フォロー

レビューを書いた小説

登場人物の情景を細かく描き出す文体はとても丁寧で繊細です。物語の構成と相まって、気づけば主人公に感情移入していました。読み手の個人的な経験は、物語に様々な彩りを加えていきますが、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

現実を受け入れられず、過去のある時点で、もう一度やり直したいという願いが、主人公の想いと交錯していく展開に魅せられました。 過去を変えることで未来が救われる、本作品が発信してい… 続きを読む

★★★Excellent!!!

主人公の情景、想い、そのディテールを見事に言語化した文章にひかれます。 本作品のタグの一つ、PDDとは広汎性発達障害、端的に言えば、コミュニケーションと社会性に対する障害のこと… 続きを読む

★★★Excellent!!!

大切な誰かの存在に追い付けないと感じること、きっと誰にでもありますよね。あと少しで追いつけるかもしれない、そこに希望を抱きつつも、決して交わることのない運命を、とてもきれいな言葉… 続きを読む

★★★Excellent!!!

大切な人との間に生まれ行く距離感に抗えない切なさ、それを短編で見事に描き出しています。

★★★Excellent!!!

学生の頃、特に10代の時に経験した恋はいつまでも 引きずるもの……かもしれませんね。少し自分と重ねてしまいました。

★★★Excellent!!!

生きること、それはポジティブなことなのでしょうか、あるいはネガティブなことなのでしょうか。『生』に対する様々な価値観が垣間見える素晴らしい作品です。

★★★Excellent!!!

★8 詩・童話・その他 連載中 227話 3,938文字 2017年6月22日 17:51 更新

地名から受ける価値観やイメージは人それぞれですけど、そこで暮らしてみると、そうした価値観とはまた違った街並みが見えてくることがありますね。そこで経験する人と人との関わりが、街並み… 続きを読む

★★★Excellent!!!

WEB小説における評価プロセスのメリットは、作家の名前で作品が評価されるのではなく、作品そのもので勝負できるという、ある種の「権威性」を排除したところにあります。しかしながら、ユ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

医療という枠組みの中で、どれだけ人と人とが関われるのでしょうか。僕も医療の現場で働く人間ですけれど、あらためて思います。薬が人を助けるんじゃない。人が人を助けるんだと。

★★★Excellent!!!

大切な誰かと出会うこと、それは、これまで自分が経験してきたこと全ての延長線上にあります。どれか一つかけても出会えない。誰かとの出会いというのは、確率的に言えば、本当に奇跡的なこと… 続きを読む

★★★Excellent!!!

”平和な国”と呼ばれるような地域の住人には、想像もできないほど悲惨なことが繰り返され、それが日常と化している紛争地帯が、この世界には多々存在します。そんな悲惨な情景を様々な視点か… 続きを読む

★★★Excellent!!!

生きる意味とは何か。そういったテーマはありふれていますけど、本作が投げかけるのは、生きることに対する『価値』のあり方です。主人公が最後に見出だす生への価値観に涙しました。

★★★Excellent!!!

★をつけた小説

雪が舞い落ちた後は

★6 ラブコメ 完結済 1話 5,224文字 2016年11月30日 22:56 更新

短編