第七話 不吉なフラグに困惑する。Aパート

 八月下旬某日、暑さも峠を越し、暦上の夏も終わりに近づいた午後。超研対一課第五ヘパイストスは三日間の巡回任務を終え、超研対ヨコスカ基地に帰港していた。

 この日ヨコスカ基地のヘパイストス着艦ドックの隣には、珍しく一課第四ペルセウスウィルが着艦している。彼らの本拠地は名古屋だが、イ重研本部しかできない重整備のための寄港である。


 その時ヒトは元二号機アーメイドAMD171から、機体制御用のサードパーティを現二号機アーメイドプラスAMD176に移植している最中だった。

 サードパーティは掌サイズの赤い箱型で『Kawakami』のロゴと大きな物理ボタンが一つ付いているだけである。ヒトはサードパーティに自らのカード端末を接続して通電テストを行う。

 カード端末には『Nerve Connective Control』と表示される。その表示を一瞥するとパネルの裏へ両面テープで貼り付けた。


 外したパネルを戻した頃、ヒトのカード端末に不明なメールが着信する。ヒトはメールを一目見て訝しんだ。その送信主の名は『キオ』。


「イタズラにしては、手が込んでいる……」


 ヒトはぽつりと呟いてメールを開く。メールにはヨコスカ基地内の物流エリア、コンテナ集積地のアドレス、今日の日付と時刻が記されている。本文は他にない。時刻は一時間後に迫っている。

 ヒトは作業を切り上げて、艦で使っている黄色いモタードで外出の準備を始めた。


・・・


 一方イオはリコを連れ出し、基地の近くに新しくできた業務スーパーへ買い物に出かけていた。皆のリクエストも聞いて出たので当然のことながら帰りは大荷物だ。

 二人してキャリーで荷物を引き、リコは大きく膨らんだレジ袋を下げている。イオは右手が杖なのでレジ袋は持っていない。

 だが、イオは秘密の『ある物』の調達に成功する。実はこのためにリコを誘ったようなものだ。艦外に買い物とくれば必ず大量のリクエストを受けざるを得ない。大荷物になれば己れの目的のものの大量確保が困難になる。そこでリコである。


「いやあ、この脚だからさ、一人じゃ無理だからホント助かった。お姉さん嬉しい!」


 嬉々としてイオは宣う。半分は本当だが半分は邪悪な企てである。


「白くてほそ長くて角ばったの、たくさん入っているけど、なに?」


 リコは小首を傾げながらイオに尋ねる。リコがぶら下げているレジ袋に大量に詰められた『ある物』。簡素な透明パッケージに小さなラベルが貼ってあるだけである。

 一見、何の商品か分からない。イオの思惑通りだ。


「ふふっ、これはオトナの食べ物だよ。これがないと病気になっちゃうんだ……」


 イオは不敵な笑みを浮かべる。もちろん嘘である。


「え、子どもはたべちゃ、いけないの?」

「食べてもいいけど、子どもには臭いがキツくて、大好きな人に嫌われちゃうよ……」


 もちろんこれも嘘である。


「えぇ……」


 リコは眉間に皺を寄せてひどく動揺する。全てはイオの計算通りである。

 そう、それが何かを知らないリコだからこそ、有効な企てであった。



 二人がヘパイストスまで戻ると、着艦ドック周りをうろつく不審人物を発見する。見れば一課第四ペルセウスウィル、ライトオレンジ&ブラックの制服を着た女性である。

 手に荷物はなく、辺りを見回しては同じところを行き来している。どう見ても挙動不審だ。


「え、あっ、あだーっ!」


 その女性はイオ達の目前で盛大に転ぶ。転倒を招くものは見当たらないにも関わらず。そして「眼鏡、眼鏡……」と落とした眼鏡を探している。


「一課第四の方ですよね? 大丈夫、ですか?」


 ――― え、なにこの絵に描いたようなドジっ子?


 イオはそう思いながら声をかけると、何気に豊かなバストが目に入る。「ちっ」と舌打ちするイオ。よく見ると左胸にはイ重研のバッジがあった。


「あの、その、ごめんなさい。私エル、えっと、エルザ・エマーソン」


 その女性、エルはしどろもどろだ。


「一課第四の分析官なの。他所の艦、うろちょろしてたら、あ、怪しいですよね……」


 緩いウェーブが入った黒髪に黒縁眼鏡、セリのそれとは違う白い肌はあまり活発そうには見えない。イオより二つ歳下だが、減り張りが効いたスタイルのおかげで大人びて見える。転んで破けたストッキングが艶かしい、とは中身がおっさん一名の感想。

 一課第四と言えば、以前に駿河湾南沖で共同作戦を行なった間柄である。

 自己紹介した後もエルは辺りをそわそわと気にしている。早熟な見掛けとは裏腹に今にも泣き出しそうな面持ち、あまりよろしくない事情を抱えていると見える。


「実はここに寄港した途端に、行方が分からなくなって……」

「えっ、迷子ってこと?」


 イオが尋ねると、エルは小さく首を振った。


「いやあの、パートナーを、ナーヴスの『カイ』を探しているんです」

「もしかして、あの、『双子のカイ』?」


 その名を聞いてリコは瞬時に事態を把握した。


・・・


 コンテナ集積地のとある路地。ここからはヘパイストス、ペルセウスウィル両艦とも見えない。高く積み上げられたコンテナのおかげで空は小さく辺りは薄暗い。ヒトが使った黄色いモタードは路地の外の通りに停められている。


「へえ、ボクの顔を見て驚かないんだ」


 一課第四の制服を着た少年、カイは言葉を口にした。

 カイはヒトによく似た背格好の少年だが、同じ淡いブラウンの髪は眉に掛かる程度に長い。その眼光は暗く強い意思を湛えていた。手には1m近い鉄パイプを持ち、自らの肩に載せている。


「駿河湾沖で、何度か殺気。一号機はキミだろう?」


 ヒトはカイの質問を無視して質問で返す。

 カイはヒトの態度が気に入らないのか、僅かに語気を強め始める。


「ボクは『プラズマガン』をオモチャにしたりしないからね」


 ヒトは眉を顰めた。

 一課第四の『バイブレードを好んで使う』一号機のガンナーはカイだった。


「なぜキオのカード端末、持ってる?」

「簡単だよ。ボクとキオはナーヴスでも珍しい『本当の双子』だから」


 ヒトはそれを聞いて片方の眉を吊り上げる。


「キミが知らないのも無理はないよ。ボクは一年遅れで前の年まで関西の施設だったから。双子はレアだから他のナーヴス達とは扱いが違うのさ」


 カイは言い終わると笑みを浮かべた。


「おかげでこっちの施設に移った時も、随分気味悪がられたもんさ」

「よく喋る。何がしたい」


 ヒトは普段と変わらない眼差しのまま、淡々と言葉を口にする。

 カイは肩に預けた鉄パイプをふいに降ろした。地面に「ごっ」と先端が当たる鈍い音。


「滅多にないチャンスだ。でもボクは殺したりはしないよ、『キミとは違うから』ね」


 カイがそう言うと光学迷彩を解除した護衛ドローンが姿を現した。


・・・


 カイがキオの双子の兄弟だとリコは噂で聞いていた。だが事件の加害者は徹底的に伏せられ、ほとんどのナーヴスが知ることはなかったのである。

 ただでさえ同族意識が強いナーヴス。双子なら尚更だ。無断で単独行動をするとなれば目的は明らかである。

 ヘパイストス周辺で散歩をしていたエド兵装統制官に声をかける。血相を変えたリコの頼みを断る訳もなく、ピックアップトラックを出してもらって四人で捜す。

 荷物はトラックの荷台に積み込んだ。リコは助手席でイオとエルは後席に乗り込む。


『ヘパイストスの中にヒトは居ないわ、ドローンも付いてない』


 リコのカード端末にセリから連絡が入る。ドローンを携行していないということはヒトは基地の外へは出ていない。


「ああ……あの子、ホント危なかしくって。ごめんなさい私の監督不行き届きで……」

「ええまあ、ウチもたいがい問題児なんですけどね……」


 ――― もしかして私もヒトを監督しなくちゃいけないんだろうか? 


「次、あっち、さがしましょう」


 トラックがヨコスカ基地の全ての物流倉庫を回った後、次にリコは指を左側に見えるコンテナ集積地へ差す。声が硬い。いつものリコからは考えられない顔である。


「あの子、カイはドローンも持ち出しているから……」

「ええっ!」


 エルは大事なことをぽつりと口にする。驚く一同。

 イオはその可能性をすっかり忘れていた。護衛ドローンは通常は基地の外へ出なければ携行許可は下りない。つまり基地内で持ち出すということは用途外使用である。

 トラックをコンテナ集積地の周辺で走らせているとリコが声を上げた。


「あっ、あのバイク!」


 リコが指差した先には、イオも見覚えがある黄色いモタードが停まっている。


「この辺りで別れて探しましょう!」


 そうイオは言い、トラックを路肩に寄せてもらった。流石に護衛ドローン付きでは何が起こるか分からない。イオもすっかり軽口を叩く気分ではなくなっている。

 いくらナーヴスが常人離れしていても相手がナーヴスならイーブンだからだ。

 雲行きが怪しくなってきた空を見上げると、二、三羽のカラスが不吉な鳴き声を発しながら飛ぶ様が見える。


 ――― って、なにこのフラグ。


 イオは囁いた。


・・・


「どうした? 抵抗はしないのか?」


 カイは寝転がったヒトの腹を蹴り上げ、ヒトは呻き声を上げる。

 すでにヒトはかなりの暴行を加えられており、まるで打ち合いになったボクサーのような顔だ。


「仮にキミを殺してしまっても、ボクも死ねば何も問題はない。ナーヴスの代わりはいくらでも居る。退官するまでボク達は戸籍がない『存在しない人』だから……ねっ」


 カイは屈んでヒトの髪を掴み、頭を引き起してヒトの顔を地面に叩きつける。

 用意していた鉄パイプは彼の足下に転がっている。


「キミ……キミは、何か勘違い、して、ないか?」


 ヒトは身体をゆっくり起こしながら絞り出すように言葉を口にする。


「勘違いじゃないさ。社会はナーヴスの存在は知っていても、誰が居るかまでは知らない。でなければ、キミがこうして何の罰も受けずに生きているはずが……ないっ」


 カイはまたヒトを蹴り上げた。


「罰……」

「なに笑っているんだ、気持ち悪いな」


 カイが今度は頭を踏みつけようと右脚を上げた時、ヒトは聞き覚えがある音を聞いた。


「ちょっと何してるの! あんた達!」


 イオは大声で叫び、その足はヒト達に真っ直ぐ向かっている。急ぎ足が杖を突く音を甲高くコンテナに響かせる。だが、護衛ドローンが行く手を阻み、イオの1mほど手前で静止した。カイとヒトとの距離はまだ6mほどある。


「こんなもの使って、ただで済むと思ってるの?」

「誰にも邪魔されないために用意したんだから、使わないとね」


 カイは冷淡に呟く。


「ほっといて、くれ……」


 ヒトが言葉を絞り出した後、イオは大きく深呼吸をして言葉を返す。


「あっ、そう」


 イオは右に一歩だけ動いた。すると護衛ドローンは同じ距離だけ右に動く。今度は左に一歩動くと左へ。後ろに一歩下がると一歩分前に詰める。イオは少し考える。

 イオは豪快に前進を開始し、カイの目の前で止まる。

 護衛ドローンはそのまま後ろに下がり続け、カイの頭上で止まってしまった。


「え?」


「来る前に調べた。イ重研製の護衛ドローンはイ重研関係者を撃てないって!」


 イオはカイに向かって威勢よく啖呵を切ると、左胸のイ重研バッジを誇らしげに指差した。因みに今日も曲がっている。


「伊達に生意気な弟達と渡り合ってないから。で、カイ君だっけ? 事情は理解できるけど、私もパートナーを壊されると困るよ!」


 カイは予想外の展開に唖然とする。

 そしてイオがそう言い放った直後、現場を見つけたエルが駆けつけた。


「カイ! もうっ、なんで……」


 と、エルは最後まで言い終わる前に、正面からまた綺麗に転んだ。

 転んですっ飛ぶのはもちろん眼鏡だ。ちょうどカイとエルの中間辺りに落ちて転がった。


「ああっ、眼鏡っ」

「えーっ、エル! なんでっ、なんでここへ?」


 その場で座り込んだエルにカイは慌てて駆け寄る。

 ようやく眼鏡を探し当てて掛け直したエルは、ぐったり横たわったヒトの姿を見るなり大声でわんわんと大声で泣き出した。


「なによこれっ! 何度も何度も、報復なんて止めろって言ったじゃないっ、あなた私を見捨てて死ぬ気なんでしょう!」


 エルは泣き喚きながらカイの頰を三往復、計六発殴る。バックハンドでも殴っていることから普段から殴り慣れている様子が窺える。正直、見ている方も痛い。

 カイは流石に辛くなって七発目でエルの手を止めた。


「なん、なんでよ! どうしてっ、私の言うことを聞いてくれないの! ねえっ」

「えっ、ち、違うよ、そこまで……ってそうだけど、いやいやそうじゃなくって!」


 カイは容易にドローンを突破されたことと、泣き喚くエルの勢いにすっかり毒気を抜かれていた。一先ず彼女を黙らせるため、自らの胸で強引に抱きしめる。

 エルはカイの胸で「んがんご……」と口を塞がれるも、「ズッ、ブーッ」と鼻をかんだ。


「え、えぇ……なにこれ……」


 イオは愚図り続けるエルを眺め、呆気に取られている。

 しばらくして、リコとエドも現場に辿り着く。リコは一目散にヒトの傍らへと駆け寄った。


「ヒト、ねえヒト、だいじょうぶ?」


 リコは苦労しながらヒトを抱き起こすと、血だらけの顔をハンカチで拭う。エルにつられて、今にも泣き出しそうな顔をしている。

 ヒトは言葉に口にできず、右手を伸ばしてリコの眼に溜まる涙を指先ですくった。

 エドはヘパイストスにカード端末で『問題は片づいた』とだけ連絡を入れた。カード端末の向こうで大騒ぎをしている声が聞こえる。


 ――― ったく、なんなのよ、このモテモテマン二人っ


 イオは心の中で悪態を吐く。

 リコは僅かに震えながら、おもむろに口を開いた。


「カイ、ヒトは、ヒトはあのとき……」


 リコから見て背中しか見えないカイを見つめ、訥々と言葉を投げかける。


「ぜったい、ぜったいに、あんな結果を、のぞんでなかった、と思う……」


 カイは何も応えなかった。



 イオとエドは一先ずこの場を離れることにした。もちろんカイとエルは置いていく。


「ヒト、この件、報告するナリか?」


 ヒトをトラックの後席に乗せてエドが尋ねる。戯けた口調はなりを潜め、普段の彼には似あわない物言いである。それを聞くということは事情をある程度は把握しているということだ。


 長い沈黙の後、ヒトは腫れた顔を歪ませながら口を開いた。


「ボクは、バイクで、転んだ、だけ……」


 ヒトはそう口にすると意識を失ってしまった。

 エドは黙ってヘパイストスに戻る指示を車載ATiに出す。

 ヒトの隣に座ったリコはヒトの右手を握り締める。


 カイは一課第四のガンナーであり、ナーヴスは兄弟同然の彼らだ。カイが他と違う感情を持ち合わせていたとしても、同じナーヴスである事実は変わらない。結論は目に見えている。


 ――― しょうがないなあ、これだから男の子は。


 イオは呆れたところで、ふと今日の買い物のことを思い出した。

 後ろを振り返って荷台を覗くと『ある物』のレジ袋だけがない。


 ――― あれっ? なんでない?


 窓から車外を見回すと、二羽のカラスが『ある物』をレジ袋ごとさらって地面にぶちまけ、せわしなく突っついているのが見える。


「んはあああーっ! なあああーんでえええーっ?」


 イオは思わず叫び声を上げる。

 トラックが動き出した所為でみるみるそれが遠くなっていく。

 見事フラグを回収した瞬間である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます