第四章「事件の概要」(日尾木一郎の記録)

   

「それで、一義かずよしさんからは、どこまで話を聞いているのです?」

「ああ、それなんですが……」

 私が正直に、緋山ひやま一義かずよしから聞いた内容を全て告げると、

「……呆れた。まるで何も知らないのと、同じじゃないですか」

 木田きだ巡査は、いったん体を引いてから、

「では、最初から順を追って話すとしましょうか。そうですねえ、では、関係者の説明から……」

 彼の話を一字一句ここに書き記すのは、冗長になるだろう。

 とりあえず今は、なるべく要点だけに絞って、まとめて書いておこうと思う。




 まずは、現在、緋蒼屋敷に住んでいる人々について。

 緋山一義は、厳密には『現在』というより『今日これから』であるが、彼も関係者ということで含む。


 緋山ひやま直樹なおき、六十二歳。現在の『緋山の御当主』であるが、病に倒れて寝込んでおり、もう長くないと言われているらしい。関連は不明だが、直樹が病床に伏したのは、ちょうど一義が陽子ようことの結婚を言い出した頃である。直次なおつぐ良美よしみの件も含めて、直樹の病気も化け猫の祟りであるという声まであるという。


 緋山一義、三十歳。直樹の長男である。本来、あと二、三年は外の世界で働いてくる予定であった。それから村へ戻って陽子と結婚するつもりであったが、弟や妹が亡くなったことで、その予定が早まった。緋山家断絶の危機ということで、すぐにでも家庭を持って、子孫を残したいらしい。ただ、蒼川そうかわの御当主が、一義と陽子の結婚には猛烈に反対しているのであった。


 蒼川そうかわ信子のぶこ、五十七歳。現在の『蒼川の御当主』であり、『緋山の』とは異なり、まだまだ元気である。趣味の華道も立派なものであり、わざわざ他の村まで呼ばれることもあるらしい。十二年前に亡くなった夫の規夫のりおは婿養子であったため、夫の在命中から、実質的には信子が御当主として扱われていた。


 葉村はむら珠美たまみ、三十三歳。信子の長女。「御当主となる者は村の外の世界についても学ぶべき」と昔の信子が考えていたため、珠実は十歳の時に、広島にある私立の女学校に転入させられた。以後、高校卒業まで寮生活を送り、その間ほとんど村へ帰省することもなかった。しかし、外の世界を知り過ぎたためであろうか。高校卒業後も村に戻らず、外の世界の人間に嫁いで、東京へ行ってしまった。信子のよそ者嫌いが始まったのは、珠美の結婚がきっかけとも言われている。数ヶ月前、夫を亡くしたことで、ようやく珠美も村に戻り、以後、緋蒼屋敷の住人となった。ただし、ただ出ていっただけでなく『蒼川』の姓まで捨てた以上、もしも信子が死んで最年長者になった場合でも、もはや御当主になれず、遺産をもらう権利もないらしい。蒼川家の一員でありながら、蒼川の人間として扱われない場合もあるという、微妙な立場に置かれている。


 蒼川そうかわ華江はなえ、三十一歳。珠美の妹。珠美とは異なり、ずっと村の学校に通った。一見おとなしい女性であるが、誰もが口を揃えて「華江には異常性癖がある」と言うらしい。極度の男嫌いであり、本来ならば異性に向けるべき愛情を、同性に対して向けてしまうからである。子供の頃から、嫌悪が過ぎて同年代の男の子を酷く痛めつけたり、逆に、一方的な愛情を示して女の子につきまとったり、という噂があったが、あくまでも噂に過ぎない。そのように何度も問題を起こしてきたが、全て信子によって揉み消されてきたようである。妹の陽子を異常なほどに可愛がっているのも、姉妹愛なのか、あるいは別種の愛情なのか、村の者からは疑いの目で見られているという。


 蒼川陽子、二十五歳。華江の妹。明るくて陽気な、誰からも好かれる女性であり、ある意味、華江とは対照的かもしれない。その華江から向けられる愛情を、小さな頃から陽子はけむたがっていたが、家族には相談しにくかったとみえて、同じ屋敷に住む緋山家の一義を頼っていた。そうした形で、陽子は昔から一義を慕っており、成長するにつれて、それが男女の愛情に変わっていったのではないかと噂されている。しかし最近では、陽子も、以前ほど華江を嫌がる態度を見せなくなった。「一義と結婚するまでの間の、姉孝行ではないか」と噂されている。また、その様子から「御当主の反対を押し切ってでも、近々、一義と結婚するつもりなのだろう」という見方もあるらしい。


 蒼川そうかわ規輝のりてる、二十三歳。蒼川家の末弟である。ちょうど珠美が広島へ発った日に生まれた。だから、あまり帰省もしなかった珠美とは、顔を合わせる機会も少なかったはずであるが、その割には彼女から可愛がられているらしい。規輝は、高校卒業後すぐに村を出ていってしまったが、時々、金をせびりに戻ってきた。信子に断られると、東京まで行って、今度は珠美に無心していたようである。その珠美が村に帰ってきた影響であろうか、規輝も、半月前に緋蒼屋敷へ戻ってきた。こんな規輝であるが、珠美とは違って『蒼川』の姓を捨てたわけではないので、御当主になる権利も相続権も残っている。それこそ現在の蒼川家の最年少であるため、今もしも緋山家が死に絶えれば、その財産は規輝のものとなるであろう。村では「少し不良がかった感じ」と言われることもある規輝であるが、一方「元来は気立ての優しい子である」という擁護の声もあった。擁護側の話によると、規輝は外の世界にいた頃、障害者のためのボランティア活動にも参加していたとか。


 浜中はまなか大介だいすけ、五十二歳。村長であるが、この村では、緋山・蒼川両家の使用人に過ぎない。私自身、初めて会った際には「ただの運転手」と思ってしまったくらいである。彼は若くして結婚し、直後に、きよしという長男に恵まれた。そもそも、相手の女性を孕ませたから結婚した、という形だったらしい。しかし妻は病弱な女性であったため、出産の負担に体が耐えられず、我が子の顔を見ることもなく亡くなってしまった。そして長男の清が九歳になった年、大介は後妻を迎え入れた。


 浜中はまなか朝子あさこ、四十二歳。そう『朝子』という名前からわかるように、先ほどまで駐在所にいた女性である。彼女こそが、現在の村長夫人であった。朝子が大介と結婚した時も、前妻と同じく、既に身ごもっていた。その出産日は、ちょうど蒼川家で規輝が生まれたのと同じ日であったが、残念ながら朝子の赤ん坊は、生まれてまもなく息を引き取った。「生きていれば同い年」ということで我が子の面影を重ねてしまうのか、朝子の規輝への態度は甘く、他の蒼川家の人間に対するものとは明らかに異なるらしい。継子ままこである清と同じくらい規輝を可愛がっていたように見えたが、清の方では、それを快くは思っていなかったようである。清は十年前に村を飛び出したまま、消息不明となっていた。


 以上が、現在の緋蒼屋敷の全住人である。

 続いて、緋山直次と緋山良美の事件について。


 最初の事件が起こったのは、蒼川規輝が村へ戻ってきた一週間後のことであった。

 いつまでたっても起きてこない良美を朝子が起こしに行くと、布団の中には誰もいない。人が寝ていた温もりも、既に消えていた。夜中のうちに、どこかへ出かけたらしい。捜索の結果、永瀬沼ながせぬまの近くで、首を吊っている姿で発見された。


 翌日の夕方、今度は直次が行方不明となった。そして二日後、涼雲山りょううんざんで彼の遺体が発見された。ちなみに、涼雲山は、かつて緋山の始祖が立てこもったと伝えられる山である。

 なぜ直次が涼雲山へ行ったのか、それは不明であるが、現場の状況から判断する限り、彼はその山の高い崖から足を滑らせたようであった。落下の衝撃は凄まじく、顔も判別できないほどの、ぐしゃぐしゃな死体となっていた。緋蒼村のような狭い世界でなければ、身元の特定も難しかったかもしれない。ただし、そのような状態でも、死因となった後頭部の傷だけは、はっきりと残っていた。




 ……以上が、木田巡査から得られた情報をまとめたものだ。村長夫妻の説明の部分で、現時点での私見も加えたが、ごくわずかに過ぎない。そもそも木田巡査という個人の口を通した時点で、だいぶ偏っている感もあるが、まあ仕方ないだろう。

 ただ、これくらいの話ならば、わざわざ駐在所に立ち寄る必要はなかったのではないか。緋蒼屋敷へ直行して、そこで住人から直接聞いても良かったのではないか。そんなことも感じてしまう。

 特に、住人に関する説明は、実際に目で見てからの方がわかりやすいだろう。先ほど列挙された九人のうち、私が緋蒼村に来て会ったのは、緋山一義、蒼川信子、浜中大介、浜中朝子の四人だけ。残りの五人――緋山直樹、葉村珠美、蒼川華江、蒼川陽子、蒼川規輝――に関しては……。全部が全部ではないが、まるで探偵小説の『登場人物』のページを読まされたような感覚すらある。顔もわからぬ人物の情報を詰め込まれたところで、正直、どれだけ覚えていられるものなのか。おそらく、ここでまとめた『関係者の紹介』は、後になって――特にその人物と初めて出会った直後に――何度も読み返すことになるだろう。


 いや、否定的に考えるのも、あまり良くないかもしれない。これはこれで、いちいち屋敷で話を聞くより、手間が省けたと思っておこう。

「周囲の意向はともかく……。別に私は、探偵をしに来たわけではない。小説のネタが拾えるだけで構わないのだ」

 誰もいない道を進みながら、私は自分に言い聞かせるように、声に出した。

 木田巡査から教えられた通りの道を、緋蒼屋敷に向かって、ひたすら一人で歩く。

 こうして歩いていると、ただの閑散とした田舎村だ。車の中でも感じたことだが、やはり、連続殺人の舞台とは思えない。

 ふと見上げると、空は赤くなってきていた。これも、緋蒼村の『緋』なのかもしれない。そんな夕焼け空を背景に、一羽のカラスが飛んでいく。濡羽色ぬればいろという表現があるように、本来カラスの羽は、わずかに青みや緑みを帯びていると聞くが、遠くから眺めても、カラスに『蒼』の要素を見出みいだすことは出来なかった。『緋』でも『蒼』でもない、漆黒のカラス。暗黒を思わせる、不吉な色だった。

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます