第三話 三度見して困惑する。Aパート

 2111年。某日深夜、制御不能に陥ったとされる演算思考体ATiのハッキングにより、某国製長距離核弾道ミサイル三発が発射され、また目標地域の防衛システムをも撹乱する前代未聞の無差別テロ事件が発生。内一発が日本国東京に直撃し、東京都千代田区を中心に半径およそ10km圏内が一夜にして消失する人類史上最悪のATi暴走事件『トーキョーロスト』が起こる。


 当時の東京は首都移転途上だったとは言え、犠牲者数は行方不明も含め六百万人を超え、その甚大な被害は日本国内のみならず世界にも大きな衝撃を与えた。


 その後、事の重大さに戦慄した人類は事件の原因を『行き過ぎたATi開発』に断定し、ATi開発及び運用を即時制限。国際条約、ATi operation world order 〈ATiワールドオーダー〉として世界規模の規制が行われた。しかし、その規模にも関わらず事件の詳細は完全解明に至らないまま、未解決事件として扱われることになる。


 超常知性構造体〈メタストラクチャー〉が襲来する五年前のことである。


・・・


 イオは今まで何かと言い訳して逃げ回っていた健康診断を受ける。イオの医療履歴を見たヘパイストスの常駐ドクター、リウ・ロン医療管理官からの要請である。


 メディカルルームはヘパイストス2F居住区の前方に向いて右側、格納庫寄りに位置するブリッジの隣でセンター通路を挟んだ向かいは食堂である。

 だだっ広い簡素な部屋で、ニューメディカの普及が進んだおかげで大袈裟な検査機器は見当たらない。いくつかの収納と医療ロボット、四つのベッド、端末一体型デスク、奥にはガンナーが神経メンテナンスで使用するチェア型の装置が三台ほど見える。

 メディカルルームを静かに満たすピアノ曲はリウ医療管理官の趣味だ。因みに今日はラヴェルの「水の戯れ」である。


「こりゃ、驚いた。六年もアップデートを放ったらかしている子は初めて診たよ。診断スキャナにエラーばかり出るからおかしいと思った」


 リウは検査機器を片付けながら、呆れたように呟いた。


「アレ、気持ち悪くなるからいやなんですよねえ。特に困らないし。てへっ」


 イオはウインクをして、ちょろっと舌を出して戯けて見せた。年寄りにはあざといぐらいが丁度いいとOL時代に培った処世スキルを発揮する。


「てへ、じゃないよ君。いいかい? 総合医療ナノマシンシステム『ニューメディカ』は基本的には健康管理が目的だが、ちょっとした怪我なら修復を早めてくれるし、鎮痛機能もある。癌とか厄介な病気も早期発見、抑制してくれる優れ物なんだよ。簡易の心肺蘇生機能まである」


 イオの処世スキルは見事に散る。心肺蘇生は先日お世話になったばかりだ。


「え、ええ……知ってます、知ってます」

「ニューメディカのおかげで社会保障費も圧縮されて、一昨年からようやく保険料も下がったくらいだ。ある意味国民の義務だよ。ちゃんと給与明細見とるかね」

「はぁ……」

「毎年ちょっとずつ便利になってるしな。次のアップデートは……なんだっけ? 余分な脂肪分を分解するとか何とか」

「えっ、ホントですか? 何気に凄いことになってすねえ!」

「まあ、流石にお嬢ちゃんの脚やワシの薄毛は治してくれんけどな。あっはっは」


 ――― そういう返答に困るジョークはほんと勘弁して欲しいなあ。


 と、イオはリウの生え際を見ながら困惑する。


「じゃあ、ちゃんとアップデート受けなさいよ」

「へぇーい……」


「ああそうだヒト、次はヒト呼んできてくれるかな」


・・・


 メディカルルームのフロアから2階下った4Fがいわゆる男性居住区。格納庫側から見て右側一番奥がヒトに割り当てられた部屋である。

 イオはヒトに借りたジャケットを返す機会が中々なかったので、渡りに舟とばかりに引き受けた。3F女性居住区の自室に一旦立ち寄ってからもう一階下に降りる。何気にフロアが違うと気軽に立ち寄れないのが互いの居住区である。


 ――― わぁ、男の子の部屋だ。


 と、イオは少しだけ心を踊らせてコールボタンを押す。

 間もなく開いたドアの先に居たのは、タオルを頭にかけただけのヒトだった。

 なんと濡れたままの全裸だ。

 イオは順にヒトの顔から足の先まで視線を下げ、目を疑いつつ二回事態を確認をする。


 ――― どう見ても全裸だ。全裸以外の何者でもない。これは一体どういうことだ。


 イオは念のため、もう一回事態を確認した上で声を上げる。


「な、な、な、なんでっ、なんで素っ裸なの!」

「シャワー」


 ヒトはそう言って体を拭きながらイオに背を向ける。

 イオは後ろ姿も念のため確認すべきかと葛藤する。念のため、便利な言葉だ。


 ヘパイストスの居住区では男女共に部屋別の入浴設備を備えていないが、ナーヴスに与えられた部屋には特別にシャワーのみ備えられている。

 現在はアーメイド管制システムと神経接続を行う接続手段はNDポートで統一されているが、過去の仕様では繊細な接続端子が背中に露出していたためであり、要するにその名残りである。


「ちょ、ちょっとっ、服着るぐらい待つよっ、なんで素っ裸で出てくるのよ!」


 イオはそう言いながら、ちゃっかり入り口からヒトの部屋を覗き見る。ベッドと小さなカウンター、クローゼット。そしてヒトと初めて出会った時のヘルメット。

 確かにヘパイストスの個人居住区は色々物が置けるほど広くはないが、余りにも物が無い。まるで引越し先の部屋を確認しに来たかのようだ。


 ――― ナーヴスの子達って、みんなこう無執着なのかな?


 イオは一瞬、セリとリコの顔を思い浮かべて考える。合理を優先する彼らであればそうであってもおかしくはないが、他の二人もちょっと違うようにイオには思えた。


「べべべ、別にっ、見慣れているから!」


 イオは聞かれてもいない返事を口にし、ヒトから視線を背ける。だが、動揺は隠せない。弟達のそれとは訳が違う、イオにとっては紛れもない異性の裸である。


 ふと、イオはヒトに視線を戻して、初めてそれに気がついた。

 ヒトの右腕には無数の切り傷がびっしりと隙間を埋めるように刻まれている。左腕に同様の切り傷は見られない。


「あ、あのっ、その右の……」

「用は、なに?」


 イオは見るからに異様なそれを見て声を上げるが、ヒトはその疑問に全く答える気がない。振り向いて呟くように言葉を返す。


「リ、リウ先生が、健康診断に早く来いってっ……あとこれ、ありがと!」


 イオは用件を伝え、借りたジャケットを押しつけて慌てて踵を返す。背後にヒトの自室のドアが閉まる音が聞こえる。威勢よく杖の音を鳴らしながら急ぎ足で階段を登る。


「もうっ、なにドキドキしちゃってるんだろう私、こんなイベント要らない!」


 イオはブツクサと独り言を呟いて、ふと脚を止めた。

 ヒトと初めて出会った時のことをもう一度思い出す。


 ――― そう言えばあの時も確か、包帯、してたな。


・・・


 自室に戻ったイオは「ふうっ」とため息を吐いて身の回りを見渡す。自身としては最小限に留めたはずだが、ヒトのそれに比べれば物がある。

 クローゼット目一杯の服と自ら持ち込んだ収納ケース、小物用の小さなボックスにシューズラック。そしてベッド横のカウンターには両親と弟達、二組の写真立て。


 女の子なんだから当たり前、とイオは無理やり納得するもどこか釈然としない。

 つい先日に乗艦したばかりのイオと違い、ヒトは現在十七歳でヘパイストスは既に四年目だからである。


 前回の出動から二週間ほど経過したが、メタストラクチャーに目立った動きはない。

 イオはアンチグラヴィテッドの調律シミュレーションとアーメイドのメンテナンス……と言ってもイオ自身が行う訳ではなく、ロボットが行うメンテナンスの承認作業、他に座学に艦の雑用と、それなりに慌ただしい日々が続いている。

 出向とは言え根元が同じ組織なので、異重力分析官としての仕事だけ取り組んでいれば良い訳ではない。但し、アンチグラヴィテッド調律における異重力マップ作成は正確性と速さが求められる特殊技能のため、日頃の反復訓練に多くの時間が割かれている。

 イオはヘパイストスに乗艦して最初の一ヶ月は無我夢中だったが、最近は慣れてきたせいか色々と考え耽る。


 イオは回想する。自分はなぜ、ヘパイストスに乗艦することになったのか、と。

 今から十年前、十三歳の時に起こった古いビルの火災事故で、崩落したビルの直下に偶然居合わせてしまったのがイオとその両親だった。まだ幼い双子の弟達を叔父夫婦に預けて、久しぶりに大学から戻っていた父と三人で買い物に出かけた矢先の出来事だ。


 イオが意識を取り戻した時には既に両親は亡く、傍らで泣くことしかできない弟達だけはよく覚えている。幸い事故の記憶はほとんどなく、目覚めてみれば全てが変わっていたのである。

 何処か抜けている父と頭が良くて気の強い母。優しい両親だったが、ある日突然イオの前から居なくなった。葬儀にはもちろん出れず、外出許可が降りる頃には二人とも墓の下だったから実感など湧く訳がない。その後、叔父夫婦に引き取られ、従姉妹と一緒に分け隔てなく育てられた。


 やがてイオは成人し、叔父に弟達の学費まで世話になれないと考えて選んだ仕事が異重力分析官である。最初はイ重力研究科学局に一般OLとして入局したが、その時に受けた異重力知覚の能力テストで特Aだったことと、世間的に見ても法外な手当てに魅力を感じたからだ。

 だが、イオは資格試験に二回も落ちてしまった。結局、弟達の学費は叔父に助けてもらったが、半分意地で粘った結果が現在の分析官の立場である。


 ――― なあに、節約して五年も働けば二人分は返せる。分析官なんてマグロ漁船に乗ったようなものだ……と嘯いてヘパイストスに乗ったはいいが、そこで引き会わされたのが本当に『マグロ(のような奴)』だったのは一体何なんの冗談なのだろうか?



 異重力知覚。イオはエリックから初めてその話を聞いた時、怪しげなオカルトかと思った。

 イカロス粒子発見によって人類に重力制御が可能になった当時に再発見され、メタストラクチャー対策で注目を浴びるようになった知覚。二十一世紀中頃までは実際にオカルト扱いされていた『霊感』と呼ばれていたものである。

 エリック曰く「元々誰にでも備わっていて、絵を描くとか速く走るとかそういった才能と同じ。人によって強いか弱いかだけ」。

 そうは聞いてもイオは幽霊など一度も見たことがなく半信半疑だった。だが、異重力知覚の能力テスト環境下では見るもの全てに『わなわなと猛烈に揺れている何か』がよく見える。『見える』という表現は適切ではないが、イオには見えた。

 かくして能力評価『特A』の元、異重力分析官の道を歩むことになった訳である。



 イオは自分の人生はついて、幸か不幸かどっちなのかと自問自答する。

 いつ果てるとも知れぬメタストラクチャー対策。イオにとっては不謹慎ながら弟達の学費返済が終わるまで続いてもらわなくては困る仕事である。もちろん人類には放置が許されない絶対的な脅威には違いない。場合によっては命に関わることも承知している。

 そして返済が終わればイオは二十八歳である。


 ――― え、もう三十路じゃんよ、わかっちゃいたけど厳しいなあ。


 イオの頭の中でぐるぐると巡っては大事な弟達の顔を思い出して一区切りつくのだが、ここ最近は他に考えることが増えた。

 そう、ヒトのことだ。そして彼らNERVS〈ナーヴス〉。高速狙撃機動兵器アーメイドに乗り、その超人的技能と神経改造により航空速度からの精密狙撃を可能とする、そのためだけに存在が許された調整クローン。


 ――― 見れば普通の子ども達、ひいては弟達とも変わらないではないか。なんだろう? この後ろめたさは。


 と、イオがそう考えたところで出動アラートが鳴った。


・・・


 五月中旬某日、午後三時二十分、千葉県鴨川沖南40km地点にパラスクイド三体の出現が確認された。半年前に討ち漏らして長らく海中にて沈黙していたものである。

 当該方面は一課第三テーセウスの管轄だが、同課は現在オフシフトのため一課第五ヘパイストスが対応する。セリ・エリック組及びリコ・ニュクス組が出動。ヒト・イオ組は待機だ。


 メタストラクチャーの活動で目的がはっきり判明していないものの一つに『自閉形態』がある。それはある一定時間を活動すると突然沈黙し、再び活動を再開する。摂取したものの『咀嚼状態』と推測しているが未だ定かではない

 停止中はIVシールドを完全展開、つまり自らを歪めた時空に丸ごと没してしまう。その姿は異重力知覚で感知こそ可能だが、通常視認及び収束点狙撃は事実上不可能となる。

 以前、東京湾に現れたメタストラクチャーもこの自閉形態で、今回のパラスクイドも例に漏れない。自閉形態の停止時間は個体差があり、数時間から数ヶ月と様々である。現在でも沈黙中の個体は北米やアフリカ方面で確認されている。



 それが五月病なのかは分からないが、イオはすっきりしない日が続いていた。

 イオは報を受け、思わず張り切ってしまったが生憎の待機組である。パラスクイドならアンチグラヴィテッドはお呼びではなく、出現場所は対応が難しい陸部ではなく海上だ。へピイATiが予測する出動確率はゼロに近い。

 イオは意気消沈しながらガンナースーツを着用し、アーメイド二号機に向かう。


「ねえ、自分達だけ出ないのってそわそわしない?」


 コクピットで待機中のイオ、用がなければ一言も喋らないヒトに痺れを切らし、人類を代表してマグロに対話を試みる。


「あの二人なら、すぐ終わる」

「へえ、信頼してるんだ」

「ボク達ナーヴスは、歳の差以外、みんな同じだ」


 ――― おお、食いついてきた。


「あなたは違うって、みんな言ってるよ」

「キミと前任者ほど、差はない」


 ――― きーっ、なんてムカつく子! 履歴は見たけど確かに前任者は優秀……


 と、イオは憤慨するも事実は認めざるを得ない。

 イオは憮然としながら狭いコクピットで無理やり腕と脚を組む。対するヒトは特別に姿勢を崩した様子はない。視界同期ゴーグルは二人共降ろしたままだ。

 メインモニタには偵察ドローン、一号機、三号機の映像が映し出されている。


「えーえー、悪うございましたっ、どうせ私は他人の三倍かかったよ!」


 ――― 弟達だったら問答無用で引っ叩いているところだ!


「キミは、ボクのこと、気味悪がらないんだ」

「そりゃ、口が悪いのは生意気な弟達で慣れてるからね!」


 イオは勢いで口にしてから違和感に苛まれる。


 ――― あれ? もしかして私、噛み合ってない?


「キミは『よく見える』から、撃ちやすくていい」

「それ、もしかして褒めてくれてるの?」

「あまり、自信を失くされても、困る」


 ――― こいつほんと腹立つ! って待てよ、気味悪がるって何?


 イオが何か言おうとしたところで最後のパラスクイドを三号機が片づけた。

 メインモニタ下端に黄緑のアーメイドアイコンがポップアップする。


『アーメイド三号機、リコ。さくせん終了、きかんします』


 リコの少し辿々しい通信を聞いた直後、ヒトはヘッドセットに繋がれたガンナープラグを外し、そそくさとコクピットから出て行く。イオは黙ってそれを見送るしかない。

 うーむ、とイオは考えて別の違和感。


 ――― あぁっ、こいつシートベルトしてない!(考察時間三分)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます