第29話ブラックアウト

 私は扉を蹴破ると倉の中へと入った。

 中に入ると棚がありその上に瓶に入った頭部があった。それらは二つありコプコプと空気が注入される音に混ざってくるくると回転していた。

 倉の奥には神崎稔がいてヘラヘラと声を出して笑っていた。

「何で俺が犯人だって分かったんですか?順子さん」神崎稔はそう言い笑い続ける。

「ごめんなさいね、私は魔法使いなの」その時プロペラの音が耳がつんざくように聞こえ倉の一番奥に扉が現れた。そして扉はバタンと音を立て内側へ向けて開かれる。扉の中は暗黒だった。

 私の心の中の硝子細工の扉もまた同じくバッタンと音を立てて開いた。

 神崎稔は扉を振り向き大きな声を上げ笑い続けながらその暗黒の中へと走って入っていく。


 遅れて入ってきた薫風が「首が・・・首が瓶の中で浮いてる・・・」と言った。

「あなたは外で待ってなさい。私は異界に入って彼を追いかけるから」薫風を見ると呆然と顔を青白くさせ立ち尽くしている。

 私は薫風の肩を揺さぶり「しっかりしなさい!」と言った。それでも薫風は黙ったままなので唇に舌を入れてキスをした。

 薫風の目が開かれる。

「順子さん・・・セカンドキスです・・・」と薫風はまばたきを数度繰り返しながら言った。「それも舌を入れた・・・」

「あなたは家に帰りなさい。私は必ず帰ってくるから」

「異界という場所に行くんですか?私も行きます!!」薫風は大きな声でそう言った。

「これは魔法使いの仕事なの!あなたに出来ることは何もないわ!」

「私も手伝います!」薫風の決意は固いようだ。この子は絶対に私についてきたしまうだろう。


 そして私は異界の扉の中へと入っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます