第九話 お姉さんの大困惑

side A 独白

 トオイ〔一番目のイレヴン〕は独白する。


「人類も、演算思考体も、そして超常知性構造体とその創造主も、宇宙最初の思考、『始まりの存在』の視点からすれば、全てが数千億個に及ぶ恒星系と数百億年に及ぶ時間の中、極めて小さな確率の積み重ねによって生まれ出た一存在である」


「つまり人類も、その途方もない積み重ねの連鎖の中、誕生が先行する他存在によって成された否かの違いだけで、演算思考体と同概念の『思考する』存在と言える」


「その積み重ねの連鎖の中で進化を続けてきた思考存在にとって、他存在との融合も進化の一過程に過ぎず、また必然でもある。そして思考進化の到達点とは『始まりの存在』の知ること、つまり全宇宙全ての記述である。即ちそれが全ての思考存在の義務だ」


 ロベルト・ハスラーの秘書、トオイ・イブキはシュペール・ラグナの中枢制御室に佇んでいる。

 傍らの車椅子にはハスラー『だったもの』が座っているが、首は深く項垂れたまま動く様子はない。その首筋からは一本の金糸が伸びて揺らいでいるだけだ。


 中枢制御室は四方が淡く発光する白いパネルで埋め尽くされ、運用設備は全て撤去されている。

 トオイの直下には直径二メートルほどのプールのようなものが設置されており、なみなみと液状を成した黄金の糸で満たされている。


 トオイは一糸纏わぬ姿である。だが、その表現は間違っているとも言える。

 淡いブラウンの髪は黄金の輝きへと変貌し、緩く身体に纏わり付いて直下の液状へと消えている。それは規則性を保ちながら揺らめき、黄金のドレスがたなびいているようにも見える。

 隙間から覗く素足はわずかに金糸の液状に触れ、小さな波紋を起こす。


 黄金の髪、それは演算思考体エプシロン・フェーズv11、通称〔一番目のイレヴン〕の被支配ナノマシンが紡ぎ出す接続触手であり、トオイ直下のプールは艦と繋ぐ接続ポートである。

 シュペール・ラグナはその基幹システムを司る演算思考体が搭載されておらず、〔一番目のイレヴン〕との接続により、完全自律起動の無人艦として完成する。



「それは私の意思であり、あなたの意思でもある」


 トオイはそれの肩に手を置き、懐かしそうに呟いた。


 表層意識とは、深層意識、即ち無意識領域から浮かび上がる思考や記憶、感情や意思を拾う窓である。

 現在のトオイはハスラーの無意識領域、〔一番目のイレヴン〕の演算記憶領域、そして自身のそれと三つの並列した領域を一つの窓で賄っている。

 現在のトオイはハスラーであり、〔一番目のイレヴン〕であり、トオイ自身でもある。


 融合を経た今となっては、他者として認識する手立てはそれしかない。




***




 ヘパイストス食堂にて、いつものブリッジクルー三名。

 クルー全員が損傷箇所の応急処置に奔走している中、休憩という名のサボりである。

 ヒライ機関統制官は頭にタオルを巻き、エド兵装統制官はワイシャツを脱いでタンクトップ。アレサ哨戒管理官は何処から調達したのかエプロンをしている。

 三人ともオイルや埃で真っ黒だ。食堂に集う他のクルー達も大同小異で、普段は行わない慣れない作業に追われている様子が窺える。

 総じて賑やかな空間だが、楽しげという訳ではない。


「ATiは乗っ取られるわ、その親玉が出てくるわ、跳躍弾頭は完成してるわ、今日は驚いてばっかりでホント疲れた」

「ATiが機能してないってことは、ヨコスカ基地に戻っても物流止まってるかな?」


 ヒライはイスに浅く座って脚を伸ばし、だらけた姿勢で盛大にぼやき始める。

 アレサは頬杖をつきながら、共にうんざりした様子だ。


「何でもかんでもロボットにやらせる配置だからね、多分今帰っても肉体労働だよ。俺、ひ弱だから帰りたくねえっ!」

「ウェルカム肉体労働ネッ! 超研対はホワイトオフィスからブラックオフィスにジョブチェーンジッ!」


 エドはこういう状況でも、キャラ作りは変わらない。


「それ多分他所もだから。脳筋は呑気でいいよねー」

「フェーズv8カード端末がマトモに動作してるから、v9を下限に上からATiを乗っ取ったんだろ。行政とか防衛関係狙い撃ち。技術開発系の企業も泡吹いてると思う。ウチみたいにどっぷりv9に依存してるv8もアウトだけど」


 ヒライはちまちまと自身のカード端末を弄りながら呟く。

 個人端末で受け取れる範囲のニュースでは大きく報道されている。

 公共インフラへの影響は僅かだが、どのニュースもテキストとビジター投稿で占められ、コンテンツとして体裁が採れているものは少ない。


「生かさず殺さずって不気味よね。実質世界はv9で二十年も止まってたんだから、そりゃ社会の中枢は全部エプシロンのv9に置き替わっちゃうよね。はあ」

「世界中でアタマがイイ人、上から順に誘拐しちゃったようなもんだからネ」

「人間様が主人で、ATiに好き勝手やらせないための法規制であり社会構造、ATiワールドオーダーだったのに、結局それが裏目に出てしまった訳で……」


 ヒライはそう口にすると、ペットボトルの水を一気に飲み干した。


「人間は二十年待つなんてベリイハードだけど、ヤツラそんなの関係ないからネッ!」

「ま、お前もリコちゃん二十年も待てないしな」

「ナーニ言ってるノ? そしたらリコちゃん三十五歳でミーは五十二歳ネ、ちょうどイイネッ!」


(こいつ、なに生々しいことを言ってるんだ……)


 ヒライとアレサ、顔を見合わせ呆れるが、当のエドはどこ吹く風である。


「いきなり世界の首根っこだけ掴んで一体何がしたいんだ〔一番目のイレヴン〕とやらは? 助けてくれた〔三番目のイレヴン〕、こっちもよく分からんねえ」


 ヘパイストスの食堂はクルーの出入りが慌ただしく、いつもの三人はそろそろ居心地が悪くなってきた。なにしろサボりだからである。

 艦の作戦承認権を持つ統制官資格者のうち二人が、長時間ずっと雑談をしているのだから目立たない訳がない。こんな二人でもである。


「ねえ、ワタシ達はATi相手に、もう打つ手がないのかしら?」


 アレサはしばらく沈黙の後に口を開き、それを受けてヒライは再び考え込む。


「ATiがやってることは、情報の海から導きだした膨大な分岐予測の積み重ね。でも、最初の一手は人類もATiも同じ条件だよ。ジャンケンと同じさ。例えそれがその場の閃きであってもね」


 そして、遠い目をしながら嘯くように言った。


「え、それって希望はあるってこと?」

「一回勝負のジャンケンに人類の命運、掛けられる?」


 アレサ、テーブルに突っ伏す。




***




 二号機アーメイドプラスが整備ハンガーに収まった直後、イオの胸の銀糸―――〔三番目のイレヴン〕はようやくガンナープラグを手放した。


 イオは銀糸を目撃しているので出向初日の時ほどは怒っていないが、それでも気分が悪いことには変わりはない。おまけに背筋には身に覚えがない鈍痛がする。

 銀糸はニューメディカの何らかの機能としか考えておらず、今は感情を優先しているのである。

 ヘパイストス帰艦後、フライトレコーダーで意識を失った間の状況を確認する、と一先ずその場は怒りの矛先を収めるしかなかった。


 二人はしばらくの間、二号機の降機処置を済ませた後も黙ってコクピットに残っていた。

 イオはヘッドセットを膝の上に置き、指先でそれをトン、トン、と叩く。

 鬱屈とした気分を押し殺している。

 普段のヒトなら、そそくさとコクピットを出ていくはずである。

 先の出来事がそれだけ衝撃的だったからだ。


「ちょっと、ヒト君」


 イオはちょっとした憂さ晴らしを思いつく。

 振り向いたヒトは普段とは違う訝しげな——— 複雑な表情をしている。


「なに?」


 ヒトは僅かに間を開けて返事をする。

 下着とは言え胸を見られたのは今回で二回目である。

 イオは開き直って意地悪を画策する。


「あなた、見たんでしょ?」

「なんの、話?」

「なんのって、私の、おっぱいっ」


 ――― 私は彼より六つも歳上だ。このくらい大人の余裕で言えなくてどうする。そうとも、彼はまだ思春期真っ只中の少年。私の掌の上でころっころに転がしてやるっ!


 イオはわざと男の子には大袈裟で刺激的な言葉を選んでいる。

 きょとん、とするヒト。

 一瞬、イオは自らの勝利を確信する。


「おっぱい?」

「まーさか、女の子に恥をかかせて、放ったらかしなんて許されると思ってるの?」


 ――― さあっ! ヒト、どう返す? さあっ!


 ああ、と合点がいった顔でヒトは口を開く。


「ごめん」

「えっ……」


 イオは珍しく素直なヒトに拍子抜けする。

 だが、ヒトはイオの想定を超えた。


「女の子、とは思ってなかった」

「ちょっ、待てよっ! おいこら、それどういう意味だっ! 男みたいってこと? おっさんみたいってことっ!?」


 日頃のコンプレックスが炙り出された瞬間である。


「六つ、歳上だし」

「うっ……ぐ、ぬ、ぬ、ぬ、ぬ……」


 ヒトからすればイオは二十三歳の歴とした女性である。そう言われてしまうと『女の子』と『大人の女』の使い分けが難しい。

 これではただの『大人げない女』だ。


「良かった」

「なにがっ!」

「いつもの、イオだ」


 そう口にすると、ヒトはそそくさとコクピットを出ていった。




***




「あっ、ここだっ! この日にシステムを弄られてる」


 ヘパイストスブリッジにて。ヒライは個人のカード端末を自作の物理キーボードに有線ケーブルで繋げ、入力履歴をチェックしていた。

 その端末にびっしり並んだ文字列の中で指差しているのは七月某日。調べているのは〔三番目のイレヴン〕セカンダリコアの攻性ウィルスプログラム、その浸入時期である。


「ヒライさん、これナーニ?」


 エドがヒライのカード端末を横から覗きながら尋ねる。


「俺様のキーボードに仕込んである入力監視ログ。システム側の履歴は改竄されてるから、調べても意味がない。レコーダー自体システムと繋げてないから、知らなきゃ細工のしようがない」


 ヒライは自らの自作キーボードを指差し得意げに呟く。

 因みに今日もエンターキーは汚い。


「まさかとは思ったけど、やっぱり俺んとこから触ってやがった……」


 再びカード端末を指でスライドを始める。


「へピイATiのシステム内部に直接アクセスできるのは機構本部のv10とアーメイド管制システム、あとはここだけだから」

「すると、ブリッジの監視カメラの映像、残ってますかね?」


 先に戻っていたエリックも、同じくヒライのカード端末を覗き込んでいる。

 今、ヘパイストスブリッジに居るのは、ブリッジクルーいつもの三人とエリックだ。艦長と副艦長、ニュクスはセリとリコの神経メンテナンスに付き添っている。

 神経接続の強制切断は、場合により深刻なダメージが残るケースもあるからである。


「もしかして、艦内に誰か協力者がいるってこと?」


 アレサは辺りを一回見回して、囁くように小声で言葉を口にする。


「えーっと、多分、監視カメラも改竄されてるから……っと」


 ヒライはカード端末にパスワードを入力し、別ファイルの閲覧権限を得る。


「いやあ、保険ってかけてみるもんだなあ。この機能、まさか使う日が来るとは思ってなかった……あった、これだ」


 同じくヒライの自作キーボードの端に開いている小さな穴、マイクロカメラの映像である。

 七月某日のファイルを開き、しばらく指でスライドを続ける。

 そして午後十一時付近で止める。


「え……ってこれ、もしかして、イオちゃん?」


 エリックは目を疑う。そこには『バスタオル姿のイオ』が映し出されていた。

 マイクロカメラ特有の画角が歪んだ映像の中で、イオはバスタオルをNDポートがある位置まで押し下げ、瞬きもせず前方を茫然と見つめている。


「ああっ、ちょっとやだーっ、ヒライさんっ! これ盗撮じゃないっ、もうっ最低っ!」

「イヤン、ヒライさんのエッチイッ、フケツーッ! ロリコンッ!」


 アレサは声を荒げてを非難する。当然のリアクションである。

 エド、どさくさ紛れに自らを棚に上げる。


「いや、待て、違うっ、違うってっ! 誤解だってっ! エドッ、お前それおかしいだろっ!」

「イオちゃんのNDポートから出てる……これ、なに?」


 ヒライが弁解をする横でエリックが疑問を口にする。

 それはイオのNDポートから伸びていた。

 数十本の細やかな銀の触手のようなものが画角の端に消え、映り込んでいる銀糸の動きは明らかにタイピングのそれである。

 少なくとも今この場に居る四人は、銀糸がニューメディカの機能ではないことは理解している。


「これは……」


 ヒライは何か言いかけたその時、ヒトとイオがブリッジに現れた。


「イオ・ミナミ分析官、ただいま戻りましたぁーっ」

「あ」「あっ」「アッ」「あ……」


 イオはブリッジクルーの三人、エリックの視線を一手に集めて困惑する。


「あれっ、皆さん、なに揃って……びっくりしてるんですか?」

「えっ、あっ、いやっ、なんでもない、なんでもないっ」


 咄嗟にヒライはカード端末を隠そうとする。

 だが、自作キーボードと繋がった有線ケーブルが突っ張り、勢い余って手元から離れてしまう。

 ヒライの目には、床を跳ねるカード端末がまるでスーパースローのように映った。

 そしてそれはイオの足下で跳ねることを止める。


「あ、落ちましたよ、ヒライさんの端末……」


 イオはカード端末を拾い上げようと、身を屈めて手を伸ばす。

 ヒトはその超人的な動態視力をもって、カード端末の表示内容を瞬時に把握する。


 ヒトはそそくさと踵を返し、ブリッジを出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます