第十九章「深夜の格闘」(日尾木一郎の記録)

   

 その夜。

 私は、横になっても、なかなか眠ることが出来なかった。いったん目を開けて、時計を確認してみると、時刻は午前二時を過ぎている。布団に入ったのは、ちょうど日付が変わる頃だったから、もう二時間もの間、目を閉じたまま眠れずに過ごしたことになる。

 私は、どちらかといえば寝付きは良い方だと思う。だから、今晩のような状態は珍しい。目を閉じてすぐに、一連の事件のことなどを考え始めたのだが、それがいけなかったのかもしれない。いや正確には、事件そのものを考えていた時間は短くて、その後は葉村はむら珠美たまみについて想っていたのだ。おそらく、長々と考え込んでしまって眠れなくなったのは、そちらが原因なのだろう。


 どうやら私は、彼女に対して、特別な感情をいだいているらしい。この手記の中でも、彼女のことを『珠美』と記すたびに、なぜか『珠美さん』と書きそうになる。一人だけ『さん』付けで呼びそうになるからといって、彼女を純粋に尊敬しているわけでもなく、ましてや、心の中で距離を置いているわけでもないと思う。いつのまにか私は、彼女に対して、他とは違う好意を向けていたのだ。

 ならば……。このままで、いいのだろうか。もっと私は、彼女に私自身のことを話すべきではないだろうか。たとえそれが悪い結果に繋がろうと、告白すべきことは告白するのが、筋というものではないだろうか。

 そうやって、うだうだと考えていたのが、不眠を招いたようだ。しかし、所詮いくら一人で考えたところで、私には自分で結論を出す勇気もないくせに……。

 ちょうど、そこまで思いを巡らせた時だった。突然、それまでの静けさを打ち破って、何かが聞こえてきた。人が争うような物音と、叫び声や悲鳴らしき声だ。しかし、それらはまるで夢か幻であったかのように、すぐに消えてしまった。再び、夜の静寂が訪れる。

 私はガバッと起き上がり、耳をすませた。もう音はしないが、しかし何か異常な気配を感じる。いや気配というよりは、嫌な予感とでも呼ぶべきものかもしれない。私は、その自分の感覚を信じて、部屋を飛び出した。先ほどの音が聞こえてきた方へ、つまり屋敷の西棟へと向かう。


 廊下を歩く途中で、再び悲鳴が耳に届く。今度は先ほどとは違って、はっきりとした悲鳴だった。

 珠美さんの声だ!

 色々と考えていたのが嘘のように、頭の中が真っ白になった。胸は不安でいっぱいになった。

 珠美さんの身に、何かが起こったに違いない。私は全速力で彼女の部屋へ駆けつけて、パッと障子戸を開いた。

「珠美さん!」

 叫びながら、部屋の中を一瞥する。

 まず目に入ってきたのは、寝間着姿の珠美さんだった。無残に切り刻まれた布団と共に、部屋の隅にうずくまっている。震えながら、左腕を押さえていた。珠美さんは刃物で切りつけられたらしく、腕からは血が流れ出している。しかし大丈夫、一見したところ傷は浅いようだし、他には外傷も見当たらない。珠美さんは、無事に生きている。私は、間に合ったのだ。

「きいちろうさん……」

 珠美さんは、私を見て、か細い声を上げた。「助けて」と続けたかったのに言葉が出てこない、といった感じだ。

 彼女を傷つけた犯人は、数歩くらい離れた距離に立っていた。

 蒼川そうかわ規輝のりてるだった。


 彼の右手には包丁が握られており、その切っ先は、珠美さんの血で赤く濡れていた。規輝は私を見て、口の端を少し上げてみせる。ニヤリと笑ったつもりだったのかもしれないが、手にした包丁のせいだろうか、規輝の姿は、私には悪鬼としか見えなかった。

 私は、怯えた様子を見せないように、規輝を睨みつけながら言う。

「やめろ! 珠美さんには、手を出すな!」

 私の言葉で、規輝の表情が変わった。

「へっ。まさか、助けに来たつもりかい? それなら……」

 規輝は、包丁を両手で握り締めて、それを突き出しながら、私に向かってきた。

 不思議と、私は怖く感じなかった。目の前で珠美さんが殺されるかもしれないという恐怖、それに比べれば、包丁など物の数でもなかった。珠美さんを襲うのではなく、私に矛先を向けるのであれば、どうとでも対処できる……。そんな根拠のない自信まで、湧いてきていた。

 向かってくる規輝を受け止めるかのように、私はその場から、一歩も動かなかった。もちろん、刺されるつもりはなかった。規輝の突進に合わせて、体を捻って、かわす。

「くっ……!」

 包丁そのものはギリギリで回避できたのだが、私の身体能力では、そこまでだった。包丁が通り過ぎた直後、規輝の肘が、私の胸を強打する。体重をかけた突進の勢いそのままで衝突した感じだ。私は、思いっきり吹っ飛ばされてしまった。背後の壁に叩きつけられて、後頭部に激痛を感じる。思わず、その場に崩れ落ちてしまう。

「よくけたな。今度こそ……」

 再度、規輝は刃物を構えて、私に襲いかかってきた。

 私は急いで立ち上がり、同じように回避を試みる。今度は、規輝の包丁が私の左胸を掠めた。それでも体をよじりながら、もう肘打ちは食らいたくないので、彼の腕を両腕で捉える。

 そして、その勢いのまま、規輝を投げ飛ばした。


 考えて『投げ飛ばした』わけではない。無我夢中だった。偶然だった。

 包丁をかわすために私が体を捻った勢いと、規輝が突進して来た勢いと、その両者が合わさったのだろう。その上、私は体を回転させている途中で、つい手を離してしまっていた。その結果、規輝は投げ飛ばされる形となったのだ。

 しかも、信じられないほど強い勢いで。

 規輝は宙を舞った。ちょうど壁際だったため、彼はその勢いのまま、頭から壁に叩きつけられた。

「うっ!」

 くもぐったような呻き声と共に、鈍い音がする。人間の身体からだが硬い壁に衝突した音なのだろうが、そんな理屈ではなく、何か嫌な感じの音に聞こえた。

 その音の正体は、すぐに判明した。ピクリとも動かなくなった規輝は、その首を、ありえない角度に曲げていたのだから。脈を確かめるまでもなく、彼が息絶えていることは確実だった。

 この場の脅威は去ったと認識して、私は、珠美さんのもとへ駆け寄る。

「珠美さん! 大丈夫ですか?」

「助かりましたのね……」

 私の腕の中で、彼女は、ホッと安心したような口調で呟く。そして意識を失い、目を閉じた。

「珠美さん……? しっかりしてください、珠美さん!」

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます