第二十四章「幽霊の正体」(転生者『俺』による解決編)

   

「それは違います!」

 俺は、力強く言い切った。

 信じてもらえるとは思えないが、これだけは日尾木ひびき一郎いちろうの名誉のためにも、しっかりと伝えなければならない。

「あれは、計画に従ったものではありません。計画通りに進めれば、珠美たまみさんの命まで脅かすことになりますが……。それだけは絶対に嫌でした。あの時は、あなたを助けたくて、もう無我夢中で……」

 日尾木一郎は、確かに、連続殺人に加担した極悪人かもしれない。だが少なくとも、珠美さんを救いたいという気持ちだけは、純粋だったのだ。

 そのために彼は、体を張って蒼川そうかわ規輝のりてるに立ち向かって、その時の傷が原因で、肉体だけを残して亡くなった。そして空いた肉体からだを今、俺が使わせてもらっているのだから、彼の真意を珠美さんに伝えることは、せめてもの俺の義務だと思う。

「わかりました。きいちろうさんの言葉、私は信じましょう。今のきいちろうさんは、嘘を言っているようには見えませんからね」

 意外にもあっさりと、珠美さんは、そう言ってくれた。俺が少し呆気にとられていると、

「ごめんなさい。私の質問のせいで、順番がおかしくなりましたね。きいちろうさん、最初から順を追って、話してくれないかしら」

 珠美さんが水を向けるので、俺は、日尾木一郎としての告白を続けることにした。緋蒼村へ来るまでの事情説明は終わったと思うので、その続きから語るべきだろう。


「列車の中で一義かずよしさんと出会ったのは、全くの偶然でした。おかげで、簡単に緋蒼村へ入り込むことが出来ました。もし彼がいなければ、ここへ来るだけで一苦労だったかもしれません」

 俺は苦笑する。

 日尾木一郎は元々、旅の途中で何となく立ち寄ったというていよそおって、村に来るつもりだった。辺鄙な場所にある村とは聞いていたが、ここまでとは思っていなかったらしい。記録にある描写を読んでも、日尾木一郎の記憶を探っても、実際の緋蒼村は、確かに『辺鄙』なんて表現を超越している。陸続きではあっても、まるで絶海の孤島のように、俺は感じてしまうくらいだった。

「下手をしたら私は『用事もなく、たまたま山奥の村に来るなんて、不自然だ』と思われていたでしょうね」

「それよりも、よそ者嫌いなお母様のせいで、村に入れてもらえなかったでしょうね」

 ああ、珠美さんの言う通りだ。蒼川の御当主である信子のぶこが『よそ者嫌い』である以上、そちらが最大の難関となったことだろう。

 しかし、その程度の計画だったのだ。細かく綿密な打ち合わせの上で練られた計画ではなく、むしろ齟齬の多いものだった。行き当たりばったりの、大雑把な計画だった。

「でも幸運なことに、私は『緋山ひやま家の一義さんが連れてきた探偵』という身分で、村に来ることが出来ました。探偵という役回りは、便利な立場です。捜査の進み具合も知ることになり、どれくらい規輝が疑われているのか、それも知ることが出来ました。まあ、それは後々ということで……」


 俺は、日尾木一郎が村へ来た時点に話を戻す。

「まず私は、駐在所へ連れて行かれましたが、荷物だけは、先に緋蒼屋敷に運び込まれました」

 一義が自ら「僕が屋敷まで運んでおこう」と発言したと、記録には書かれている(第三章参照)。

「その荷物の中から、私が持参した道具を規輝が勝手に取り出し、使ったのです」

 日尾木一郎と規輝との協力関係は、秘密にする必要があった。だから二人は、なるべく接触しないようにしていた。それで規輝は、日尾木一郎自身が屋敷に来るのを待たずに、黙って必要な道具だけ持っていったのだった。

「ああ、あの時ね。きいちろうさんの部屋に向かう規輝を、私が見たという話……」

「そう、それです」

 日尾木一郎の部屋は『近くにも小さな玄関口があったため、誰にも告げることなく、出入りが出来る状態』という好条件に位置していた(第五章参照)。それなのに規輝は、道具を取りに来た時も、返しに来た時も、はっきりと姿を見られてしまう。最初は珠美さんに、二度目は村長に、それぞれ知られてしまったのだ。そして、二度も部屋を訪れたことに関して「あら、変ね」という話のネタにすらされていた(第六章参照)。

「それで、その『道具』というのは、何だったのかしら?」

「小型の幻灯機です」

 珠美さんの言葉に、俺はそう答えておいた。

 もしかしたらスライド映写機と述べた方がわかりやすいかもしれないが、そもそも、そんなに立派な機械ではない。ハンドメイドの小型のものだ。日尾木一郎のジャンパーのポケットに収まるほどの、ミニサイズだ。

 スライド映写機にしたってパワーポイント普及以前の代物シロモノだから、むしろ昭和の道具だと思うのだが、昭和の人間に対しては、なるべくカタカナ言葉は使わない方がいいのではないか、と俺は考えてしまった。まあ、日尾木一郎が『幻灯機』と呼んでいたようだから、その表現に従おうと思う。

「幻灯機といっても、たいした機械ではありません。紙工作に毛が生えた程度の、小型のものです。人の形になるように穴を開けて、そこに薄い紙を貼って、小さい照明の周りを覆いました。一応これで、人影らしきものを映し出すには十分ということで……。規輝の手紙で指示されて、私が用意したものでした」

「人影らしきもの……。あら! では、その幻灯機なるものが、私の見た幽霊の正体でしたのね?」

「そうです。あれは、幻灯機で照らし出したものでした。珠美さんと一緒にいた規輝が、あらかじめ近くの茂みに幻灯機をセットしておいたのです。自分以外の目撃者が必要ということで、珠美さんが選ばれたようですね」

 しかし、こうして作り出した『幽霊』も、しょせんは規輝の拙い『直次生存説』のためのものに過ぎなかった。しかも、この幻灯機の存在が、予期せぬ悲劇に繋がったわけだが……。

「そういえば、私がきいちろうさんと出会ったのは、あの幽霊騒動の直後でしたわね」

 しみじみと言う珠美さんに対して、俺は何と返せばよかったのか。

 とりあえず、俺は話を進めることしか出来なかった。

「そうですね。そして珠美さんと出会った後、私は永瀬沼ながせぬまへ行き、続いて華江はなえさんや陽子ようこさんと知り合いました。それから屋敷へ戻って、珠美さんや村長と少し話をしてから、私は部屋へと向かったわけです」

 あの時。

 部屋へ入った日尾木一郎の目に飛び込んで来た光景は……。

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます