紙とペンと「紙」と「ペン」(副題:宇宙戦艦ムサシ)

作者 成井露丸

71

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これは本当に4000字以内なのか?長編小説ではないのか?
と、途中から脳内が騒ぎ始めていたが、どうやられっきとした短編小説らしい。
リアリティ溢れる「歴史」をベースに、導かれるのは、たった1つの完璧で揺るぎのない結論。

「短編スペース・オペラ」、未知の可能性に出会えました。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

一言で言うと、「面白い!」。

面白いと言ってしまうと、疑いを持ちたくなる気持ちもわかりますが、そんなことを言わずにさくっとたった4千文字、読んでみてください。

4千文字と言えば、長編で言うところの一話ですから!

パロディ?パロディなの?
……から始まり、「紙」と「ペン」についての成井さん独特の語り口でのSFパート。(こういうのは成井さんにしか書けないんじゃないかっていつも思います)、そしてまたパロディに収束していく……。

しかし、アニメのパロディのパート、皆さんのお年頃でご存知でしょうか?
そこだけがちょこっと心配……。

知ってる方なら楽しめますよ。
太鼓判、押しましょう!