蒼き太陽の詩

作者 SHASHA

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第10話 王様っていうのはどんなお仕事…へのコメント

    ソウェイル王、めっちゃ勉強になりました……。その調子でちょっとずつ立ち直ってくださいませお願いします……。

    あとホスロー君がいちいちかわいいです。立ちションて。

    作者からの返信

    おお……我らが王がまともに王としての職務の何たるかを理解なさっていた
    ……(笑) ソウェもやればできる子なんですよね、本当は。やっと安心できるところで療養できてちょっとずつ自分を取り戻しつつあるので今しばらくお待ちください!
    ホスローはほんとのほんとに小学生男児です……(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月19日 20:23

  • 第10話 王様っていうのはどんなお仕事…へのコメント

    ホスロー君が良いですね。
    >「書いといた方がいいぜ」
    笑。

    作者からの返信

    8歳の真面目で正直な意見ですよね!!(笑)
    彼はきっと学校の敷地内で立ちションして親呼び出されてお坊さん教師とユングヴィに同時に説教された経験があるんだと思います✌
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月18日 22:39

  • 第10話 王様っていうのはどんなお仕事…へのコメント

    ホスローくんが正直すぎて微笑ましいです(笑) そりゃみんな美人のお姉さんとおしゃべりしたい……いや、ソウェイル君ほどの美青年なら、隣にシャフラちゃんがいてもお近づきになりたい……。なにはともあれ、女性外交官なシャフラちゃんの姿は、見てみたいですね~!

    作者からの返信

    ホスローを書いていると「両親にちゃんと愛情を注がれてるんだな」と思ってしまいますね(ひどい生い立ちの他のキャラを眺めつつ) 欲望に正直ですよね、まあ確かに美人のお姉さんとおしゃべりしたい……。
    シャフラちゃんのお仕事がどんどん増えていく! がんばれがんばれシャフラちゃん!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月18日 22:38

  • 第10話 王様っていうのはどんなお仕事…へのコメント

    「最近あんまり真面目に働いてなかったけど」って言うところに笑いとどうじに胸の痛みを覚えました……
    あとソウェイル、王様のしごとを子供にわかりやすく説明できるだと……!?

    作者からの返信

    とんでもないブラックジョークですよね。いや、まさしくそのとおりで、正しい自己認識ができているな!?って感じなんですけど……イブラヒム執政が嫌がるから……。
    よくぞお気づきで……! ソウェも実はやればできる子なんですよ……やる気がないだけで……!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月18日 22:36

  • 第9話 台所でぼんやり過去回想するユン…へのコメント

    ホスローくん、ちょういい子……(゚ーÅ) ホロリ

    こんなときに思うことじゃないかもだけど、ホスロー君は将来女心がめっちゃ分かって、一緒に居たら楽しくて安らげるタイプのモテ男になるだろうな、と思いました(*´▽`*)

    作者からの返信

    ホスロー、パパに似てますよね……。顔はほぼママのクローンなんですけど……。
    やったー米子さんから高評価を得られたぞ! ホスローは中でもイケメンになる予定なので(見た目ではなく心が!) 物語が進むとホスローは24歳まで書くことになりますからね……楽しみにしていてください……!
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月16日 10:41

  • 第9話 台所でぼんやり過去回想するユン…へのコメント

    ああー、母ちゃん! ホスロー君が本当に立派に育って……。アーちゃんが胡麻をゴリゴリしているのが、効果音的で良いですね。かわいい。よくこんな描写、思いつきますねえ。

    作者からの返信

    そう、母ちゃん! 6章ではお腹にいた子がこんなに立派になりました!! もう8歳です。そろそろ分別がついてくる頃……。
    アーはマイペースですね……周りが何をしていてもぜんぜん気にしないっていう……ごりごり……。いるんですが台詞がぜんぜんなくて作者は寂しいです(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月16日 10:35

  • 第5話 消えてしまいたいへのコメント

    ああ~! サバシュの名セリフのオンパレードがここに……!! 
    「散れ」! かっこいい……! 

    特にこの辺も……! 
    「俺には言えないのか? 俺にも言えないのか? どっちだ」
     温かくて、暖かくて、涙が止まらなくて、
    「言ってくれ」
     その声が、祈るようで、縋るようで、願うようで、

    (最新話から戻って再読しました)

    作者からの返信

    オレンジさんてば!!(笑)
    そうそう、このユングヴィ妊娠発覚前後のサヴァシュは健気というかなんというか、ホスローの言うとおり、いっぱい好きって言ってあげてほしいですね!
    このシーンだけ見るとサヴァシュがイケメンに見えるから不思議……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月16日 10:33

  • 第9話 台所でぼんやり過去回想するユン…へのコメント

    アイダン、びっくりするほどマイペースですね!?
    ホスローくんちょうけなげ!

    作者からの返信

    アイダンは周りの人間が何をしていてもあんまり気にしない子なんです……(笑)
    ホスローはああ見えていろんなことを考えているんですね。
    それにしても6章であんなに揉めてたあの時の子がこんなに大きくなるとは……
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月16日 10:32

  • 第8話 サヴァシュのお情けで貸し出され…へのコメント

    お邪魔しています、しちみです。

    今回の話、何度か目を通していて、そのたびに和んでます。

    ただ、毎度最後の「陛下」の部分で「あっソウェイル陛下なんだよね。王様なんだよね。王様……」と、我に返ります。

    作者からの返信

    なんと! 読み返していてくださったんですね! ありがとうございます!!
    久しぶりのほのぼのですもんね……ソウェがママに甘えてダリウスもママがいいって駄々をこねてて……からのサヴァシュ……。ユングヴィ逆ハーでは!?と思ったんですが何か違いますね……(笑)
    そうそう、女の子たちは昔は「殿下」って呼んでたんだと思います。その流れで。坊ちゃまはホスローのことだろうからおかしいし、ソウェイル様に改めさせようかちょっと悩んだりもしましたが結局陛下採用です。実は王様なんです……ママに膝枕させてるけど……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月16日 10:31

  • 第8話 サヴァシュのお情けで貸し出され…へのコメント

    サヴァシュが素敵すぎて……!

    今日の名描写:次の時、思い切り引っ張られた。体が崩れる、と思ったところで、抱え込まれ、抱き上げられた。

    作者からの返信

    ほんとに!? ほんとですか!? ほんとに素敵ですか!?
    でも実はこのエピソードには裏設定があって、サヴァシュはユングヴィの体調が心配なので子供にべったりになってるなぁ休ませなきゃなぁと思った時には時々こういう行動に出ます。実は。まともな意味があったんですね。ユングヴィはそういうところ自己管理できませんからね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月12日 15:41

  • 第8話 サヴァシュのお情けで貸し出され…へのコメント

    完全回復ですね(*´▽`*) 2歳児と火花を散らすソウェイル君、ぎゃんかわです💕

    作者からの返信

    はい、すっかり元気になりました! あとは王様をやる覚悟を決めるだけですね……それが長いんですけどね……!
    しっかりしてくれアルヤ王~お前が戦うべき相手は2歳児ではない~😢
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月11日 22:11

  • 第8話 サヴァシュのお情けで貸し出され…へのコメント

    2歳児に喧嘩を売られるアルヤ国王で全腹筋が崩壊しましたし、その上をいくサヴァシュwwwwwwwwww

    作者からの返信

    アルヤ王(今月19歳)、2歳児と本気で喧嘩しないでほしいですよね! しかも喧嘩の理由がママの奪い合い! やめなさいお前たち!
    実はユングヴィ逆ハー回だったんですがユングヴィは何にも嬉しくなさそうです……(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月11日 22:10

  • 第8話 サヴァシュのお情けで貸し出され…へのコメント

    お父ちゃん登場で幕引き……、に、なるのか?(笑)
    ソウェイルかわいい♪(はたで見ている分には)

    作者からの返信

    お父ちゃんすぐ「お母ちゃんは俺のもの~!」と主張し始めるので、2歳のダリウスはともかくホスローやアイダンは「お母ちゃんはお父ちゃんのもの……」って認識してると思いますね(笑)
    そうそう、はたで見ている分にはいいんですが、大学一年生の息子がお母さんと一緒に寝るって言ってるんだと思うとなかなかね……はい……
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月11日 22:07

  • 第7話 生きていてほしかったへのコメント

    全てが刺さりすぎて何をこめんとしていいものやら20分ほど迷いましたが!!

    ソウェイルはユングヴィのお腹の子がフェイフューによって流産させられたことを確信していなかったというのがいちばんしんどかったです……

    そしてソウェイルはいま3歳児(語弊)なんですね!もりもりたべて元気になってください

    作者からの返信

    そう、ソウェは何も知らなかったんですよ……ソウェこそフェイフューを信じていたんですよ。フェイフューをそんなに悪い奴だと思ってなかったんですよ……。
    はい、まずは胃に優しいものからちょっとずつ食べていきます。実質三歳児ですよ本当に……
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月9日 21:23

  • 第7話 生きていてほしかったへのコメント

    仲直り……(´;ω;`)ブワッ

    時間はかかったけれど、かつての仲がいい親子に戻れましたね!!! これからある意味最強の味方を手に入れたソウェイル君の快進撃が始まるのだと思うとワクワクします!!!

    作者からの返信

    ソウェとユングヴィはコミュニケーションが取れました……そして私の作品ではコミュニケーションが取れた人は生き残れるのです……コミュ障に厳しい蒼き太陽の詩……!
    そうです! まだしばらくはオギャりますが、14章最終話ではあの人に立ち向かいますよ……!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月9日 21:20

  • 第6話 反抗期がいとおしいへのコメント

    今日の名セリフ
    >「おう」
    いいですねー、ホスロー君!

    作者からの返信

    ホスロー、ママの願望を凝縮したような振る舞いをしましたね……! ママのナイト……そんなことしなくても大丈夫よって言ってあげたい……!
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月5日 07:10

  • 第6話 反抗期がいとおしいへのコメント

    ソウェイル君は確かに反抗期が来て然るべき時期にはユングヴィちゃんにべったりだったので、反抗期が遅れてきた感じがしますね。反抗期も、成長する上では必要なことだから、良かったのかもと思いつつ、母親想いのホスロー君にほっこりしました💕 ホスロー君、エライ! カッコいい!!

    作者からの返信

    そうそう、ソウェイルの9~10歳はユングヴィと離れ離れになるのが嫌でぴぃぴぃ泣いていた時代でしたからね……中学生くらいの時もユングヴィにべったりでしたし……やっと親離れしようとしている……自我の確立……!!
    ホスローが順調に育っています。きっとパパの教育がいいんでしょうね♥
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月4日 21:46

  • 第6話 反抗期がいとおしいへのコメント

    あんなに弱かったユングヴィが強くなって、感動で泣きます……!

    ソウェイルの反抗期が秒で粉砕された……

    作者からの返信

    はい、ユングヴィが強くなりました! 第一部のユングヴィだったらソウェイルがこんな態度を取ったら泣いちゃいます!
    ソウェイルの反抗期はまだもうちょっと続きますがユングヴィからすれば大したことではないのです✌
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月4日 21:44

  • 第5話 みんな知らないうちに成長しているへのコメント

    ここから良い展開来ますかね!?

    作者からの返信

    来ます! ご安心ください✌️
    次回はまだちょっとごたごたですが、来週には雰囲気ががらっと変わります!
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月2日 06:51

  • 第5話 みんな知らないうちに成長しているへのコメント

    お兄ちゃんの帰還……、でもホスロー君以外覚えておらず……、というところが「子供だから仕方ない」とおもいつつ、今の長男(仮)を見たユングヴィには辛いところが……ことばにできないです

    作者からの返信

    乳幼児の3年はあまりにも大きすぎます……。ホスローが覚えていたのも奇跡のようなもので、それもこれもホスローがソウェに可愛がられていたからなんだよなぁ……と思うとユングヴィはつらいでしょうなぁ……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年5月1日 21:44

  • 第4話 息子は雨の日に帰ってきたへのコメント

    オルティ君、雨に濡れながらソウェイル連れてきたんですね……頑張ったね……。

    ソウェイルは魔窟から離れて、ついでに禁酒して休んでください(真顔)。
    彼自身はユングヴィたちを拒絶してたので、休まるかはわかりませんが……。

    これをきっかけに、きちんとコミュニケーションとれるといいな。

    そわそわしながら次の更新日を待ちます!

    作者からの返信

    しちみさんに褒められてオルティくんは喜ぶと思います……! 彼普段ぜんぜん褒められませんからね……こんなに苦労しているのに……

    そうそう、まずは禁酒、それから規則正しい生活ですね! この家庭はそれだけはしっかりした健康的な家庭なのでソウェイルもがっちり矯正されます!!
    まあ、その辺はおいおい……ソウェイルも頑張れ……!!

    ひえ~ん応援本当にありがとうございます次回もがんばります!!

    コメントありがとうございます!!

    2019年4月28日 16:31

  • 第4話 息子は雨の日に帰ってきたへのコメント

    オルティ君を絵で見たいです!

    >オルティはゆっくり腰を落とした。背中のソウェイルを刺激しないよう、滑らかで落ち着いた動作でその場にしゃがみ込んだ。

    いや、この動作全部が見たいから動画が必要か……。雨に濡れているところも、オルティ君の良さがさらに引き立つ描写ですね。さすがSHASHAさんです。

    そしてソウェイルがサヴァシュにリレーされた……! サヴァシュ殿は頭の中におおよそのイメージが出来上がっているので映像は不要なのですよ。

    旅から戻り、「土曜のアオタイだ!」と読ませて頂きました。旅は楽しかったですが交通機関の遅れがすごくて、疲れました。

    作者からの返信

    オルティくんこそイケメンのはずなので絵とかにしたい気持ちはありますが私が絵が下手だし年に一度も描かなくなってしまったので再現できないんですよね!
    武術をやって体を鍛えている人の所作なので美しいと思うんですけどね……誰も言ってくれないですね……(笑)
    何度でも言いますオルティくんはイケメンです!!

    サヴァシュは最近私の中で鋼の錬金術師やアルスラーン戦記の荒川弘先生の絵で脳内再生されます✌️

    旅行、お疲れ様でした! おかえりなさい~! 旅にはハプニングがつきものですよねぇ……

    コメントありがとうございます!!

    2019年4月28日 10:25

  • 第4話 息子は雨の日に帰ってきたへのコメント

    行動が早いオルティ君、しゅてき……。

    作者からの返信

    オルティくんがイケメンすぎて困っちゃいますね……。こんなのみんなオルティくんを好きになるに決まってるじゃん……と思いながら書いています。10章の少年だったオルティくんが懐かしい……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月27日 23:00

  • 第4話 息子は雨の日に帰ってきたへのコメント

    ソウェイルがユングヴィ視点だとここまで痛々しいのかと思って……でもよかった!ママのところで羽を休めてください……ソウェイル

    作者からの返信

    カノちゃん本当にソウェイルに一ミリも興味なかったんだな!?って思っちゃいますよね!! ソウェイルがここまでぼろぼろになっているのに何にも考えなかったカノちゃん!! 鬼!!
    しばらくはママが守ってくれますからね……ゆっくり休みましょうね……
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月27日 22:59

  • 第3話 オルティはいつもこういう役回り…へのコメント

    ああ、とても良い回でした。
    てっきり土曜日更新かと油断していました。
    これから旅行に出発です。ああ準備が、でもオルティ君だし、どうしようどうしよう、となって、結局読んでしまいました……!

    もう時間がありません。今回もサヴァシュが素敵でした。やはりサヴァシュ。そしてアーちゃん。秘密の特訓を受けて女傑に成長しそうです。
    >あのおっとりとして気品のあるオルティの姉
    お姉さん、ユングヴィにはこう見えていたんですね!

    オルティ君のことは書く時間が無くなってしまいました。では、また!

    作者からの返信

    ほんとですか!? 楽しんでいただけたなら嬉しいです!
    本当は週2更新を維持したいんですよ……なので書けたら急に水曜更新復活です……来週からまた週2更新固定にするかもしれないです……
    旅行大丈夫だったんでしょうか!? 楽しんできてくださいね!!

    オルティくんはいつもそういう役回りの男なんですよ……(笑)

    よくぞお気づきで!
    そうそう、アーはギゼムお姉ちゃんに武術や馬術を習ってるんですよ……ナーヒドが知ったら嬉しいでしょうね……! そして将来はすごい女戦士になります。やばい。こわい。でもユングヴィは知らないっていうね。すごい話です。

    コメントありがとうございます! いってらっしゃ~い!!

    2019年4月25日 16:20

  • 第3話 オルティはいつもこういう役回り…へのコメント

    カノちゃんが手ェだした男の子たちって、実はおぼっちゃまばっかりなのですか!?(そこ!?
    あとユングヴィがソウェイルのことまだ心配していて、すごくホッとしました…
    規則正しい生活するんだソウェイル

    作者からの返信

    そう、そうなんですよ!! だいたい貴族の子弟なんです!! 白軍は家を継がない貴族の次男三男が多いのでね!! そんな中食い散らかしたカノちゃん……そりゃオルティくんも怒りますよね……
    すごくすごく心配してるんですよ本当は……! でもフェイフューの件でソウェが怒ってるので話し掛けられないんです……
    そして禁酒ですね!!!!!!!!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月25日 16:07

  • 第3話 オルティはいつもこういう役回り…へのコメント

    オルティくん~~~!!! 頑張って、君の思い切りにアルヤ王国の未来がかかってるよ!!!

    作者からの返信

    オルティくんはいつもこういう役回りになる……
    アルヤ王国の何も知らない人たちからしたら草原のド田舎から来た野蛮人が王にあれこれしているように見えるんでしょうね……オルティくんを搾取するアルヤ人たちサイテー……いや今回の言い出しっぺはサヴァシュですけど……
    オルティくんは偉いです……!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月25日 16:05

  • 第14話 紫の剣は太陽に彼の猫を連れて…へのコメント

    うおおおぉぉぉおおお!!!!??? ラームがッ!!!! 紫!!!!

    作者からの返信

    うふふ、楽しんでいただけて何よりです💕
    十神剣が10人揃いました! やったね!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月23日 22:10

  • 第2話 二人で遠くに行こうへのコメント

    おばあちゃんユングヴィという新たな可能性をみました!!

    作者からの返信

    ユングヴィの包容力が閾値を超えた……!?
    ソウェイルに娘がいるのでおばあちゃんでもおかしくないんですけど、きっとそういう話じゃないですよね……(笑)
    隠居した身なんですよ彼女は……
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月21日 12:54

  • 第2話 二人で遠くに行こうへのコメント

    久々のサヴァシュ。じっくり味わいながら読みました。そうですか、脂肪が……。
    最強の戦士でありながら「隙を見てまめにべたべたしないといけない」という思考がもう最高です。ああ、サヴァシュ!

    作者からの返信

    そうです、サヴァシュ、元気なんですが、ちょっと中年太りを……(笑) 36歳ですからね……運動量減ってますしね。
    嫁にべたべたして元気をチャージしているようです。子供たちがいないうちにね!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月20日 22:52

  • 第2話 二人で遠くに行こうへのコメント

    草原に行こう、かあ。今のアルヤ王国だったらそう思っちゃいますよね……。――頑張ってソウェイル君!!!

    作者からの返信

    おっさん、もう草原にいた時よりアルヤ王国に住んでいる年数のが長いんですけどね……(笑) でもほんと、おっさんアルヤ王国でひどい目に遭い続けてきたので、かみさんがそう言うのも仕方ないですよね……。
    がんばれソウェイル!!!!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月20日 21:25

  • 第13話 絶対ゆるさないからなへのコメント

    ンァ……

    作者からの返信

    鳴き声が……井中さんの鳴き声がする……
    13章、地獄のような話でしたね……もう終わったから大丈夫ですよ……!(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月18日 13:41

  • 第15話 王になるための条件へのコメント

    せっかく会えたのに......殺し合い......ああああぁぁぁあああ!!!!酷すぎます......。

    作者からの返信

    ああ……読んでくださってありがとうございます……どなたかと思ったら猫ラーメンさんと同一人物なんですね……! いつもお世話になっております!!
    この話あらすじやキャッチコピーやエピソードタイトルがネタバレだらけなのでちょっと申し訳ないです(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月17日 10:02

  • 第1話 男児はこんな感じで育つへのコメント

    SHASHAさんの幼児の描写がいつもかわいいなあと思います。
    そしてサヴァシュ家は平和な様子で良かった。
    来週はサヴァシュご本人が登場なのですね、楽しみです。

    へいた氏の今回の写真、おしゃれに撮れていましたね。でも尻尾の下には…(笑)。尻尾、ご立派ですよね。

    作者からの返信

    ふふふ、ありがとうございます! サヴァシュとユングヴィの子供たちは両親にたっぷり愛情を注がれているからか反応が素直なイメージがあって書きやすいです。
    この家庭は平和ですね……宮殿は荒れ放題なのに……!

    へいたは野良猫の保護団体から譲り受けた元野良ですが、野良の子猫は尻尾が骨折したりちぎれたりしてしまって、長くまっすぐの尻尾を維持できないことが多いんですって。いわゆるかぎ尻尾というやつですね。でもへいたは尻尾がまっすぐで長く、ボランティアさんに「この子は美しっぽですね!」と言われていました。
    というのを今思い出しました✌

    大変な中私の作品を読みに来てくださって本当にありがとうございます。今は少しでも心安らかに過ごされますように。

    コメントありがとうございます!!

    2019年4月15日 21:49

  • 第1話 男児はこんな感じで育つへのコメント

    1から一気に読んできましたー! 眠いぜ・・・

    団欒を見ると心安らぐ・・・んだけど現状の最大の原因とも言える人が中央と縁を切ってのんびりしてると何のために王位継承争いやってたのか分かんなくなりますね。

    とはいえ、このまま2部の最後で語られた十神剣たちはこのまま歴史に埋没していくのかなーとも思っていたのでここでユングウィにスポットが当たってとても嬉しいです。

    このあとの展開に十神剣が何をするのか、とても楽しみです。

    作者からの返信

    一気読みしてくださったのですか!? この長さを!? めちゃくちゃ嬉しいです、光栄です!!
    ほぼ明け方ではありませんか……睡眠は大切になさってくださいね……!

    13章が荒れ放題だったので14章は落差がすごいな~と作者である私も思っております。ですが、そうですね、フェイフューを追い詰めたのはユングヴィだし、もっとおおもとをたどっていくと彼女がソウェイルに王になってほしいと言ったんですものね。

    3年間の沈黙を経てユングヴィ(とサヴァシュ)は歴史の表舞台に戻ってきます。今後この夫婦がソウェイルとどうかかわっていくのか、見守ってくださると嬉しいです。

    コメントありがとうございます!

    2019年4月15日 11:47

  • 第1話 男児はこんな感じで育つへのコメント

    今回は、すっごくほのぼのしました~。ユングヴィとサヴァシュの一家が平和でよかったです……第二部終了以降、どうなってたのか気になってたので……。

    「あーわかる、小さい子って暗号しゃべるよね」と一人でうなずいておりました。ほほ笑ましい。

    作者からの返信

    ご心配をおかけしております!! 元気でした👍 宮殿は荒れ放題ですがこの夫婦は順調に子供を増やして家庭円満で暮らしていました。1話は出てきませんでしたが2話でふつーにサヴァシュも登場するのでご安心ください!
    あとさすがに13章が底です(笑)
    3歳を過ぎたらまたもうちょっと言葉らしくなるんでしょうけど、2歳はしょうがないですね✌
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月14日 16:42

  • 第1話 男児はこんな感じで育つへのコメント

    平和だ!!! 穏やかだ!!! 家族団らんだ!!! やっぱり✨平和✨って尊いですね!!!

    作者からの返信

    これからみんなで夕飯🌃🍴です!!
    平和ですね……平和な家庭です……13章は何だったんでしょうね……いえこれからここにアルヤ王が帰ってきて揉めるんですけどね……!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月14日 06:45

  • 第1話 男児はこんな感じで育つへのコメント

    おしりくんくんでチェック、判ります! 懐かしい(笑)。

    作者からの返信

    しかも時代的に絶対布おむつなのでそこまで至近距離でくんくんしなくても分かりそうな気がしますね(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月13日 21:59

  • 第1話 男児はこんな感じで育つへのコメント

    よかったユングヴィ、あの怪我で子宮に損傷がなかったらしくて……!そして順調に子供が増えていて「この夫婦はw」って思いますね……

    作者からの返信

    そう、私もその辺ちょっと考えたんですけど、私がハッピーな大家族が好きなので特に後遺症はなくその後も増える方向性にしよう!と思い、こんな感じになりました✌ 妊娠はしんどいですが健康といえば健康です。
    そうなんですよ~~~~あの夫婦仲がよすぎる~~~~!!!!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月13日 21:58

  • 第13話 絶対ゆるさないからなへのコメント

    生まれた!!! 続き気になります! 疾走感のある回でした。

    ソウェイルの吐血よりも、「カノのやつ、絶対ゆるさないからな。ここまでしてやったのに俺を捨てていくなんて、絶対、絶対ゆるさないからな」というセリフがすごく印象的でした。

    ところで、今度からは土曜日週一回更新になるのですね、承知しました。

    作者からの返信

    生まれちゃいました……王位継承権第一位の男の子です……この子はまた揉めます、登場は第五部(シリーズ最終章!)ですが、王妃様の産んだ異母弟と戦うはめになります……! 頑張れパパ!!

    まあ、ソウェイルからしたら「あれだけしてやったのに!」という気持ちがあったんでしょうね。カノとの再会は10年以上先の話になりますが、さて、どうなることやら。

    はい、更新頻度が下がってしまいますが、誰より作者が一番悔しがっております……でも仕事にはかえられませんでした……(涙) 早く新しい職場に慣れて平日も執筆できるようにしたいです……。

    コメントありがとうございます!!

    2019年4月11日 11:30

  • 第13話 絶対ゆるさないからなへのコメント

    続き!
    続きをお願いしますっ!!

    作者からの返信

    は~~~~いしばしお待ちください!!
    次の更新は4月13日(土)ですので、楽しみにしてくださると嬉しいです!!
    続きを求められるの、すごく嬉しいです……頑張って書こうと思います。14章からちょっと更新のペースがダウンしてしまいますが、定期更新は死守しますのでね!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月11日 11:23

  • 第13話 絶対ゆるさないからなへのコメント

    エカチェリーナ様、もしかしてカノちゃんのこと殺しちゃうのかなと怯えてましたが、そこまでの御方ではなかったようで安心しました……。でもなんだか今回のエカチェリーナ様はヤンの薫りがして美味しかったです。「貴方の妻は私一人でいい」。

    血を吐いたソウェイル君のことも心身ともに心配だけど、更に波乱が巻き起こりそうで、胸がドキドキしてしまいます!!!

    作者からの返信

    エカチェリーナ様、ハレムで死体の処理をしたくなかったというのが本音です。母国から連れてきた侍女は何人かいますが、母国から兵士は連れてこれなかったので、死体を運び出すのが難しいんですよ……。カノが勝手に自分の足で遠くに行ってくれる方がカーチャとしても楽だったんですね。カーチャは本来血なまぐさいことは苦手ですしね(ほんとに! ほんとだよ!!)

    この後ソウェイルが男の子を産んでくれそうな第二王妃を探すんだと思うとやばいです。

    ちょっと胃潰瘍なのでしばし療養をしようと思います。14章では安心して休んでねソウェイル、ママが看病してくれるからね……(笑)

    コメントありがとうございます!!

    2019年4月11日 11:21

  • 第13話 絶対ゆるさないからなへのコメント

    ソウェイルの子!
    これは、カノ、お子ともども危なくなってきましたね。

    作者からの返信

    はい、ソウェイルの子でした。
    ああ~~~~また王位継承で揉めてしまう~~~~
    とりあえずカノと子はこの時点で一回物語の表舞台から消えてもらってまた第五部に再登場します……
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月11日 11:16

  • 第13話 絶対ゆるさないからなへのコメント

    ソウェイルの子だったんですね!!!!!

    作者からの返信

    そうです!!!
    つまり!!
    王位継承権第一位!!!!!
    カーチャに男の子だとバレる前に逃げてよかったですね! 今度こそ暗殺されるぞ!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月11日 11:15

  • 第12話 加密列《カモミール》の魔女と…へのコメント

    お邪魔しています、しちみです。

    そう……こういう時って、誰にもバレないようになんとかしようとして、それがかえって事態を悪くするんですよね。カノちゃんの気持ちも、その先に待つ未来も分かるだけに、言葉が出ません。

    ベルカナさんが悲しんでますね、これは……。

    作者からの返信

    こんばんは!! ようこそ!!💕

    そうそう、隠せば隠すほど雪だるま式に悪いことが積み重なるんですよ……。カノちゃんはここで周りにいる人(主にソウェイル)に相談していればもうちょっと何とかなったでしょうね……。
    ベルカナ、浮かばれませんね……。9章8話で子育ての話もしていたのにね……。

    コメントありがとうございます!!

    2019年4月7日 20:03

  • 第12話 加密列《カモミール》の魔女と…へのコメント

    あらー! なんと!! そうですね、カノちゃんならこの選択をしそう。昔から思慮が浅いのですよね。頼るべきはシャフラちゃんのように思いますよ。

    作者からの返信

    はい、カノは昔からここぞという時でまずい道を選びます!! カノはいつもそうだ……びびって引っ込んじゃうんですよね……普段は偉そうなことを言うくせに……!
    シャフラちゃんに話をすればもうちょっとマシな展開になっていたでしょうね。ベルカナが泣いてますよこれは……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月6日 22:59

  • 第12話 加密列《カモミール》の魔女と…へのコメント

    カノちゃん気づいてーーー!!! その手を取ったら破滅!!! ヤバいことになるから!!! ソウェイル君に相談した方がきっとまだ何とかなるよ!!!

    作者からの返信

    そう!!!! そうなんですよ!!!! なんでソウェイルに相談しないんでしょうね!?? 私も米子さんがくださったコメント見て「ソウェイルに相談しろよ!!」って思いました!! そうですよね、絶対「産めば? 俺の子として育てるし……」みたいな感じでしょうしね。なぜ相談しないんだ……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月6日 22:57

  • 第12話 加密列《カモミール》の魔女と…へのコメント

    えっえっえっエカチェリーナ強い!と思いつつ、このままカノが帰ってこない気がしてちょっとすっごく怖いです……

    作者からの返信

    エカチェリーナ、強いですよね!! 本当は怖い女だったのだ……実はカノが道を踏み外すのを待っていたのですよ……こわいこわい……。
    まずはカノが無事に出られるかどうかですね……そして無事に産めれば……そして何を産むのか……
    ベルカナは浮かばれませんね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月6日 22:55

  • 第11話 この上なく哀れでございますへのコメント

    カノちゃん……。精神的にどん底になっている上に、肉体的にもなんだか、フラグが……。この予感が当たっていたら、更に凄まじいことになりそうで今から震えております……。

    作者からの返信

    はい……フラグが……しゃしゃさんの書く話ですからね……そういうことは多発しますよね……。
    男の子だったら王位継承権が……いえ、何でもないです、次回をお楽しみに……!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月4日 13:32

  • 第11話 この上なく哀れでございますへのコメント

    最近のカノをみてると、やっぱり精神がダウナーになるとどんなカノ思いの忠告も聞けないのだな って思います…

    あとシャフラが「ザ・文官」みたいでカッコいい〜!

    作者からの返信

    被害妄想のかたまりとでも言いますか……追い詰められていると何を言われてもマイナスに受け取ってしまいますよね。劣等感の裏返しの攻撃的な態度……おいしいもの食べて落ち着いて……と思ったけど、つわ――おっと何でもありません!
    シャフラちゃんは頑張ってます!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年4月4日 13:30

  • 第10話 享楽の宮殿へのコメント

    なんかすごいことに……!

    作者からの返信

    ヤバいです! このヤバさも13章だけですが! 暑さ寒さも彼岸まで✌ ついてきてくださってありがとうございます!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月31日 21:52

  • 第10話 享楽の宮殿へのコメント

    なんてことだ、蒼宮殿が…!
    カノちゃんの情念、怨念、そして空虚さを描き出している点で、十三章はすごいと思います。

    作者からの返信

    地獄の様相を呈してきました!
    こんな暗い話13章だけです……作者自身が「やりすぎでは?」と思ってしまったなど……やるなら徹底的に!と思ったんですが……
    カノちゃんの情念はすごいですね。このままだとアルヤ王国を滅ぼしそうです……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月31日 21:52

  • 第10話 享楽の宮殿へのコメント

    ファーーーーッ!!! 天国でベルカナママが大泣きしてそうですね!!!

    作者からの返信

    死んでも死にきれないですよね!! ママすごいショックだと思います!! 心配していたことが現実になってしまった!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月30日 22:49

  • 第10話 享楽の宮殿へのコメント

    ザ・退廃ですね…(`・ω・´)キリッ
    カノ、いまフェイフューが蘇ったら、首を落とされていますね。

    作者からの返信

    退廃です……ヤバいです……どろどろになってしまいました……。
    そうそう、フェイフューが生きていたら絶対に許してないですよこれは……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月30日 22:47

  • 第10話 享楽の宮殿へのコメント

    誰か止めてあげてー!

    作者からの返信

    オルティくんとシャフラちゃんでは難しいです……!
    やっぱり十神剣って偉大な存在でしたね……!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月30日 22:47

  • 第9話 囁く声は同じなのに掻き抱く腕が…へのコメント

    おっとここでエカチェリーナ様のご登場か、と身構えていたらシャフラちゃんで安心してしまいました。エカチェリーナ様だったら首が飛んでいたのでは……。

    作者からの返信

    ここでエカチェリーナとか反応が早い!!(笑) 彼女はもうちょっと決定的なところまで待ちます!
    シャフラちゃんはしんどい役回りです😢
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月28日 21:58

  • 第9話 囁く声は同じなのに掻き抱く腕が…へのコメント

    うわぁぁん、カノの心が荒廃していて、うわぁぁぁ(言葉にならない

    作者からの返信

    カノちゃんもソウェも心が焼け野原になってしまいました……。ここにフェイフューがいてくれたら状況はがらりと変わったんですがね……。作者はいまだにフェイフューとカノちゃんが結婚するifを考えています。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月28日 21:56

  • 第8話 強くなれなかった二人のへのコメント

    切ない。でもこれで少し良い方向に……と思ったら、次回はエカチェリーナ様激怒なんでしょうか? これからどうなるのか、次回を待ちます。

    作者からの返信

    良い方向になるのでしょうか……良い方向……どちらが良い方向なんでしょうね……!? ちょっとは傷を舐め合ってくれればいいんですけど……「あたしたち親友だよね」の頃が遠く感じられます……
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月24日 14:07

  • 第8話 強くなれなかった二人のへのコメント

    カノちゃん……(´;ω;`)ウッ… カノちゃんはフェイフュー君と母親を失ったショックで心がメタメタになって他人のことを考えられる余裕がなかっただけで、やっぱりめちゃくちゃいい子だし、ソウェイル君のことを大切に思ってたんですね……。

    傷を抱えた二人、寄り添いながら生きていくのもいいと思う。だけど、このことを知ったらきっとあの方が――エカチェリーナ様が!!! ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

    作者からの返信

    はい、彼女はやっぱり狂ってはいないんですよ。まだ留め金は外れてはいなかったんですよ。次回外れちゃうんですが……それはまた次回……!
    ソウェイルとカノは親友でした。本当は、二人の友情は不滅だったんです。ここまでは、の話ですが……
    そうですね……エカチェリーナは絶対認めないですからね……彼女は一夫多妻なんて言語道断ですよ……エカチェリーナにとってはアルヤ王国王妃はエカチェリーナただ一人ですからね……
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月23日 22:35

  • 第8話 強くなれなかった二人のへのコメント

    涙が出てきました

    作者からの返信

    涙をお拭きください……エカチェリーナが待っていますよ……
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月23日 22:31

  • 第7話 王女アナーヒタ 2へのコメント

    エカチェリーナ様ヤバいですね!!! ヤバい母親の臭いがプンプンする!!!

    作者からの返信

    タリーヒマッマに比べたらまだまだぬるいですよ!!!!!!
    作者の私が胸糞なので第三部のうちに引き離してアナに新しいママを用意します✌
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月21日 15:49

  • 第7話 王女アナーヒタ 2へのコメント

    でもこういうエカチェリーナみたいな人って、ロジーナ側からすれば「ロジーナの伝統を忘れない気高き女性」みたいな扱いになるんでしょうか……

    作者からの返信

    そうだと思います……
    今後ロジーナキャラが出てくることはないのでそういう話題になることはないのですが(多国籍(?)になると私がさばききれないので(笑) キャラクターの人数を減量したい……) きっとロジーナ人はそう思ってるでしょうね……
    でもロジーナ人はアルヤ王国を乗っ取れれば海が手に入るしサータム帝国と仲が悪いので公的にはアルヤ王国の悪口は言わないですね。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月21日 15:47

  • 第6話 王女アナーヒタ 1へのコメント

    シャフラの「カノさえしっかりしてくれれば」って友達だったからこその苛立ちが垣間見える気がします( ˘ ˘)
    ソウェイル氏娘がいたんですね…?

    作者からの返信

    シャフラは何を考えているんでしょうね……。14章、15章で垣間見えるシーンを書く予定ではありますが、本当に、友達であるカノがこういう状態になってシャフラと友達であることも忘れてしまったかのような振る舞いをするの、精神的にきつそうではあります……。
    そう……「男の子を作らなきゃ」とは言ったけど「子供(性別不問)を作らなきゃ」とは言ってないっていうね……ヒヒヒ……
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月17日 12:18

  • 第6話 王女アナーヒタ 1へのコメント

    えっ!!? ソウェイル君、実はもう子供がいたんですね!!! この上なく愛らしい王女様だろうけれど、今のソウェイル君は、子供の目にはどう映るんでしょう……。パパと王女様がいい関係を築けるといいけれど……。

    作者からの返信

    そうなんです!! 実はソウェとエカチェリーナの間に女の子がいるんです! でもソウェは王位継承のことを考えたら男の子が欲しいんですね……誰も幸せになれない……。
    アナちゃんとパパ、どうなっていくんでしょうねぇ……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月16日 22:32

  • 第5話 被害者ヅラしてんじゃないよへのコメント

    いや悪いのって、王子二人に争わせたサータム帝国じゃないですか?

    作者からの返信

    ですよね~!!!
    この辺ソウェイルはもっとおっさんになってからサータム帝国に逆襲する予定です!!
    が、しばらくはソウェイルに反省会をしてもらいます。ソウェイルが「フェイフューと争いたくない」って言えば終わる話でもありましたからね。そんなことを言ったら実も蓋もないんですけど(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月14日 10:45

  • 第5話 被害者ヅラしてんじゃないよへのコメント

    ソウェイルの自責、カノの悲しみ、そして二人が病んでく様が文の見た目からも現れていて、いいですね…

    作者からの返信

    病んでますよね~!!
    私は書きながらここで若干「ソウェユングヴィのせいにしてない!?」と思っちゃったりもしましたが、それでも「俺がフェイフューを殺したんだ」に帰結するんですよね。
    病んでます……二人とも病み病みです……13章の間は回復の見込みなしです……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月14日 10:41

  • 第5話 被害者ヅラしてんじゃないよへのコメント

    そうですね……ソウェイルには悪いけどそういうことだと思いますよ……。揉め事の渦中にいるとうまく対応できませんけどもね。

    作者からの返信

    そう、ソウェイルも当時15歳であったことを思うと情状酌量はアリかなと思いますが、それでもそれが兄であり王子であり次期国王だったソウェイルがすべきことだったんですよね。カノは間違っていない……。ソウェイルがうまく立ち回れていたら起こらなかった悲劇はたくさんありました。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月14日 10:39

  • 第5話 被害者ヅラしてんじゃないよへのコメント

    なんだかハリネズミの話を思い出してしまいました……。近くによると互いの針で傷ついてしまう……。

    作者からの返信

    ハリネズミ……! カノはレッサーパンダからハリネズミに進化したのですね! 体のサイズが小さくなっている気がしますが……成長している……わけではなさそう……
    二人は親友のはずなのになぜか傷つけ合ってしまいますね。でも一緒にいたがるんですよね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月14日 10:38

  • 第4話 優越感と劣等感へのコメント

    完全に闇キャラになってますね(笑)

    作者からの返信

    はい、13章は全体的に闇堕ちモードでお送りします! 闇堕ちを楽しんでくださればいいなと思います(不穏!) 14章では……14章ではソウェが回復してくるのでなんとかなります……
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月10日 10:51

  • 第4話 優越感と劣等感へのコメント

    前章は正直見てられなかったけど、ここまで堕ちたら逆にいいかも!w

    シャシャさんの描くキャラは毎度不思議な魅力を感じさせますね♪

    作者からの返信

    本当ですか!? そう言っていただけると安心します!! 堕落しきってますもんね!! ヤバいです!! 王国が滅亡する!! オルティくんとシャフラちゃんまで巻き添えを喰らいそう!!
    魅力だなんて、ウフフフ~調子に乗ってしまいます、嬉しいです。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月10日 10:42

  • 第4話 優越感と劣等感へのコメント

    なぜか今回、すごくいい! と思ってしまいました。きれいな気持ちだけじゃないですものね、汚い気持ちをこうやって書けるってすごいです。

    作者からの返信

    本当ですか!? ぜんぜんいい話ではないと思うのですが!? まあそうです、きれいな気持ちだけではないです。嫉妬とか憎悪とか、いろんなものが混ざり合って人間は生きています。
    13章でそういうのを書き切ったので私はしばらくはいいです……(笑)
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月10日 10:41

  • 第4話 優越感と劣等感へのコメント

    ソウェイル君とカノちゃん、大分ヤバい感じにズブズブに依存しあってますね……。この二人、ある意味宮殿内に理解し合える人間がお互いしかいないんですね。そりゃ、互いに依存するってもんだ……。

    作者からの返信

    はい、二人ともお互いに対する愛憎でめちゃくちゃなことになっています。親友ですからね! ソウェイルのことを分かってくれるのはカノちゃんだけだし、カノちゃんのことを分かってくれるのはソウェイルだけなんです。一緒にいても毒になるだけなんですけどね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月10日 10:40

  • 第4話 優越感と劣等感へのコメント

    この虚無感がたまらないですね…∩(*・∀・*)∩

    作者からの返信

    二人とも何もせずに王国の滅亡を待っていますからね! 虚無!
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月10日 10:39

  • 第3話 狂っている方が楽だへのコメント

    カノちゃん、客観的に見るとショックから立ち直れていませんね……。鏡に映った自分に挨拶するところはこう……心に刺さりました。「狂っている方が楽だ」というのはカノちゃんもだけど、ソウェイル君にとってもなのかもしれませんね……。
    ソウェイル君の命を奪おうとはしないカノちゃんに、在りし日の二人の関係が、ひしゃげ捻じ曲がってはいてもどこかに残っているような気がしました。おおう……。

    作者からの返信

    はい、いっぺんにベルカナとフェイフューを失ってから、まだ立ち直れていませんね……。どちらかでも生きていたらもうちょっとマシだったかもしれませんが……。
    この二人は本当に……どこまでも……どこまでも……13章いっぱいこんな感じです……。
    あたしたち親友だよね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月6日 22:19

  • 第3話 狂っている方が楽だへのコメント

    カノちゃんとソウェイルの薄暗い絆を感じますね…

    作者からの返信

    9章1話が「あたしたち親友だよね」なんですよね……。親友なんです。親友なんですよ……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月6日 22:17

  • 第2話 執政イブラヒムの善政 2へのコメント

    シャフラちゃん好きです💕
    あおたい新章、楽しみにしてます♪

    作者からの返信

    シャフラちゃんを好きになってくださってありがとうございます🤗シャフラちゃんは作者の私もお気に入りキャラなので嬉しいです!
    13章はとにかく暗くて愛憎泥沼なので休み休みお読みくださいね👍
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月6日 19:34

  • 第1話 執政イブラヒムの善政 1へのコメント

    何か昔(一章はじめ?)はナーヒドが息巻きながらテイムルと二人で王宮を歩いていたなぁと思い出してしまいました…!今は亡き二人の話と対になったような構成の最新話が、ああ、世代交代したんだなぁと感慨深いです。オルティくんとシャフラちゃんが今後どう活躍するのか楽しみです!!

    作者からの返信

    そう!! そうなんですよ!! よく覚えていてくださいました!! 1章初めでも7章初めでも、大きな単位で見れば一番初めはナーヒドとテイムルのやり取りだったんですよ……! でもあの二人は死んでしまったので……シャフラちゃんとオルティくんにバトンタッチです……。
    シャフラちゃんとオルティくんに期待してくださるととっても嬉しいです!! 国の存亡は君たちにかかっている!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月3日 09:41

  • 第2話 執政イブラヒムの善政 2へのコメント

    大人になったシャフラちゃんとオルティくんの二人が仲良しで可愛いです💕 白軍は機能しておらず、黒軍は解体……。将軍を喪った蒼軍や桜乙女たちもどうなっているか分からない現状、ソウェイル君を守れるのは実質この二人だけなんですね。ソウェイル君、第二部の頃はお酒なんて一滴も飲めなそうだったけれど、酒色に……。退廃の薫り漂う絶世の美男子に成長しているのですね!! 王になったソウェイル君の登場が待ち遠しいです!!!

    作者からの返信

    へっへっへ~シャフラちゃんとオルティくんはまっとうに成長しています💕 みんなにいつ結婚するのかと突かれてオルティくんは否定して歩いています……(シャフラちゃんはノーコメントを貫いています……)
    強かったアルヤ王国軍はずたぼろでもう戦争では勝てないでしょうね……イブラヒムは有能だなと思います。
    ソウェは一瞬エルゼイアル兄上に近づきます♥ さすがに兄上以上の魔王になれる器ではありませんが、ソウェもきっと乳の谷間にワインを注ぐと思います! 楽しみにしてくださると嬉しいです!
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月2日 22:04

  • 第2話 執政イブラヒムの善政 2へのコメント

    あうあう…!!どきどきしてまいりました!
    イブラたんが相変わらず老獪で困りますね₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

    作者からの返信

    どきどきしてくださって嬉しいです……でも夜はちゃんと寝てくださいね……!(笑)
    イブラヒム、実はまだ40代なんですけどね! 老獪は老獪ですよね。オルティくんが丸め込まれてしまう……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月2日 21:41

  • 第2話 執政イブラヒムの善政 2へのコメント

    はー面白かったです! 新し始まり、という感じで興奮しました。
    オルティ君とシャフラちゃんのコンビが最高です。

    作者からの返信

    ありがとうございます! 第三部が始まるので一からいろいろ説明してみました。第三部から読み始めてもいいように(そんな人いるのかしら??)
    ナーヒドとテイムルが死んでしまったので、あの二人がやっていたことをシャフラちゃんとオルティくんがやるようになったんですね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年3月2日 21:39

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    お邪魔いたします、しちみです。
    動揺が収まって時間が取れたのでコメントを書きに伺いました。

    最初からギゼムお姉さんが辛すぎる……でも結婚するんですよね……そして蒼将軍家を守っていくんですね……。つらい……。

    それでもってここからしばらく、アルヤ王国は真冬突入ですか……十神剣が完全に瓦解しちゃったので仕方がない……イブラヒム総督の一人勝ち……つらい……。
    ソウェイル頑張れ! ソウェイル!!

    あと、ちょっと先の話になると思うのですが、バハルの息子カーヒル君のことも気になっています。第三部では登場するのかな? お父さんの仇を討ちにくるんだろうか?とハラハラ、ドキドキ、ソワソワ。

    なにはともあれ、今は心を落ちつかせて次のお話を待っています。アルヤ王国が良い方向へ進みはじめますように……。

    作者からの返信

    ど、動揺させてしまった~~~~!!!
    しかし我ながら酷い最後でした。第二部がどん底でこれから明るくなっていく予定なのですが……13章も暗いんですけど人は死なないので……頑張れソウェイル……!!

    はい、ギゼムは正式に妻としてこの家に残ることになります。蒼将軍家は彼女が守っていきます。蒼い神剣を継ぐ者の家系としては断絶するのですが、蒼将軍家の遺産は離散せず、あの山のようなワインもギゼムがちびちび飲みつつ相続してくれる子を探す予定です。

    カーヒルは第五部、最終章の最終章に登場します。
    実はソウェイルにとってラスボスのような存在になります。実際に剣を合わせて戦うわけではないのですが、彼は誓ったとおり立派な軍人になって帝国軍の幹部になる予定なんです。へっへっへ、最後はソウェイルと直接会って会話をしますので、お楽しみに……!
    憶えていてくださって嬉しいです、ありがとうございます!!

    3月になったらすぐ更新を再開しますからね……! もうちょっとだけお待ちくださいね……!
    14章からは明るくなりますので……!!!

    コメントありがとうございます!!

    2019年2月7日 22:07

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    ようやく見届ける決心をしてやってまいりました……こんにちは、みんなの幸せを願う愛の使者、井中です……
    そうなりますよね……そうですよね……わかってた……わかってましたよ……
    でも本当にどうしてこうなってしまったのか……いやそれもわかってはいるんですよ……
    誰も悪くないし誰もが悪いんですよ……
    それがとてもつらいんですよ……
    わかる……
    ………………………わかる……

    作者からの返信

    ありがとうございます……ありがとうございます……なかなかつらい話でしたが……これから幸せに向かって走り出しますがその未来にフェイフューの姿はないっていう……
    みんなちょっとずつちょっとずつミスを犯して、それが積み重なっていってしまいましたね。誰かがどこかで止めなければならなかったのにね……
    コミュニケーションを取りましょう……コミュニケーションを……取るのです……
    見届けてくださってありがとうございます!! とっても嬉しいです!!
    長い長い第二部でしたが、ここまで辿り着いてくださって本当に私は幸せ者です。
    コメントありがとうございます!!

    2019年2月5日 20:27

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    はじめまして。
    昨日ここまで読み終えてついに追いつきましたやったね。
    先日ランキングに入っていた『子作り』から読ませていただいて、『アルフライラ』を経て『蒼き太陽の詩』へお邪魔いたしました。
    あまりにも素晴らしくて夕べは止められず深夜まで読みふけった末、布団の中でお話がぐるぐるして寝付けずうとうと月曜でした。
    一日中なにかメッセージを書こうと考えながらも思いつかないので好きさをお伝えしたいと思いました。
    あそこからここまでくらい好きです。
    第三部を行儀よくお待ちいたします。
    あと残りの作品拝読してまいります。

    作者からの返信

    初めまして!
    とってもとっても嬉しいコメント、ありがとうございます!!
    子作り~がランキングの上の方に来てからというと、この一週間くらいのことかな?と思います。そんな短い期間で、長い話を三つ、それも蒼き太陽~は73万字もあるのに最新話まで読んでくださったんですね……! 本当にびっくりしています。すごく嬉しいです! 三つとも雰囲気が違いましたが、どれも楽しんでいただけたということですよね……本当に書き手冥利に尽きます。
    たくさん「好き」が伝わってきました。喜びのあまりなんだか泣きそうです。感動してちょっと手が震えています(笑)
    ありがとうございます、第三部は3月に入ったらすぐ連載を始めますね!
    コメントありがとうございます!!

    2019年2月4日 22:54

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    正直こうなるのはわかってた・・・

    作者からの返信

    ですよね~!
    ご都合主義なハッピーエンドにはしませんでした……鬱エンドになってしまいましたが……この方が自然な流れかな、と……。
    お付き合いくださいまして本当にありがとうございます。
    コメントありがとうございます!!

    2019年2月3日 07:16

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    この気持ちをどうしたら良いのでしょう。もうサヴァシュもユングヴィも引退なのでしょうか。次の世代に変わるということかな。イブラヒムめ……。
    今日の名セリフ:「わかりました。わたしがこの家を守りますね」

    12章完結、お疲れ様でした。

    作者からの返信

    サヴァシュとユングヴィはこの先まだ第三部と第四部に登場しますが、現役は引退になりそうですね。二人とも疲れちゃいましたね……。でも死んだわけではないので大丈夫です! 第三部でゆっくり元気を取り戻します。
    ギゼムもなかなかつらいポジションでした。

    ここまでお付き合いくださいましてありがとうございます!
    オレンジさんのアツい推しを受けてここまで頑張ってこれました。紹介してくださったおかげかフォローも増え、とても嬉しいです。
    よかったら第三部も読んでくださると嬉しいです!

    コメントありがとうございます!!

    2019年2月2日 22:33

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    フェイフュー君の死と共にアルヤ王国の暗黒期が始まった……。特にカノちゃん……(´;ω;`) あんなにソウェイル君と仲が良かったのに……。こう言っては何だけれど橙軍の運営にはダメージはなさそうだけど(カノちゃんは実権を握ってはいないから)、ソウェイル君の心は……。シャフラちゃんも悲しいですよね。また悲しいのはソウェイル君だけでなくギゼムお姉ちゃんも……。みんなみんな悲しい(´;ω;`)ウゥゥ

    今回の事件で多くの将軍が死亡しあるいは表舞台から退いてしまいましたが、これは裏を返せば改革しやすくなった、ということでもあるのかと思っています。それこそ女性や異民族でも出世できるような、そういう軍に。あるいは社会に。それができるのは、王国の太陽たるソウェイル君だけだと思うので……頑張ってソウェイル君!!!

    作者からの返信

    はい、アルヤ王国は三年間の冬に突入しました。すっかりイブラヒム総督の国に……。

    カノちゃん、親友って言ってたのにね。カノちゃんが失ったものは大きいです。
    おっしゃるとおり、橙軍の運営にはあんまり関係ないんですけど、まあ四方八方にいろんなものが飛び火しまして……。13章ではシャフラちゃんがかなりきつい状況に陥っています。助けてソウェイル!
    ギゼムお姉ちゃんも、これから長い時間帰らぬ夫を待ってこの都で生きていくことになるんですね……。もしかしたらもう本編に登場することはないかもしれませんが、アイダンとのその後の話はどこかで書けたらいいなと思います。アーちゃんは元気!

    はい、ソウェイルを頑張らせます!!
    十神剣がどうなるかは今後のお楽しみですが、死んだわけではない人々はのちの歴史書に出てくることもあるでしょう……。生き残った彼らがどう生きるかも見守ってくだされば幸いです。

    コメントありがとうございます!!
    第二部、お付き合いくださってありがとうございました! 第三部もお付き合いくだされば幸いです!

    2019年2月2日 22:29

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    感慨深いのとしんどいのと素晴らしいのと性癖にゴリゴリくるのとでなんかもうどうコメントしていいのか謎な状態になってきました……これだからあおたい大好きなんです……各々の結末も描かれた中、ひとり歴史の狭間に佇むソウェイル……
    全員しんどいんですけれどギゼムお姉ちゃんの喪失感が一番きっついんじゃなかろうか。カノちゃんも大概しんどいんですけれど、彼女よりも根本から救われたのってナーヒドとギゼムお姉ちゃんな気がするんだ……

    しかし、冷静に相手からの言葉を受け止める力、ソウェイルの美徳であると思います。どれだけ迷っても彼なら大丈夫。

    ……フォルザーニー議長の安泰さと長生きさよ!!!やっぱり嫁に押し掛けるならこの人の所だ!!!

    作者からの返信

    嬉しいです嬉しいです……! マリさんの語彙をどんどん奪っていきます!
    感慨深いですね、0章では6歳だったソウェイルがとうとう王様になるんですもんね(笑)
    はい、ソウェイルは十神剣と離れ離れになってしまいますが、でも大丈夫!! オルティくんとシャフラちゃんはずっと一緒だよ!!
    ギゼムお姉ちゃんもつらいでしょうね。彼女にとっては最後の結婚でしょうからね……。愛する夫は死に、誰も知らない都市で生きていくことになるのは、なかなか……これからユングヴィやサヴァシュやオルティくんがフォローするにしても、帰ってこない人と結婚するというのはきついものがありますね……。

    ……頑張れソウェイル……

    何番目の奥さんか分かりませんがぜひチャレンジしてください(?)

    第二部、お付き合いくださってありがとうございました! マリさんのおかげでこれほどのスピードで書けたので、本当に感謝しています!

    コメントありがとうございます!!

    2019年2月2日 22:25 編集済

  • 第24話 僕の正解へのコメント

    ここでナーヒド……ナーヒド……育てのパパ……(涙腺結界)

    作者からの返信

    フェイフューとナーヒドの間にもちゃんときずながあって、ソウェイルとユングヴィほどではないにしても、それなりの心のつながりがあったんですねぇ……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年2月2日 22:22

  • 第25話 アルヤ王国の長い冬が始まったへのコメント

    コメントが……できないです……
    なるほど……イブラヒム……一番得した……
    ですよね……みんなイブラヒムに振り回されていただけなんだ……

    作者からの返信

    そう……そしてイブラヒム総督の絶対王政期に入るんです……権力を確立しましたね……
    そうであってほしいですね……そうであってほしいですね……
    ここまで読んでくださってありがとうございます! 第三部もお付き合いいただければ幸いです!
    コメントありがとうございます!!

    2019年2月2日 22:17

  • 第23話 最後の命令へのコメント

    追記
    悲しいですけど、フェイフューとラームの結びつきと労りが伝わってきて、彼らが出会った頃のことを思い出しました。フェイフューは間違いの多い人生でしたけど、彼がした最大の善い行いが、ラーム氏を救ったことだったのだなあと。実際にどんなだったかなと「第二章第13話 臣従の誓い」を読んだら、幼き日のフェイフューの純真にまた涙が出そうに。

    (これまでの名セリフNo.1は「俺だな」でした)

    ーーーーーーーーーーーーーー
    今日の名セリフ:
    「元気でいてください。毎日三食食事をとって、定期的に入浴して、軽くでもいいから運動を。それから、好きな書物をたくさん読んで、好みの詩をたくさん作ってください。あと、いつまでも綺麗でいてください。美しく誇り高い自分を維持してください。もう二度とそのからだを軽々しく扱ってはなりません」

    これは作品全体を通してNo.1かも。

    >「承知いたしました。では、これにて」

    ここも良かったです。

    アオタイ、ここまで心を抉る物語になるとは。

    作者からの返信

    作品全体でナンバー1!!!!! めちゃくちゃ嬉しいです!! 今回のエピソードとっても思い入れがあって、よかったと言っていただけるのが本当に嬉しいです!!
    あんまりにも重くてどうしようって感じではあったのですが……。第二部もあと2話、更新はあと1回です(いっぺんに2話公開します) 第二部が終わったらハッピーエンドに向かって動き始めることができる……といいな……!!
    コメントありがとうございます!!


    ------------------ここから追記

    2章のことを思い出してくださって嬉しいです……! ラームとフェイフューは強い絆で結ばれていたのですね。ラームは本当にフェイフューが大好きだったのです……。ついてくるなと言われて、寂しいですけど……。でもとりあえず生きていくことになりました。
    フェイフューは本当に、どうしてあの頃の純真な少年からこんなことになってしまったんでしょうね……。

    「俺だな」がお好きだったんですね(笑) サヴァシュの名言!

    コメント本当にありがとうございます~嬉しいです!

    2019年1月31日 13:31 編集済

  • 第23話 最後の命令へのコメント

    今度はフェイフューとラームテインが悪くないというか、いい人達に思えてきました……!

    SHASHAさんはキャラ皆を好きにならせる天才だと思います!

    作者からの返信

    本当ですか!? 嬉しいです!!
    彼らの罪は消えませんが、彼らにも情がある生きた人間なんだという風に書けていたらいいな~と思います!
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月30日 22:29

  • 第23話 最後の命令へのコメント

    ラームうううううウワアアアアア……アアアアアア……

    作者からの返信

    ラーム……(´;ω;`)ブワッ
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月30日 22:28

  • 第23話 最後の命令へのコメント

    フェイフェイ……(絶句)

    作者からの返信

    あぁん……(´;ω;`)ブワッ
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月30日 22:27

  • 第23話 最後の命令へのコメント

    あああああぁぁぁぁぁぁぁフェイフュー君(´;ω;`)ウッ…

    孤独が何より怖い……。フェイフュー君が王様を目指したのも、突き詰めれば孤独が怖かっただけで、ほんとにただそれだけのことで、フェイフュー君が幼少期にもっと心理的に満たされていたら、もっと違った道を歩めたかもしれない。それこそソウェイル君を補佐して、共に王国を繁栄に導けたかもしれない。けれど……。

    でも、最後に心に寄り添ってくれる人がいた。フェイフュー君の寂しさを癒してくれてありがとう、ラームテイン氏(´;ω;`)ウゥゥ

    作者からの返信

    そう、そうなんですよ……。フェイフューはみんなに注目されるために王様を目指していたんです。自分というものはなくて、国民やソウェイルに自分を褒めてほしくてここまで来てしまったんです……その感情がどれほど歪んでいるかを意識できずに。過激なことを言ってみんなの気を引いていたんですね……。
    はい、ラームだけはフェイフューのことが利害抜きで好きだったので、フェイフューと一緒に死にたかったんですね。しかしフェイフューは殉死は許さないのです。フェイフューは寂しくないけどね!
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月30日 22:27

  • 第22話 もう、頑張れなかったへのコメント

    生まれ、育ち、様々な出来事、それらが紡ぎ出した因果が回りまわって遂に……どういう状態で残りの生を生きてゆくのか、その長さは果たしてどれくらいなのか。いずれにせよもう間もなく決着ですね……

    作者からの返信

    みんなそれぞれ自分が考えられる中ではせいいっぱいのことをしてきたつもりなんですが、人間ってなかなかうまくいきませんね。
    はい、あと3話です。第二部最終回は第三部の導入みたいなエピローグなので、実質あと2話で終わります。どうなっちゃうんでしょうね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月26日 22:16

  • 第22話 もう、頑張れなかったへのコメント

    人の心ってこうなんですよね。

    作者からの返信

    そうなんです。良くも悪くも。二人ともつらいけど、どうしようもないんですよねぇ。
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月26日 22:15

  • 第22話 もう、頑張れなかったへのコメント

    「死なせてなんてあげない。苦しんでよ。一生後悔して」っていうところがたまらないです……つらいです……

    作者からの返信

    ユングヴィもユングヴィなりにいろいろ考えての発言で、そこに至るまでのフェイフューとの考えの不一致の連続が何とも言えないヤバさを感じますね……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月26日 22:14

  • 第22話 もう、頑張れなかったへのコメント

    フェイフュー君がとうとう折れてしまいましたね……。こういう風になってしまったら、殺すよりもあえて生かし続けるほうがフェイフュー君にとってはよっぽど残酷で恐ろしいことなのでしょうが、ソウェイル君はどうするつもりなんでしょう? 通例通り処刑なのか、それとも生涯幽閉か……? 心折れたフェイフュー君が次目覚めた時に正気を保っていられるのか、そもそも次に目覚められるのか、ハラハラしています!!!

    作者からの返信

    はい、彼の心はここでぼっきり折れました。もう頑張れないです。
    私はこの状態ナーヒドとラームテインがつらいだろうなという感じがするのですが、二人とももうリタイアした身なので何もできないんですよね。特にナーヒドはそこまで考慮していたのかなと思うと……。
    ソウェイルはどうするんでしょうね、本当に……。もしユングヴィが間に挟まらなかったらどうする気だったのかは今でもちょっと考えます。
    目が覚めたら四肢切断もありえますしね! 続きは次回ご確認ください!
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月26日 22:12

  • 第21話 完璧な道のりの反動へのコメント

    ああぁ……あああぁぁぁぁ……

    作者からの返信

    着々と……着々と……話が進んでいます……。
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月24日 10:59

  • 第21話 完璧な道のりの反動へのコメント

    まさか油! 熱い!! 痛い!!! フェイフューが完全に追い詰められた!!!!
    続きのコメントは自分語りになるので近況ノートに。

    作者からの返信

    油です。街中で戦争をするとこういうのもひとつの作戦として行なわれることがあります。怖いですね戦争……。
    フェイフューはとうとう追い詰められましたよ!
    ヒエエエエ後でまたそっちも返信しますが本当にお大事に!!
    コメントありがとうございます!!

    2019年1月23日 22:13