side B 女子なら『きゃあーっ』ではないだろうか

 リコ・ニュクス組のアーメイド三号機は暴走メタスクイドと交戦を開始しているが、一課第三と同じく追い駆けっこを繰り返す羽目に陥った。

 都市戦闘は高層ビルなどの障害物が邪魔をしてアーメイドが得意とする機動速度域まで出せない。三号機は中々距離が詰められず、バイブレードの間合いに捉えることができないのだ。

 一方、暴走メタスクイドはせせら笑うかのように断続する重低音を振り撒いて逃げ回っている。銛状触手を路面や高層ビルに打ち込み、少ない労力で方向転換する方法を学習したようだ。

 大音量の衝突音、続く爆発音がまた一つ、二つと横須賀市街全体を震わせる。外部マイクが拾うのは物が壊れる音、そして悲鳴だ。

 下方には避難に遅れて逃げ惑う人の群れが見える。プラズマガンで上空から狙撃すれば事態は一瞬で片が付くが、それでは下の人々は丸焦げだ。

 焦り始めるリコ、呼吸が荒い。


「落ち着いてリコ。向こうもへばってきてるわ、慎重にね」

「うん、わかってる、わかってる、けど……」


 ニュクスは前席のリコに穏やかに声をかける。ガンナーの精神状態に配慮し、冷静を取り戻させることもパートナーたる異重力分析官の仕事だ。

 対するリコはゴーグルに阻まれて表情が見えないが、その返答から余裕の無さが窺える。

 次に暴走メタスクイドが方向転換した先には、着艦ドックに停泊するヘパイストスの姿があった。追走劇を繰り返している間に目視可能な距離まで近づいていたのである。


「あっ………」


 リコは即座にそれに視線を送る。アーメイドのレーザーカメラがそれを追い、ニュクスは視界同期ゴーグルを介して同じ視界を共有する。動作の遅延は限りなくゼロだ。

 暴走メタスクイドは傷だらけの巨体をヘパイストスに向け、怒涛の進撃を開始する。

 胴体後端から生え出る銛状触手のうち二本を路面に突き立て、伸縮するゴムの反動を利用するかのように加速に勢いを付けた。

 まるで自らへの脅威の元凶と理解しているかのように。


「あーっと、これは不味いっ、リコッ!」

「ニュクス、フル加速、備えてっ」


 思わず叫ぶニュクス、それに応えるリコ。

 リコは三号機の加速スラスターの出力を上げ、全力でそれを追う。

 ヘパイストスは現在、イ重力制御エンジンの重整備のためヨコスカ基地に寄港しているので、火器管制システムは通常稼働域に達していない。

 つまり迫り来る脅威に何の対処もできない。


 暴走メタスクイドは一陣の疾風の如くヘパイストスへと突き進む。

 爆音を背に猛追するリコとニュクスのアーメイド三号機。

 果たしてセリ・エリック組の一号機出動は間に合うか。




***




 イオはヘパイストスの着艦ドックへと続く最後の橋を渡る。直下は海だ。

 汗だくで息も上がり、埃っぽい空気の所為で不快感も増し増し。

 苛々が募って潮の香りどころではない。


「へげっ!」


 ――― やだ、私、変な声出た。


 その瞬間、周りに人が居ないか辺りを見回す。安堵した気の緩みか、イオはヘパイストスを目前に盛大に転んでしまった。

 右手から離れてしまった杖が、軽い音を立てて目の前を転がっていく。四つん這いのまま杖に手を伸ばしたその時、左側から聞きなれない奇怪な重低音がする。

 横須賀市街で暴れていたメタスクイドである。

 三角錐状の胴体から生え出る六本の銛状触手を不規則に揺らしながら迫る姿は、まるで髪を振り乱した亡霊のようだ。


「ええっ、うわああああああああーっ!」


 ――― 失敗した、女の子なら『きゃあーっ』ではないだろうか?


 一瞬イオの頭の中を過ぎる。が、そういう場合ではない。これは非常に不味い。

 だが、身体が固まって全く動かない。気持ちだけが目一杯空回る。


 その時、上空から接近するパルス矩形の重低音が、熱気を帯びた大気を震わせた。


 ヘパイストスの死角からセリ・エリック組の一号機が現れた。続いてヘパイストスと暴走メタスクイドとの間に割って入るように体当たりを敢行する。

 大質量が衝突する激しい轟音、両者は大きく左右に弾き飛ばされた。

 暴走メタスクイドは方向を見失い、背後から追いついた三号機のバイブレードが捉える。

 不可視の盾IVシールドが作り出す『像の揺らぎ』が最も薄い部分、異重力収束点に超高速で振動する白刃の剣を突き刺し、一気呵成の勢いで両断した。


 響き渡るのは硬いケイ素系物質、ガラスが軋みあげるような耳障りな音。

 暴走メタスクイドは銛状触手を四方にのたうち回らせ、二つに裂かれた胴体はおびただしい数の亀裂が走る。構造崩壊が始まった合図だ。

 最後には悲鳴にも似た高周波の断末魔を上げ粉砕、そして四散した。


「え? ええええっ、おっ、落ちっ、うあぁっ!」


 だが、重力制御飛行する巨大物体同士が激しく打ち合った結果、橋は衝撃に煽られて大きく揺すられ、イオは橋の上から海に転落してしまった。


 何気にイオ、実は泳げない。

 海中で必死でもがくものの、パニックのせいで上下の方向が分からない。

 息を全て吐き出して、大量の海水が鼻や口に流れ込んだ。


 痛い、苦い、苦しい。そして暗い。

 やがて、イオは力尽きる。


 ――― もしかして、私の人生終わっちゃう? 走馬灯、再生が始まらないんだけど……


 イオは薄れゆく意識の中、ぼんやりと考える。暗転。




***




「あーっ! イオちゃん、海に落っこちちゃってるよっ!」


 アーメイド一号機のコクピットの中、エリックはヘパイストスの監視カメラが捉えたイオの転落する姿を発見し、盛大に慌てふためいていた。


「直ぐにヘパイストスに戻れないっ、あーっ、どうするどうするっ!?」


 と、その時。


『ボクが行きます』


 一号機のコクピットに十代後半の少年と思しき声で通信が入る。直後、黄色いモタード——— オンタイヤ仕様のオフロードバイクがイオの転落した橋の袂に乗りつける。

 モタードは路面にタイヤマークを刻んで停車すると、少年は白いヘルメットとコバルトブルーのジャケットを脱ぎ捨て、何の躊躇もなく海の中へと滑り込んだ。


 幸い、イオは浅いところに打ち捨てられていたロープに引っかかっていた。

 少年は数分かからずに意識不明のイオを抱え、モタードが停まる橋の袂に引き揚げる。

 イオは脱力している上に衣類はたっぷりと海水を吸っている。いくら女子とは言え、決して軽くない身体を抱え上げるのは容易くないが、少年は何の苦もなく重労働をこなした。


 少年は先ずアスファルトに横たえたイオの呼吸と脈拍を確かめ、軽く頰や叩くが反応はない。次にイオのジャケットを脱がし、首元や手首に『何か』を探す素ぶりを見せる。

 だが、その『何か』は見当たらないようで少年は首を傾げた。

 ふと見ると、ずぶ濡れで透けたブラウスの胸元に三角のアクセサリーのようなものが見える。


「やむを得ない、な」


 少年はそう呟くとイオのブラウスのボタンを外し始め、胸元をそっと広げる。正中線上の鎖骨の下十センチ辺りにそれはあった。

 直径二センチほどの角が丸い三角形のプレート、『NDポート』である。

 少年はイオの上半身を起こして頭を後方に曲げ、顎を挙げて気道を確保。そして少年の額にある同じ形の三角形のプレートをイオのポートに押し当てた。


 NDポートとは総合医療開発企業ニュークシーが開発し、十二年前から国策で普及を開始したナノマシン型身体管理システム『ニューメディカ』。その管理用外部接触ポートのことである。


 少年は自らの視界に介入するイオのナノマシン管理メニューを開く。

 続けて緊急モード『強制心肺蘇生』を選択、起動する。


『どんっ』


 鈍い音と共にイオは瞬く間に蘇生した。

 イオは横になった身体をくの字に折り曲げ、激しく咳き込むと同時に飲み込んだ海水を吐く。

 しばらく同じことを数度繰り返した。


「自分の名前、分かる?」


 少年はイオの側に屈み込み、頃合いを見計らって名を尋ねる。

 肩で息をするイオ、ぐったり朦朧として声も出せない。

 大量に飲んだ海水のせいで気持ちが悪い。鼻と喉の奥が強く痛み、口の中は苦みでいっぱいである。

 だが、体内のナノマシンが回復処置を開始し、身体をじわじわと正常へと戻し始める。


 イオは視線を上げ、ようやく自分を助けた少年をまじまじと見た。

 少年はスラリとした痩せ型で淡いブラウンの短かい髪、同じく淡いブラウンの瞳。

 イオの弟達と同じくらいの歳頃に見える。

 ノースリーブで肩から露わになった腕は、何故か右腕だけ隙間なく包帯が巻かれている。


「え……っと、ミ、ミナミ、イオ……」


 イオはそこまで口にしたところで、初めてはだけられた胸元に気がついた。

 マスキングポリマー製のスキニーブラだったからインナーはそれしか着けていない。おまけにブラの隙間からは今日のために余分に盛ったパッドが無惨にその姿を晒している。


「えっ、な、な、なんなのよっ、これぇっ!」


 イオは頭にみるみる血が上り、胸元を隠すより先に少年に向けて平手打ちを見舞う。

 だが、少年はそれをふわっと軽いスウェーで躱し、無言で自らの額を指差した。

 先の強制心肺蘇生で使用したイオのそれと同じNDポートである。


 NDポートの装着位置は人によって異なり、大抵の人は手首や首筋を選ぶ。

 イオのそれが胸にあるのは十年前の事故の時、初めてニューメディカをインストールしたことと、ほぼ無傷だったのは胸周りだけだったからである。

 つまり本人の意思ではないのだ。


「え………」


 今度は驚きのあまり、続く言葉が出ない。


「こっちの方が、早いから」


 少年はそう呟いた後、後ろポケットからカード端末を取り出す。どこかに連絡を済ませると脱ぎ捨てたヘルメットとジャケットを拾いに行った。


「迎え、来るから、そこから動かないで」


 少年は自らのジャケットを濡れ鼠のイオの肩に掛ける。

 茫然としたままのイオには、少年がモタードに乗って走り去る音しか聞こえない。

 ようやく意識を周囲に向けると、橋の向かい側に巨大な横腹を晒すヘパイストスが見える。今度は青い顔をしたエリックがガンナースーツのまま胴体横の搭乗口から現れた。

 慌てて搭乗橋を駆け下りる彼の姿が、まるでスキューバダイバーのように見える。


 ——— これはおじさんの忠告を無視した皮肉? そんなワケないが。


 イオは憮然としながら身に起こった出来事を振り返る。


「イオちゃん大丈夫かい? どこか怪我は? ホントにもうっ、君にもしものことがあったら、叔父さんに申し訳なくて云々……」


 心配するエリックの声が遠い。

 身の回りを確認すると、イオは大事なものが見当たらないことに気がついた。


 ――― そうだ、杖がない。一緒に海に落ちたのかなぁ、最悪。


 散々な一日にげんなりするイオ。エリックに肩を借りてヘパイストスへ初乗艦を果たす。

 ふと借りたジャケットを見ると、襟の裾に『NERVES』と刺繍があった。




***




 翌朝、イオはヘパイストス2Fのブリーフィングルームに集合する。

 一部を除き、同じ制服を着たクルー三十数名が一同に会した光景を見て、イオはヘパイストスに乗艦したことを実感した。自らも着る胸の超研対一課第五カラーラインが誇らしいイオである。

 超対研一課第五の制服はコバルトブルーをベースに襟や袖、肩口などにマットブラックをあしらった凝ったもので、男子は無論パンツだが女子はパンツとタイトミニが選べる。

 イオは下肢装具を隠す気がないので、もちろん可愛い方を選んだ。


 その部屋はヘパイストスの中で一番広く、イオ曰く大学の講義室のような趣きがある。

 壇上には大型ディスプレイとマイクが一体となった操作パネルがあるが、クライトン副艦長の声はマイクが要らないほど大きい。


 ミハル・クライトン作戦統制官・副艦長から本日行われる作戦の概要が説明される。


「昨日、東京湾は横浜市磯子区付近に降下した五百メートル級メタストラクチャーは一課第三テーセウスが対応するも突然沈黙。本日早朝に再び活動を開始した。川崎区付近から上陸後、現在は『トーキョーエリア』に入り、品川方面に向けて時速約十キロメートル程度を維持しながら移動中とのこと」


「現在、一課第三テーセウスは所属アーメイドの三機中二機が稼働不能に陥ったため、本日一課第五が代行出動し、これに対応する。ヘパイストス演算思考体が予測するメタスクイドは四体。これは昨日の一課第三との交戦で半数以下に減らされた結果である」


 鬼軍曹ことクライトン副艦長は説明を終えると、鎖付きの眼鏡を指で上へ僅かに持ち上げた。

 因みに鬼軍曹と言ってもご家族が居るご婦人である。



 海への転落から一夜明けたイオだったが、気遣うエリックの進言を払い除け、出向二日目にしてメタストラクチャー対応の初出動を申し出る。


 ――― 実機シミュレーションは人の三倍やった。異重力分析官の仕事はアンチグラヴィテッドの調律、異重力知覚をガンナーと共有するだけ。実際にを撃つのはガンナーだ。


 イオは自らに言い聞かせた。繊細さに欠ける分、一度腹を括ると豪胆なイオである。

 それにも増して、昨日のことを思い出すと腹の虫が収まらない。


 ――― 海には落ちるわ、不本意な辱めは受けるわ、大事な杖は失くすわ、せっかくのハレの日がぶち壊し。ほんっと腹たつぅ……


 もちろん、溺水事故から救われたこと自体は感謝をしている。だが、他の選択肢もあったはずである。その引っかかりが理不尽にもイオの機嫌を損ねている。


 ——— そりゃあ、人工呼吸の方が良かったワケじゃ、ないけど……(ごにょごにょ)


 語尾は小さくなる一方だが。




***




 ブリーフィング終了後、エリックはイオをアーメイドチームに改めて紹介する。

 イオは昨日ヘパイストスのクルーには一通り挨拶を済ませていたが、アーメイドガンナーは出動後の神経メンテナンスの真っ最中で、要は不在だったからである。


「ええっと、はじめまして、イオ・ミナミです。異重力分析官としてイ重研から出向となりました。よろしくお願いします」


 イオはぺこりと頭を下げ、一端の社会人らしく型通りの自己紹介をこなす。

 そして、改めて見るアーメイドチームの女性陣は壮観であった。


「アタシ、ニュクス。ニュクス・ジョーンズ。デカいけど怖がらないでね」


 ニュクス異重力分析官。二十七歳。ブロンドの巻き毛に褐色の肌、筋肉質でグラマラス。

 確かに大柄なその体躯は相対的にエリックを貧弱に見せている。


「あら、はじめまして。セリ・トドロキよ。ヒトをよろしくね」


 雑誌のモデルように美しいガンナーのセリ。十九歳。ストレートの長い髪に透き通る白い肌。

 切れ長の目に整った顔立ち、手足も長く長身で明らかにこの場で浮いている。


「よろしくね、イオ。わたし、リコ・カシワギ」


 同じくガンナーのリコ。十五歳。ショートウルフの短い髪にくりっとした大きな目。

 背は低く小柄で舌足らずなおっとり口調が可愛いらしい。


 ――― あれ? この子達って、誰かに似てなくない?


 イオはふと、ガンナー二人のある共通点に気がついた。

 瞳も髪も同じ淡いブラウン。角が丸い三角形のNDポートも揃って額である。二人とも前髪を短く切り揃えているのでよく見える。

 すると、リコの自己紹介が終わった直後、背後から大きく野太いかけ声が響き渡った。


「「L・O・V・E ! らっぶりいーっ、リッコチャアアアーンッ!」」


 ――― は?


 振り向くとブリーフィングルームの壇上近くに陣取っていた三名。昨日に紹介を済ませたヘパイストスのブリッジクルーである。


「お前さあ、恥ずかしいからそういうの止めろよ、どこで覚えたんだよ」

「エッ、ニホンの自己紹介のお約束じゃナイノ? 地下劇場のお友達だヨッ!」

「リコはエドのアイドルだもんね、本人大迷惑だけど」


 呆れているのは一見バンドマン風のおじさん、テルツグ・ヒライ機関統制官。

 かけ声の主はアフリカ系アメリカ人のエド・ブルーワー兵装統制官。

 くすくすと笑っているのはお嬢様風ミディアムヘアのアレサ・ケイ哨戒管理官。

 因みに、当のリコは眉をハの字にして苦笑い。


 ――― えぇーと、何か私、大変なところに来てしまったのではないか……


 イオは一抹の不満を覚えるものの、気を取り直してアーメイドチームに向き直る。

 チームは既にガンナースーツを着用しているが、イオが研修時に着用した分厚くて重いそれとは違い、薄くタイトで如何にも軽そうな最新モデルだ。

 白地に淡いグレイのツートン、右二の腕と左腿の白い部分にそれぞれ機体のカラーラインが入っている。リコとニュクスはグレイ&黄緑でエリックとセリはグレイ&青である。


「あの、ところで、私のパートナーって、どなたでしょう……?」


 イオがそう口にしたその時、大柄なニュクスの影に隠れていた人物に気がついた。


「それと、彼がヒト。ウチのエース」


 エリックが手招きをすると、その人物はイオを一瞥する。但し、無言。

 最後に紹介されたのはガンナーのヒト・クロガネ。十七歳。カラーラインはグレイ&黄色。

 憮然とした態度で視線を合わさない………と、言うよりはどこか上の空。

 イオに興味を示す様子は皆無である。


「イオ分析官は本日より、ヒトのパートナーとしてアーメイド二号機に搭乗すること」


 クライトン副艦長はその鋭い眼光のまま、ぴしゃりと冷たく言い放つ。


「え? これホント? って、え、えっ? なんで? なんでっ!」


 イオは激しく動揺する。

 何故なら、いま目の前に居る少年はイオの『ある不都合』を晒した張本人だからである。

 鬼軍曹はもちろん、昨日の出来事など知る由もない。


 アーメイドガンナー、NERVES〈ナーヴス〉。

 表に出ることが稀なため、教科書の中でしか知らない「造られた子どもたち」。

 イオは彼、彼女らと出会った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます