第二十三章「大仕事を手伝うために」(転生者『俺』による解決編)

   

「きいちろうさん。あなたは先ほど、他人の目線で記録を読んだと言いましたが……。他人事の立場で読んで突き止めた犯人が、自分自身だったわけですか?」

 私の告白に対して、珠美たまみさんは質問で返してきた。

 不思議と、俺の顔に冷や汗は滲んでこない。でも俺の握った両手は、ジトッと汗ばんでいた。

「そうです。犯人は私に違いない、というところまでは、第三者目線でもわかりました。そして、それを理解したところで、色々と思い出してきたのです。事件の背景や、私が死んだはずの人間であることなど……」

 嘘ではなかった。

 俺は日尾木ひびき一郎いちろうの記録を何度も読んで推理して、まず、犯人は日尾木一郎自身であると悟った。一度それを認めると、俺の頭の中に、彼の記憶が洪水のように押し寄せてきた。なぜこのような犯行に至ったのか、という背景を含めて……。


 日尾木一郎は、生活能力に欠けた人間だった。小説をメシの種にしたいとは思うものの、たいした努力もせず、なかなか『小説家』になれなかった。かといって、別の道で稼ぐことも出来なかった。平成の時代ならば、ニートとかワナビとか呼ばれていただろう。

 稼げないならば借金するしかなかったが、返すあてもない以上、まともなところからは貸してもらえなかった。悪徳金融業者から借りることになり、法外な利息も含めて、借金は見る見るうちに膨れ上がった。

 どうにもならなくなるのは、目に見えていた。しかし日尾木一郎は、それでも構わないと思っていた。「死んでしまえばいい」とか「まともに生きていく力がないなら、むしろ死んでしまう方が正しいのだ」とか考えていたようだ。

 ここで自己破産という方向に思考が向かないのは、昭和の情報弱者ゆえなのか、あるいは彼の厭世観ゆえだったのか。ともかく、日尾木一郎には多額の保険金がかけられて、とうとう「死んで清算するしかない」という時期が来たのだが……。

 いざ死ぬとなったら、日尾木一郎は怖くなった。頭では「死んでしまうべき」と考えても、体の奥底から「死にたくない」と感じてしまう。生き物の生存本能の強さを、彼は初めて思い知った。

 そんな頃、問題の金融業者の社員の一人が、交通事故で亡くなった。日尾木一郎と同じくらいの年齢で、背格好も顔立ちもよく似た男だった。その男の家族は、妻が一人いるだけだったが、遺された妻は、悲しみのあまり、何も出来なくなってしまったそうだ。彼女は葬式が終わり次第、遠くの故郷へと帰っていき、二度と東京には戻ってこなかった。彼女の代わりに、葬式の手配からその後の手続きまで、一切合切を取り仕切ったのは、問題の金融業者だった。

 だから、彼女は知らなかった。彼女の夫の死亡届が、役所には提出されていないことを……。ちょうど代わりに、日尾木一郎の死亡届が提出されて、日尾木一郎は書類の上では、交通事故で死んだことになった。保険金が日尾木一郎の借金返済に充てられたが、それでも完済できない、と金融業者からは告げられた。

 この後、臓器を売って金を工面することになるとか、どこかに売り飛ばされるとか、そうした未来を日尾木一郎は想像した。しかし、そんな目には遭わなかった。実際には、一人の若者を紹介されたのだった。

 金融業者の説明によると、その若者は、日尾木一郎とは桁違いの、多額の借金を抱えているという。だが全額返済できるだけの算段があり、そのためには大変な大仕事をしなければならない。その若者の『大仕事』を手伝えば、日尾木一郎の借金も帳消しにしてくれる、ということだった。

 そして若者は、その『大仕事』を実行するために、生まれ故郷へと帰っていった。日尾木一郎が若者の協力者であることは秘密のため、同時ではなく少し遅れて、日尾木一郎は村に来たのだった……。


「では規輝のりてるは……。いいえ、規輝だけでなく、きいちろうさんも、最初から遺産目当ての連続殺人をするつもりで、やってきたのですね」

 俺の事情説明を聞いて、珠美さんは、悲しそうに呟いた。

「そうです。状況は詳しく聞いていましたから、その『大仕事』が連続殺人であることはわかっていました。人を殺すこと……。それは恐ろしい行為だと頭では理解していたはずですが、不思議と『それは出来ない!』という抵抗感はありませんでした」

 俺は頭の中の記憶を探って、正直に、日尾木一郎の気持ちを代弁する。

 どうも日尾木一郎には、命を尊く敬う気持ちとか、人並みの道徳心とか、欠如していたらしい。そもそも、自分の命すら軽視していたくらいだ。

 それに加えて、どうせ実際に手を汚すわけではない、という甘い考えもあった。実行犯として殺しを行うのは規輝であり、あくまでも日尾木一郎はサポート役。だから規輝と比べれば、はるかに罪悪感も小さい、と自分を納得させていたようだ。

 さすがに、俺から見ても、これは言いわけがましい。珠美さんにも、告げない方がいいだろう。

「東京を発つ前に、規輝から手紙をもらいました。『殺すべき四人のうち、既に二人は殺した』という内容でした。これを読んで『ついに始まった、もう引き返せない』と感じました……」

「そうですか。では、良美よしみさんも直次なおつぐさんも……。自殺や事故などではなく、規輝に殺されたのですか……」

 物悲しい表情を浮かべる珠美さんに対して、俺は素直に肯定することは出来なかった。日尾木一郎の記憶を探っても、これに関しては微妙なのだ。

「もちろん、その時は私も、そう考えました。でも後になって、だんだん疑わしく思えてきました。この村に着いてから気づいたのですが、どうも規輝の態度には胡散臭い感じがあって、ハッタリのように見える部分も多かった。本当は事故や自殺であったのに、それを利用して『俺がやった!』と言い張っていたのかもしれない。まんまと私は、その言葉に乗せられたのかもしれない……。今では、そう考えています」

「ああ、あの子なら、確かに……。そうかもしれないわ。でも、そうなると、その二つの事件に関しては、もう真相は闇の中ね。ここで議論しても意味はなさそう。きいちろうさん、話を続けて」

 珠美さんに促されて、俺は告白の代弁を続ける。

「直次さんの死体の顔が判別不能なことも、それを利用することも、規輝の手紙には書いてありました。『直次は生きていると思わせて、直次を連続殺人の犯人に仕立て上げる』とも書かれていました。それを手伝うために、ちょっとした機材を持参して、私は緋蒼村に来ました」

 規輝の手紙には、漠然と書かれていただけだったので、規輝の計画がどれほど稚拙なものなのか、日尾木一郎は知らなかった。実際には、直次生存説など、あっさり木田きだ巡査に却下される程度の代物シロモノに過ぎなかったのだ(第九章参照)。


「実は、金融業者の方からは『場合によっては、規輝も殺してしまえ』と言われていました」

 緋山ひやま家の財産、あるいは両家の財産を、すんなりと規輝が相続できるならば問題ない。しかし、もしも規輝が犯人だと疑われて、相続困難となった場合……。

 珠美さん以外は皆殺しにして、その罪を全て規輝に被せた上で、規輝も抹殺。そうして、珠美さんが全財産を相続したのを見届けてから、珠美さんも殺す。親類縁者の全員が消えたところで、直後に『葉村はむら珠美たまみの夫』が村を訪れたら、その『夫』が遺産を受け取るしかない……。

 規輝には内緒で、そういうプランも立てられていたのだった。

「そういう二段構えの計画だったために、規輝の協力者として、私が選ばれたのでした。先ほど語ったように、日尾木一郎は書類上は死んだことになっており、戸籍の上では、私は珠美さんの夫ということになっていたのですから」

 珠美さんは冷静に聞いているようだったが、さすがに、自分も殺されるという計画を聞かされては、心中穏やかではないだろう。それでも、そんな素振りは態度に見せず、代わりに、こんな言葉を口に出した。

「では、きいちろうさんを見て、私が亡くなった主人を思い出すのは……。偶然ではなかったのですね」

 ああ、緋山ひやま一義かずよし直樹なおきの合同葬儀の時の会話だ。確かにあの夜、珠美さんは、そんなことを言っていた。背格好や輪郭が似ている、という指摘すら口にしていた。それに対して日尾木一郎は、どちらも平均的で、ありふれていると返していたが……(第十章参照)。日尾木一郎の正体を考えると、あれはあれで、隠していた秘密に近づく危険な会話だったのかもしれない。

「すいません。少なくとも外見的に、ある程度、似た人間である必要もあったようで……」

 この計画に従った場合、日尾木一郎は、いったん緋蒼村を去った後、今度は金融業者お抱えの弁護士を連れて、もう一度来村することになっていた。二度目の来訪では、実務は弁護士任せで、日尾木一郎の仕事は「実は珠美さんの夫は生きていた」と示すこと。あくまでも、村人たちに軽く顔を見せるだけだった。村の中に、珠美さんの夫と面識ある者はおらず、せいぜい写真を見たことがあるかないか、という程度。だから、はっきりと顔を晒す必要もないはずだった。

「もちろん、その珠美さんの夫と、連続殺人の時期に村に来ていた日尾木一郎とが、同一人物だと思われては計画が破綻します。でも二度目の来訪では、軽く顔見せするだけです。服装や髪型を変えれば大丈夫だと言われましたが、私としては、顔を隠したいくらいです。もちろん、顔見せに来て顔を隠すわけにもいきませんが……。そこで私が思いついたのが『ならば最初の来村で顔を隠し続けよう』というアイデアでした」

 髪をボサボサに伸ばしていたのも、髭を全く剃らなかったのも、サングラスを決して外さなかったのも、そのためだった。記録の冒頭で『かつて知り合いから、まるで変装でもしているかのようだ、とさえ言われたことがある』と書かれていたが(第一章参照)、それは出発の少し前に言われた言葉であり、本当に変装のつもりだったのだ。


 まだ俺が日尾木一郎の記憶を思い出す前、他人事気分で記録を読んでいた時。

 探偵役にしては、日尾木一郎の活動がアクティブではない、と感じた。もっと事件の関係者と積極的に関わればいいのに、あまり自分からは捜査も情報収集もしようとしない。せいぜい、駐在所に出向いて木田巡査から話を聞くだけだ。

 もしかして、推理小説に出てくる安楽椅子探偵と呼ばれるタイプの探偵――現場へ出向くことなく読者と同じ情報だけから推理する探偵――を気取っているのか、とも思ったが……。

 日尾木一郎の記憶が蘇ると、合点がいった。日尾木一郎としては、後々別人として村を訪れる可能性があったから、あまり村の人たちと深く関わることは出来なかったのだ。いくら変装しているとはいえ、個人的に親しくなってしまえば、身振りや癖など、隠しきれない部分が誰かの印象に残るかもしれない。だから、人々との交流が少ない事件記録となったのだ。

 まあ、俺に言わせれば、ならば最後まで生き残ることが確定している木田巡査と親交を深めるべきではなく、どうせ殺されてしまう――二度目の来村時には存在していない――緋山や蒼川そうかわの人々と、もっと関わるべきだったのだ。そうしなかったのは、日尾木一郎のミスだと思う。


 しかし、そんな失敗を犯した彼であったが、細かい部分では、色々と気にしながら手記をしたためていたようだ。

 もちろん殺人事件に加担する以上、彼の発言内容には、嘘も多かった。しかし、少なくとも記録の『地の文』では、嘘を書きたくなかったらしい。

 だから、真相を知る前と知った後で、意味がガラリと変わってくる文章も多い。

 例えば、冒頭の列車の中での記述(第一章参照)。『既にこの男に対して「同じ推理小説を好む、同好の士」というイメージを持って』というのは、一見、その瞬間までの――列車内での――発言からの印象のように思われる。しかし日尾木一郎の本当の来村意図を考えれば、事前情報があるのは当然だ。あらかじめ日尾木一郎は、緋山一義の趣味嗜好を知っていたのだ。

 その直後の場面では、日尾木一郎は一義から「村へ寄らないか」と誘われて『渡りに船』と記している(第一章参照)。「今晩の宿も決まっていなかったから」と発言しているが、地の文とは違って、発言そのものは嘘だ。本当は、なんとかして緋蒼村に潜り込む必要があったからこそ、一義の誘いが『渡りに船』だったのだ。

 さらに、その少し後。一義の「弟と妹が殺された」や「犯人の見当はついている」という発言に対しては、『彼の言葉が、私の脳内に浸透するまで、数秒の時間を要した』と書かれている(第二章参照)。普通、いきなり「家族が殺された」なんて聞けば、びっくりしてフリーズするのも当然だ。一見、そう思ってしまう。だが当の事件の共犯者にしてみれば、むしろ「犯人の見当はついている」と言われたことの方が、衝撃的だったわけだ。

 また、日尾木一郎は、村では『小説家』ではなく『探偵』として扱われることに『心の中で苦笑』と書いていた(第三章参照)。これも何気なく読むならば「探偵ではなく、小説家なのに」というだけだが、真実を知って読めば「共犯者が探偵役に指名されるという皮肉に、苦笑した」という意味になるだろう。

 木田巡査から駐在所で事件の概要を聞く場面でも、最初に『私が正直に、緋山一義から聞いた内容を全て告げると』となっている(第四章参照)。「知っている内容を告げる」ではなく、あくまでも「緋山一義から聞いた内容を告げる」なのだ。事件の共犯者である日尾木一郎は、当然、一義から聞いた以上に多くの情報を握っていたわけだから。

 概要をまとめた直後の『私が緋蒼村に来て会ったのは、緋山一義、蒼川信子、浜中大介、浜中朝子の四人だけ』という記述も、同様だろう(第四章参照)。「私が今までに会ったのは」ではなく、あくまでも「私が緋蒼村に来て会ったのは」なのだ。蒼川規輝という「緋蒼村に来てからは顔を合わせていないが、それより前には会っている」という人物がいたのだから。

 駐在所から緋蒼屋敷へ向かう途中でも、わざわざ「別に私は、探偵をしに来たわけではない。小説のネタが拾えるだけで構わないのだ」と、自分に言い聞かせように、口に出している(第四章参照)。台詞ではなく地の文にすると、虚偽の記述になるからだろう。しかも『自分に言い聞かせた』ではなく『自分に言い聞かせるように』という少し比喩的なニュアンスだ。実際、気が進まない共犯者であった日尾木一郎には、そう自分に言い聞かせたい気持ちと、実際に言い聞かせることは出来ないという葛藤が、心の中にあったようだ。


 こうやって、まだ緋蒼屋敷に到着する以前の段階で、かなりの例がある。これ以上は列挙してもキリがないので止めておくが、まだまだあるに違いない。

 なんとなく、そんなことを頭の中で考えていた俺は、珠美さんの次の質問で、現実に引き戻された。

「そこまで計画した上で村に来たのであれば……。きいちろうさん。あの規輝の死も、事故ではなかったのでしょうか? 金融業者の計画に従って、意図的に殺したのでしょうか?」

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます