第二十五章「第一の不可能犯罪の真相」(転生者『俺』による解決編)

   

 緋山ひやま一義かずよしは、日尾木ひびき一郎いちろうの荷物の近くに座っていた。鞄は開けられており、日尾木一郎の作ってきた幻灯機は、一義の手の中にあった。彼がスイッチを入れると、部屋の壁に、ぼうっと人の形が浮かび上がった。

「一郎君……。これは、いったい何だい?」

 不信感いっぱいの表情で、問い詰めるかのような口調だった。

 全てが露見したのだ、と日尾木一郎は思ってしまった。そして頭の中が真っ白になった……。


 以上が、部屋に戻った時に日尾木一郎が目にしたものであり、俺が記録を読んで真相に気づいた時、頭に浮かび上がってきた記憶だ。日尾木一郎が手記に書き落とした出来事、いや、わざと書き残さなかった事実だろう。

 日尾木一郎が部屋に入った時点では、まだ一義は生きており、その直後に殺されたのだった。

「今にして思えば、全てが露見した、というのは考えすぎだったでしょう。しょせん幻灯機は、私が幽霊騒動に関わっていたという証拠に過ぎない。規輝のりてるとの共謀まで知られたわけではなかった。いや、そもそも幻灯機だって『知らない、誰かが勝手に荷物に入れた』と言い張ることも出来たはず……」

 日尾木一郎の記憶に従って、俺は、彼の自白の代弁を続ける。

「でも、あの瞬間は、そこまで考えられなかったのです。頭の中が真っ白で、自分でも何をしているか、もうわからなかったのです」

 凶行の瞬間の記憶は、いくら思い出そうとしても、思い出せなかった。それだけ深く記憶の奥底に眠っているというより、本当に日尾木一郎は覚えていないようだ。無我夢中だったのだろう。

 日尾木一郎の記憶が再開するのは、一義が倒れた場面からだった。一義の胸からは血が流れ出しており、その命を奪ったナイフは、日尾木一郎の手の中に握られていた。

 それほど離れていない場所で、珠美たまみさんたち三姉妹が村長と話をしていたのに、誰も騒ぎに気づかなかったようだ。だから、本当に一瞬の出来事だったに違いない。大きな物音を立てることもなく、また、一義が叫ぶ暇もなかったのだろう。

「手足はブルブルと震えていましたが、妙なことに、自分が返り血を浴びていないことを確認するだけの冷静さは、持ち合わせていました。私はナイフをゆかに置いて、問題の幻灯機をジャンパーのポケットに隠して、それから……」

 ここで敢えて珠美さんに話すこともないと思って省略したが、日尾木一郎は後日、問題の幻灯機を永瀬沼ながせぬまに沈めて、証拠隠滅している。

 なお、日尾木一郎の手足が震えていたのは、犯行当時だけではない。木田きだ巡査が現場に来た時点でも続いており、木田巡査から「人が殺されている現場を見たのは初めてか」と言われるほどだった(第七章参照)。実際には、殺された人を初めて見たどころか、初めて人を殺した直後だったのだ。


「……屋敷の入り口まで戻って、その場にいた珠美さんたちに『一義さんが殺されている』と告げました。そして一人で犯行現場へ戻って、また驚かされました」

 一義の倒れていた場所が、変わっていたのだ。つまり即死ではなく、しかも最後の力で、壁に血文字を残していたのだった。

「その血文字の話なら、私も聞いていますが……。草冠くさかんむりのような記号だったとか」

 珠美さんの言葉通り、日尾木一郎の事件記録でもそうなっているのだが……(第八章参照)。

「実は、一義さんが残した血文字は、本当は別のものでした。私には、『一』と書かれているように見えました」

「『一』……。あっ!」

 珠美さんが、一義の意図に気づいたらしい。

 俺も推理小説で読んだことがあるが、こういうのはダイイング・メッセージというのだろう。犠牲者が死に際に、犯人を示す手がかりを残す、というやつだ。小説では、暗号やパズルのような場合が多いが、いざ死のうとする時に、そんな複雑なことが考えられるのだろうか。少なくとも一義の場合は、もっと単純な話だった。

「そうです。一義さんは、私の名前を書き残そうとしたのです」

 日尾木一郎は、村の者たちから『きいちろうさん』と呼ばれていたが、それは浜中はまなか朝子あさこに命名されたからだった(第三章参照)。それ以前に自己紹介を交わした緋山一義は、日尾木一郎のことを一貫して『一郎君』と呼んでいた(第二章及び第三章参照)。そもそもタイミング的に、朝子が名付けた『きいちろうさん』というニックネームも、知らないままだった可能性が高い。

「だから『一郎』と書くつもりだったのでしょう。でも、最初の一文字を書いただけで、彼は力尽きてしまった。あれでは、文字なのか、ただの棒なのか、わかりにくいと思いましたが……。それでも私は心配でした。そこで、短い縦棒を二本加えて、誰の目にも『一』とは見えないように細工したのです」

 まだ日尾木一郎の記憶が完全には蘇らない段階で、俺は記録を読みながら「少し変だな?」と感じていた。緋山一義は即死に近い状態だったはず、という花上はなうえ医師の発言が書かれていたからだ(第七章参照)。それなのに三画も書く余力があったのだろうか、と不思議だったのだが……。結局のところ、一義は一画だけしか書けなかったわけだ。

 そして。

 この『一義は、ほぼ即死』という点を考えたところで、第三者目線で記録を読んでいた俺は、一義が殺されたタイミングに関して誤解があると気づいたのだった。


 記録の中で日尾木一郎と木田巡査がまとめた状況説明では『犯人が部屋を出入りすれば、村長その他が目撃したはずなのに、誰もそれを見ていない』ということになっていた。だからこそ、一義の事件は不可能犯罪と考えられていた。

 だが、実際に一義が殺されている以上、犯人は確かに出入りしたはずなのだ。何か前提が間違っているはず……。そう思ったところで、俺の頭に『日尾木一郎が部屋に入った段階では、まだ一義は生きていたのではないか』という可能性が閃いた。

 日尾木一郎が部屋に入るところは皆に見られているわけだし、その時点で一義が殺されていたという前提さえ覆してしまえば、もう『誰も犯人の出入りを見ていない』という問題点は消える。そもそも『一義は殺されていた』というのは、日尾木一郎の証言だけで成り立っていたのだから、日尾木一郎が犯人だと考えれば、謎は謎ではなくなるわけだ。

「私としても、不可能犯罪のような状況を作り出すつもりなんて、全くありませんでした。私が部屋に入った時点では一義さんが生きていたと知られたら、どう見ても私が殺したと思われる。だから『もう死んでいた』と言っておくべきだ……。そう考えて行動した結果だったのです。でも、後になって冷静に考えたら、むしろ危険な状況になってしまいました。だって、あの不可能犯罪の謎を解くことが、私を犯人だと告発することに直結しているわけですから」

 浜中朝子が犯人だと名乗り出た時、日尾木一郎は「彼女がうまく説明してくれるかもしれない」と期待したらしい。記録にも『だが、その場の雰囲気に飲まれている場合ではなかった。私には確認すべきことが残っていた』とあったように(第九章参照)、最後まで食い下がったのだが、答えをもらうことは出来なかった。

「だから私は、私なりに偽の解決案を捻り出しました。あの部屋には隠し通路があった、という偽装工作です」

 天井裏を誰かが通った形跡があったのは、後になってから日尾木一郎がおこなった細工なのだ。その際、日尾木一郎の衣服は当然のように埃で汚れてしまったが、こっそり洗濯するわけにもいかず、上から泥汚れをつけて誤魔化すことにした。案の定、いつもより汚れていると木田巡査に指摘されたが、それに対しては「永瀬沼で転んで」と嘘でカバーしたのが記録にも書かれている(第十二章参照)。

「同じ頃、木田巡査は木田巡査で、私とは別に『目撃者が多かったからこそ、気が緩んで犯人の出入りを見落とした』なんて解釈を考え出していましたが……」

 あの場面で『もはや私の説を披露する必要もないかもしれない』という一文が記録にも書かれていたが(第十二章参照)、日尾木一郎は偽装工作の直後だったからこそ、余計にそう思ったようだ。

「……結局は私も、用意してきた隠し通路説を披露することになりました。まあ、木田巡査の反応を見る限り、私が想定していたほどの説得力はなかったようですが」

 とりあえずこれで、この事件に関しては、語り尽くしただろうか。

 では、いったん話を締めくくろう。

「以上が、一義さん殺害事件の真相です」

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます