速を開始し、高層ビルが立ち並ぶ横須賀市街に向けて真っ直ぐ白い尾を引いた。


 ――― うーん、あれに私は乗るのか。それに凄い音だ。


 イオはタクシーの窓からそれを眺めながらぼんやり考える。研修時の訓練機には武装が施されておらず、また、加速スラスターもずっと小ぶりだったので印象が随分と違ったからである。


 ――― 人魚と言うよりはロブスターだよねえ。


 その『人魚』を連想する姿から『Armed〈武装〉 + Mermaid 〈人魚〉』を略して名付けられた〈アーメイド〉だが、イオにはどうにも合点がいかない様子である。


 対抗車線はヨコスカ基地に近づくにつれ渋滞。びっしりと並んだ車は遅い徐行を余儀なくされている。イオが乗るタクシーは基地に入る直前の陸橋手前で停止した。


「お嬢さん、ここから先は『エー・ティー・アイ』が許してくれないから無理だよ」


 運転管理者が後ろを振り向いて申し訳なさそうに告げる。演算思考体ATiは拒否を始めたら梃子でも動かない。イオは仕方なくタクシーを降りて橋の上を急いだ。文句は無論だらだらと口にしているが長くなるので割愛。

 逆行する避難に急ぐ人の流れが煩わしい。イオの下肢装具は見栄え重視で軽いアシスト機能しかなく、主人の役にはあまり立っていない。

 むせ返る空気、焦げ臭い匂い。そして市街を震わせている爆発音がより近くに聞こえる。


・・・


 ターコイズブルーが機体色の一課第三アーメイドに追われ、パラスクイドは奇怪な重低音を発しながら当てのない暴走を続けている。

 市街地に侵入して頻繁に障害物に接触しているため、黒かった外観は傷だらけである。IVシールド特有の現象、『像の揺らぎ』は確認できるが通常のそれより弱まっている。

 パラスクイドは全長が約30mに達するのに対し、アーメイドは全高12mほど。遠目から見るそれは暴れ牛を追う人のようだ。視線を下ろすと市街にはまだ自動車や人の姿が残っている。スケール感が狂って一瞬脳が混乱する眺めである。



 一課第三アーメイドと合流するため、先を急ぐのは一課第五ヘパイストス所属のアーメイド。三号機の射撃手〈ガンナー〉リコ・カシワギである。

 リコの視界にヘパイストス演算思考体〈へピイATi〉の指示が介入する。


《人的被害軽減のため磁殻投射プラズマガン使用禁止、高周波振動ブレード推奨》


「飛び道具は使うなって無茶ブリもいいとこ! どうしろってのよ」


 後席に座るニュクス・ジョーンズ異重力分析官は同じ指示をコクピットのメインモニタで確認する。女性にしては低く逞しい声で不平を漏らす。


「こんなので大丈夫? リコ、知覚共有システム起動するよ!」


 ニュクスはそう告げてヘッドセットの視界同期ゴーグルを降ろす。リコは最初からゴーグルを降ろしている。ニュクスの太い声に対し、リコは十代の女の子のような鈴鳴りの声だ。


「大丈夫。今日も、ニュクスはよく『見えている』から」


 リコが言葉を返すと、コクピットの全モニタ表示はピー音と共にブルー基調からアンバー基調に切り替わり、アーメイドは攻撃準備が整った。


 メタストラクチャー及びメタスクイドが持つ不可視の盾、IVシールド。その超重力循環が収束する最も脆弱な部分である『異重力収束点』、つまり『盾に空いた穴』を観測するためには分析官の『異重力知覚』に依存する必要がある。

 それは現時点での如何なる可視化技術を用いても観測不可能だからであり、ガンナーは知覚共有システムによって供給された『異重力知覚』を用いて『異重力収束点』を撃つ。

 また、知覚共有システム起動と同時にアーメイド管制システムもヘピイATiからガンナー優先に切り替わる。管制システムはガンナーと神経接続を介して動作同期を行うことで、ガンナーの意思に極めて忠実な精密動作を実現する。

 神経接続の継続制限は十五分と定められており、ガンナーはその時間内で任務を遂行しなければならない。


 一課第五アーメイド三号機は多関節アームを介した磁殻投射プラズマガン〈プラズマガン〉に平行逆向きに取り付けられた高周波振動ブレード〈バイブレード〉を起動する。

 両の刃を持つ白銀の大剣、バイブレードの切っ先をスイングし、180度回転させる。駆動ギアは唸りを上げ、重い金属同士の噛み合う音がコクピットに届く。

 三号機は蟷螂のような二刀形態、いわゆる格闘モードに移行した。メインモニタ下端に『Sword Fighting Form』のテロップが流れる。



 パラスクイドはその損傷から移動速度も随分衰えているが、それを追うターコイズの一課第三アーメイドもまた動きが鈍くなっている。元々は東京湾は磯子付近に降下したメタストラクチャー、その対応で出動した一課第三テーセウス所属のアーメイドだ。行動時間が伸び、電力容量に限界が近づいたためである。

 両者は都市空間を縫うように追走劇を続けていたが、パラスクイドは高層ビル群の死角に入って急転身し、追う一課第三アーメイドに目がけて三本の銛状触手を放つ。

 一課第三アーメイドは尾を引いて飛来する銛状触手の一本を躱しきれず、本体下部のイ重力制御エンジンに直撃を受け失速。戦線離脱を余儀なくされた。

 ヘピイATiは一課第三アーメイド離脱の報を受け、さらに一機追加出動を提案する。


・・・


「テーセウスは東京湾から出突っ張りだから仕方ないね」


 エリックは一課第三のフォローを口にする。つい先程、エリックがイオに連絡を入れていたのは待機中のアーメイドコクピットからだった。


「空の上だったら、すぐ終わっちゃうんだけどな」


 少し鼻にかかったハスキーな声で呟くのはエリックの前席に座るもう一人のガンナー、セリ・トドロキである。


「飛び道具使えなけりゃ、リコちゃん一機じゃ厳しいよ」

「リコ、王子様じゃなくてごめんね」


 セリは口角を吊り上げて揶揄うように呟くと、手元の小型タッチディスプレイを操作した。

 青い光のアニメーションと共にコクピットを覆うメインモニタがスリープから立ち上がる。直後、格納庫の様子が映し出された。

 ヘパイストス格納庫、整備ハンガーで待機中のアーメイド一号機。整備クルーが退去する姿を確認し、グレイと青のストライプ、セリ・エリック組が出動準備に入る。


・・・


 一課第五所属のアーメイド三号機、リコ・ニュクス組はパラスクイドと交戦を開始しているが、再び追い駆けっこを繰り返す羽目に陥った。都市戦闘は障害物のお陰でアーメイドが得意とする機動速度が出せない。

 パラスクイドはせせら笑うかのように重低音を振り撒きながら逃げ回っている。銛状触手を路面や高層ビルに打ち込み、少ない労力で方向転換する方法を学習したようだ。

 下方には避難に遅れて逃げ惑う人の群れが見える。プラズマガンで上空から狙撃すれば事態は一瞬で片が付くが、それでは下の人々は丸焦げだ。

 焦り始めるリコ、呼吸が荒い。


「落ち着いてリコ。向こうもへばってきてるわ」

「うん、わかってる、わかってるけど……」


 ニュクスは落ち着いた口調で声をかける。対するリコは視界同期ゴーグルに阻まれて表情が見えないが、余裕がないのはその返答からも窺える。

 パラスクイドが次に方向転換した先には着艦ドックに停まるヘパイストスの姿があった。追走劇を繰り返している間に目視可能な距離まで近づいていたのである。

 リコは即座にパラスクイドに視線を送る。視界同期ゴーグルを介してアーメイドのメインカメラがそれを追い、ニュクスは同じ視界を共有する。動作遅延は限りなくゼロだ。

 ガンナーが異重力収束点を観測するには知覚を共有するだけでなく、分析官も同じ対象に意識を向ける必要がある。視界同期はそのための仕組みである。


 パラスクイドは残る力を振り絞り、ヘパイストス目指して怒涛の進撃を開始する。


「あーっと、これは不味い!」


 思わず叫ぶニュクス。リコは三号機の加速スラスター出力を上げ、全力でそれを追う。

 ヘパイストスは現在、イ重力制御エンジンの重整備のためヨコスカ基地に寄港しているので、管制システムはほぼ落ちている。

 果たしてセリ・エリック組の一号機発進は間に合うか。


・・・


 イオはヘパイストス着艦ドックへと続く最後の橋を渡る。直下は海だ。

 汗だくで息も上がっている。埃っぽい空気のせいでべたべたする。不快感も増し増しだ。


「へげっ!」


 ――― やだ私、変な声出た。


 その瞬間、イオは辺りを見回す。安堵した気の緩みか、ヘパイストスを目前に盛大に転んでしまった。杖が軽い音を立てて目の前を転がっていく。四つん這いのまま杖に手を伸ばそうとしたその時、左側から風切り音と共に奇怪な重低音が近づいてくる。

 市街で暴れていたパラスクイドである。胴体下部から生え出る銛状触手を不規則に揺らしながら迫る姿は、まるで髪を振り乱して追いすがる亡霊のようだ。


「ええっ、うわああああああああーっ!」


 ――― 失敗した、女の子なら『きゃあーっ』ではないだろうか?


 一瞬イオの頭の中を過ぎる。が、そういう場合ではない。身体が固まって動かない。不味い。気持ちだけが目一杯空回る。


 その時、上空から接近するパルス矩形の丸い重低音が大気を揺るがした。ヘパイストスの影から現れたセリ・エリック組の一号機がパラスクイドとの間に割って入るように体当たりを敢行、両者とも轟音を響かせて大きく左右に弾かれる。

 方向を見失ったパラスクイドを後ろから追いついた三号機のバイブレードが捉えた。超高速で振動する刃を異重力収束点に刺し込ませ、真っ二つに両断する。

 パラスクイドは構造崩壊を起こし、耳障りな高周波を撒き散らして粉砕、四散した。

 だが、一連の巨大物体同士が激しく揉み合った結果、橋は衝撃に煽られて大きく揺すられ、イオは橋の上から海に転落してしまった。

 実はイオ、泳げない。海中で必死でもがくものの、パニックのせいで上下の方向が分からない。息を全て吐き出し、大量の海水が鼻や口に流れ込む。


 痛い、苦い、苦しい。そして暗い。ついに力尽きた。


 ――― もしかして、私の人生終わっちゃう? 走馬灯、再生始まらないんだけど……?


 イオは薄れゆく意識の中でぼんやりと考える。暗転。


・・・


「あーっ、イオちゃん落っこちちゃってるよ!」


 エリックはアーメイド一号機コクピットの中でヘパイストスの監視カメラを検索し、イオを捉えた映像を見つけて盛大に慌てている。


『ボクが行きます』


 その時、一号機コクピットに少年の声で通信が入った。

 直後、黄色いモタードに乗った少年がイオが転落した橋の近くに乗りつけた。そして白いヘルメットとコバルトブルーのジャケットを脱ぎ捨て、何の躊躇もなく海の中へと滑り込む。

 幸い、イオは浅いところに打ち捨てられたロープに引っかかっていた。少年は数分もかからず意識不明のイオを抱え、ドック近くの埠頭に引き上げる。

 いくら女子とは言え、脱力し衣類は海水を吸っている。決して軽くない身体を抱え上げるのは容易くないが、少年は苦もなく重労働をこなした。

 少年は先ずイオの呼吸と脈拍を確かめ、軽く頰や肩を叩くが目覚めない。次に額や手首に何かを探すが見当たらず、しばらく首を傾げる。

 ふと気がつくと濡れて透けたブラウスの胸元に三角形のアクセサリーのようなものが見える。


「止むを得ない、な」


 少年はそう呟くとイオのブラウスのボタンを外し始め、胸元をそっと広げる。鎖骨下10cm辺りにそれはあった。直径2cmほどの角が丸い三角形プレート、NDポートである。

 少年はイオの上半身を起こして頭を後方に曲げ、顎を挙げて気道を確保。そして少年自らの額にある同じ三角形のプレートをイオのポートに押し当てた。

 NDポートとは、総合医療ナノマシン企業のニュークシーが開発し、十二年前から民間普及を開始した身体管理システム『ニューメディカ』、そのナノマシン管理用外部ポートのことである。

 少年は自らの視覚に介入するイオのナノマシン管理メニューを開き、パスワード不要の緊急モード『強制心肺蘇生』を選択、そして起動する。


『どんっ』


 イオは鈍い音と共に瞬く間に蘇生した。

 身体を横に折り曲げて激しく咳き込んだ後、海水を吐き出し、また咳き込むを繰り返す。


「自分の名前、分かる?」


 少年はイオの側でしゃがみ、頃合いを見計らって名を尋ねる。

 肩で息をするイオ、ぐったり朦朧として声も出せない。大量に飲んだ海水のせいで気持ちが悪い。鼻の奥は強く痛み、口の中は苦い。だが、体内のニューメディカが回復処置を行っているお陰で、身体がじわじわと正常な状態に戻される感覚を意識する。

 イオはようやく自分を助けた少年をまじまじと見た。

 少年はスラリとした痩せ型で淡いブラウンの瞳と同じ色の短かい髪。イオには弟達と同じ歳頃に思えた。ノースリーブで肩から露わになった右腕は何故か隙間なく包帯が巻かれている。


「え……っと、ミ、ミナミ、イオ……」


 イオはそこまで口にしたところで、初めてはだけられた胸元に気がついた。

 要するに下着丸出しである。


「えっ、な、な、なにこれっ!」


 イオは頭にみるみる血が上って、少年に平手打ちを見舞う。だが、少年はふわっと軽くスウェーで躱し、無言で自らの額を指差した。先の強制蘇生で使用した同じNDポートである

 NDポートの装着位置は人によって異なり、大抵の人は手首や首筋を選ぶ。イオのそれが胸にあるのは十年前の事故の時、初めてニューメディカをインストールしたことと、ほぼ無傷だったのは胸周りだけだったからである。つまり本人の意思ではないのだ。


「う、う……」


 今度は茫然のあまり続く言葉が出ない。


「溺水蘇生、やったことないんだ」


 少年はおもむろに呟くと後ろポケットからカード端末を取り出してどこかに連絡する。そして脱ぎ捨てたヘルメットとジャケットを拾いに行った。


「迎え、来るから、そこから動かないで」


 少年はそう告げるとジャケットをイオに掛け、再び黄色いモタードに乗って走り去った。

 しばらくすると、今度は青い顔のエリックがヘパイストス胴体横の搭乗口から現れる。イオにはガンナースーツのままのエリックがスキューバダイバーのように見えた。


 ――― もしかしてこれは何かの皮肉?


「イオちゃん大丈夫かい? どこか怪我は? もしものことがあったら叔父さんに云々……」


 心配するエリックの声が遠い。イオは自分が置かれた状況を振り返る。


 ――― そうだ杖がない。最悪。


 イオは散々な一日にげんなりしながら、エリックの肩を借りてヘパイストスへ乗艦する。

 ふと借りたジャケットを見ると襟の裾に『NERVS』と刺繍があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます